芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:女性

    5
    1: 名無しさん 2017/10/19(木) 06:59:33.25 _USER9
    「週刊文春」編集部
    42分前

    source : 週刊文春 2017年10月26日号

    東大医学部出身の精神科医・ゆうきゆう氏(本名・安田雄一郎・42)が、自らが経営する「ゆうメンタルクリニック」の女性患者と不誠実な肉体関係を持ち、女性が自殺未遂をするまで追い詰められていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

    小誌に告発したのはA子さん(19)。思春期に摂食障害で悩んだこともあり、現在も抗精神病薬が手放せない。A子さんはゆうき氏主催の心理学イベントに参加したことで、氏とメールのやりとりをするようになった。

    昨年9月初旬の18歳の誕生日当日には氏の自宅兼事務所に誘われ、そこで初めて関係を持ったという。その後も週に1、2回、そこで会い続けた。

    だが、それは10代のA子さんが思い描く“交際”ではなく、性欲を満たすために利用されるだけの関係だった。

    「私は体が弱いのですが、先生を尊敬していたこともあって頑張って応えていました。私が精神的なトラブルを抱えていて、ゆうメンタルクリニックで抗精神病薬を処方されたことを伝えたりもしました。しかし、先生は『ピルはすぐに処方できる』とか言って、避妊してくれないことも多かった」(A子さん)

    ゆうき氏は都内でメンタルクリニック6カ所、脱毛・皮膚科クリニック2カ所を経営し、心理学関係の著作は70冊以上にのぼる。なかでも原作を手掛けた「マンガで分かる心療内科」(全15巻)は、若い世代を中心に支持され、シリーズ累計300万部を超えるベストセラーになっている。A子さんにとって著名なゆうき氏は「憧れの人だった」という。

    http://bunshun.jp/articles/-/4596 
    【【漫画原作者】カリスマ精神科医・ゆうきゆう氏が10代女性患者と不誠実な関係】の続きを読む

    5
    1: 名無しさん 2017/10/06(金) 17:56:39.40 _USER9
    歌手のISSA(38)が6日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。そのモテぶりの一端を明かした。

    この日のテーマは「愛されすぎて困ったことがありますか?」。
    数々の浮き名を流してきたISSAにMCのミッツ・マングローブ(42)が「ISSAさんは困ったことある?」と聞かれると、「愛されて困ることってあるんですか? 困ったことがなくて」と余裕の一言。

    ミッツから「でも、女性同士が(ISSAを巡って)ぶつかって困ったことはあるでしょ?」と重ねて聞かれると、「多々ありますけど、その都度、その壁を乗り越えて…。試練と思って…」と激白。

    「とにかく、事務所の後輩には『俺みたいになるな。そうしたら大丈夫』と言ってます。後輩たちは、みんな真人間になりました」と真顔で続けていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13713935/
    2017年10月6日 17時40分 スポーツ報知 
    【【芸能】ISSA、交際女性の自分巡る争いは「試練と思って、その都度、壁を乗り越える」】の続きを読む

    56
    1: 名無しさん 2017/09/19(火) 14:56:03.59 _USER9
    17日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ)に小倉優子が出演。
    今年3月に離婚して以来との子どもたちとの暮らしや、これからの恋愛について語った。

    ロケで森泉と森家ご用達のイタリアンレストランに出かけた小倉。
    美味しい料理とお酒でガードが緩くなったのか「まだ恋をしたい気持ちではない」と前置きした上で「1人の女の人を愛するって一生(愛し続けるって)難しいんですかね?」と本音をポロリ。

    森泉が答えに窮すると「それ(無理)だったら、1人で生きて行った方がいいのかなと思います」と、離婚した元夫の不倫がトラウマなのか、恋愛にはかなり消極的な姿勢を見せた。

    しかし、真面目に語る小倉とは対象的なあっけらかんとした森に「結婚前提でつきあうの?それ超重くない?」と厳しいツッコミを受けてしまう場面もあった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1356093/
    2017.09.18 09:46 RBB TODAY
    【【芸能】小倉優子「一生ひとりの女の人愛するのは難しいんですか?」】の続きを読む

    u
    1: 名無しさん 2017/09/11(月) 13:22:44.45 _USER9
    9日深夜放送の「マツコ会議」(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスが、国民的主演女優の整形を断言した。

