芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:大人

    2l
    70

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 14:24:03.09 ID:CAP_USER9.net

    少し前に、ビートたけしがテレビ番組内で最近の若手芸人に対して苦言を呈したことが話題になった。礼儀を知らない若者は一般社会にも増えているという。真相を確かめるべく、読者のナマの声やマナーの専門家に話を聞いてみた。

    「芸能界もね、師匠と弟子の関係がなくなってきて、お笑い学校がメインになったときに先輩後輩の区別がつかなくなって、失礼な若手がいっぱい出てきているワケ」

    5月8日、『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、たけしが吠えた。礼儀知らずの若手芸人が増えていると嘆いたのだ。

    「われわれは先輩後輩で育ってきているワケだから、どんなに売れていない先輩でも敬語を使ってお茶ぐらい出すっていうのが常識だったのに」

    吉本のNSCなどの養成学校から芸人になるのが普通になり、師匠のもとで修業するのは今や少数派。売れればいいという風潮を大御所が叱責した。挨拶すらまともにできない若手芸人もいるという。

    「お笑い芸人になりたての男の子と初対面で名刺を渡したら、彼はいきなり口に入れたんです。そしてムシャムシャと食べるフリを……。本人としてはボケのつもりだったのかもしれませんが、全然面白くない。ア然としてしまいましたね」(制作会社関係者)

    仕事相手にも無礼な振る舞いをする若手芸人がいるそう。

    「翌日の仕事場に集合する時間をLINEで伝えたときに、“OK”という絵文字だけを送ってきたり、打ち合わせを兼ねた食事をしたときも、ずっと携帯電話をいじっていたりと非常識だなと感じましたね」(放送作家)

    芸人に限らず、若者全体にダメ出しするのがロンドンブーツ1号2号の田村淳。

    《成人式なんてやめちゃえば? ~中略~ 荒れ狂う若者急増で全国的に廃止って流れでよくね? 個々でやれば♪》

    今年1月に茨城や沖縄の成人式で乱闘騒ぎがあり警察ざたになったことを受けてのツイート。若者を激励するために戦後に始まったという成人式の歴史をふまえながら、暴れるだけの儀式ならばやめたほうがいいと主張する。

    一方、ちょっと毛色の違う意見を持っているのが有吉弘行。ラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で、楽屋にしつこく挨拶に来る若手にブチ切れした。

    「有吉さんは楽屋挨拶をするのもされるのも大嫌い。前に『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の“芸人の新ルールを考えよう”という企画で、“さまぁ~ず以下の先輩には楽屋挨拶は必要ない”という提案をしていました。

    それでも挨拶に来る若手には、2度と来るな! と説教していますよ(笑)。そのせいか、最近では若手が楽屋挨拶をしなくてもいいという風潮になりつつありますね」(テレビ局関係者)

    現代の若者が礼儀知らずというのは本当なのだろうか。マナーに関する数々の著書を持つ、現代礼法研究所の代表・岩下宣子さんに話を聞いた。

    「昔より自分に自信がないのだと思います。それは心に余裕がないということ。他人に対する配慮ができなくなっているんだと思います。自分のことで精いっぱい。かわいそうだなと思います」

    かわいそうと言うのは、ゆったりとしていた昔に比べて社会がギスギスしているから。

    「メールをすぐに返信しなきゃいけないとか、LINEの既読スルーがいけないとか、大らかさがなくてお気の毒だなと思いますね。マナーって人に対する配慮なんです。思いやりなんです。大切なのは形ではなく心。

    “この人にはこうしておけばいいんじゃないか”と損得で考えてしまうのは礼儀ではなく、体裁ですね。たけしさんはそれが見えたから、つい指摘したんだと思います。多少マナー違反でも、誠意と思いやりがあればそんなに悪い気持ちにはならないと思います」(岩下さん)

    >>2以降につづく


    2 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 14:24:13.31 ID:CAP_USER9.net

    有吉が若手芸人に苛立ったのも義務的に挨拶に来る姿勢を見抜いたからなのだろう。イマドキの若者の行動や言動をどう感じているか、『週刊女性』の読者ハガキで女性たちにもアンケートを取ってみた(有効回答数471人)

    「若者の行動や言動を非常識だと感じますか?」という質問に「感じる」と答えた人が58%と過半数を超えた。嫌な思いをしたという声は多い。

    「挨拶をしない。年上でも普通にタメ口でしゃべるのはちょっと……」(40代/主婦)ローラをまねしているわけじゃないだろうけど、タメ口の若者は多いようだ。親がキチンと教えなければいけないという指摘もあった。

    「歩道でスピードを出して自転車を走る人がいるのですごく危ないし、歩きスマホでぶつかっても謝らなかったり」(30代/パート)

    歩きスマホと自転車の暴走への苦情も多かった。どちらも事故につながりかねない危険な行動だ。

    「電車の優先席に平気な顔をして座り、老人や妊婦を見ても譲ろうともしない」(60代/主婦)「電車の中でヘッドフォンから音が漏れているのは大迷惑!」(30代/会社員)

