芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:女性

    5
    1: 名無しさん 2017/08/23(水) 18:55:05.40 _USER9
    「乙武クン」と愛人を「糟糠の妻」が訴えた!!(1)

    世間は誤魔化せたのかもしれない。だが、糟糠の妻の目は誤魔化せなかった──。目下、言論活動を再開している「5人不倫」の乙武洋匡(ひろただ)氏(41)。今なお「いい人」として発言しているように映るが、そこに元夫人が「待った」を掛けた。彼とその不倫相手を提訴したのだ。

    8月4日、東京地裁。ひとりの弁護士が2通の訴状を携えていた。その前日、そこから1キロしか離れていない総理官邸では、内閣改造による「刷新」が試みられていた。

    だがこの日、裁判所を訪れた件(くだん)の弁護士は、生活の「刷新」を踏みにじられたある女性の代理人として、彼女の傷付き、憤懣やるかたない思いとともに、訴状を提出したのである。

    原告、つまり被害を訴え出たのはある男性の元夫人。そして被告、すなわち彼女に訴えられたのは、かつて非の打ちどころのない「日本一いい人」と持て囃された男性だった。

    彼の名を、乙武洋匡と言う。

    詳細は後に改めて触れるが、1年5カ月前に不倫が発覚し、別居、離婚を経て、彼の「虚像」は崩れさった。これで「乙武問題」は解決したかに見えた。

    しかし、映画と違って現実は、エンドロールが流れて一件落着とは行かず、人生は「その後」も続いていく。不倫発覚後もなお「仮面」を被り続けていたという乙武氏の「罪つくり物語」にも終止符は打たれておらず、ついに法廷の場に持ち込まれたのだ。その引き金を引いたのは、今や押しも押されもせぬ芸能界の「ご意見番」の座にある、超大物お笑い芸人だった──。

    >>2以降に続きます

    芸能週刊新潮 2017年8月17・24日夏季特大号掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/08230801/?all=1 
    【【芸能】乙武洋匡「5人不倫」第2幕「ワイドナショー」で語った身勝手な言い分】の続きを読む

    i
    1: 名無しさん 2017/08/21(月) 13:08:13.01 _USER9
    松本人志 宮迫博之の“女癖の悪さ”を指摘…女性がいると「二枚目をだす」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000085-dal-ent

    8/20(日) 17:17配信

    ダウンタウン松本人志が19日深夜にABCで放送された「松本家の休日」(土曜深夜)に出演し、共演した雨上がり決死隊の宮迫博之に対し、すぐに女性に気に入られようとする“女癖の悪さ”を指摘した。

    その結果、ロケでトークが弾まなかったという。しかし、たむらけんじが松本も同様であることを指摘。松本も宮迫も面白さがそっちのけとなったことを「申し訳なかった」と反省した。

    番組は、松本が「松本家のお母ちゃん」を演じ、宮迫が「お父ちゃん」を演じる。たむらは息子を演じ、関西の街を「ゆるく楽しむ」というコンセプト。たむらは番組内の企画「べっぴんダイカイ」での問題点を指摘した。

    同企画は「べっぴんさんが作るおいしい手料理のお店を巡る」というもの。たむらは以前に放送された「べっぴんダイカイ」について、「女子が見てるんですかね。視聴率が思ったよりふるわなかったんです」と切り出した。

    松本は「そうやろ。あかんねんて」と応じ、テロップでは「べっぴんダイカイ女性の視聴率が伸びず」と流れた。たむらは「2人が女にデレデレしてるのを見たくないんちゃいますか」と松本と宮迫が美人を前にして鼻の下を伸ばしていることが視聴者の共感を呼ばないのではと分析した。

    これに松本は「お母ちゃんはそんなことないけど、お父ちゃんやっぱりそういうとこあったよね」と、たむらの分析に同意。宮迫が「いやいや」と否定しようとしたが松本は意に介さず、「言葉数が少なくなる。気に入られようと思って二枚目だすから。トークがはずまない。トークがはずまない!」と宮迫の“女癖の悪さ”を指摘した。

