芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:加藤浩次

    t1
    1 : Japanese girl ★@無断転載は禁止2016/12/22(木) 17:53:03.92 ID:CAP_USER9
    12月20日に放送された情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)に、俳優の藤岡弘、がゲストとして出演した。この日、藤岡は当日放送される出演番組の宣伝でスタジオを訪れていた。

    「藤岡は、自身が出演しているドキュメントバラエティ番組『さよなら、フーテン人生~フーテンたちが自分を変える720時間山ごもり生活~』(日本テレビ系)を紹介するために登場。そこで『スッキリ!!』側から、どのような番組なのかを尋ねられると、藤岡は現代の若者について熱い思いを語り始めました」(テレビ誌記者) 

    だが、藤岡が真剣な表情で意見を述べている時、MCの加藤浩次が突然「それ、パーマなんですか?」と髪型に関する質問をぶつけた。そして藤岡は「少しやってますね」と答えると、加藤は「ロット? ロット?」とさらに関係ない質問を続け、相手を呆れさせたのである。 

    さらにその後も、加藤の失礼な態度は収まることがなく、番組は一触即発の空気となったという。

    「髪型の質問後、藤岡は再び真剣に語り始めたのですが、続いて加藤は『はい! はい! はい!』と相手の言葉を遮るほどの大声で相槌を続けました。そのあからさまに藤岡をバカにした相槌は長時間続き、スタジオはしだいに険悪な雰囲気となったのです。

    最終的に藤岡は『なんにもわかってないよ、彼は』と顔をゆがめたため、天の声が慌ててフォローし、強引にまとめていました」(前出・テレビ誌記者) 

    この模様が放送されると視聴者からは「さすがに失礼すぎる」「完全にバカにしてるな」「ふざけすぎ」と加藤への批判が殺到した。加藤としては藤岡との絡みを笑いに変えようとしたのかもしれないが、結果的に他の出演者の表情は凍りつき、放送事故スレスレの生放送となったようだ。

    http://www.asagei.com/excerpt/72802
    【大物俳優と一触即発「スッキリ!!」加藤浩次の失礼すぎる態度に批判殺到】の続きを読む

    77

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/08(水) 13:55:22.04 ID:CAP_USER9.net

    6月5日に放送されたラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(ニッポン放送)にて、お笑い芸人の土田晃之(43)がかねてより好きだと公言してきたサッカーについて「もう興味ないんだよね」と発言。

    このことがネット上で話題になり「その程度の熱量かよ」「叩かれ過ぎて嫌になっちゃった?」と批判を受けている。

    番組内で土田は「今の選手のこと知らない」と大胆告白。80年代90年代のサッカー事情についてはまだ得意としながらも「サッカーに興味が失せてきた」「最初は好きで仕事にも繋がってたけど、途中から『サッカーは吉本興業が全部押さえてるな』となるわけよ」

    「矢部さんが(テレビ朝日で)『やべっちFC』をやっていたし、TBSは加藤浩次さんがやってるし、日テレはタカトシがやったりとかしてて。フジテレビも、ピースがちょっと前までやったりしていて」と愚痴を漏らしていた。

    「土田はこれまでに『アメトーーク』(テレビ朝日系)などの番組で豊富なサッカー知識を披露してきたのですが、サッカーファンからは不評。

    特にスペインの超有名選手“イニエスタ”のことを“イエニスタ”と放送中に何度も呼び間違えていたのは伝説級のネタとして語り継がれています。

    そのため『ニワカ』『字でしかサッカーを見ていない証拠』とよく叩かれていたのですが、今回も『仕事に繋がらないから興味無くなった』ではニワカと叩かれても否定できませんよね」(芸能誌記者)

    土田の今回の発言には、世間からも「そんなんでサッカー興味なくなるのかよ」「ビジネスサッカー好きとか一番ないわ」「俺が一番嫌いなタイプだ、ガッカリだわ」「もともとこいつはニワカだからな」と落胆する声が多数あがっている。

    「吉本に仕事を取られたから」と言い訳するのではなく、まずは自身のサッカー愛の不足を振り返るべき?


    http://dailynewsonline.jp/article/1142341/

    【土田晃之「もうサッカーに興味ない。仕事に繋がらない。サッカーは吉本興業が全部押さえてるから」】の続きを読む

    w1


    1 : ジャーマンスープレックス(秋田県)@\(^o^)/:2016/05/05(木) 14:05:40.45 ID:HcCQ6TIr0.net PLT(12001) ポイント特典
     
    5日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、加藤浩次が、飲食店における客のマナー違反に対して持論を展開する場面があった。

    番組では、あるとんかつ店で発生した騒動を取り上げた。客が、注文した定食のロースカツの衣をはがして食べ始めたというのだ。客は「通の食べ方」としていたが、店主は「豚肉はもちろん、パン粉や揚げる時間にもこだわっているのに、衣をはがすなんてあんまりだ!」と激怒したそうだ。

