芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:剛力彩芽

    i
    1: 名無しさん 2017/09/19(火) 18:53:57.92 _USER9
    タレントのビートたけし(70)がストーリーテラーを務めるフジテレビ系バラエティー番組「奇跡体験!アンビリバボー」が28日の2時間SPで放送開始20年、800回の節目を迎える。

    超常・怪奇現象から奇跡の物語までアンビリバボー(信じられない)なストーリーを紹介する番組。

    スタートから現在まで平均視聴率13・2%を誇る人気長寿番組に育てたたけしは「オレは『驚愕の真実が明らかに!』って言ってるだけだけど、20年続けばこっちのもんだよね。
    老舗だと思ってもらって、あの番組なくなるとさみしいねってね」としみじみ。

    「20年前は事故(1994年のバイク転倒事故)の後遺症で『アンビリバボー!』って言えないくらいで」と振り返りつつ、70歳の今も出演を続ける理由を「あんまり仕事と思ってないよ。サメみたいに泳いでないと死んじゃうみたいな」と明かす。

    人気タレントでありながら映画監督として国際的評価を得るたけしの半生自体がアンビリバボー。

    「母ちゃんは『お前は本当は下ろすところだったんだけど、ちょうど産む金があったんだよ』って。ざまあみやがれって。生命力が強いんだね。オレは生まれた時点でアンビリバボー」。やり残したアンビリバボーな野望は「死ぬ前に総理大臣やって、豊洲に加計学園移転とかやらしてくんねえかな」。

    28日の「放送20周年800回記念!2時間SP」(後7~9時)は、過去の放送で紹介した人物のその後を追跡する特番。

    アルツハイマー型認知症を患い、息子のことを忘れてしまった80歳の歌手に会うために英国ロケを敢行したスタジオMC5年目の剛力彩芽(25)も、たけし同様に「人生とは何かを教えてもらう番組。人として成長するきっかけをもらってます」と番組愛を語っている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13630351/
    2017年9月19日 9時55分 スポーツ報知 
    【【テレビ】ビートたけし「アンビリバボー」20周年&800回「仕事と思ってない」】の続きを読む

    1

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/27(月) 10:37:05.71 ID:CAP_USER9.net

    やはり、世間も剛力彩芽の迷走ぶりには気づいているようだ。「gooランキング」が発表した「黒歴史!? 歌唱力がアレすぎた女性芸能人ランキング」の1位に、みごと(!?)剛力彩芽が輝いた。

    剛力は、13年6月にシングル「友達より大事な人」で歌手デビュー。同楽曲のサビ部分のプロペラダンスが話題になり、ユーチューブで日本国内動画の年間再生回数も5位にランクインするなど大ヒットを記録した。

    逆にメインキャストとして出演したドラマ作品はことごとく低視聴率を連発。

    そのため、剛力は俳優業からエスケイプするように15年9月の4thシングル「相合傘」のリリースのタイミングで、当分の間、アーティスト活動に専念することを宣言するが、気がつけばそれもなかったことに‥‥。

    とにかく迷走という言葉がピッタリで、今年はなぜか女優業が多く、世間も剛力の“本職”が何かわからなくなっている。

    「CDリリースも歌手活動専念を発表した時にリリースした4thシングルでストップ。結局、プロペラダンスの一発屋のような存在です。しかもアーティスト活動に専念と言いながら、あっさり女優業に復帰したことで、世間からも『何がしたいのか?』と見放されてしまっていますね」(エンタメ誌ライター)

    ネット上でも「さすがゴリ押しなだけに、地道さゼロ。逃げ足が速すぎる!」「次はミュージカルとか言いそう」「行く末は通販タレント」など、もはや崖っぷちタレントの扱い。

    6月23日に最終回を迎えたドラマ「ドクターカー」(日本テレビ系)も、7月スタートのドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(テレビ朝日系)でも主演を務める剛力だが、いずれも深夜ドラマ。再び“陽の当たる”時間帯に出てくる日は来るのだろうか?


    http://dailynewsonline.jp/article/1152380/
    【剛力彩芽の女優業と歌手活動が崖っぷち!「黒歴史認定」「才能も実力も歌唱力も美貌もない」「ゴリ押しブスでかわいくない」】の続きを読む

    56

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/26(日) 19:05:58.39 ID:CAP_USER9.net

    これも人気者となった証か。NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」や映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」で好演している高畑充希に“アンチ”の声が聞こえ始めている。

    ネット上では以前から「あまりかわいくない」「歌うと音程がズレる」など批判の声もあったが、最近はもっと深刻なバッシングが増えているという。

    「特に高畑さんと同世代の20代女性から『自分の演技が上手いと思っているのがにじみ出ていて鼻につく』『謙虚さがない』『プライドが高い』『ガツガツしすぎ』といった人格にまつわる厳しい指摘が多いんです。

