芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:嫉妬

    11
    93
    99
    98
    91

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/27(月) 21:56:10.68 ID:CAP_USER9.net

    27日放送のテレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな!!」で女優の米倉涼子が、しくじり先生として登場したMAXの内部分裂エピソードを聞き、思わず吐き気を催した。

    女性4人組で活動し、順調に人気を獲得していたMAX。仕事も順調な中、やはり注意すべきなのは男性関係。

    メンバー間では、「結婚に関してのルール」を共有し認識していたが、2001年12月24日に突然Minaがメンバーに妊娠したことを報告。衝撃的な報告を受けた3人はショックで怒りが爆発。

    「友情より仕事より自分1人の幸せを優先した」、「親友だと思っていたのに最初に言ってくれなかった」という理由で、結果的に1対3の構図になり内部分裂状態に。NANAはMinaと一言も口をきかなくなってしまったという。

    この女同士の関係を聞いていた米倉は思わず、「考えただけで吐き気がする」と告白。周囲は大爆笑だったが、「女同士の無視とかって本当に辛い。何が何だかわからなくなる」と明かした。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000008-reallive-ent
    【米倉涼子「女の陰湿な嫉妬に吐き気がする。女同士のいじめ、無視とか本当に辛い」MAXの内部分裂エピソード】の続きを読む

    82

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/29(日) 06:15:25.49 ID:CAP_USER9.net

    「『笑点』の座布団に一度座ったら、簡単に譲ることはできない。それだけの旨みがある。特に地方でのイベントの主催者からは『とにかく笑点メンバーを呼びたい。人間国宝の柳家小三治よりも、笑点メンバーのほうが、チケットが売れるんです』という要請がある」(落語関係者)

    5月22日に、桂歌丸(79歳)が司会を勇退した『笑点』(日本テレビ系)。平均視聴率は27.1%(関東地区)を記録した。笑点の収録は隔週でおこなわれているが、番組の出演料は、けっして高くない。

    「大喜利メンバーのギャラは、桂歌丸が70万円、ほかの出演者が40万円といったところ」(同)

    ちなみに座布団そのものは1枚3万5000円だという。この座布団に座ることで得られる知名度は果てしない。

    「『笑点』に出ている落語家は、地方営業が段違いに多い。営業ギャラは歌丸師匠で100万円、林家木久扇、三遊亭小遊三、三遊亭好楽、三遊亭圓楽で70万~80万円、春風亭昇太、林家たい平で50万円が相場。

    一方、『笑点』に出ていない落語家は、20万~30万円がいいところだ。人間国宝クラスは別だが……。加えて講演会の謝礼の額も違う。病気になる前の歌丸師匠は月に20本は営業をおこなっていたから、年収1億円はいっていたと思う。たい平クラスでも、4000~5000万円は稼いでいると聞いている」(同)

    そんな笑点メンバーは仲がいい。

    「人気者同士、お互い嫉妬もない。ただほかの落語家からは、男の嫉妬の対象になっている」(テレビ関係者)

    今回も、歌丸勇退であいた空席をめぐり、“座布団バトル”が勃発した。

    「木久扇は、自分が司会をやるなら、メンバーに林家木久蔵を加えてくれ、と日テレに頼んだ」(日本テレビ関係者)

    林家木久蔵(40歳)は、2007年に父親の名を継いだ木久扇の長男。だが、これには異論を訴える声が続出した。

    「好楽が会長を務める圓楽一門会の三遊亭愛楽に声をかけた。『ビビデバビデブー』など昭和のギャグを駆使するホープだ。『笑点』で座布団運び・山田隆夫のアシスタントを長年務めているが、知名度がネック。

    亡くなった人間国宝・先代柳家小さんの孫である柳家花緑にも、実際に打診があったと聞いている」(別の日本テレビ関係者)

    ほかに、『下町ロケット』出演で話題になった立川談春(49歳)も候補に挙がったという。

    「人気、実力とも候補に挙がったなかでは抜きんでている。だが司会者だった立川談志が番組と喧嘩別れした経緯があり、立川流の落語家が『笑点』のレギュラーになるには壁がある」(同)

    「座布団に座る権利」争奪戦は、「座布団10枚」を争う戦いよりはるかに熾烈だった!