    ネット上では、この一件に対して「マナー違反」「金を払っているからお客の勝手」と、意見が大きく分かれている。

    スタジオでは、加藤以外の出演者が全員「客の自由」だと回答する結果に。加藤は驚き「ウソでしょう!? 日本って今、こんな感じ!?」と大声を上げた。

    「客の自由」だとする他の出演者らの意見を聞いたうえでも加藤は変わらず、「ダメダメ、絶対ダメ!」「お店は店主のものだから! お客さんのものじゃないから! 店主のやりたいようにやっていいの!」と主張した。

    店主が客の食べ方に腹を立てた場合、「おう、何はがしてるんだ!? 帰れ!」と言ってもいいというのだ。

    加藤は「『お客様が神様です』みたいな考え方あるかもしれないけど、店は店主のもん! そこに行かせてもらってるの、俺らは!」と力説していた。

    なお、視聴者投票の結果、「マナー違反」が40117票、「客の自由」が16849票となった。この結果を目の当たりにし、加藤は「やっぱり、視聴者の方は分かってるねぇ」とコメントしてにこりと笑顔。出演者らの爆笑を誘っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/11488091/?_clicked=social_reaction
    【加藤浩次「お店は店主のものだから!店主のやりたいようにやっていいの!」】の続きを読む

    19

    1 : 【中国電 80.2 %】 ◆fveg1grntk @\(^o^)/:2016/04/14(木) 20:01:17.85 0.net

    タレント・矢口真里の出演CMが打ち切られたことについて、14日放送の日本テレビ系情報番組『スッキリ!!』(毎週月~金8:00~10:25)で緊急アンケートが行われ、67%がCMの演出を「許せる」という結果になった。

    矢口は日清食品「カップヌードル」の新CMに起用され、出演シーンでは危機管理の権威として壇上で「二兎追う者は一兎も得ず」「臨床データもあります」とスピーチ。

    騒動から復帰後では初のCMだったが、過去の不倫をネタにしたこの演出を不快に思った視聴者からクレームが寄せられ、CMは打ち切られた。

    『スッキリ!!』で、気になるニュースを視聴者投票で判定する「あなたはどっち派!? スッキリ!! JUDGE」のコーナー(リモコンの4色ボタンから投票)。

    CMの演出を許せるか許せないかの質問に対し、投票の結果、「許せる」が2万7,982票(約67%)、「許せない」が1万3,587票(約33%)だった。

    司会の加藤浩次をはじめ、6人の出演者は全員が「許せる」。加藤は「いつまで反省しないといけないんだろう」と疑問を投げかけ、「やっちゃったことはやっちゃったこととして、謹慎をして反省もした。それで自分のやったことをテレビで言ったりするのは、別に悪いことじゃないと僕は思う」と意見。

    一方、4月期から新サブMCを務めているハリセンボン・近藤春菜は、「自虐ですし、具体的に不倫と言っているわけでもない」と指摘。

    そして「CMはインパクトが大事で、私たちはCMに使っていただく側。面白くてインパクトがあって、こうやって話題になるということではすごくいいんじゃないかと思いました」とCM上の演出として評価していた。

    http://news.mynavi.jp/news/2016/04/14/120/
    【矢口真里が完全に許される!不倫ネタCM67%が「許せる」加藤浩次「いつまで反省しないといけないんだろう」と疑問】の続きを読む

    iew

    1 :ダークホース ★@\(^o^)/:2016/04/09(土) 10:24:49.80 ID:CAP_USER*.net

    いまお笑いタレントで大きな話題となっているのが、バナナマンの設楽統(42)だ。テレビ界では「ダウンタウンや爆笑問題、くりぃむしちゅーらの年収を抜き去ってしまうのでは」と噂されるほど勢いがある。

    ニホンモニターが昨年末に発表した「2015タレント番組出演本数ランキング」を見ると、50歳以下の芸人では設楽が556本でダントツの人気ぶりを示した。

    50歳以下の芸人限定の2~10位は以下の通り。

    2位・澤部佑(29=458本)、3位・加藤浩次(46=456本)、4位・有吉弘行(41=452本)、5位・春日俊彰(37=421本)、6位・後藤輝基(41=419本)、

    7位・博多大吉(45=411本)、8位・若林正恭(37=405本)、9位・大久保佳代子(44=378本)、10位・上田晋也(45=377本)

    だが意外なことに、設楽は年収ではトップ10どころか30位内にも入らないという。

    「若手の年収トップは加藤と上田。次いで有吉やオードリーの若林らが入っています。設楽はあれだけ番組に出演しているのに、1億円の大台もまだ夢の世界ですよ」(芸能プロ関係者)

    実は、設楽にお声がかかるのもギャラの安さに秘密があるという。

    「来た仕事は『スケジュールの許す限り、絶対に断らない』という姿勢で有名ですが、知名度の割に出演料がリーズナブルなんです。あれだけ売れていながら年収は5000万円弱。

    本来ならば設楽クラスの知名度とキャリアだと、ゴールデン&プライム帯で1本80万円が相場ですが、20万円でも喜んで受ける。ディレクターと気が合うとギャラは二の次で仕事を受けてしまう」(放送作家)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160409-00000009-tospoweb-ent
    【テレビ出演本数トップのバナナマン設楽統「あれだけ売れていながら年収は5000万円届かず」】の続きを読む

    このページのトップヘ