芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:再婚

    67
    1: 名無しさん 2017/08/25(金) 06:52:42.54 _USER9
    元EE JUMPのユウキこと後藤祐樹さん(31)が、25日にAmazonプライム・ビデオで配信されるバラエティー番組『今田×東野のカリギュラ』に出演。芸能界を引退してから約15年ぶりに番組収録に参加した。その後、ORICON NEWSのインタビューに応じ、今の心境や逮捕時に話題となった首の入れ墨などについてたっぷりと語った。

    “カリギュラ”とは“禁止されるほど試してみたくなる心理現象”。25日に配信される第13話「地上波ではなかなか会えないあの人は、今?!」に後藤さんが出演。MCの今田耕司と東野幸治から呼び込まれると、緊張した面持ちで15年ぶりにカメラの前に姿を見せた。

    番組は後藤さんの人生をクローズアップ。1999年に姉・後藤真希が『モーニング娘。』としてデビュー。その会場で事務所の目に留まり、スカウトされて自身も芸能界に入ることになった後藤さん。ここまでは順風満帆だったが、その直後から運命の歯車が狂い出す。

    バンド活動を希望していたが、男女2人組ユニットでデビュー。そのため「恥ずかしかった」という思いから事務所の仕事をバックレるようになり、15歳だった2002年にキャバクラでの飲酒が週刊誌に掲載された。事務所からは残る選択肢も提示されたが、芸能界引退の道を選んだ。

    引退後は「芸能界で入れ墨というのは、まだまだ厳しい。入れることで戻れないのであれば、それでも構わない」と覚悟を決めてタトゥーを入れた。首筋にある鯉の入れ墨は18歳前後の荒れた時期に「後先を考えずに入れた」と述懐。どんどん増えていくタトゥーに姉の真希は「バカだなぁ」と漏らしたという。その後は坂道を転げ落ちるように悪の道へ。

    工事現場から銅線を盗むようになり、07年には強盗致傷で逮捕。懲役5年6ヶ月の実刑判決を受け、川越少年刑務所に服役した。その際に母親から言われた一言は生涯、忘れることはできないと番組で語った。さらに過酷な刑務所内での生活をVTRで再現し、12年に出所して以降は改心。全ての出来事を受け入れて前向きに生活をしている。

    収録を終えて、後藤さんは「15年ぶりというのもあって、収録前から緊張しました。でも、東野さんと今田さんがやりやすくしてくれて、話しやすかったです」と破顔一笑。現在は2番目の姉の夫の会社でアンテナ工事の仕事しているという。18歳のときに結婚した女性とは離婚し、今は4年ほど前に知り合った一般の女性と再婚しており、番組には奥さんも出演している。

    15年ぶりに出演した経緯を聞くと「今回、僕の妻と僕が一緒に通っている美容師さんからお話をいただいた。今まで雑誌だったり、映画の出演だったり、オファーは何件かあったんです。でも、その方の素性が怪しかったりした。でも、今回は妻が信用している美容師さんでした。あと、東野さんと今田さんを妻がすごく好きという理由もありましたし、僕でよければと思いました」と明かした。

    >>2以降に続きます

    2017-08-25 06:00

    http://www.oricon.co.jp/news/2096168/full/
    【【芸能】後藤真希の弟、祐樹さんが15年ぶりに番組収録!騒動全て糧に再婚し「今は幸せです」】の続きを読む

    rt
    1: 名無しさん 2017/08/21(月) 08:04:23.98 _USER9
    市川海老蔵(39)が18日に自身のインスタグラムを更新し、海外旅行に訪れていることを報告した。「カンカンと麗禾は人生初の海外です」と綴られており、長男の勸玄くん(4)と長女の麗禾ちゃん(6)も同行していることがわかる。

    ファンからは「子どもたちとゆっくり過ごしてきてください!」「素敵な家族旅行ですね」「家族の時間を満喫して、リフレッシュしてくださいね」などのメッセージが寄せられている。

    海老蔵の妻だった元フリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)が亡くなってから、2カ月経とうとしているが、海老蔵は変わらずに日々舞台に立ち続けている。先月は勸玄くんも『七月大歌舞伎』の夜の部に出演し、親子で宙乗りを披露する姿が話題を呼んだ。こうしたなかで囁かれているのが、海老蔵と勸玄くんの親子ダブル襲名だ。

    8日発売の『女性自身』(光文社)は、海老蔵の「13代目市川團十郎」と勸玄くんの「8代目市川新之助」を同時に行うのではないかと伝えている。動きがあるのは、麻央さんの一年祭が終了する来年の秋ごろのようで、その際に正式発表を行うのではと言われている。2020年に開催される東京オリンピックにあわせて、歌舞伎界でも特別興行が計画されているようで成田屋としても忙しくなりそうだ。