    たむらが「そういうことはありました」と、うなずくと、宮迫は「申し訳なかった」と素直に謝罪した。続けて宮迫がどうすべきだったかを尋ねると、たむらは、おいしいものを「うまい」と食べてほしいと述べ、再び「デレデレしてる2人。素でオスを出してくる2人」と松本も宮迫も美人を前ににやけていたとツッコんだ。

    松本は「面白さそっちのけみたいな。申し訳ないな」と反省の弁を述べた。
    【【テレビ】松本人志が宮迫博之の“女癖の悪さ”を指摘…女性がいると「二枚目をだす」】の続きを読む

    u
    1: 名無しさん 2017/08/20(日) 13:00:39.47 _USER9
    お笑い芸人のカンニング竹山(46)が20日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が2人の女性と不倫疑惑騒動を起こしたことについて持論を展開した。

    竹山は今回の騒動に「俺も不倫してたから偉そうに言えない。ありますあります、俺は真っ黒ですから」と過去の自身の不倫騒動を引き合いに苦笑。

    「あの頃は今ほどブームじゃなかった」としつつ、「不倫なんて騒ぐもんじゃない、やっている人はやっている。家で怒られるのが一番つらい。不倫なんて女の人は絶対イヤなんですよ」と自身の経験を踏まえてまくし立てた。

    女医でタレントの西川史子(46)が「バレちゃダメなんじゃない?」と不満そうな顔を向けると、竹山は「バレたから謝ったんでしょ!」。西川が「バレたのに認めないから怒ってるんですよ」と続けると、竹山は「認めちゃ終わりだよ。俺だって写真撮られても一線は越えてないから。あんたたちの一線と俺の一線は違う」と逆ギレ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000085-spnannex-ent 
    【【芸能】カンニング竹山が逆ギレで宮迫博之を擁護「あんたたちの一線と俺の一線は違う」】の続きを読む

    5
    1: 名無しさん 2017/08/19(土) 09:51:19.49 _USER9
    人の体型は千差万別。世間の勝手な基準に振り回された無理なダイエットはもう古いのかもしれない。SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』(AbemaTV)では、ぽっちゃりブームの担い手たちがその実態を赤裸々に語った。

    数々のダイエットを繰り返してきたというAKB48とSDN48の元メンバーで現在日本初のぽっちゃり女性向け雑誌『la farfa』モデルとしても活躍するタレントの野呂佳代さんは、とあるテレビ局のダイエット特集で逆ギレをしてしまったエピソードを告白。

    番組の企画である有名なダイエット法を試したときのこと。それを食べて運動をすればいいと言われたのでその通りに実行したところ1カ月に4kgの減量に成功。しかし「番組側は2カ月で10kgは痩せてもらいたかったみたいで……『豆しか食べないで』って言われて。『それじゃ意味がない』と思ってその企画はお蔵入りになりました」と明かした。

    これに対し、食事やダイエットのコンサルタントとして活躍するパーソナル管理栄養士・三城円さんは「そもそもその(2カ月で10kg痩せるという)ゴールが無謀」とコメント。

    MCのSHELLYも「ダイエットで体重だけを見るのはおかしい」と同意し、続けて「女性の体重もみんな40kg台みたいな。私は身長164cmで52kg。50kg台だよって話すと『ええ!』って言われる。でも(この体重は)普通です」と話し、女性の体重について「おかしな認識があるのでは」と指摘した。

    さらに「ウエストが58cmの人なんていないですよね。グラビアの方でも絶対うそをついている人がいる」とコメントした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00010003-abema-ent