    番組では、東京・新宿のシーフードレストラン「ダンシングクラブ」を取材していた。すべてのメニューを手づかみで食べることが話題だという。

    その最中、スタジオにいるマツコに中継を介し、美容外科の受付嬢一団がある国民的主演女優の整形を疑っていると明かした。女優の名前にはピー音が入る。マツコも「お~、いいとこ出してくるね~!」と笑い、スタッフは「そうなの!?」と驚きの声を上げた。

    ここで、芸能人の整形に強い関心を持つマツコが「日本人が、そのまま『オギャー!』って生まれて、あの顔になると思う?」「バカじゃないの、アンタたち? 何を夢見てんだよ!!」と吠え始める。

    続けてマツコは「女優なんて8割方、整形してんだよ!」「×××は整形なんだよ!!」(×××はピー音)「あんなライオンみたいな鼻にならないんだよ、みんな!!」「横を向いて、ここ(眉間)から鼻が出てるヤツは大概、整形だぞ。日本人はいっぺん、へこむんだよ」と力説。ある国民的女優の整形を断言したのだ。

    さらにマツコは、ある「癒やし系女性歌手」の整形は「史上最大にうまかった」と言い切る。そして、元の顔を活かす形で行われ、周囲に決してバレない整形が難しい、との持論を展開していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13592365/
    2017年9月10日 11時5分 トピックニュース 
    【【芸能】マツコ・デラックス 国民的主演女優の整形を断言「日本人があの顔になる?」】の続きを読む

    56
    1: 名無しさん 2017/08/30(水) 14:59:16.98 _USER9
    http://www.sanspo.com/geino/news/20170830/geo17083014380030-n1.html

    タレントのヨネスケ(69)が30日、フジテレビ系情報番組「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。携帯電話会社、ソフトバンクのCMで「白戸家の長男」で知られる米国出身タレントのダンテ・カーヴァー(40)の不倫疑惑についてコメントした。

    番組ではダンテは妻との間に2人の子供がいるにもかかわらず、20代女性と不倫、同棲し女性が妊娠中で11月に出産予定であるとする報道を取り上げた。

    この話題にヨネスケは、「僕は愛人の子なんです」と告白し、「僕はBさん(不倫相手)の子どもの気持ちが…」と不倫相手の子どもに思いを寄せ、「(父親には)本妻が居て、うち(の母)は2号さん。そのときに産んでくれたからこそいまの俺がいる。これは絶対に産まさせてあげてください」と懇願した。

    続けて、「愛人の子じゃなかったら芸能界に入ってなかった。こういうところで父親を見返してやろうと入った」と芸能界入りの経緯を明かした。 
    【【テレビ】ヨネスケが衝撃告白「僕は愛人の子」不倫疑惑のダンテに「絶対に産まさせてあげて」】の続きを読む

    i5
    1: 名無しさん 2017/08/24(木) 20:03:10.92 _USER9
    結婚するためにまず頑張るべきこととは?

    ナインティナインの岡村隆史が8月17日深夜放送のニッポン放送「オールナイトニッポン」で、フリーアナの川田裕美を加藤浩次から恋人候補として勧められていることを明かした。

    加藤から川田アナを猛プッシュされた岡村は「機会があったら」と控えめに加藤に返したようだが、川田アナを勧められて以降、彼女の出演番組を見て、「好きかも、って思ってしまう」とかなり意識し始めているようだ。

    ただ、世間からはまず彼女を作るために「大人のサービス店にまつわるトークをやめるべき」という声もチラホラ上がっている。

    「大の“大人のサービス店”好きとして知られる岡村は『オールナイトニッポン』でもその種のお店関連のネタを話すのは日常茶飯事。この日も、先日その種のお店に行った帰りに乗ったタクシーの運転手がたまたま番組のリスナーで、その手のお店が好きだったとのことで、
    お店関連のトークで大盛り上がりしたことを報告。

    しかも、岡村の自宅についた後もしばらく停車したまま、オススメの店を紹介してもらったりしていたそうです。大人の夜のサービスが好きなのはわかりますが、女性ウケがいいとは思えませんけどね」(エンタメ誌ライター)

    http://www.asagei.com/excerpt/87344 
    【【芸能】岡村隆史が「自覚していない」結婚できぬ理由】の続きを読む

    このページのトップヘ