芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:安倍晋三

    15

    1 : Hero syndrome 2016/07/12(火) 12:52:18.16 ID:CAP_USER9

    7月10日参院選における報道番組の中で、テレビ朝日の富川悠太アナウンサーが安倍首相に対し憲法改正前に民意を問う必要はないのか?と疑問を呈し「何を言っているのか」と批判を浴びています。

    これは憲法改正について安倍首相が「憲法審査会で議論してもらいたい」と述べたのに対し、富川アナが憲法改正が国会で発議される前に民意を問う必要はないのか、と質問をぶつけたもの。

    安倍首相は発議後に国民投票が行われるのだから発議前に民意を問うべきという議論はおかしいのではないか、と疑問を呈しますが、富川アナは食い下がります。

    どうやら英国のEU離脱問題が念頭にあるようで、国民投票後にも議論が続いている状況に鑑みてなのか国民投票における結果に「危うさというものを感じないのか」と再び質問。

    これには安倍首相も流石に呆れ気味で「国民投票自体を疑うというのは民主主義の基本を疑うことだ」と説明しますが富川アナはそれでも納得出来ず「国民が民意を問われていないと感じながらも発議が進んでしまうのかという疑問があるから聞いたんですけれども」とボヤキとも思えるコメントを残し会話は終了。

    憲法改正は国会で総議員の2/3以上の賛成によって発議されその後国民投票で過半数の賛成によって承認されるという手続きで進んでいくため、発議前に民意を問うべきだという富川アナの考えは評価されておらず、国民投票自体の有効性に疑問を投げかけたことについても「納得行かない結果は認めないという身勝手な考えだ」と批判を浴びています。

    呆れ気味に見えた安倍首相ですが感想は多くの人が同じだったようで、富川アナに対しては「テレビに出るな」「理解できてないなこいつ」「何言ってるの?このアナウンサーは」「食い下がって恥の上塗り」など厳しい意見が目立っています。

    報道ステーションでお馴染みの富川悠太アナウンサーは1976年生まれ、横浜国立大学教育学部小学校教員養成課程体育専攻を卒業後テレビ朝日に入社ということですが、憲法改正発議前に民意を問うべきだとの考えや国民投票の有効性に疑問を呈する姿勢に多くの人が呆れ返っており、報道ステーションへの期待値も下がっているようです。

    富川アナと安倍首相のやり取り

    富川「国会で憲法(改正)の発議をする、その後国民投票があるとおっしゃっていましたけれども、憲法(改正)を発議する前にですね、国民の信を問うという形はないんでしょうか」

    安倍「(笑いながら)それは、憲法(改正)を発議してですね、発議した後国民投票をするんですから、その議論はちょっとおかしいんじゃないですか?」

    富川「イギリスのね、EU離脱問題もありましたけれども、まさに国論を二分するテーマで。この憲法(改正)についてもそうだと思うんですけれども、その危うさというのも感じたりはしていませんか」

    安倍「国民投票自体を疑うということはですね、民主主義の基本を疑うということになるんじゃありませんか?2/3の人たちが発議をして国民投票(をする)。その国民投票の結果を疑うのであればですね、そもそもこの憲法の条文自体を疑うのと同じことになりますよ。ですから当然それはおかしな議論であってですね。

    今なんとなくアナウンサーの方と議論がかみ合わないのは法律と憲法をごっちゃにされているんですね。憲法(改正)というのはあくまでも国会は発議する場であって、決めるのは国民投票で国民が決めるんです。その国民投票で決めることを否定してしまってはこれは憲法というよりも民主主義の基本的な否定になってしまいますよ」

    富川「国民が民意を問われていないと感じながらも発議が進んでしまうのかという疑問があるから聞いたんですけれども(隣の出演者に話を投げる)」


    http://www.buzznews.jp/?p=2077244
    【「無知無能はテレビに出るな」「選挙の意味を理解してない」報ステ富川悠太アナが安倍晋三首相に「憲法改正前に民意を問う必要はないのか?」で呆れと批判】の続きを読む

