芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:小林麻耶

    rt
    1: 名無しさん 2017/08/21(月) 08:04:23.98 _USER9
    市川海老蔵(39)が18日に自身のインスタグラムを更新し、海外旅行に訪れていることを報告した。「カンカンと麗禾は人生初の海外です」と綴られており、長男の勸玄くん(4)と長女の麗禾ちゃん(6)も同行していることがわかる。

    ファンからは「子どもたちとゆっくり過ごしてきてください!」「素敵な家族旅行ですね」「家族の時間を満喫して、リフレッシュしてくださいね」などのメッセージが寄せられている。

    海老蔵の妻だった元フリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)が亡くなってから、2カ月経とうとしているが、海老蔵は変わらずに日々舞台に立ち続けている。先月は勸玄くんも『七月大歌舞伎』の夜の部に出演し、親子で宙乗りを披露する姿が話題を呼んだ。こうしたなかで囁かれているのが、海老蔵と勸玄くんの親子ダブル襲名だ。

    8日発売の『女性自身』(光文社)は、海老蔵の「13代目市川團十郎」と勸玄くんの「8代目市川新之助」を同時に行うのではないかと伝えている。動きがあるのは、麻央さんの一年祭が終了する来年の秋ごろのようで、その際に正式発表を行うのではと言われている。2020年に開催される東京オリンピックにあわせて、歌舞伎界でも特別興行が計画されているようで成田屋としても忙しくなりそうだ。

    「公式にはそのような話はまだ出ていないようですが、来年は松本幸四郎一家の3代同時襲名も行われることもあり、大イベントを打ち出さないわけにはいかない。『七月大歌舞伎』でも麻央さんの逝去後1カ月間、勸玄くんが舞台に立ち続けることでチケットは完売した。そのため歌舞伎ファンも心待ちにしているようです」(芸能記者)

    海老蔵と勸玄くんを「市川團十郎」「新之助」と呼ぶ日は近いのかもしれない。

    ■“麻耶ママ”大活躍の裏で囁かれる海老蔵の再婚事情

    そんななか、海老蔵と同じくらい現在注目を集めているのが、義姉にあたるフリーアナウンサーの小林麻耶(38)だ。麻央さんの闘病中にもつきっきりで看病し、二人の子どもたちの面倒を見続けた麻耶だが、すっかり「ママ」としての姿が定着している。

    10日発売の『女性セブン』(小学館)では、麗禾ちゃんのバレー発表会に同行。ママ友たちと談笑する様子などが綴られた。さらに、麻耶のブログにも二人の子どもたちは登場しており、14日には麻耶の友人を含めた4人で遊びに出かけた様子が報告されたところだ。まさに「麻耶ママ」と言ってもいいような状態だが、気になるのが海老蔵との再婚の可能性だ。

    「もちろん海老蔵にとっても、子どもたちにとっても麻耶はなくてはならない存在です。しかし、この2人に具体的な話は一向に出てきておらず、関係者の間でもその話(海老蔵と麻耶の再婚)はないという声が強い。水面下では梨園に関わりを持つ社長令嬢が候補に挙がっているとも。海老蔵の再婚によっては、麻耶の立ち位置も難しくなるでしょう」(前出・芸能記者)

    現在、海老蔵の身の周りの世話や梨園関係の対応は、主に海老蔵の母にあたる堀越希実子さんが行っている。しかし、海老蔵一家を取り巻く環境は、徐々に変化していきそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1346433/ 
    【【芸能】市川海老蔵と小林麻耶の再婚の可能性「ママ友とも交流開始。二人の子供たちと麻耶の友人と遊びに」】の続きを読む

    y
    1: 名無しさん 2017/07/02(日) 18:40:59.61 ID:CAP_USER9
    2017年6月22日にフリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなった後、夫の市川海老蔵さんがディズニーランドに行ったことについて投稿したツイートが話題になっている。 
     
