芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:女優

    3
    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 22:13:59.31 _USER9
    8/22(火) 21:39配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000144-spnannex-ent

    女優の加藤貴子(46)が22日夜、自身のブログを更新。夫による代理報告で、第2子となる男児を帝王切開で無事出産したことを報告した。

    ブログでは「旦那さんからの報告です」と題して、「本日16:30過ぎ、皆様に見守られ、無事に帝王切開の手術を終えて3124グラムの元気な男の子を出産することが出来ました」と報告。

    さらに、「落ち着きましたら、あらためて本人から報告させていただきます。取り急ぎ、失礼いたします。応援してくださり、本当にありがとうございました」として結んでいる。

    加藤はこの日の午後1時過ぎ、同ブログにて「これから、帝王切開の手術です。おかげさまで、全前置胎盤にもかかわらずここまで大量出血することなく、予定通り、本日手術する事が出来ます」と報告していた。

    また、本来の予定日は9月だったため「通常の分娩より1ヶ月ほど早い出産です」とつづっていた。またお腹の子に対し、「パイちゃんともっと一緒に居たかった~ というのが今の正直な心境です。

    胎動をもっと楽しんで語りかければ良かった~」と反省を口にしながらも「無事に手術が終わり、母子共に笑顔で退院出来ることを願い、確信して、“新たな幕開け”に向けて、行ってきます!!」と気合を入れ、大きなお腹をあらわにした写真をアップしていた。 
    90
    【【芸能】女優の加藤貴子(46)第2子男児を帝王切開で出産】の続きを読む

    t6
    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 18:52:38.46
    前田敦子、欅坂46ライブ参戦を宣言
    https://mdpr.jp/news/detail/1708836

    【前田敦子/モデルプレス=8月22日】女優の前田敦子が21日、パーソナリティを務めるラジオ番組『前田敦子のHEART SONGS』(TOKYO FM/月~木、21:50~21:55)にて、開催中の欅坂46全国ツアー『真っ白なものは汚したくなる』に参戦することを宣言した。

    同番組では、リスナーが夏の思い出ともに曲をリクエストする「HEART SONGS 真夏のリクエスト大会」という企画を実施。

    アイドルのライブに毎年行くというリスナーからのメッセージを読んだ前田は、「私も行くよ今年の夏、欅坂。うふふ」と欅坂46のライブに行くことを報告。続けて、「欅坂46ちゃんたちのライブに行く予定です。すごい楽しみ。ちょっとまた報告しますね」と伝えた。

    前田のライブ参戦宣言に、ネット上では「あっちゃんが欅坂ライブに!!それは夢の空間すぎる」「欅坂ちゃんのこと気にかけてくれてる感じが嬉しい」「アイドルの先輩として見守ってるあっちゃんかっこいい」「本当に来られるといいな~楽しみ!」「ライブに行けたら感想聞きたい!」とファンから歓喜の声が上がっている。

    また、前田は16日放送の同番組で、全国ツアーの愛知・日本ガイシホール公演を体調不良のため欠席した、センターの平手友梨奈についても言及。

    「平手ちゃんの体調も気になる中、30日の幕張メッセまで駆け抜けるそうです」と紹介し、平手を気遣う言葉を紡ぐと、「みんなでぜひぜひ、みんなの声援で応援してあげてください」とファンへ呼びかけていた。(modelpress編集部)
    【【大悲報】前田敦子がAKB48を裏切って欅坂46のライブを見に行く】の続きを読む

    7
    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 03:42:07.77 _USER9
    子役出身の女優・芦田愛菜(13)が21日、日本テレビ系「しゃべくり007」に出演。身長が145センチであることを明かした。

    6歳の時に出演した際との比較で、当時は106センチ、現在は145センチであることが明らかに。実は「クラスで一番前(一番低い)」で、整列の時は先頭で手を腰に当てる役割であることを再現してみせていた。

    番組では、今ハマっているというブルゾンちえみのものまねも披露し、完璧なものまねと大人っぽいしぐさで、くりぃむしちゅーらしゃべくりメンバーを大喜びさせていた。

    8/21(月) 22:54配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000112-dal-ent 
    【【芸能】芦田愛菜の身長は145cm「クラスで一番前」と告白】の続きを読む

    7
    1: 名無しさん 2017/08/20(日) 15:04:51.89 _USER9
    女優の長谷川京子(39)が20日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜・前7時)に出演し、20代の「ハセキョーブーム」のまっただ中で思っていたことを明かした。

    長谷川はモデルから女優へ転身し「25ぐらいの時に」ドラマ、CMで引っ張りだこの人気を獲得する「ハセキョーブーム」を起こした。

    当時は、「次のドラマがボンボンボンボン入って来て、広告もボンボンボンボン入って来て」と多忙を極め「2日間ぐらい家に帰れなかったこともあるし」と振り返った。

    ブームの中で自身は「休みもなかったんで、自分も子供だったし、仕事いっぱいいただいているという感謝って正直、なくて辛くて仕方なかった」と告白。

    「一個ずつじっくりやっていきたかったけど、ボンボンボンボンお仕事をいただけたことが、嬉しくもあり、すごく怖くって」と明かし、ブームと呼ばれていたことに「ブームなくなっちゃうと私のことどうしてくれんだい、みたいな感じがあった」と話した。

    「風が終わったらみんな、私のこと、忘れているんじゃないかなという恐怖心がすごく大きくて…そんな20代でした」と振り返っていた。

    現在も当時のことを取材で聞かれることもあるというが「ブームとか言われて、あんまり嬉しくなくないですか?だって今も頑張っている。当時とか言われると私、終わっちゃったみたい」と告白していた。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170820-OHT1T50078.html 
    【【芸能】女優・長谷川京子が告白“ハセキョーブーム”は「嬉しくもありすごく怖かった」】の続きを読む

