芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:嫌われ

    33

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/10(金) 21:59:32.92 ID:CAP_USER9.net

    6月7日放送の『ニッポンのぞき見太郎』(フジテレビ系)に和田アキ子(66)が出演。過去に30年以上通ったという行きつけの飲食店で見舞われたトラブルに対して、怒りをあらわにしたエピソードを明かした。

    和田は、ある日、ますだおかだの岡田圭右(47)と平成ノブシコブシの吉村崇(35)を連れて食事に行くことになった。

    それなら30年間通っている馴染みのおでん屋にしようと、あらかじめ電話をしてからその店へと向かったのだが、いつもならおでんが50種類ほど準備されているはずが、その日はたった5種類しかお店に置かれていなかったという。

    ブチ切れてしまった和田は、その出来事以降は一切店には行かず、店のそばも通らないという。

    その当時を振り返って、たまたま品数が少ないという事情があるなら、あらかじめ電話をした時にその旨を説明してほしかった、と語っていた。

    このエピソードを明かした直後、和田は「この番組、最後の方にはウチめっちゃ嫌われているんじゃないの?」と不安がったが、それに対して、岡田が「すいません、イメージ通りですから」とツッコんでいた。

    「礼儀に口うるさい、和田アキ子らしいエピソードですね。事務所のパーティ会場で某アイドルが挨拶をせずに携帯をいじっていたため、2つにへし折ったなど、芸能人相手でも容赦しない『御意見番』として知られています」(芸能誌記者)

    66歳になっても、その勢いは今なお健在!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1143625/
    【和田アキ子が不安…「ウチめっちゃ嫌われているんじゃないの?」ますだおかだ岡田圭右「イメージ通りです!」】の続きを読む

    2o

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/09(木) 09:25:25.10 ID:CAP_USER9.net

    7日付のスポーツニッポンによって、タレントのベッキーが、報道陣と直接質疑応答する場を、今月10日に設ける予定でいることが報じられたのだが、「いや、もう訊くことないでしょ」「まだ復帰するつもりでいるの?」などと、批判の声が殺到してしまっているようだ。

    ベッキーは、ロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫報道後、出演を控えていたレギュラー番組『FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~』(BSスカパー!)の収録参加に伴い、その収録が行われるスタジオ内で、マスコミの取材に応じるよう最終調整に入っているという。

    「今回の会見は、川谷との関係について『お付き合いということはなく、友人関係であることは間違いありません』と発言し、ベッキー自身が先月13日に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で『ウソがありました』と認めた。

    1月に行った一方的な釈明会見とは違い、いくつかの質問にも答える予定だということですが、その『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』でベッキーはすでに、川谷と不倫関係であったことは認めていたため、『今さら何を語るの?』とネット上では冷めた意見が飛び交ってしまっているようです。

    10日に収録される『FULL CHORUS~』は、早ければ今月中にもオンエアされる予定ということですが、ベッキーに対する世間の風当たりは依然として厳しく、『ベッキー擁護するなら、スカパー解約しようかな』と考える人も少なくないようです」(芸能関係者)

    不倫スキャンダルを起こして世間から総バッシングを食らっても、その後、しばらく冷却期間を置いてから復帰し、活躍する芸能人は少なくないのだが、ベッキーに関しては「早すぎる」「反省しろ」の声が止まないようだ。

    「ベッキーと、ベッキーが所属するサンミュージックプロダクションが、これほどまでに復帰に焦っている背景には、不倫報道がきっかけでCM契約が打ち切られ、5億円ともいわれる莫大な損害金が発生してしまっているからだといわれている。

    13年に不倫が発覚した矢口真里にしても、復帰までには1年半近くの冷却期間を置いていましたから、ベッキーの復帰はあまりにも焦りすぎといわざるを得ません。

    先月には、損害金を支払うためなのか、神奈川県内にある実家を担保に多額の借金をしている、との報道も流れていましたが、『同情を買う作戦に出た?』『借金返すためにバラエティ番組に出演する人を見ても楽しめない』などと、批判の声は増すばかり。

    不適切支出が発覚したものの、現職続投を表明した東京都知事の舛添要一同様、『往生際が悪い』『潔く、さっさと引退しろ!』などと、辛辣な意見を浴びせられてしまっているようです」(同)

    ベッキーも舛添都知事も、「週刊文春」(文藝春秋)によってスクープされてしまったのだが、2人を引退に追い込む、さらなる追撃砲を『週刊文春』に期待する声が高まっているようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1142766/
    【ベッキーの嫌われ方が凄い!「ベッキー出すならスカパー解約する!」「実家担保で同情作戦も失敗」】の続きを読む

