芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:声優

    67
    9

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/12(日) 22:36:15.02 ID:CAP_USER9.net

    「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気マンガ『銀魂』(共に集英社)が、小栗旬主演で実写映画化することが分かった。関係者によれば間もなくクランクインを迎え、公開は2018年を予定しているという。
     
    空知英秋氏の原作で2004年に連載開始した『銀魂』。天人と呼ばれる異星人がいる江戸の街を舞台に、主人公・坂田銀時や個性豊かな仲間たちが繰り広げるSF×コメディマンガだ。

    ギャグやパロディ要素を含みながら、時にシリアスストーリーを展開して涙を誘うストーリーが人気で、コミックス(既刊64巻)は累計発行部数5000万部を突破(16年5月時点)。これまでに複数回テレビアニメ化されており、劇場版アニメも2度公開している。

    「近年の『ジャンプ』の傾向を見てみると、14年のマンガ最終話直後にアニメ映画『BORUTO』が公開された『NARUTO -ナルト-』や、アニメに実写映画とほぼ同時にストーリーが進行した『暗殺教室』など、映像作品との連動企画が王道パターンとなっている。

    実は『銀魂』は1年以内に最終回を迎える予定で、それに合わせて実写映画化が発表される見込みです」(出版関係者)
     
    実際、昨年12月の「ジャンプフェスタ2016」で発表された空知氏のコメントでも、16年から『銀魂』が最終章に入ることが示唆されていた。

    これまでも『銀魂』は何度も“終わる終わる詐欺”でファンを驚かせてきたが、今回こそ本当の終焉に向かっているようだ。

    「実写版『銀魂』が公開予定の18年には、『ジョジョの奇妙な冒険』など複数のジャンプ漫画が実写映画化されるとあって、関係者の間でも話題を集めています。

    しかし、『銀魂』で主演する小栗に関しては14年の『ルパン三世』で好成績を収めているものの、人気マンガやアニメの実写化は総じて批判を受けやすい。

    今後続々と発表されるであろう実写化作品に、それぞれの原作ファンがどのような反応を示すのか、少々不安も残ります」(同)
     
    ジャンプ作品の実写化では、佐藤健主演で12年と14年に公開した『るろうに剣心』が大ヒットを記録している。映画界が編み出した“人気マンガとの連動”という新たな手法だが、果たしてどこまで通用するものなのだろうか?


    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0612/ota_160612_5343440298.html
    【ジャンプ漫画「銀魂」小栗旬が主演で実写映画化!「声優のイメージ強すぎて無理」「お願いだから止めて!」】の続きを読む

    j
    48
    84
    01

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/02(木) 11:04:45.14 ID:CAP_USER9.net

    タレントの平野綾が5月31日のツイッターでセーラー服姿を公開、「林修の今でしょ!講座3時間スペシャル」(テレビ朝日系)の出演告知を行った。

    セーラー服姿は番組収録時のもののようで、2枚のうちの1枚はバストアップのショット、もう1枚は手のひらをちょこんと上に向けたかわいらしいポーズを取っている。

    ところが、これに対してネット上では「自分たちを裏切っておきながら‥‥」「何を今さら清純派アピール?」と“元ファン”たちが強い拒絶反応を示しているのだ。

    「アイドル並みのキュートなルックスと可愛いアニメ声を兼ね備えた平野は、声優という枠を飛び越えて活動の場を広げ、人気を獲得していました。清純派然としたルックスから“男性経験ゼロ説”を信じていたファンも多かった。

    ところが、そうしたオタクたちが作り上げる勝手なイメージが嫌だったのか、突如として方向性を転換。テレビのバラエティ番組で男性との交際をほのめかすような発言をするようになった。

    また、同時期にバックバンドのメンバーを自宅に連れ込んでいる疑惑が浮上したことで、彼女の人気は大暴落しました」(芸能関係者)

    これ以降、平野はアーティスト路線を目指すがうまくいかず、以降は迷走。結局、元のアイドル路線に舵を切り直すが、かつてのファンが戻ってくることはなかった。

    「年齢的にも昔のようなやり方をするのは無理がありますね。今回アップされた写真を見ると、ソフトフォーカスと美白フィルターをかけているのがバレバレなんです。ポーズも若いアイドルがすれば可愛いのでしょうが、彼女だと痛々しいですね」(芸能ライター)

    このツイートに対して「いいね!」を押した人はわずか400人。リツイートに至ってはたったの160人。タレントとは思えない寂しい数字が、彼女の現在を物語っているようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1139131/
    【平野綾に元ファンたちが大反発!「自分たちを裏切っておきながら」「何を今さら清純派アピール?」】の続きを読む

    jpg


    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/11(月) 15:40:13.96 ID:CAP_USER*.net

    松田聖子といえば、デビュー35周年を迎えた昨年は大みそかの「NHK紅白歌合戦」で大トリを務めて、「日本レコード大賞」では「最優秀歌唱賞」を受賞するなど存在感を放った。

    ベテラン歌手にとって人気のバロメーターとされるディナーショーも、ホテルによっては5万円という高額の値段設定になることもありながら、現役屈指の売れ行きを誇り、ほとんど完売状態。近年では業界内でも歌手としてその才能を再評価されているという。

    「音楽業界が一番元気だった80年代、90年代には多くの歌手やアイドルが派手な活躍を見せましたが、いまだにコンスタントに活躍し、知名度だけでなく、実際に大きなお金を動かしているのは聖子くらいじゃないですかね。やはり聖子は化け物ですよ」とはレコード会社幹部。