    76
    1: 名無しさん 2017/08/20(日) 11:34:43.43 _USER9
    人気女優の真木よう子(34)が、絶体絶命のピンチに陥っている。現在、主演を務めるドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)が打ち切りになるばかりか、女優廃業の危機を迎える可能性が高いというから驚きだ。

    実は、真木主演の同ドラマは、今月17日に放送された第6話の平均視聴率が3・7%とワースト記録を更新した。だが、ピンチの原因は、この低視聴率ではないというから事態はより深刻。いったい真木は、どんなマズいことをやらかしたのか――。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

    「彼女のしたことは、ビデオリサーチ社の“資産”を侵害したに等しいんです。本人は軽い気持ちでつぶやいたのでしょうが、フジテレビの対応を見たら、その重大さ、深刻度が分かります」(フジ関係者)

    真木は何をつぶやいてしまったのか!? 問題のつぶやきは10日に放送された第5話の視聴率が判明した14日のことだ。

    「真木はその14日のうちに、『視聴率3・8%。こんなに視聴率が低いから是非、ドラマを見てください』とつぶやいてしまったんです。そもそも視聴率の数字は、ビデオリサーチが管理し契約会社だけに配布する“資産”でもある。それを何の断りもなく勝手に、視聴率データを個人のツイッターで公表してしまったから、マズいのひと言」(関係者)

    しかも、「ビデオリサーチ調べ」という表記もなかった。

    「それだけじゃない。自分のファンに対して個別に『ドラマを見て』と誘導までしている。万が一、ビデオリサーチ社に営業妨害、権利侵害だとフジと真木が訴えられたら、間違いなく負ける案件なんです」(同)

    実際に真木のツイッターは、つぶやいてから1時間もしないうちに削除された。さらにフジテレビの編成幹部らが、ガン首を揃え東京千代田区のビデオリサーチ社本社訪れ謝罪までしているのだ。

    「その後、フジの編成部から真木の事務所に対し厳重注意が出されたようです。でも、もとをただせば視聴率不振のドラマを少しでも盛り上げたいと思う気持ちからやってしまったこと。結果、フジテレビが全ての責任を負うことで、一応の決着をみたようです」(芸能プロ関係者)

    とはいえ、問題はその後だ。今回の真木のツイッター事件は瞬く間にテレビ界のみならず、芸能界や広告業界にも広まってしまった。

    「視聴率が3%台になったことで、スポンサーはもう降りたくて仕方がない。真木のこの不祥事をチャンス!とばかりにスポンサー降板をフジに申し入れたんです。結果、当初、10回予定のドラマですが7~8回の話数で打ち切りに向け話し合いが行われています」(広告代理店関係者)

    また、女優・真木に対するテレビ&芸能界の評価もダダ下がりだとも。

    「女優ならツイッターなどで放送元のフジに対しリップサービスをしないで演技力で挽回しろということです。今回のツイッター事件で“真木=やばい女優”というレッテルが貼られてしまった。ナショナルクライアントは、絶対に起用したがらない。要はスポンサーが付かないということ。今後、仕事は大激減する。下手をしたら引退ですよ!」(事情通)

    フジテレビとドラマに対する“愛”を見せたばかりに、とんだ目に遭ってしまった真木。もっとも、「視聴率を勝手に書き込んではいけない」という業界のルールを教えていなかったとしたら、事務所にも責任があるといわざるを得ない。

    2017年08月20日 11時00分
    http://www.tokyo-sports.co.jp/newsflash/738108/ 
    【【芸能】真木よう子“女優廃業危機”視聴率をツイッターで公表しフジテレビ幹部がビデオリサーチに謝罪】の続きを読む

    7r
    1: 名無しさん 2017/08/19(土) 17:41:47.77 _USER9
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/19/0010476575.shtml
    2017.8.19

    女優の広瀬すず(19)が19日、都内で行われたアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の公開記念舞台あいさつに登壇し、大ヒットに自ら祝砲を上げた。

    広瀬はエンディングで、自ら「打ち上げ花火、大ヒットー」と声を掛け、客席に向けて拳銃型のキャノン砲を放った。ところが、うまく発射できずにタイミングが遅れ、自身にキラキラのテープが降りかかる形となってしまった。

    司会者に心配されると「全然大丈夫ですよ。大成功でした」と強気に語ったが、直後に小声で「自分に降ってきた…」と苦笑いした。

    映画は18日に公開され、初日だけで13万3000人を動員し、興行収入(興収)は1億7000万円を記録した。スタートとしては現在、興収20億円を突破した「君の膵臓をたべたい」の185%という数字。興収40億円を狙える好調な出だしとなった。

    キャノン砲では自爆する形となったが、映画は見事に打ち上げ成功。「どんどんたくさんの人に広がっていったらいいなと思います」とさらなるヒットを期待していた。

    広瀬は劇中でヒロインの中学生・及川なずなの声優を担当。この日は、なずなに思いを寄せる同級生・島田典道役の菅田将暉(24)と安曇祐介役の宮野真守(34)、主題歌を担当したDAOKO(20)、原作となった93年放送の同タイトルのドラマを手がけた岩井俊二監督(54)も登壇した。
    uy
    90
    【【映画】広瀬すずがキャノン砲は自爆するも映画は打ち上げ成功「打ち上げ花火~」アニメ映画興収40億円へ好スタート】の続きを読む

    このページのトップヘ