芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:実写

    a1
    a2
    a3
    1 : れいおφ ★@無断転載は禁止2017/01/28(土) 19:05:22.14 ID:CAP_USER9
    最近は漫画などの実写化が多く、そのタイトルが発表されるたびに原作ファンは各種SNSなどで悲鳴を上げていますね。

    有識者からすると完全オリジナルのストーリーを作る必要がなく、原作ファンからの収入も想定できる事から酷評されても作る価値はあるとかないとか。

    今回はそんな「残念すぎたアニメ・マンガ原作の実写映画」を調査・ランキングにしてみました。一番ファンを激怒させたのはどの作品だったのでしょうか? 

    1位:進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
    2位:黒執事
    3位:ルパン三世
    4位:こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝鬨橋を封鎖せよ!~
    5位:テラフォーマーズ
    6位:SPACE BATTLESHIP ヤマト
    7位:デビルマン
    8位:ガッチャマン
    9位:四月は君の嘘
    10位:オオカミ少女と黒王子
    11位:L DK
    12位:映画 ひみつのアッコちゃん
    13位:アオハライド
    14位:デスノート
    15位:Paradise Kiss パラダイス・キス
    16位:CASSHERN
    17位:NANA
    18位:寄生獣
    19位:今日、恋をはじめます
    20位:HK 変●仮面
    20位:ストロボ・エッジ
    20位:信長協奏曲
    23位:バクマン。
    24位:珍遊記
    25位:彼岸島 デラックス
    26位:最終兵器彼女
    26位:orange
    28位:宇宙兄弟
    28位:ハチミツとクローバー
    28位:好きっていいなよ。
    31位:GANTZ
    31位:荒川アンダー ザ ブリッジTHE MOVIE
    33位:俺物語!!
    34位:CUTIE HONEY -TEARS-
    35位:カイジ 人生逆転ゲーム
    36位:20世紀少年
    37位:テルマエ・ロマエ
    38位:少女椿
    39位:うさぎドロップ
    40位:昴-スバル-
    41位:その他

    http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/gooranking/news/20170128/gor1701281154002-n1.htm
    【金返せ!残念すぎたアニメ・マンガ原作の実写映画ランキング「成功した良い実写にはジャニーズ率が高い」「デスノート初代は原作超えてる」】の続きを読む

    c1
    c2
    c3

    1 :ゴアマガラ ★@\(^o^)/:2016/06/27(月) 20:59:22.65 ID:CAP_USER9.net

    金曜ロードSHOW!で7月15日に、「ホットロード」の実写映画が放送されます。21時から。紡木たくさんによる原作漫画は1986~87年に「別冊マーガレット」に連載され大ブームに。

    実写映画は2014年に公開。宮市和希を能年玲奈さん、春山洋志を登坂広臣さんが演じました。

    http://news.biglobe.ne.jp/trend/0625/nlb_160625_2921854788.html
    【能年玲奈が地上波テレビ復帰!日テレ金曜ロードSHOW!で「ホットロード」実写映画7月15日放送】の続きを読む

    to

    1 :
    湛然 ★@\(^o^)/:2016/06/24(金) 05:19:10.82 ID:CAP_USER9.net

    俳優の窪田正孝が、累計発行部数1800万部を突破する石田スイ氏の人気漫画を実写映画化する「東京喰種」に主演し、主人公の金木研(カネキ)役を務めることが明らかになった。また、ヒロインの霧嶋薫香(トーカ)を清水富美加が演じることも発表された。

    原作者の石田氏は、窪田と清水のキャスティングに太鼓判を押す。窪田の存在は、作業中にふと目に入ったCMに衝撃を受けて以来、気になっていたそうで「演技の素晴らしさはもちろん、『カネキが実際にこの世界にいたらこういう感じ』というキャラのイメージぴったりのお姿で」と絶賛。

    さらに「窪田さんのすごさは、皆さんにもすでにバレつつあるとは思うのですが、自分の作品を踏み台にして、さらに『窪田正孝すごい』という事を知っていただけると、映画化はうまくいったと言ってもいいのではないかなと、個人的には思っております」と全幅の信頼を寄せている様子だ。

    清水の起用は、石田氏の推薦があったといい「正式にオファーさせて頂いた際に、トーカを演る上で、ひとつこちらから“無理”をお願いしまして、清水さんがそれを受けてくださったとお聞きしました。

    そこに清水さんの強い意志を感じましたし、トーカに通じる部分を持っていらっしゃるように思いました」と述懐。2人以外のキャストについても、「『まさかこの人が…』という方も中には紛れ込んでいて、その方々に関しては、もう普通にファンとして見ちゃうなあと今から感じております」と期待を煽った。

    ビッグタイトルの“座長”を務める窪田は、「たくさんの原作ファンの方の意見、思いがあると強く受け止めています。石田スイ先生のメッセージも読ませていただきました。有り難すぎるお言葉に気持ちが救われました。ただ実際は自分もビビッているのが本音です」と胸中を吐露。

    それでも、「誠に微力でありますが金木研くんという大役に寄り添い、深く大事に演じさせていただきたく思います。いち原作ファンとして」と強い意欲をうかがわせた。

    一方の清水は、「声をかけてくださった方々に後悔をさせたくない、という思いと、役を頂いた以上、物語の持つテーマを感じ取っていただけるように、いや、そのテーマが何かも今は分からないのですが、詰めて詰めて、撮影が終わったら死んでもいいくらいの気持ちで真摯に作品に臨んでいきたいと思っております」と決意を明かしている。