    公共交通機関でのマナーの悪さは、悪化の一途。

    「新入社員の身で上司よりも遅くギリギリの時間に出社して、自分から挨拶ができない後輩がいて非常識です」(30代/会社員)

    やはり若者のマナーが悪くなってきているように思えるが、礼儀正しく思いやりのある若者を見たという声も。

    「優先席でなくても老人に素早くシートを譲る方をよく見ます」(50代/主婦)

    優先席に居座る若者ばかりではないようだ。

    「私はコピーもパソコンも苦手なアナログ派。若い人によく教えてもらっていますよ」(60代/主婦)「道がわからず迷っていると、若い子がスマホで調べて教えてくれました。ほっこりです」(60代/主婦)

    デジタルの知識を活用するのは若い世代ならでは。立派な行いをする若者だってたくさんいるのに、礼儀知らずが目立ってしまう。彼らにはどうやって接すればいいのだろうか。

    「先に生きる人間としては、若い方に幸せに生きてほしいと思っています。若い人は年上の方に言われたら注意じゃなくてアドバイスだと受け取ってほしい大人の条件は、自分の感情をコントロールできること。マナーや礼儀は、先に生きている人が若者に教えてあげるのがいいですよね」(岩下さん)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160627-00028669-jprime-soci
    【ビートたけし「芸能界以外でも挨拶しない礼儀知らずの若者増加」有吉弘行「挨拶に来る若手に2度と来るな!とブチ切れした」】の続きを読む

    7t
    79
    7r

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/12(日) 12:36:37.29 ID:CAP_USER9.net
     
    ダウンタウンの松本人志(52)が、乳がん闘病中であることがわかった小林麻央(33)の夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)の対応を称賛した。

    海老蔵は9日に会見を開き、麻央が約1年8カ月前から乳がん闘病中であることを公表した。また、麻央や家族への影響を鑑み、報道陣に取材を自粛するよう呼びかける場面もあった。

    松本は12日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、海老蔵の会見を振り返り「この人、ヤンチャなイメージがあるんですけど、こういう時はちゃんとしてはる」とその対応を称賛。

    そして会見前に麻央の病気が報じられたことについて「絶対バレないようにしてたはずやと思うんです。どっかからバレて、バラす奴がいるんですよね」

    と情報が漏れ、その結果報道陣が自宅に詰め掛ける事態になったことについて「(海老蔵は)大人の対応してますね。僕ならこんな時に家に来やがったらエアガンで撃ちまくってやりますけどね」と冗談めかしつつも、報道のあり方に苦言を呈した。

    そして「これはスキャンダルじゃないねん。生き死にの問題やから」と、行き過ぎた取材について「芸能界におって『嫌やな』って辞めたくなる瞬間ですよ」と自身も不快感を抱いていることを明かした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160612-00000068-nksports-ent


    【松本人志が市川海老蔵を称賛!「大人の対応。家族の生き死にの問題。芸能界『嫌やな』って辞めたくなる瞬間」】の続きを読む

    b3

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/25(月) 10:28:51.18 ID:CAP_USER*.net

    主演を果たしたNHK大河ドラマ「花燃ゆ」が史上最低視聴率を記録し、表舞台で見る機会も激減した井上真央が、久しぶりにニュースをにぎわせた。

    4月21日に日本酒の新CM発表会に出演したものだが、この場ではベテラン女優ぶりが感じられなかったという。テレビ誌のライターが説明する。

    「井上は『お酒のCMって大人になったなと感じる』と語っていましたが、2012年にも発泡酒のCMに出演しており、何を今さらという感じです。

    しかも童顔とはいえ、すでに29歳ですし、もはや大人がどうこうと語る年齢でもありません。それとも自分の中ではまだフレッシュ感がアピールポイントなのでしょうか」

    これから挑戦してみたいことを尋ねられた井上は、地方に行って地元の人と直接触れ合いたいとコメント。なかなか結構なことだが、この質問自体が井上の現状を表していると指摘するのは、スポーツ紙デスクだ。

    「29歳の大河女優に『挑戦してみたいこと』なんて普通は聞いたりしないもの。どうやらマスコミ陣には井上が成長途上の駆け出し女優に見えるのかもしれません。

    その井上にしても、数十本の映画やドラマに出演した実績があるのに、いまさら『全国に行きたい』はないでしょう。よっぽど仕事がなくてヒマなのかと心配になるほどです」

    2011年にはNHK連続テレビ小説「おひさま」でヒロインを演じ、紅白歌合戦では紅組司会を務めるなど、女優人生を謳歌していた井上。しかし現状は、20代を迎えたばかりの新進女優と同様の扱いに甘んじるのが現実のようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1121022/


    【井上真央のCM発表会でのコメントとマスコミの扱いがヤバすぎる!】の続きを読む

    このページのトップヘ