芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:出演

    332
    1: 名無しさん 2017/05/07(日) 16:23:07.90 ID:CAP_USER9
    当時未成年だった交際相手のタレント・ほのかりん(20)と一緒に飲酒したとして謹慎していたロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(28)が7日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。

    活動自粛後初のテレビ出演で一連の騒動などについて語る川谷の姿にSNS上でも大きな話題になっている。「かなり印象が変わった」「やっぱり嫌い」など川谷の印象について賛否両論が巻き起こった。 
     
    昨年1月にベッキー(33)との不倫騒動が発覚して以来、テレビ番組で一連の騒動について語るのは初めてで、番組MCの東野幸治(49)らから質問攻めに遭ったが、冷静な口調で対応した。 
     
    放送中から「川谷」がYahoo!の話題なうの1位にランクイン。

    ツイッターでは、質問の一つ一つに真しに応える川谷に「かなり印象が変わった」「悪くない」「すごい素直」「こりゃモテるわなーってのが率直な印象」「爽やかな印象」「顔も言葉も優しい」「ああいう場での程よく端的なコメントって一番難しいからね」「歌ってないほうが印象が良い」などと好印象を受けたというつぶやきが多数寄せられた。 
     
    しかし、メディアが報道していた川谷の姿と、番組で一連の騒動について語る姿から受ける印象の違いに驚く視聴者がいる一方で、「反省してんの」「人ごと感がすごくてただの無責任野郎」「天然のゲス」「喋れる真性のクズ」「言ってること全部クズじゃん なんで好印象みたいになってんの」「やっぱり嫌い」「だいたいどんな人でも実際会ってみるといい人なことが多い」と拒否反応を示すツイートも散見され、大きく意見が割れた。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/07/kiji/20170507s00041000173000c.html

    【【芸能】ゲス川谷の印象変化?「ワイドナ」出演で「爽やか」「こりゃモテる」の声…一方で「やっぱり嫌い」など、SNSで賛否】の続きを読む

    21

    1 : Egg 2016/07/12(火) 23:57:41.40 ID:CAP_USER9
     
    タレントのベッキーが、「2016年上半期タレント番組出演本数」で総合・女性部門の両部門でランキング外となり、初のランク外となった。12日、メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社がランキングを発表した。

    2010年から発表された同ランキング。「女性タレント部門」だけを確認すると、2011年は362本に出演し2位、2012年は375本で4位、2013年は335本で6位、2014年は291本で7位、2015年は282本で9位だった。

    さらに上半期だけに絞ってみると、2011年の上半期は191本で5位、2012年の上半期は191本で5位、2013年上半期は189本で6位、2014年上半期は166本で8位、2015年上半期は158本で8位。

    2010年は上半期の区別はなく、年間416本で2位だった。このようなデータからも分かるように、上半期・年間問わず必ずランクインしており、ベッキーの凄さがハッキリと理解できる。

    ベッキーといえば、今年1月に「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫スキャンダルが「週刊文春」(文藝春秋)で報じられ、一大騒動に発展。不倫の影響で、レギュラー番組への出演を自粛。芸能活動も休止した。

    様々な情報が飛び交う中、ベッキーは5月13日放送ののTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で約3か月ぶりにテレビ復帰。一連の騒動に対して語り、涙ながらに謝罪した。

    そして、7月5日放送のBSスカパー「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」にも出演したが、今現在テレビへの本格復帰は未定となっている。

    テレビを主戦場として活躍していたベッキーなだけに、不倫の代償は大きかったようだ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00000013-reallive-ent
    【不倫の代償!ベッキー初のランク外「タレント番組出演本数」ネット「不倫より嘘会見」「主婦を敵に回した以上テレビで居場所はない」】の続きを読む

    o1
    2u

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/28(火) 19:14:07.23 ID:CAP_USER9.net

    6月25日に旅番組の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京)第23弾が放送された。同番組の収録中、熊本地震が起こったという。