    18

    1 :れいおφ ★@\(^o^)/:2016/05/18(水) 22:54:51.82 ID:CAP_USER9.net

    モデルに歌手、女優とマルチに活動中の西内まりや。5月9日から15日まで行われていた日本テレビ系のキャンペーン『7daysTV かぞくって、なんだ。』でもパーソナリティに抜擢されていたが、一部では相変わらず嫌われ続けている。

    「かつて、『10代が選ぶなりたい顔』で1位に輝いていた西内。スラリとしたモデル体型もティーンの憧れの的でしたが、歌手や女優などあれこれ手を出すうちに、『この人は何がしたいの?』と疑問視する声も増えていきました。

    しかし、批判が飛び交う中でも2015年には『ホテルコンシェルジュ』で、ゴールデン・プライムタイムのドラマ初主演。ほとんど“ゴリ押し”の形で主役の座についた結果、当然ですが視聴率は1桁台を連発し、最終話は6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、静かに終了しました」(芸能記者)

    西内は同年、『レインツリーの国』でも映画初出演を果たしたが、こちらも大して話題にならず。それでも、今秋公開の『CUTIE HONEY -TEARS-』で主演が決まっている。

    ネットでは、「何でもやって、何でも中途半端。人気も減っているのにゴリ押しが酷い」といった書き込みが散見される。

    「こうしたゴリ押し批判だけではなく、今年4月に熊本県を中心に発生した大地震の時も、西内は自身のTwitterで非常時の必需品を描いたイラストと共に自撮り写真を投稿し、炎上。

    一層嫌われる中、『7daysTV』の一週間は毎日のように日本テレビ系の番組に出演していました。11日に放送された『はじめてのおつかい!! かぞくって、なんだ。SP』にもゲストで呼ばれていましたけど、同番組にはファンも多いため『西内まりやのせいで観たくなくなる』というような不評も。

    また、西内は放送前のツイートで『母と純粋な子供のやりとりに涙が止まりません』と告知していたわりに、番組中は涙ぐんでいたくらいで特に涙が止まらないなんてこともなかった。このことも、ネット上で指摘されてしまっていました」(前出の記者)

    何をやっても裏目に出ている西内だが、ゴリ押しの結果“激務”となっていることで、次のような話も聞こえてくるように。

    「どうやら最近、西内は事務所に対して給料アップを要求しているようなんです。本人は忙しく働かされているので、その気持ちも分からくはないですが、結局のところ与えられた仕事を完璧にこなせていないのが現状。

    つまり、西内がすべきことは給料アップの打診ではなく、仕事を減らしてもらって何か1つの道から極め直すことでしょう。アンチが多くても、今はまだ西内を支持する若い世代も少なくない。しかし、その人気も西内の容姿に集中しているので、やはり彼女はモデルに特化した方が良いのかもしれませんね」(同)

    今いるファンのためにも、西内は事務所と給料について話し合っているこの機会に、モデルという原点に戻ってみてはどうだろうか。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160517-27655704-tocana


    【西内まりやが嫌われ続ける理由!「モテない女の嫉妬でしょ」「ジャニーズ山田涼介の元カノだからだろ」】の続きを読む

    6

    1 :Twilight Sparkle ★@\(^o^)/:2016/04/08(金) 13:49:39.71 ID:CAP_USER*.net

    神田うの(41)が新著「女も“殿”であれ!」(講談社)を出版するのを機に、オリコンスタイルが神田にインタビューした内容が話題になっている。

    特に注目なのは「嫌われ有名人ランキング」に20年間ずっと入っていることに関するくだり。若いころはバッシングへの対処に悩み、泣いた日々もあったそうだが、その後はあまり気にならなくなった。

    つい最近も神田自身が出演する検証番組があったが、「20年間のランキングを見ていたら、その時期にワァーッて一瞬だけ話題になった女性がランクインしていて面白いですよ」と言える心境になったという。

    そこで、日刊ゲンダイも改めて“一瞬だけ話題になった”女優を、週刊文春の名物企画「嫌いな女優」から探してみると……。

    04年のアンケートではさとう珠緒(1位)、05年には梨花(7位)、09年には道重さゆみ(10位)なんて名前が見つかった。みんな最近、見かけないなぁ。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/178921
    【「嫌われ有名人ランキング」に20年間ずっと入っている神田うのに「泉ピン子目指せ」の声】の続きを読む

    このページのトップヘ