    21z27
    a1
    a2

    1 :ひろし ★@\(^o^)/:2016/07/10(日) 22:53:26.39 ID:CAP_USER9.net
     
    タレントでモデルの藤田ニコル(18)が、10日放送のフジテレビ系参院選特番「FNNみんなの選挙2016」(後7時58分)の企画で、国会を訪問。安倍晋三首相(61)を見て「生のほうがイケメン」と大胆発言を連発した。

    ニコルは昭和11年に完成した立法府を探検。小学校の遠足で訪れて以来といい、当時は「何をするところに来てるかも分からなかった。

    友達が赤いじゅうたんに吐いてたことしか覚えてない」と仰天エピソードを明かした。通りがかった自民党の野田毅前税調会長(74)を「かわいかった。萌えた」と評すなど絶好調。

    石破茂地方創生担当大臣(59)と面会。大のキャンディーズ・ファンとして知られる現役大臣に「いらっしゃい有権者」と迎えられると「にこるんです♪」とニックネームで自己紹介。

    怖いもの知らずな18歳の先制パンチで「は?にこるん?」と戸惑わせた。続けて野党代表として民進党の枝野幸男元官房長官(52)と面会すると「耳たぶがかわいい感じ」とチャームポイントを見抜き、照れさせた。

    そしてこの日、初めて投票。ポスターや名前のインスピレーションから決めたといい「入れることに意味があるかなって。来年からちゃんと頑張ります」と殊勝に語っていた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160710-00000209-sph-ent
    【藤田ニコル「安倍晋三首相は生のほうがイケメン」国会で大胆発言を連発!「かわいかった。萌えた」枝野幸男議員に「耳たぶがかわいい感じ」】の続きを読む

    q3
    q5
    9
    q1
    q2

    1 :名無し募集中。。。@\(^o^)/:2016/07/05(火) 13:44:59.10 0.net

    HKT宮脇咲良、田原総一朗さんに参院選を聞いた「AKBでは総選挙の公約守る。国民は怒らないんですか?」

    公職選挙法が70年ぶりに改正され、「18歳選挙権」となって初の国政選挙となる10日投開票の参院選。

    「選挙権は手にしたけど、どうすればいいの?」という18歳の代表として、HKT48・AKB48兼任の宮脇咲良がジャーナリストの田原総一朗さん(82)と対談し、投票に行くことの重要さを聞き出した。宮脇は「将来の日本のために、小さな1票かもしれないけれど必ず投じたい」と思いを新たにした。

    宮脇咲良「今日はよろしくお願いします。いろいろと教えてください」

    田原総一朗「早速だけど、宮脇さんは投票には行くの?」

    宮脇咲良「はい。マネジャーさんにスケジュールを確認してもらって、期日前投票をしようと思っています」

    田原総一朗「他のメンバーは何て言ってる?」

    宮脇咲良「18歳になって、選挙権があるというのは、話題になっているので周りのメンバーも知ってるんですけど、でも『選挙に行こう』という話にはならなくて…。正直、日本が民主主義というのは分かるんですが、自分が政治に参加しているという気持ちが全く湧かないんです」

    田原総一朗「AKBで18歳って何人かいるでしょう? 一度みんなで会って話し合った方がいいよ。でも、何で若者は政治の話をしないんだろう。日本では、政治の話をすると『あいつは理屈っぽい』とか『真面目すぎる』とか思われるというのがあるのかな?」

    宮脇咲良「それはあるかもしれません。政治の話とかしたら『何でそんな真面目な話するの? もっと面白いことあるじゃん』みたいな感じにはなります。でも、若い子たちの政治への興味や、若い世代の投票率がどんどん下がっていると聞いて…。

    私たちから政治が遠くなるのが怖いな、とも思っているんです。私は政治に興味があってニュースや国会中継なども見るんですが、難しくて分からないことも多い。でも、知らないところで日本がいろいろ変わっているというのは怖いですよね」

    田原総一朗「それじゃあ、宮脇さんは今の変わってきている日本について、何か不満は持ってるの?」

    宮脇咲良「消費税が2年前に5%から8%に上がったということですかね。何に使われているのか…。国の物を造ったりとかオリンピックに向けてとか分かるんですけど、納得がまだいかない。

    税金の話は、メンバーの中でもよくするんです。みんな、ある程度の所得を得ているので。それで、所得税の話題になって十何歳の子たちが『税金が高過ぎる!』と話しています」