    「熊本地震が起きた14日、ローカル路線バスの収録が九州で行われており、出演者やスタッフは大きな揺れを体感することとなりました。そのため、当初はGWに放送が予定されていたのですが、被災者に配慮し、この時期まで延期されることになったのです」(テレビ誌記者)

    番組の冒頭では、出演者の太川陽介と蛭子能収がロケ中に地震が発生したことに関する説明と、お悔やみのコメントが流れた。しかし、放送された映像からは出演者たちの険悪な様子がありありと映っていたことで、視聴者がざわつく事態に。

    「旅が始まって4日目、出演者らが案内所でバスのルートを聞いていた時でした。いくつかある目的地までのルートに関して、蛭子が『空港のほうへ行ったら遠くなる』と意見を述べたところ、相棒の太川は『それはわかってるよ! こっちのルートを今言ってるの!』と声を荒げたため、かなり険悪な雰囲気となっていました。

    その日は地震があった翌日ということもあり、出演者らは肉体だけでなく、精神的な疲労もピークに達し、イラつきが表に出てしまったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

    地震の影響で一時はお蔵入りが噂されていた今回の「バス旅」。そんな中、テレビ東京と出演者は、少しでも視聴者に元気を与えたいと放送に踏み切ったようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1153314/
    【撮影中に熊本地震が発生で出演者やスタッフは揺れを体感!蛭子能収の言動に太川陽介がブチギレ「バス乗り旅」】の続きを読む

    c

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/18(土) 00:20:23.75 ID:CAP_USER9.net

    7月18日の海の日に放送される、フジテレビ系の歌番組「FNSうたの夏まつり~海の日スペシャル~」が、午前11時45分から11時間を超える、同局の歌番組史上最大規模で行われることが分かった。

    ニュース、月9ドラマ「好きな人がいること」などを挟みながら、午後11時24分までほぼ生放送で行われる“夏フェス”。AKB48、藤原さくら、DAIGOら54組のアーティストの出演が決まった。出演者は今後も増えるという。

    夏の大型歌特番として6回目となる今回は、会場を昨年までの代々木第一体育館から台場のフジテレビ本社ビルに変更。

    「夏うたコラボメドレー」「最強の夏うた100選」「アイドルプールサイドパーティー」「小室哲哉スーパーコラボメドレー」や、視聴者リクエストのサプライズライブなど、多彩な企画が用意されている。

    司会は「Love music」(金曜・後11時半)でコンビを組むアンジャッシュの渡部建(43)、森高千里(47)と、5月からフリーになった“カトパン”こと加藤綾子アナ(31)が務める。

    ▼決まっている出演アーティスト(五十音順)

    絢香/アンジュルム/E―girls/家入レオ/いきものがかり/HKT48/AKB48/EXILE THE SECOND/SKE48/NMB48/大原櫻子/加藤ミリヤ/華原朋美/氣志團/きただにひろし(JAM Project)/きゃりーぱみゅぱみゅ/℃―ute/Kiroro/GLIM SPANKY/欅坂46/コブクロ/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE/THE ALFEE/GENERATIONS from EXILE TRIBE/柴咲コウ/JUJU/私立恵比寿中学/スキマスイッチ/鈴木雅之/SEKAI NO OWARI/DAIGO/高橋真梨子/高橋優/谷村新司/chay/ナオト・インティライミ/新山詩織/西内まりや/西野カナ/乃木坂46/秦基博/PUFFY/Perfume/平井堅/藤原さくら/Flower/星野源/ポルノグラフィティ/水樹奈々/miwa/モーニング娘。’16/ももいろクローバーZ/森山直太朗/和田アキ子


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000091-sph-ent
    【フジテレビFNSうたの夏まつり!過去最大規模の11時間生放送!司会は渡部建、森高千里、加藤綾子アナ】の続きを読む

    30

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/16(木) 11:33:46.81 ID:CAP_USER9.net
     
