芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:女子アナ

    a1
    a2
    a4
    a3

    1 :7代目副将軍 ★@\(^o^)/:2016/06/14(火) 21:06:48.23 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(43)が13日放送のTBS「7時にあいましょう」(月曜後7・00)に出演。共演NGを通告した元日本テレビの脊山麻理子アナウンサー(36)と対面した。

    2年前、バラエティー番組で共演。渡部が悩みのあるゲストにダメ出しをする企画で、フリーになったばかりの脊山にきつい言葉を連発。脊山は我慢し切れず「そこまで言われる筋合いは全くない」と一触即発になった。

    本番後、あいさつを交わすこともなく、渡部は芸能生活初の共演NGに。「挙句の果てに(脊山が)『私、悩んでいない』みたいなことを言い出したんですよね」と振り返り、企画を壊したことに怒りを感じた。

    この日はスタジオで対面。渡部は「あなたはやっていけないことをやっているんですよね。悩みを相談しに来ているところを、悩んでいないと言っちゃったら、破綻するぞ、あの企画が。

    1個の番組を台無しにしたことは、絶対的に悪いので。企画を壊すようなタレントとは、絶対に仕事したくないんですよ。命懸けでやっているんですよ、バラエティー番組は。そういうことを1回でもされちゃうと、信用はない」と熱弁。

    脊山は「当時、私としては女子アナの中で反論するキャラでバラエティーの場に居場所を見つけようという時だったんです。それが行き過ぎた、過熱してしまったという反省もあります。

    取り戻そうにも(渡部に)火がついている状態。(渡部と)話せるなら、話したいと思っていたので。番組を壊してしまって、嫌な思いをさせてしまったことは申し訳ないと思って」と“謝罪”。

    熱くなっていた渡部だが、謝罪を受け入れ、最後は2人で握手をして“和解”した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000143-spnannex-ent
    【アンジャッシュ渡部建が共演NGの脊山麻理子アナに熱弁「バラエティ番組は命懸け!企画を壊す人とは仕事したくない」】の続きを読む

    7

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 11:49:43.75 ID:CAP_USER9.net

    元日本テレビアナウンサーで、現在はフリーとして活動している宮崎宣子が、「局アナ時代にイジメを受けた」と明かした。

    そんな爆弾発言が飛び出したのは、5月16日に放送された「直撃!コロシアム!!ズバッと!TV」(TBS系)でのこと。

    この日は「フリー女子アナ 激論バトル!」をテーマに、フリーで活躍する女子アナ50人が一堂に会し、さまざまな質問に答えた。

    注目されたのは「局でイジメに遭ったことがあるか?」の問い。50人中24人が「YES」と答えた。

    その中の1人、宮崎アナが「ある先輩とアナウンス部で2人きりになると、原稿を宙に投げながら『あなたはアナウンサーじゃないのよ!』と必ず“指導”された」そうだ。それがいつも終電間際だったので、しかたなく徒歩で帰ることもあったという。

    だが、元日テレ関係者は「これは指導であって、イジメではない」と話す。

    「80年代後半から90年代前半は、フジテレビの八木亜希子、有賀さつき、河野景子から第1次女子アナブームが始まりました。

    日テレは、この3人の人気に追随しようと93年に薮本雅子、永井美奈子、米森麻美で女子アナユニット『DORA』を結成しCDデビューさせました。これに“女子アナはタレントじゃない”と猛反発したのが当時、キー局女性初のアナウンス部長だった石川牧子。

    だけど、女子アナの中にはタレント化してチヤホヤされる他局の人を羨ましがる人もいた。宮崎アナもその1人です。その指導が深夜になってしまったのは、人前で注意をしない先輩アナの思いやりですよ」

    結局、“指導”を“イジメ”と思うか否かは、本人次第ということか?


    http://dailynewsonline.jp/article/1137345/
    【元日本テレビアナウンサー宮崎宣子「局アナ時代にイジメを受けた。イジメはいつも終電間際だったので徒歩で帰った」】の続きを読む

    5

    1 :Twilight Sparkle ★@\(^o^)/:2016/04/09(土) 21:39:37.94 ID:CAP_USER*.net

    お笑いタレントの渡辺直美が8日、日本テレビ系のバラエティー番組「耳が痛いテレビ 人気芸能人30人が視聴者のクレーム電話に真剣回答!金爆&林修」に出演し、女子アナKと共演NGであることが暴露された。

    ナレーションが流れ、渡辺が女子アナKを嫌うようになった原因が明らかに。とある番組のロケで旅館に泊まったさい、Kが卓球をしようと言い出した。「直美ちゃーん、馬になってよ」と言われ、女子アナKをおんぶして卓球。長時間させられて大嫌いになったという。

    MCの東野幸治が「ある方をおんぶして?」と尋ねると、渡辺は「いや、あの…まあ、ちょっと。分かんないですけど」と言いよどみ、爆笑を誘った。番組にはフリーアナウンサーの小林麻耶が出演。
     
    Kとは小林アナでは?との質問が飛んだが、渡辺は「その話は本当ですけど小林さんじゃない。違う方」とし、「KさんはKさんですけど」とイニシャルは合っていることを述べた。

    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/04/08/0008971710.shtml
    【渡辺直美が女子アナKと共演NG告白「長時間おんぶして卓球させられて大嫌いになった」】の続きを読む

    このページのトップヘ