    高畑さんはドラマや映画だけでなく、バラエティ番組にも出演することが増えたために、必然的に素の部分が見えてしまったことが原因なのでは。中には『ホリプロの剛力彩芽』とゴリ押し批判の声まであります」(女性誌編集者)

    この現象、心療内科医によると少々厄介なことらしい。

    「特に理由はないけれど何だかいけ好かない、なぜか嫌いと思われてしまうところが問題です。理由があるなら改善すれば済むことですが、もやもやした負の感情は、言われたほうもどこを改善すればいいのかわかりませんからね」

    メディア出演が急激に増えている高畑だが、よきタイミングで小休止を入れたほうが、芸能界では長生きできそうだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1151925/
    【20代女性がNHK「とと姉ちゃん」高畑充希を批判!「顔がかわいくない」「痛くなくても普通にブス」「綺麗な女優が見たい」】の続きを読む

    77
    21
    67
    9

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/25(土) 07:13:25.51 ID:CAP_USER9.net

    6月12日の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に武井咲(22)、剛力彩芽(23)、忽那汐里(23)の「オスカー3人娘」が登場した。同じオスカープロモーション所属の人気女優3人の競演ということで注目されたが、特に武井のある発言がクローズアップされている。

    オスカーといえば、「25歳まで恋愛禁止」という不文律があり、2013年3月3日付当サイト記事『「上戸彩の“つくり方”」芸能プロ大手オスカー幹部に聞く…恋愛禁止ルールは必要』でも、専務取締役(当時、現在は副社長)の鈴木誠司氏が「10代でデビューした場合は、25歳までは恋愛禁止」と明言している。

    これについて、武井が「事務所で25歳まで恋愛禁止とかいわれているけど、どうなんですか?」と口火を切ると、忽那が「あんまり聞いた覚えがないんだよね」と返答、武井は「そう、わかる! 聞いてない」と強く同調した。

    さらに、武井は「アイドルのように頭ごなしに恋愛禁止というわけじゃなくて、そういうルールの中でやりましょうねって」と自分の解釈を述べた。

    「武井はEXILEのTAKAHIROとの熱愛が報じられており、今年3月にはTAKAHIROの自宅マンションに通う様子を週刊誌に撮られています。

    2人は、14年のドラマ『戦力外捜査官』(日本テレビ系)で共演したことから仲を深め、昨年4月には自宅デートを報じられたものの、お互いが交際を否定。

    しかし、実際は交際が続いていたところに今回の発言ということで、『売れっ子だと、いろいろ大変なんだな』『確かに、女優は恋愛で魅力的になる例もあるから』などという声が視聴者から上がりました」(テレビ局関係者)

    また、話題が「世間の評価」に移った際には、「気にしたほうがいいの? って思っちゃう」と発言した武井。

    「視聴率とか気になる?」という剛力の問いに、「それよりも、観た人の感想を聞きたい」「なんで、世間のみなさまに視聴率をお知らせしなきゃいけないんだろう、っていつも思っちゃう」と心情を吐露した。

    「今はドラマの放送翌日には視聴率がインターネットのニュースなどで一斉に報じられますが、もはやリアルタイムでの視聴だけでドラマの魅力を測ることはできません。


    2 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/25(土) 07:13:48.07 ID:CAP_USER9.net

    録画や『TVer』(民放5局による公式無料動画配信サービス)などで観る人も多く、視聴率以上に視聴者の感想のほうが重要といえます。

    例えば、6月14日に最終話を迎えた黒木華の主演ドラマ『重版出来!』(TBS系)は平均視聴率8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と数字的には苦戦しました。

    が、ネット上には『良質な仕事ドラマ』『毎回、セリフが身にしみる』『仕事やクリエイターのあり方について、考えさせられる』という視聴者の声があふれ、続編も期待されるほどです。

    作品の視聴率に一喜一憂する演者も多いですが、それで演技やメンタルに影響があっては、元も子もありません。武井の事実上の『視聴率は気にしない』発言は、常に出演作が放送されるトップ女優としては賢明な判断といえます」(同)

    ●武井咲、多忙すぎて「全部がネガティブ」

    また、武井は売れっ子ゆえの苦悩も語った。ブレイク直後は3クール連続でドラマの主演を務めたこともあった。

    「一時、セリフをまったく覚えられなくなった」「(演技について)自分のプランを考える時間すらない時があった」と振り返り、「全部がネガティブになった」「人との会話もなんにも面白くない」という時期があったことを明かしたのだ。