    「公式にはそのような話はまだ出ていないようですが、来年は松本幸四郎一家の3代同時襲名も行われることもあり、大イベントを打ち出さないわけにはいかない。『七月大歌舞伎』でも麻央さんの逝去後1カ月間、勸玄くんが舞台に立ち続けることでチケットは完売した。そのため歌舞伎ファンも心待ちにしているようです」(芸能記者)

    海老蔵と勸玄くんを「市川團十郎」「新之助」と呼ぶ日は近いのかもしれない。

    ■“麻耶ママ”大活躍の裏で囁かれる海老蔵の再婚事情

    そんななか、海老蔵と同じくらい現在注目を集めているのが、義姉にあたるフリーアナウンサーの小林麻耶(38)だ。麻央さんの闘病中にもつきっきりで看病し、二人の子どもたちの面倒を見続けた麻耶だが、すっかり「ママ」としての姿が定着している。

    10日発売の『女性セブン』(小学館)では、麗禾ちゃんのバレー発表会に同行。ママ友たちと談笑する様子などが綴られた。さらに、麻耶のブログにも二人の子どもたちは登場しており、14日には麻耶の友人を含めた4人で遊びに出かけた様子が報告されたところだ。まさに「麻耶ママ」と言ってもいいような状態だが、気になるのが海老蔵との再婚の可能性だ。

    「もちろん海老蔵にとっても、子どもたちにとっても麻耶はなくてはならない存在です。しかし、この2人に具体的な話は一向に出てきておらず、関係者の間でもその話(海老蔵と麻耶の再婚)はないという声が強い。水面下では梨園に関わりを持つ社長令嬢が候補に挙がっているとも。海老蔵の再婚によっては、麻耶の立ち位置も難しくなるでしょう」(前出・芸能記者)

    現在、海老蔵の身の周りの世話や梨園関係の対応は、主に海老蔵の母にあたる堀越希実子さんが行っている。しかし、海老蔵一家を取り巻く環境は、徐々に変化していきそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1346433/ 
    【【芸能】市川海老蔵と小林麻耶の再婚の可能性「ママ友とも交流開始。二人の子供たちと麻耶の友人と遊びに」】の続きを読む

    r
    1: 名無しさん 2017/08/19(土) 18:06:54.00 _USER9
    元モーニング娘。の矢口真里(34)が19日、カンテレ「胸いっぱいサミット」に生出演し、前夫で俳優の中村昌也(31)との離婚原因となった交際中の元モデルと「しちゃいたいと思います」と再婚宣言した。

    「秋にも再婚」という一部報道については「全然決まってないんですけど」と否定した矢口だが、「結婚に関してはいろいろ考えてはいるんです」と、再婚には前向き。元モデルとは「一緒に住んでいます」と、同棲していることを明言した。

    俳優・中尾彬(75)から「しちゃいなよ」と再婚を勧められると、「大先輩から言われたんで、しちゃいたいと思います!」と、カメラ目線で宣言した。

    タレントの遙洋子に「やってもまた遊ぶやろう?」と辛らつなツッコミを受けた矢口だが、「こんだけの大打撃っていうか、ホントに不倫はダメっていうことに気がついたんで、たぶん2度とないと思います」と、「たぶん」付きながら、不倫については否定的だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000062-dal-ent 
    【【芸能】矢口真里が再婚宣言「しちゃいたいと思います」元モデルと同棲中】の続きを読む

    ew
    1: 名無しさん 2017/05/26(金) 05:55:05.85 ID:CAP_USER9
    '17年5月24日、自宅前で矢口真里を直撃すると「いよいよふたりの結婚が決まったそうですね。6月の中旬に大々的に発表しようと思っているみたいですよ」(ワイドショー関係者) 
     
    矢口真里の不倫を『週刊女性』がスクープしてから4年。当時の夫だった中村昌也との離婚後、不倫相手だった梅田賢三とは長らく真剣交際を続けてきたが、ついに再婚を決意したという。 
     
    「ずっと梅田さんのご両親が結婚には反対していたんです。モデルという夢を追って上京してきた息子の将来を、台無しにされてしまった思いがあったのでしょう。 
     
    でも矢口さんが“一時の感情ではなく、本当に好きなんです”という彼への正直な思いを粘り強く伝えていくうちに、ご両親も“それほど強い思いがあるのなら”と認めてくれたそうです。 
     
    4月のことだったというので、つい最近ですね」(前出・ワイドショー関係者) 
     
    5月15日からは妹の結婚式のため、家族と一緒にハワイを訪れていた矢口だが、もちろんそこには梅田の姿もあった。 
     
    「ブログでは彼の姿こそアップしていませんでしたが、幸せそうな笑顔の写真をたくさん載せていましたね。妹さんの結婚式というのはもちろんですが、彼女にとっても、婚前旅行のような意味合いがあったのではないでしょうか」(芸能プロ関係者) 
     
