芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:堺雅人

    rz

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/18(月) 13:07:16.32 ID:CAP_USER9

    元日本テレビの女子アナで、現在はフリーアナとして活躍する夏目三久(31)が、近々本格的に女優デビューするようだ。

    夏目といえば、かつて大手広告代理店の恋人とのスキャンダル写真が流出したことがきっかけで、当時の日テレの怒りを買ってしまい仕事が激減。2011年には会社を追われるように退社している。

    以後フリーとなったわけだが、わずか2年後の2013年に、日テレ系列の番組である『真相報道 バンキシャ!』のキャスターに出戻りで大抜擢された。このキャスティングは、一部で現在夏目が所属している大手芸能事務所のバックアップが背景にあったと言われている。

    「夏目の所属する大手プロのA氏は、夏目の才能に惚れ、フリーになった当時から、相当に入れ込んで所属させたと聞いています。タモリ(70)や堺雅人(42)も所属するなど、各局との付き合いも古く、夏目の出演をプッシュすれば断れないディレクターも多いのでしょう」(芸能関係者)

    ■夏目と事務所が睨む“女優デビュー”のタイミング

    フリー以後、最初のレギュラー番組であり、これまで夏目の人気を支えていた『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)を今年3月末で卒業した際には「報道に専念するのでは?」などの憶測もネット上で飛び交っていた。

    また、夏目のレギュラー番組である『あさチャン!』(TBS系)は、視聴率の低迷により打ち切りの噂が絶えない状況で、改編期である来年3月末で降板の話がまとまっているなどの話もあった。

    さらに、『バンキシャ!』や『はくがぁる』(テレビ朝日系)は、続投・降板どちらにするか現在検討している最中のようだ。

    そもそも夏目は、かなり早い段階で女優としての活動を視野に入れていた。かつて日テレ時代には、開局55周年を記念し、アナウンサーで結成されたアイドル『go!go!ガールズ』でCDデビューをしたり、映画『それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ』では声優を務めている。

    若いうちから幅広い活動を行ってきた夏目は、自分自身の年齢も考えた上で、今後の展開についてもかなりシビアに考えているという。

    「夏目も今年で32歳。女子アナとして活躍できるピークの年齢はとうに過ぎており、現在の事務所に所属した時から、いずれは女優へ転向するつもりだという意思を周囲にほのめかしていたようです。時期を待っていたが、ようやくそのタイミングが来たということでしょう」(前出・関係者)

    女優としての活動が現実味を帯びてきた夏目の今後の活動に注目したい。


    http://dailynewsonline.jp/article/1164966/
    【夏目三久アナがゴリ推しで狙う“女優業”への道!関係者「タモリや堺雅人も所属の大手芸能事務所で各局との付き合いも古く、断れないディレクターも多い」】の続きを読む

    7t
    o

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/13(月) 10:15:54.24 ID:CAP_USER9.net

    俳優の堺雅人(42)が主演を務めるNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)の第23話が12日に放送され、平均視聴率は18・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。前週の22話から、2・3ポイント数字を上昇させた。

    大坂編がスタートした第14話は17・1%。第15話は第5話の19・0%以来10週ぶりの18%超えとなる18・3%を記録。

    第16話16・9%、第17話17・0%、第18話19・1%、第19話17・0%、第20話18・7%、第21話16・8%、第22話16・6%と推移し、今回も好調をキープした。

    初回19・9%と好発進。第2話は20・1%で、NHK大河ドラマの20%超えは2013年「八重の桜」の初回21・4%以来3年ぶり。

    大河ドラマ55作目。戦国時代最後の名将・真田幸村=本名・真田信繁(のぶしげ)の生涯を描く。ヒットメーカー・三谷幸喜氏(54)が「新選組!」(2004年)以来、2度目の大河脚本。

    タイトルの「真田丸」は大坂冬の陣で信繁が築いた最強の砦。同時に、家族の物語として一艘の船に例えた。演出は木村隆文氏ほか。

    第23話は「攻略」。秀吉(小日向文世)は20万を超える兵を集め、小田原を包囲する。だが、関東の覇者としての自尊心を捨てられない北条氏政(高嶋政伸)は、絶望的な状況になっても降伏を拒否する。

    一方、昌幸(草刈正雄)と信幸(大泉洋)は北条方の拠点、忍城(おしじょう)を攻めあぐねる。そこへ、秀吉から武功を立てるよう命じられた三成(山本耕史)が乗り込み、昌幸らと対立する。そんな中、信繁(堺雅人)は、家康(内野聖陽)と大谷吉継(片岡愛之助)に呼び出される…という展開だった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000106-spnannex-ent


    【大河ドラマ「真田丸」視聴率上昇!第23話は18・9%「戦闘シーン手抜き過ぎ」「高嶋政伸が不憫」】の続きを読む

    49


    1 : [Φ|(|´|Д|`|)|🌀] BBxed!! スパイダージャーマン(庭)@\(^o^)/:2016/05/13(金) 19:13:37.79 ID:FlH5ZFbV0●.net PLT(13000) ポイント特典
     