    『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』番組MCのSHELLY
    9
    ぽっちゃり女子向け雑誌『la farfa』のモデルとして活躍中の野呂佳代 
    70
    【【テレビ】SHELLYが体重を告白!世間の認識「女性は40kg台」に苦言「ウエスト58cmの人なんていない」】の続きを読む

    65
    1: 名無しさん 2017/08/18(金) 21:33:17.39
    「自立した女性を受け入れないと海外との距離が広まってしまう」秋元才加のツイートに共感相次ぐ 日本の男女格差は先進国最悪レベル

    男女平等が叫ばれて久しいが、実際には女性が不利になるシーンはまだまだ多い。元AKB48のメンバーで、現在は女優として活動している秋元才加さん(29)が8月8日に投稿したツイートがネットで共感を呼んでいる。

    「強く逞しく自立している女性というものを、この国できちんと理解して受け入れない限り、海外との距離がどんどん広がっていく気がする。男性も女性も手を取り合って逞しく生きるって、私は素敵だと思うんだけどな」このツイートには約5700件のいいねがついたほか、約2300件のリツートがされ、たちまち話題になった。

    日本企業では「長く働ける男性」を基本に採用活動をしており、女性は結婚後には家庭に入るものと考える風潮があった。そのため、一般的に女性は男性よりも重要な仕事を与えられておらず、女性の社会進出を妨げていた。

    そうした背景もあり、ツイッターでも、秋元さんに賛同する声が相次いだ。

    「男だから、女の子だから、って括りがまずダメだと思う。人として見て欲しいな」
    「自立の形に目標やゴールが必要なのかなと。経済格差を埋めるにはどうするか、家事や子育ての負担をどうするか、一つ一つ考えないとやね」
    「もっと大事なのは一人一人の意識かもしれないですね。女性も男性と平等に扱われる事を求めるならば変わらなければならない意識がまだあると思います」

    日本の男女格差はG7中で最低レベル 女性管理職の割合も低水準

    日本社会での女性の地位は、世界で比較しても低い。2016年に世界経済フォーラムが発表した各国の男女格差(ジェンダーギャップ)報告書では、調査対象国144か国中、日本は111位、G7先進諸国の中ではもちろん最低レベルと散々だ。

    日本が特に遅れをとっているのは、「経済活動への参加と機会」で118位。国税庁の「民間給与実態調査」で性別の平均給与額(2015年)によると、男性は約520万円に対し、女性は約276万円と大きく差が開いている。

    女性の働きやすい環境の整備は急務だ。2017年版の「男女共同参画白書」を見ると、就業者全体で女性が占める割合は43.5%で欧米諸国と大きく変わらない。しかし、管理的職業従事者における女性の割合は、13.0%と依然として低水準だ。(以下略)
    https://news.careerconnection.jp/?p=39556 
    【【社会】元AKB48 秋元才加「日本は自立した女性を受け入れないと海外との距離がどんどん広がる 日本の男女格差は先進国最悪レベル」】の続きを読む

    r7
    1: 名無しさん 2017/08/18(金) 19:37:05.58 _USER9
    何かとお騒がせな無所属の上西小百合衆院議員(34)が、今度は女優で歌手の松たか子(40)の容姿について語ったツイートでネットユーザーの反感を買っている。

    上西議員は18日、ツイッターを更新。松と自身の写真を並べ「似てる、っていうか私が真似した」とつづった。

    続けて「松たか子さんほど表面的に意思の強さを感じる人はいない。梨園(りえん)の方だから女性の強さを知っている。男が多い世界なら女性の意見は通るんですよ」と私見を述べた。

    この発言に「今度は松たか子ファンを怒らすの?」「松たか子に謝ってこい」「調子乗るのも大概にしとけよ!」といった批判の声が続々と寄せられている。

    8/18(金) 18:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-01874068-nksports-ent 
    【【話題】上西小百合議員「松たか子と似てる」発言で批判殺到「松たか子に謝ってこい」「調子乗るのも大概にしとけよ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