    「ドラマだけでなく映画やCMの撮影、さらに雑誌などの取材も殺到するなど、異常な過密スケジュールには業界内でも同情が集まるほどでしたが、『なんにも面白くない』というのは、そういった時期だったのかもしれません。

    ただ、今回の放送では、一番年下ながら中心となって話を展開し、『意外と話がうまい』『こんなにしゃべるイメージがなかった』という声も多く、意外な一面を見せることができたのかもしれません。

    また、『やっぱりかわいいな』『ルックスの良さは疑いようがない』と、あらためて美貌への評価が高まっています」(芸能事務所関係者)


    http://dailynewsonline.jp/article/1151319/
    【人気女優の武井咲「世間のみなさまに視聴率をお知らせする必要はない。なんにも面白くない」「自己中女優」「演技が大根」】の続きを読む

    zc
    rr

    1 :7代目副将軍 ★@\(^o^)/:2016/06/12(日) 14:02:50.22 ID:CAP_USER9.net

    女優の忽那汐里(23)が12日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。インターネット上で噂されている自身の妊娠・出産説について「産んでない」と否定し、「何でそんな妊娠、妊娠ばっかり」とネット上にあふれる無責任な情報流布を嘆いた。

    この日は同じ事務所の女優・剛力彩芽(23)、武井咲(22)と出演し、結婚観など女子トークを繰り広げた。人気女優として多忙な日々を送る3人。世間の評価や視聴率について、武井は「気にしない」ときっぱり。

    「無知だから言えることかと思うけど」と前置きした上で「なぜ世間のみなさまに視聴率をお知らせしないといけなんだろう。(ドラマや映画などを)観た人の感想を聞きたいと思ってしまう」と率直な思いを口にすると、忽那も自身の名前を検索するエゴサーチは「絶対しない」と断言した。

    その理由として「最近聞く話だと、私の名前の後に必ず『妊娠』と出てくるから」と、ネット上の自身の出産説について言及。「私、子供産んでないわ!何でそんな妊娠、妊娠ばっかりで…」とあきれた様子で否定した。

    両親へは気にしないように伝えているといい「そんなことが(出産説)が付いてくるから絶対に見ない。他に見るべきものはたくさんあるから」。

    また、噂を自虐的にとらえて、子供の名前を考えたことも明かし「友達と“最近1歳くらいになるね”“そうだね”って話したりしてる」と、最後は明るく話して剛力と武井を笑わせていた。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/12/kiji/K20160612012767800.html


    【忽那汐里「妊娠も出産もしてない!子供産んでないわ!」武井咲と剛力彩芽「世間の評価や視聴率は気にしない」】の続きを読む

    a1

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/05(日) 10:52:18.90 ID:CAP_USER9.net

    6月1日、7月スタートのドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(テレビ朝日系)で、剛力彩芽が主演を務めることがわかった。

    現在放送中の「ドクターカー」(日本テレビ系)でも主演している剛力だが、第7話では視聴率2.7%という爆死ぶりを見せており、なかなか結果を出せずにいる。

    にもかかわらず、またもや主演に抜擢されることに、ネット上には“所属事務所のゴリ押し”の言葉が多数書き込まれている。

    「剛力主演というだけで“誰トク?”感が漂います。脇を固める俳優陣はドラマ『民王』(テレビ朝日系)で人気に火が点いた高橋一生、

    『半沢直樹』(TBS系)でブレイクした滝藤賢一、『あさが来た』(NHK)で亀助を演じて知名度を上げた三宅弘城、

    『真田丸』(NHK)で面白味のある豊臣秀吉役で人気を再確認させてくれた小日向文世など。彼らが深みと厚みのある演技を見せてくれるのは確実なんですが‥‥」(テレビ誌ライター)

    さらにモヤッとした気分にさせるのが、天才的料理人の主人公が「官邸料理人」となり、料理で政治家たちを虜にしていくというストーリーだ。

    「これは昨年春に佐藤健が主演した人気ドラマ『天皇の料理番』(TBS系)をイメージしてしまいます。好演した佐藤健の女版を剛力が演じるとあっては、いくら脇を固めても高視聴率は望めない。

    それどころか、『ドクターカー』を超える爆死なる可能性は高そう。そうなればあの脇役陣たちも“低視聴率ドラマ出演者”のレッテルを貼られて役者人生の危機に陥るかもしれません」(テレビ番組制作会社社員)

    剛力をゴリ押しすることが、本当に彼女のためになるのだろうか?


    http://dailynewsonline.jp/article/1140448/


    【視聴率2%でも剛力彩芽が主演で爆死確実「低視聴率で脇役陣も役者人生危機」「ゴリ押しのドラマ潰し」】の続きを読む

    このページのトップヘ