    帰国後の5月24日、矢口を自宅前で直撃すると、 
     
    ――このたびはご結婚おめでとうございます。 
     
    「え? なんの話ですか?」 
     
    意外にも、驚いた素振りを見せた。…

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170526/Jprime_9759.html
    【【芸能】矢口真里、不倫相手だった梅田賢三との真剣交際を経て決意した再婚】の続きを読む

    63

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/07/09(土) 07:44:29.56 ID:CAP_USER9.net
     
    俳優の渡部篤郎(48)が6月末に、交際していた30代の一般女性と再婚していたことが8日、分かった。相手の女性は女優の松下奈緒(31)似の目鼻立ちがはっきりとした美人。6~7年前からグループで食事などを楽しむ友人関係だったが、昨年秋ごろから交際していた。

    渡部は今月12日にスタートするフジテレビ系「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」に出演。同作の放送が始まる前の、仕事がひと段落したタイミングを選んで結婚したようだ。挙式・披露宴は未定という。

    女性との交際は今年2月23日付のスポニチ本紙報道で明らかになった。周囲の知人は相手の女性について
    「モデル風のルックスが目を引くスレンダーな美女。大らかでサッパリとした性格の人です」と説明。

    当初から「2人はとても気が合うみたいで、渡部さんはかつては“俺は結婚に向いてない”と話していたのですが、彼女とはゴールインを意識してお付き合いしているようですよ」と話しており、夏ごろには婚姻届を提出するとみていた。

    渡部は94年3月にタレントのRIKACO(50)と結婚。2人の息子に恵まれたが、05年12月に離婚している。

    RIKACOは本紙の交際報道が出た当日にテレビ出演。渡部の再婚について「この年になって、この先(渡部が)独りで、介護とか誰がやるんだろう。

    誰もいなかったら私がやらなきゃいけないのかな、ちょっと嫌だなと思っていた」と冗談めかしつつも歓迎。「祝福したいし、誰と再婚してもおめでたいことだと思う」と喜んでいた。

    ◆渡部 篤郎(わたべ・あつろう)本名渡部篤(あつし)。1968年(昭43)5月5日、東京都生まれの48歳。91年、テレビ東京「青春の門」のオーディションで合格し主演デビュー。

    92年「橋のない川」で映画初出演。95年「静かな生活」で日本アカデミー賞新人賞受賞。08年、映画「コトバのない冬」で監督デビュー。血液型A。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00000014-spnannex-ent
    【渡部篤郎の再婚相手の顔と性格!「このブスが松下奈緒似か?」「中谷美紀捨てて清原和博の元カノの水商売の女とか」「ワンギャルの山本恵美」】の続きを読む

    c1
    c2
    c3
    c5
    c7
    c6

    1 :シャチ ★@\(^o^)/:2016/06/21(火) 20:33:49.98 ID:CAP_USER9.net

    社会学者の古市憲寿氏(31)がインターネット番組で「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎共同代表を激怒させた発言について、タレントのクリス松村が「大問題だと思います」と自身の考えをつづった。

    与野党9党首が出席した19日放送のニコニコ動画「ネット党首討論」で、司会を務めた古市氏は、小沢氏に「小沢さんの再婚はどうなったんですか」「興味がある」と質問。小沢氏は、討論の課題とは無関係なテーマに不快感をあらわにした。

    その後、古市氏は「これを読めばいいんですか」と渡されたとみられる紙を見ながら、「小沢さん、先ほどは失礼しました。発言を撤回しておわびします」と述べたが、誠意のない話し方だったこともあり、

    小沢氏は「それは、おわびじゃない。おかしい。どうかしている」と態度を硬化。司会者サイドは「(小沢氏の)人柄をみたかった」などと主張したが、小沢氏は「そんなことは関係ない。おわびをするなら、きちんとしなさい」と述べ、会場の空気も凍り付いた。

    この一件に、クリスは20日に更新したブログで、「もはや『無礼』という言葉さえも、今の若い世代の中には意味がわからない、気にしないという方がいらっしゃる」とし、古市氏の名前は出さなかったが、

    「立場をわきまえる・・・ということを学んでいない方は、どんなに優秀な頭脳をお持ちでも、そういう場所に進行役としてお出になるのは、よくないのではないか…と感じました」とつづった。

    また、古市氏と親しいジャーナリストの津田大介氏はツイッターで「古市をめぐっては『周りの大人がきちんと怒らないといけない』みたいな言説よく目にするけど、多分周りが怒ったところで彼は変わらないと思う。

    悪い意味で(多少の良い意味でも)。新しいタイプの高等遊民だと思って周りも接するしかないのでは」と私見を述べた。


    http://www.nikkansports.com/general/news/1666189.html

    【小沢一郎を激怒させた古市憲寿の発言にクリス松村「無礼!大問題」津田大介「彼は新しいタイプの高等遊民」】の続きを読む

    このページのトップヘ