    数多くのCMやショートフィルムを手がけてきた萩原健太郎監督がメガホンをとる今作は、週刊ヤングジャンプ(集英社刊)で連載中の「東京喰種トーキョーグール」が原作。

    人を喰らう怪人“喰種(グール)”が跋扈(ばっこ)する東京を舞台に、不慮の事故で重傷を負い、運び込まれた病院で手術を受けたカネキは、事故発生時に一緒にいた少女・リゼの臓器を移植されたことで半喰種となってしまう。

    愛する人や友人とどう向き合うべきか葛藤するカネキは、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていく。「東京喰種」は、2017年夏から全国で公開。


    http://eiga.com/news/20160624/1/


    【「東京喰種」実写映画化に窪田正孝が主演!ヒロイン・トーカ役は清水富美加「100%コケる」「石田スイ趣味悪い」】の続きを読む

    c1
    c2
    c3
    シャーロット・プリン役のGNZ48謝蕾蕾 (Photo: Business Wire)

    1 :7代目副将軍 ★@\(^o^)/:2016/06/16(木) 22:33:49.33 ID:CAP_USER9.net
     
    上海を拠点とする中国企業のShanghai Minghuan Investmentは最近、日本の人気漫画・テレビアニメ「ワンピース」の著作権をワンピースの作者で所有者の尾田栄一郎氏から16億円(1510万米ドル)で購入し、実写映画化を計画中であると発表しました。

    ワンピースは、1997年にシリーズ化されて以来、世界中で幅広い人気を博してきました。ファンの期待は高いものの、ワンピースの実写映画化は著作権問題から不可能と考えられてきました。

    中国企業が締結したこの著作権契約は、世界中のワンピース・ファンにとって非常にうれしいことでしょう。この契約により、関連する実写映画、テレビシリーズ、その他の派生商品を開発する権利が当社に与えられるためです。

    当社は、この映画で日本人俳優の窪田正孝氏がモンキー・D・ルフィを演じることを明らかにしました。窪田氏は、最近gooランキングが実施した調査「ONE PIECEが実写化したら、ルフィ役をやってほしい人ランキング」で第1位に輝いています。

    ファンにとって驚きなのは、ヒロインのシャーロット・プリン役が日本人ではなく、中国のアイドル・グループGNZ48の謝蕾蕾であることでしょう。謝蕾蕾はこの漫画のシャーロット・プリンに似ていることから、ファンから「ワンピースの少女」と呼ばれています。

    http://www.jiji.com/jc/article?k=20160616005580&g=bw
    【「ワンピース」が実写映画化!ルフィ役は窪田正孝!中国が著作権を作者で所有者の尾田栄一郎から16億円で購入】の続きを読む

    67
    9

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/12(日) 22:36:15.02 ID:CAP_USER9.net

    「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気マンガ『銀魂』(共に集英社)が、小栗旬主演で実写映画化することが分かった。関係者によれば間もなくクランクインを迎え、公開は2018年を予定しているという。
     
    空知英秋氏の原作で2004年に連載開始した『銀魂』。天人と呼ばれる異星人がいる江戸の街を舞台に、主人公・坂田銀時や個性豊かな仲間たちが繰り広げるSF×コメディマンガだ。

    ギャグやパロディ要素を含みながら、時にシリアスストーリーを展開して涙を誘うストーリーが人気で、コミックス(既刊64巻)は累計発行部数5000万部を突破(16年5月時点)。これまでに複数回テレビアニメ化されており、劇場版アニメも2度公開している。

    「近年の『ジャンプ』の傾向を見てみると、14年のマンガ最終話直後にアニメ映画『BORUTO』が公開された『NARUTO -ナルト-』や、アニメに実写映画とほぼ同時にストーリーが進行した『暗殺教室』など、映像作品との連動企画が王道パターンとなっている。

    実は『銀魂』は1年以内に最終回を迎える予定で、それに合わせて実写映画化が発表される見込みです」(出版関係者)
     
    実際、昨年12月の「ジャンプフェスタ2016」で発表された空知氏のコメントでも、16年から『銀魂』が最終章に入ることが示唆されていた。

    これまでも『銀魂』は何度も“終わる終わる詐欺”でファンを驚かせてきたが、今回こそ本当の終焉に向かっているようだ。

    「実写版『銀魂』が公開予定の18年には、『ジョジョの奇妙な冒険』など複数のジャンプ漫画が実写映画化されるとあって、関係者の間でも話題を集めています。

    しかし、『銀魂』で主演する小栗に関しては14年の『ルパン三世』で好成績を収めているものの、人気マンガやアニメの実写化は総じて批判を受けやすい。

    今後続々と発表されるであろう実写化作品に、それぞれの原作ファンがどのような反応を示すのか、少々不安も残ります」(同)
     
    ジャンプ作品の実写化では、佐藤健主演で12年と14年に公開した『るろうに剣心』が大ヒットを記録している。映画界が編み出した“人気マンガとの連動”という新たな手法だが、果たしてどこまで通用するものなのだろうか?


    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0612/ota_160612_5343440298.html
    【ジャンプ漫画「銀魂」小栗旬が主演で実写映画化!「声優のイメージ強すぎて無理」「お願いだから止めて!」】の続きを読む

    このページのトップヘ