芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:女性

    7w
    1 : muffin ★@無断転載は禁止2017/03/11(土) 13:08:28.11 ID:CAP_USER9
    モデルで女優の桐谷美玲が10日放送の日本テレビ系「アナザースカイ」(毎週金曜よる23時)に出演。フランス・パリを訪れ、飾らない素顔を披露し反響を呼んでいる。

    日本でも年に2~3回ディズニーランドへ行くことにしているという桐谷は、いまいち魅力を理解しきれていない取材スタッフに熱弁。

    さらに、耳付きのカチューシャをつけて準備万端の様子でパレードを鑑賞し、「ミッキーがチューしてくれた!」とキャラクター達に投げキスをしてもらい大喜び。 

    17歳で仕事を始めモデル、女優、キャスターとマルチに活躍し、現在27歳。取材スタッフから30歳が近付いてきていると話を振られると、「はぁ~。。それ言います!?」と苦笑い。

    東京オリンピックが開催される2020年夏には30歳を迎えているといい、「まだまだ先だと思ってたのに、もうすぐじゃないですか。焦りますよね―、色々と。女性って漠然と30歳までには絶対結婚するって思ってるから(笑)」と本音を吐露した。

    また、「制服はもうキツイ」と明かす場面も。「25歳の時に高校生役をやったんですけど、監督に『ギリギリアウトだね』って言われましたから(笑)」と振り返った。

    さらに、男性が何歳になっても若い女性の方が好きというある調査結果を見たそうで、「だって男性は若ければ若いほどいいですよね?27歳と24歳がいたら絶対24歳がいいですよね?」と取材スタッフを“尋問”。

    言葉を濁す取材スタッフに対し「違いますとは言わない(笑)」とツッコみつつ、「桐谷美玲と中条あやみがいたら100%中条あやみですよね?いいんですよ。ぽーちゃんすごい可愛いから」と同番組でアシスタントMCを務め、同誌の後輩モデルでもある中条を引き合いに出し、スタッフを笑わせていた。

    https://mdpr.jp/news/detail/1669929
    【桐谷美玲“アラサー”の本音「女性って漠然と30歳までには絶対結婚するって思ってるから(笑)焦りますよね―、だって男性は若ければ若いほどいいですよね」】の続きを読む

    01
    21
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2017/02/28(火) 13:24:18.06 ID:CAP_USER9
    「突然ですが、明日結婚します」月9史上初の5%台 3週連続ワースト更新 

    フジテレビ「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・00)の第6話が27日に放送され、平均視聴率は5・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが28日、分かった。 

    第4話(13日)6・6%、、第5話(20日)6・2%と、昨年4月クール「ラヴソング」の6・8%(第6話=5月5月16日、第7話=5月23日)を下回り、2週連続で月9史上最低を更新していたが、今回も、さらに1・2ポイント下落。初の5%台となる月9ワースト記録となった。 

    初回=8・5%から第2話=6・9%と急落。第3話=7・6%と持ち直したが、以降は下降線。テレビ視聴のスタイルの変化もあり、若年層を狙った作品はリアルタイムの世帯視聴率に反映されにくくなっていることもあり、数々の名作・ヒット作を生み出した看板枠ながら昨年から苦戦を続けている。 

    原作は月刊コミック誌「プチコミック」(小学館)で連載中の宮園いづみ氏の同名漫画。専業主婦になりたい女=OLの高梨あすか(西内まりや)と、絶対に結婚したくない男=イケメン人気アナウンサーの名波竜(flumpool山村隆太)が繰り広げるラブストーリー。脚本は山室有紀子氏、倉光泰子氏。演出は並木道子氏、石井祐介氏。プロデュースは後藤博幸氏、大木綾子氏。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000094-spnannex-ent
    【フジテレビ月9史上初の5%台「突然ですが、明日結婚します」3週連続ワースト更新「可愛くない」「女が憧れない」「男顔」】の続きを読む

    003
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/12/17(土) 14:17:51.61 ID:CAP_USER9
    芸能リポーターの井上公造氏(59)が、17日放送の読売テレビのトークバラエティー「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜・前11時55分)に出演し、今週のマル秘ウラネタとして「女性タレントY いよいよ離婚へ!?」を挙げた。