    平均視聴率約17%と好調を維持しているNHK大河ドラマ『真田丸』。主演で真田幸村役を演じているのが実力派俳優の堺雅人(42)だ。

    出演する映画やドラマは話題作となる、そんな順風満帆な堺雅人が自らの出世作となった『半沢直樹』の続編に出演することを決意したという。

    ■今秋にも『半沢直樹』のクランクインか

    堺雅人は早稲田大学に6年間通い中退の末、極貧生活を経験。貧乏のあまり「タンポポを食べた」経験もある苦労人だ。映画、ドラマと出演する作品は話題作となり、女優の菅野美穂(38)との結婚でイメージもさらにうなぎ上りとなっている。

    『半沢直樹』といえば13年7月に放送され、池井戸潤(52)原作で最高視聴率42.2%を記録し「やられたらやり返す」「倍返し!」などのセリフが社会現象にもなった。

    「TBSにとっては喉から手が出るほどほしい作品。水面下で堺の事務所サイドと交渉を続け、ようやくOKが出たようです。一時は映画化などの案も検討されましたが、2時間内でストーリーを展開するのは厳しいという声が圧倒的で連ドラに落ち着いたとのこと。

    『真田丸』の撮影が終わる今秋にも『半沢直樹』のクランクインに入る予定です。放送は来年1月クールに予定されています」(テレビ局関係者)

    しかし、もっと早い段階で続編の話は出ていた。なぜ放送から3年も経ってしまったのだろうか。

    「実は当初、TBSとしては『半沢直樹』にそれほど期待していなかったようです。回数を追うごとに話題となり視聴率も上がっていきました。最終回前には局内で続編の話が内定してましたが、堺のスケジュールを押さえていなかったそう。

    『半沢直樹』の後、堺は『リーガルハイ』『真田丸』と主演作に出演しており、3年が経ってしまったんですね」(前出・テレビ局関係者)

    http://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1127653/


    【半沢直樹2 -ロスジェネの逆襲- 堺雅人主演「放送は来年1月クールに予定」】の続きを読む

    60

    1 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/05/10(火) 16:52:50.49 ID:fhDcoyfV0.net
    【堺雅人と菅野美穂と子供の写真!「服がダサい、おばさんファッション」「産後太りしてない」】の続きを読む

    1c
    f
    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/03(火) 12:26:48.33 ID:CAP_USER9.net

    人気大河ドラマ『真田丸』(NHK)において、堺雅人演じる真田信繁の初恋の相手である梅を演じた黒木華が早くも死亡してしまった。これが、同じく信繁の幼なじみであるきり役を演じる長澤まさみの“差し金”ではないかと話題となっている。

    「不仲説などがささやかれていますが、さすがに脚本まで変えられるということはないでしょう。黒木華は4月から始まったドラマ『重版出来!』(TBS系)で主演を務めていますし、出演時期はあらかじめ決まっていたと見るべきでしょう」(芸能関係者)

    “昭和顔”ともいわれるしっとりとした黒木華と時代劇の相性は抜群でファンが多かったことは確かだ。ハードスケジュールを縫うようになんとか黒木をキャスティングしたのが実情なのだろう。こうした例は過去のドラマでも見られる。

    「大家族ものの連続ドラマとして知られた『天までとどけシリーズ』(TBS系)では、次男役を演じた河相我聞が途中からブレイクしたため、医学部へ進学しほとんど戻ってこない、という設定になりました。これは大人の事情といえるでしょう」(同)

    さらにキャストの死亡というやむを得ない事情で設定が変わることもある。『ショムニシリーズ』(フジテレビ系)では、野々村課長役を演じた伊藤俊人がクモ膜下出血のため死亡したため、海外出張中という設定に切り替えられた。

    『渡る世間は鬼ばかりシリーズ』(TBS系)では、母親役の山岡久乃が亡くなると、ドラマの中でも亡くなった。対して父親役の藤岡琢也が亡くなると、同役は宇津井健に引き継がれた。宇津井も亡くなったため、ドラマ中でも2014年に死亡という設定となった。

    はからずもドラマのキャラクターは、芸能人その人の人生遍歴を映し出すこともあるのだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1124526/
    【大河ドラマ「真田丸」梅を演じた黒木華が早くも死亡!長澤まさみの“差し金”か!】の続きを読む

    3_PC6Ji_152

    1 :Twilight Sparkle ★@\(^o^)/:2016/04/01(金) 06:19:10.33 ID:CAP_USER*.net

    “テレビ離れ”という言葉が霞むほど、すべてのジャンルで絶好調のNHK。NHKの出演ギャラは安いというのが通り相場だった。

    本誌が関係者への取材をもとに出演ギャラを算出してみると、次のような金額が出た(金額は放送1回分。BSなどでの再放送分は除く)。

    『あさが来た』(朝ドラ)

    波瑠……10万円。玉木宏……20万円。

    『とと姉ちゃん』(朝ドラ)

    高畑充希……10万円

    『真田丸』(大河ドラマ)

    堺雅人……50万円。草刈正雄……130万円。大泉洋……30万円。
    内野聖陽……100万円。長澤まさみ……20万円。木村佳乃……15万円。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160401-00010001-jisin-ent
    【『真田丸』堺雅人のギャラは1本50万円、では大泉洋は?】の続きを読む

    このページのトップヘ