    嵐の大野智(35)が主演で、NHKの連続ドラマ「あさが来た」に主演した波瑠(24)する日本テレビ系連続ドラマ「世界一難しい恋」(水曜・後10時)の15日放送の最終話の平均視聴率が16・0%と最高を記録したことが16日、わかった。

    瞬間最高視聴率は18・0%で番組の終盤の午後11時7分に記録した。ドラマ全10話の平均視聴率は12・8%だった。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

    初回放送から12・8%、第2回話12・9%、第3話で13・1%と安定した数字をキープしてきた同ドラマ。

    その後も第4話から12・2%、11・5%、11・7%、13・0%、12・1%と推移し、9日の第9話で最高に迫る13・0%を記録していた。

    最終回は嵐の櫻井翔(34)が実名のキャスター役でゲスト出演し、有終の美をアシストした形だ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160616-00000076-sph-ent


    【嵐の大野智が主演「世界一難しい恋」最終話は16・0%!櫻井翔が出演で最高視聴率】の続きを読む

    r2

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/08(水) 16:07:08.34 ID:CAP_USER9.net

    5月13日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)でテレビ復帰を果たしたベッキー。だが、その後も本格的な活動再開には至っていない。

    それどころか、苦しい台所事情が明らかになる報道が。一部週刊誌に、ベッキーの母が実家を借金の担保にしたという記事が掲載されたのだ。

    「限度額は7000万円と報じられています。今回の不倫騒動によって、事務所が受けた損害は約5億円ともいわれ、ベッキーがその半分以上を払うとされていますから、そのための苦肉の策でしょう」(ワイドショースタッフ)

    レギュラー番組にも戻れず、CMも流れない現状では、そうでもするしかない。それにしても、損害が5億とはかなり高額な数字だが、その中身はどういうものか?

    「実は、ここまで金額がふくらんでしまった要因は、あるスポンサーにあります。当時、ベッキーさんは10社とスポンサー契約を結んでいました。その中の1社が、彼女を出演させたスポットCMを2月ごろから各局で流す予定だったんです」(芸能プロ関係者)

    ちなみに、スポットCMとは、企業の新しい商品やサービスのキャンペーンを短期間で、大量に流すものだ。つまり、スポットCMは期間のわりに費用がかさむことになる。その企業も、各テレビ局の広告枠を確保するために、広告代理店に約5億円で発注していたという。

    「CMが流れることになっていた直前に『週刊文春』の記事が出たんです。その結果、すべてストップせざるをえなくなってしまいました。このキャンペーンは短期間の実施だったので、記事が少し遅れて出ていれば、こんな多額の損害は生まれなかったでしょう」(テレビ局関係者)

    しかも、CMにかかる費用はそれだけではない。例えば、スタジオを押さえて撮影し、編集をするという制作費。たとえテレビで流れなくても、CMを作った時点でそれなりの金額が発生しているわけだ。

    「ここにもたくさんの会社が絡んでいますし、制作費はベッキー側が支払わないといけないでしょう。また、そのスポンサーにとっては、CMキャンペーン後に入るであろう利益もなくなってしまったことは、もっと甚大な問題で、5億円の損害ではすみません。

    これは目に見えないお金なので、今後ベッキー側がスポンサーにいくら支払えばいいのか話し合いをすることになるのではないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)

    その話がまとまれば、違約金が決まるものの「こじれてしまうと、裁判に発展することも十分にありうる」(前出・テレビ局関係者)という。

    さらに、冒頭で触れた『金スマ』についても、こう話す。

    「その回は2社のCM枠が『ACジャパン』に差し替えになっていました。テレビ局側がベッキーの出演を前もってスポンサーに知らせなかったことで2社は憤慨。

    直前にCMを流さぬようテレビ局側に要求したことで『ACジャパン』に差し替えたようです。要は、2社ともベッキーの復帰をまだ早いと思っていたのでしょう」(前出・テレビ局関係者)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160608-00028032-jprime-ent
    【スポンサー2社がベッキーに憤慨!「出演するならCMを流すな!」とテレビ局側に要求】の続きを読む

    このページのトップヘ