    (週刊FLASH 2016年6月7日号)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160529-00010003-jisin-ent
    【笑点メンバーのギャラ!桂歌丸が70万円ほかの出演者が40万円「落語家からは嫉妬の対象」】の続きを読む

    01

    1 : かかと落とし(東京都)@\(^o^)/:2016/05/27(金) 15:16:47.29 ID:2qvjLaCi0.net PLT(15000) ポイント特典
     
    26日深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」でおぎやはぎの矢作兼が、不倫した芸能人を異常に叩く世間の心理を分析した。

    不倫といえば、ベッキーと「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との“ゲス不倫”が今や有名となっているが、実は5月20日発売の「FRIDAY」(講談社)で、ドランクドラゴンの鈴木拓が吉木りさ似の美女と東京ディズニーランドでデートしていたと報道。

    不倫を叩く風潮が強まっているだけに、既婚者である鈴木へのバッシングも過熱するかと思われていたが…。

    矢作は「なんでこんなに話題にならないの?」と疑問を投げかけ、相方の小木博明も「ここまで何も騒つかないか…」とやや残念気味。

    そして、矢作は「これで1つ解ったことは、やっぱり世間は不倫を叩くっていうよりかはさ、人気のある人を引きずり落としたいだけなんだね。好感度のある人を引きずり落としたいだけなんだね。」と分析し、鈴木拓を引きずり下ろしたところで「やり甲斐がない」と考察。

    一方のベッキーは「やり甲斐がある」と指摘し、「良い子、良い人って言われている人を引きずり下ろしたいだけなんだね」と語り、「不倫はそのきっかけなんだね」と分析した。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160527-00000008-reallive-ent

    【おぎやはぎ「ベッキー叩いてる人はさ、嫉妬して引きずり下ろしたいだけ。不倫はそのきっかけ」】の続きを読む

    18

    1 :れいおφ ★@\(^o^)/:2016/05/18(水) 22:54:51.82 ID:CAP_USER9.net

    モデルに歌手、女優とマルチに活動中の西内まりや。5月9日から15日まで行われていた日本テレビ系のキャンペーン『7daysTV かぞくって、なんだ。』でもパーソナリティに抜擢されていたが、一部では相変わらず嫌われ続けている。

    「かつて、『10代が選ぶなりたい顔』で1位に輝いていた西内。スラリとしたモデル体型もティーンの憧れの的でしたが、歌手や女優などあれこれ手を出すうちに、『この人は何がしたいの?』と疑問視する声も増えていきました。

    しかし、批判が飛び交う中でも2015年には『ホテルコンシェルジュ』で、ゴールデン・プライムタイムのドラマ初主演。ほとんど“ゴリ押し”の形で主役の座についた結果、当然ですが視聴率は1桁台を連発し、最終話は6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、静かに終了しました」(芸能記者)

    西内は同年、『レインツリーの国』でも映画初出演を果たしたが、こちらも大して話題にならず。それでも、今秋公開の『CUTIE HONEY -TEARS-』で主演が決まっている。

    ネットでは、「何でもやって、何でも中途半端。人気も減っているのにゴリ押しが酷い」といった書き込みが散見される。

    「こうしたゴリ押し批判だけではなく、今年4月に熊本県を中心に発生した大地震の時も、西内は自身のTwitterで非常時の必需品を描いたイラストと共に自撮り写真を投稿し、炎上。

    一層嫌われる中、『7daysTV』の一週間は毎日のように日本テレビ系の番組に出演していました。11日に放送された『はじめてのおつかい!! かぞくって、なんだ。SP』にもゲストで呼ばれていましたけど、同番組にはファンも多いため『西内まりやのせいで観たくなくなる』というような不評も。

    また、西内は放送前のツイートで『母と純粋な子供のやりとりに涙が止まりません』と告知していたわりに、番組中は涙ぐんでいたくらいで特に涙が止まらないなんてこともなかった。このことも、ネット上で指摘されてしまっていました」(前出の記者)

    何をやっても裏目に出ている西内だが、ゴリ押しの結果“激務”となっていることで、次のような話も聞こえてくるように。

    「どうやら最近、西内は事務所に対して給料アップを要求しているようなんです。本人は忙しく働かされているので、その気持ちも分からくはないですが、結局のところ与えられた仕事を完璧にこなせていないのが現状。

    つまり、西内がすべきことは給料アップの打診ではなく、仕事を減らしてもらって何か1つの道から極め直すことでしょう。アンチが多くても、今はまだ西内を支持する若い世代も少なくない。しかし、その人気も西内の容姿に集中しているので、やはり彼女はモデルに特化した方が良いのかもしれませんね」(同)

    今いるファンのためにも、西内は事務所と給料について話し合っているこの機会に、モデルという原点に戻ってみてはどうだろうか。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160517-27655704-tocana


    【西内まりやが嫌われ続ける理由!「モテない女の嫉妬でしょ」「ジャニーズ山田涼介の元カノだからだろ」】の続きを読む

    このページのトップヘ