    宮脇咲良「民進党がツイッターで『(与党に)3分の2を取らせるな』と書いているのがトレンド(話題となっているキーワードのリスト)に上がっていて、その動画を見て初めて、憲法が変わるかもしれないというのを見て『あ、そうなんだ。取らせちゃいけないんだ』と思いました。

    ◆宮脇 咲良(みやわき・さくら)1998年3月19日、鹿児島県生まれ。18歳。HKT48・チームK4副キャプテン、AKB48・チームA兼任。愛称・さくら。

    小2からミュージカル教室に通い、小学4年で初舞台。中学2年時の2011年7月にHKT48の1期生オーディションに合格。同年11月、劇場デビュー。総選挙は第4回から参加し、順に47、26、11、7、6位。身長160センチ。血液型A。


    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160705-OHT1T50066.html
    【超人気女性アイドルが政治発言!「選挙で憲法が変わる。安倍晋三の自民党に3分の2を取らせちゃいけない。消費税8%納得いかない」】の続きを読む

    6

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/27(月) 12:57:56.25 ID:CAP_USER9.net

    がんとの闘いを続けているタレントで元国会議員の大橋巨泉(82)が、休載していた週刊現代のコラムを27日発売号で最終回とすることを明らかにした。

    体力が戻らず、意識不明に陥ったこともあり、「何時まで生きられるかわからない」と深刻な病状を告白した。

    コラムによると「今週の遺言」と題した連載は今回で344回。1994年に執筆を始めた「内遊外歓」を合わせると930回を数える。

    中咽頭がんなどを患っている巨泉は治療のため、4月9日号を最後に休載。復活した今回、無念の終了告知となった。巨泉とがんの闘いは10年ほど前にさかのぼる。

    2001年の参院選で民主党から出馬し当選するも、半年で辞職。政界を離れると海外に長期滞在し、一時帰国するとテレビ出演などメディアに登場。05年に胃がんが判明し、手術を受けた。

    13年に中咽頭がん、14年にリンパ腫と病魔に襲われ、昨年5月には肺がんの摘出手術。これを乗り越えて6月放送のテレビ番組で元気な姿を見せて、「4度目のがん手術から復帰」と話題を呼んだ。

    最終回のコラムで巨泉は、ベッドの上で夫人と弟の力を借りて原稿作成に取り組んだと報告。がん細胞は「静か」だが休載当時から体力と気力の衰えが著しく、一時入院から退院後の4月上旬に容体が急変し、意識を失って救命措置を受ける事態になったという。

    60年代後半から「11PM」、70年代に始まった「クイズダービー」、80年代の「世界まるごとHOWマッチ」など数々の人気テレビ番組の司会で人気を呼び、テレビの申し子のような存在だった巨泉。ジャズや競馬にも造詣が深く、政治の世界にも足を踏み入れた。

    「このままでは死にきれない」と書いた巨泉は、最後の遺言として「安倍晋三の野望は恐ろしいものです」。参院選で野党に投票するよう読者に呼びかけた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000002-tospoweb-ent
    【大橋巨泉の最後の遺言!政治発言「安倍晋三の野望は恐ろしい」「がんで体力と気力が衰えて、何時まで生きられるか」】の続きを読む

    132
    n


    1 :Twilight Sparkle ★@\(^o^)/:2016/04/10(日) 06:35:02.38 ID:CAP_USER*.net

    俳優の草刈正雄が9日、愛娘2人と一緒に写った3ショットをブログで公開、「きれい~~!草刈さんが一番ステキなお花をお持ちですね!まさに両手に花!」と絶賛の声が届いている。

    この日、「桜を見る会第1弾」というタイトルのブログで安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に長女でダンサーの紅蘭、次女でモデル&女優の草刈麻有と共に出席したことを報告した草刈正雄は、美しく咲き誇る桜をバックにした親子の3ショットを掲載。

    「お天気に恵まれました~~桜綺麗でしたよ。桜吹雪も!!両手に華で行って来ました!!」(原文ママ)とつづっており、愛娘と共にお花見を楽しんだようだ。

    http://www.cinematoday.jp/page/N0081883
    【草刈正雄が安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に出席!美人娘と親子3ショットに「まさに両手に花」】の続きを読む

    このページのトップヘ