芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:出演

    r2

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/08(水) 16:07:08.34 ID:CAP_USER9.net

    5月13日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)でテレビ復帰を果たしたベッキー。だが、その後も本格的な活動再開には至っていない。

    それどころか、苦しい台所事情が明らかになる報道が。一部週刊誌に、ベッキーの母が実家を借金の担保にしたという記事が掲載されたのだ。

    「限度額は7000万円と報じられています。今回の不倫騒動によって、事務所が受けた損害は約5億円ともいわれ、ベッキーがその半分以上を払うとされていますから、そのための苦肉の策でしょう」(ワイドショースタッフ)

    レギュラー番組にも戻れず、CMも流れない現状では、そうでもするしかない。それにしても、損害が5億とはかなり高額な数字だが、その中身はどういうものか?

    「実は、ここまで金額がふくらんでしまった要因は、あるスポンサーにあります。当時、ベッキーさんは10社とスポンサー契約を結んでいました。その中の1社が、彼女を出演させたスポットCMを2月ごろから各局で流す予定だったんです」(芸能プロ関係者)

    ちなみに、スポットCMとは、企業の新しい商品やサービスのキャンペーンを短期間で、大量に流すものだ。つまり、スポットCMは期間のわりに費用がかさむことになる。その企業も、各テレビ局の広告枠を確保するために、広告代理店に約5億円で発注していたという。

    「CMが流れることになっていた直前に『週刊文春』の記事が出たんです。その結果、すべてストップせざるをえなくなってしまいました。このキャンペーンは短期間の実施だったので、記事が少し遅れて出ていれば、こんな多額の損害は生まれなかったでしょう」(テレビ局関係者)

    しかも、CMにかかる費用はそれだけではない。例えば、スタジオを押さえて撮影し、編集をするという制作費。たとえテレビで流れなくても、CMを作った時点でそれなりの金額が発生しているわけだ。

    「ここにもたくさんの会社が絡んでいますし、制作費はベッキー側が支払わないといけないでしょう。また、そのスポンサーにとっては、CMキャンペーン後に入るであろう利益もなくなってしまったことは、もっと甚大な問題で、5億円の損害ではすみません。

    これは目に見えないお金なので、今後ベッキー側がスポンサーにいくら支払えばいいのか話し合いをすることになるのではないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)

    その話がまとまれば、違約金が決まるものの「こじれてしまうと、裁判に発展することも十分にありうる」(前出・テレビ局関係者)という。

    さらに、冒頭で触れた『金スマ』についても、こう話す。

    「その回は2社のCM枠が『ACジャパン』に差し替えになっていました。テレビ局側がベッキーの出演を前もってスポンサーに知らせなかったことで2社は憤慨。

    直前にCMを流さぬようテレビ局側に要求したことで『ACジャパン』に差し替えたようです。要は、2社ともベッキーの復帰をまだ早いと思っていたのでしょう」(前出・テレビ局関係者)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160608-00028032-jprime-ent
    【スポンサー2社がベッキーに憤慨!「出演するならCMを流すな!」とテレビ局側に要求】の続きを読む

    7d
    d

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/06/06(月) 05:23:39.33 ID:CAP_USER9.net

    「デスノート」シリーズ10年ぶりの続編「デスノート Light up the NEW world」に、船越英一郎が出演していることが明らかになった。6冊のデスノートの所有者のひとりで、裁判官の御厨賢一を演じる。

    大場つぐみ氏(原作)&小畑健氏(作画)による大ヒットコミックを実写映画化した2部作「デスノート」「デスノート the Last name」の続編となる今作は、原作にあった「人間界で同時に存在していいノートは6冊まで」という「6冊ルール」を軸に、現代を舞台とした新たな物語が展開。

    全てを手にした者が地上を制すると言われる6冊のデスノートを巡る争奪戦が描かれる。

    デスノート所有者については、川栄李奈が演じる女子高生・青井さくらの存在が明らかにされており、船越扮する御厨が2人目の所有者となる。

    御厨は、日本の裁判所の中でも最高位の最高裁判所で、限られた者しか任命されない最高裁判事という役職に就いている人物。

    識見が高く法律の素養もあり、本来は法で悪を裁くはずの判事が、なぜデスノートを手にし、どのような行為に及ぶのか。

    静かな恐怖をまとった御厨という役を、さまざまな作品や役柄で確かな存在感を放つ名優・船越が体現する。

    「デスノート Light up the NEW world」は10月29日から全国公開。


    http://eiga.com/news/20160606/1/

    【映画「デスノート」最新作に船越英一郎が出演!2人目のノート所有者の最高裁判事の御厨賢一】の続きを読む

    このページのトップヘ