    デビュー35周年を最高のカタチで飾り、いまだ存在感を放つ聖子。だが、そんな稀代のカリスマ歌手にも悩みはあるようだ。なんとあろうことか、最近は実の娘である神田沙也加にライバル心をむき出しにしているという。

    沙也加といえば、SAYAKAとしてデビューするもブレークには至らず、芸能活動を休業。その後、舞台や声優として地道に実力を磨き、神田沙也加として芸能活動を再開すると、一昨年にはディズニー映画「アナと雪の女王」の王女・アナ役の日本語吹替えを好演し、近年では女優、歌手として高い評価を受けている。

    通常であれば、母親であれば愛娘のブレークを喜びそうなものだが、そこは“生涯アイドル”、“生涯女”である聖子の聖子たるゆえん。

    「聖子さんは『アナ雪』で人気歌手、人気女優の地位を築いた娘の沙也加さんを執拗なまでに意識していて、『あの衣装は地味だ』とか、『あの男とは付き合ってはダメだ』など難癖をつけているそうです」とは聖子をよく知る関係者。

    そんな聖子の娘に対する態度を見かねて、聖子の母親が孫娘のフォローに回ったというが、「元々、沙也加さんを育てたのは仕事一筋のお母さんというよりも、おばあちゃんですからね。

    聖子さんの母親が孫娘の沙也加さんの肩を持つのは当然でしょう。ついには、聖子さんは自分の母親とも口を利かないほど険悪な状態になっているようです」(同関係者)

    親子どころか、聖子VS母&娘といった3代にわたっての対立構図が形成されてしまっているというから、驚くばかりだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1115059/
    【松田聖子が娘の神田沙也加と嫉妬が原因で対立!?実母も参戦して泥沼の家族バトルに!!】の続きを読む

    1980年代後半の栗田貫一さんの宣伝材料用写真0328001572_comm
    ものまねタレントとして息の長い活動をしている栗田貫一さん25001177_comm

    1 :かばほ~るφ ★@\(^o^)/:2016/03/28(月) 12:50:50.69 ID:CAP_USER*.net

    これはものまねタレントとして売り出した1980年代に使っていた宣材写真です。実はデビュー前、ショーパブで歌っていた時にジャニーズ事務所に誘われたことがありますが、この写真を見たら納得しませんか?(笑)

    ものまねを人前で始めたのは、22歳で六本木のスナックで働き始めてからです。あまりにもお客さんが入らないので、勝手に俺がものまねのステージを始めたらすごい人気が出てね。それでスナックをショーパブ風にしたら、それこそ、俺を見るために来るお客さんで、毎日店がいっぱいになったんです。

    それがきっかけでデビューしましたが、当初は無名だから、いろんな場所に歌いに行っても辛かったよね。たとえば敬老会に呼ばれても、誰も俺のことを知らないから、一生懸命に有名な歌手の曲を歌っても全然ウケない。

    20分の持ち時間が3日間くらいに感じたものです。また、歌手の前座として、スナックを一晩に5軒回ることもありましたが、行くとお客さんが3人なんてこともありましたね。

    80年代後半に入り、ものまねの歌番組ができて人気が出たけど、最初は俺たちものまねタレントは盛り上げ役で、普通の歌手の人が優勝する形でね。

    それがだんだん変わってきて、ある時「ものまね王座決定戦」のプロデューサーの木村忠寛さんが、俺と清水アキラ、ビジーフォーとコロッケの4組を「ものまね四天王」と命名してくれたので、四天王の一人として注目されるようになりました。

    当時は90年代前半でバブル後半、しかもものまねブーム真っ盛りなので、番組のお金のかけ方がはんぱなかった。「ものまね王座決定戦」は、照明だけで3億円と言われ、12台のカメラが俺たちを常に撮影しているから、長い撮影時間でもみんな一瞬たりとも気が抜けない。

    ちょっとでも油断すると、プロデューサーから怒鳴られる緊張感の中、夜中の3時や4時まで撮影して、優勝者は目の前で100万円単位で賞金が渡される、そういう時代でした。

    それから約10年、仕事はフル回転。毎月、地方も含めたイベントやコンサートがパンパンに入っていて本当に忙しかった。でも今考えると、当時所属していた事務所は相当潤っただろうに、当の俺はなぜかちっとも儲からなかったというのが悔しいです(笑)。

    忙しい四天王が同じ場に揃うことはなかなかなかったけど、歌番組で誰かと一緒になると「こいつよりウケたい。絶対にうまく歌ってやる」と思ったので、結果的にものまねの実力を磨けたと思います。今もものまねタレントとして活動しているのは、やはりあの四天王としてがんばった時代があったからこそ。

    でも時々考えます。あの時、ジャニーズ事務所に入っていたら、俺は今頃どうなっていたんだろうってね(笑)。

    くりた・かんいち ものまねタレント。声優。1958年東京生まれ。84年放送の「第16回オールスターものまね王座決定戦」でプロデビュー。やがて清水アキラ、コロッケ、ビジーフォー(グッチ裕三・モト冬樹)と並び「ものまね四天王」と称される。山田康雄さんの後を継いで『ルパン三世』のルパン役の声優も務める。

    http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2016032521721.html
    【栗田貫一「あの時、ジャニーズ事務所に入っていたら…」】の続きを読む

    このページのトップヘ