    井上氏からその女性タレントの名前を耳打ちされたMCの今田耕司(50)は「えっ!」と絶句。 

    「みんな『離婚はないんだ』と思っていると思います。世間の人は。『良かった』『乗り越えた』と思っていたら…」と、驚きつつ意味深なヒントを出していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12429112/
    【「女性タレントYが離婚」井上公造のイニシャルトークに今田耕司「えっ!」と絶句】の続きを読む

    iroaki
    1 : プーアル ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/12/02(金) 22:05:23.77 ID:CAP_USER9
    「かねてから関係者の間で『彼女は危ない』と指摘されているのは、超有名女性アスリート・Aです」(週刊誌記者)

    美人かつ個性的なキャラクターで、一時期はメディアを席巻していたというA。

    「スタイル抜群のAだけに、そのプロポーションを活かして、グラビアに挑戦したこともありました。しかし、健康的なイメージとは裏腹に“ブラック”な噂もちらほら聞かれ、少し前から“薬物芸能人”の1人として浮上していたんです」(前同) 

    Aは若くからアスリートを目指して、その世界に身をおいていたこともあり、時折「ハメを外し過ぎる」こともあった。

    芸能人がクラブなどで薬物に手を出すことは多く、Aに関してもそうした情報がしばしば寄せられていた。それに最近は、テレビ出演時に『挙動がおかしいのでは』といった意見も、ネット上で散見されるようになっています」

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20161202/DailyNews_1237467.html
    【成宮寛貴より真っ黒な大物美女アスリート「彼女は危ない。クラブなどで薬物に手を出す」】の続きを読む

    123
    1 : 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止2016/11/21(月) 13:10:28.60 ID:CAP_USER9
    人気シェフ・川越達也氏(43)が21日、自身のブログを更新し、かねてより交際していた一般女性との結婚と女児誕生を報告した。 

    スタッフより更新された川越シェフのブログでは「弊社所属、川越達也がかねてよりお付き合いをさせて頂いておりました一般の方と結婚し、先日無事に女の子が生まれ父親になりましたことを報告させていただきます」と発表。

    「皆様には、今度とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」と呼びかけている。 

    川越シェフは、大阪・東京のフレンチ、イタリアン、日本料理店で修業をした後、数店舗の料理長を務める。2000年に『ティアラ・K・リストランテ』をオープンし「ジャンルにとらわれないイタリアン」をコンセプトに独自のスタイルを打ち出す。 

    2006年店名を『タツヤ・カワゴエ』に変更し東京・代官山に移転。自店のシェフとして腕を振るい、たちまち予約の取れない人気店に。メディアで展開する多角的なコメントや多彩な活動で、多くのテレビ番組にも出演。2011年には番組で2度の離婚歴を告白している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161121-00000313-oric-ent
    【川越達也シェフ「一般女性の方と結婚し女の子が生まれ父親になりました」】の続きを読む

    f3
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/11/03(木) 10:48:28.04 ID:CAP_USER9
    タレントの木下優樹菜(28)が1日放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」(火曜後11・59)に出演。

    嫌いなタイプの女性に「誰にでもいい顔をする人」を挙げかつて、八方美人なふるまいをした女子を問い詰め、不登校にまで追い詰めた過去を明かした。

    「女っぽさゼロ女」として、歌手の青山テルマ(29)、お笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこ(38)とともに登場。「嫌いな女性のタイプ」を問われると「調子こき女。こっちで言っていることと、そっちで言っていることが全く違くて、どっちにもいい顔をしたがる女」と答えた。

    実際、学生時代にそのようなタイプの女子がいたといい「そのままにしておけない自分がいた」。話の中で登場した人物を全員呼び出して、女子の発言の真偽を確認。

    「みんなの前でそれを暴いていって、全部嘘だということがバレて、そいつが学校に来られなくなった」と“制裁”の末の結果を伝えると、さらに「全部問い詰めてスッキリさせないと気が済まない」と自己分析した。

    スタジオ内に驚きの声があがるなか、青山も「(同じことを)今年やった。家に(当事者たちを)家に集めて“どういうこと?”って。で、スッキリして終わり」と参戦。木下は「次、仲間になるか、それまでかが分かる」と説明していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000106-spnannex-ent
    【木下優樹菜「誰にでもいい顔をする女を問い詰め、不登校にまで追い詰めた」】の続きを読む

    このページのトップヘ