    6月30日17時頃に投稿されたツイートには、 
     
    「声優が休養中にゲームしてるだけで炎上。 妻を亡くした歌舞伎役者が子供を気分転換させるためにディズニーに連れてって炎上。 やっぱり『辛い状況がある中で他人が楽しい思いをする』のが気に食わないのかな? お前らとはなんの関係もない赤の他人じゃん」(原文ママ)とある。

    ■ツイートの起因はネットの書き込み 
     
    このツイートにある「歌舞伎役者」とは、市川海老蔵のことだと考えられる。同ツイートに起因する、2017年6月28日15時頃に書き込まれたネットの掲示板上では、 
     
    「昨日ディズニーで見かけましたが、海老蔵さん、麻耶さん、れいかちゃん、かんげんくん、お付きの男性の五人でいました。かんげんくんはベビーカーに乗っていてお付きの人が押していました。海老蔵と麻耶さんが仲良く話していましたよ」(原文ママ)

    と書き込まれた。 
     
    これについて、同掲示板では、 
     
    「喪があけないうちからディズニーランドとか、あり得ないから…」 
    「ディズニー、本当なのか・・ ドン引きだわ」

    などと市川海老蔵さんの行動に対し批判的な声が書き込まれている。 
     
    6月27日19時頃、市川海老蔵さんのブログには、「今日は稽古うまくできたので」という題名で、 
     
    「今日は2人の願いを叶えました。 すこし遊びに、 子供達が笑顔になる事が今の私達の幸せです。」と更新されている。 
     
    ネット上では、「すこし遊び」が「ディズニーランドに行ったこと」なのではないかと考えられている。

    「不謹慎だからと言っていつまで控えるべきなのか」 
     
    この書き込みのことを投稿したツイートに対し、 
     
    「不謹慎だから控えるべきっていつまで控えればいいんだよ....」 
    「と言うか、妻を亡くして間もない人を良く叩けるよなぁ...って。子供を気遣ってのことだろうに......。」

    などとツイートに賛同する声が多く寄せられている。 
     
    このツイートは2017年7月2日15時時点で、55083リツイート、57179を超える「いいね」がついている。

    7/2(日) 15:49配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000004-jct-soci
    【【芸能】<市川海老蔵>不幸があった後にディズニーランド 不謹慎なのか?】の続きを読む

    fr
    1: 名無しさん 2017/05/27(土) 18:41:56.20 ID:CAP_USER9
    フリーアナウンサーの小林麻耶(37)が27日、都内で、著書「まや道~向かい風でも笑顔の理由~」(小学館)の発売記念イベントを行った。昨年6月の妹・小林麻央(34)のがん公表後、麻耶が公の場で取材に応じるのは初めて。 
     
    麻央には「ほぼ毎日ですし、昨日も会いました」と、毎日面会している。だが「日によって体調は全然違って、お話できる日もあれば、できない日もあるんです」と波があることを告白。「行ってみないと分からないので」と様子を明かした。
     
    それでも「昨日は『ハイタッチ会、頑張ってね』と応援してくれましたし、1年越しの開催を喜んでくれました」と一緒になって喜んだ。さらに「今日も朝、連絡がきて『頑張ってね』と言ってくれました」と笑顔を見せた。

    全文
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/27/0010229338.shtml
    【【芸能】小林麻耶 毎日面会の麻央「話できない日も」と明かす】の続きを読む

    32

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/07/21(木) 08:15:47.82 ID:CAP_USER9.net

    歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が21日、ブログを更新。妻・小林麻央の誕生日に会えない悲しみをつづった。

    この日、闘病中の麻央は34歳の誕生日を迎えたが、海老蔵は「会いたかったけど、多分会えない誕生日、はじめて…」と悲しみの胸中を明かす。

    舞台に立つ海老蔵は入院中の麻央と顔を合わす機会がないようで「今日は曇ってますね、今月の演目の流星、織姫と彦星 曇りや雨だと会えないとか…」と演目に例えた。

    前日のブログでは「明日は愛する人の誕生日」と麻央の誕生日について言及、週刊誌が麻央の姉・小林麻耶(37)の自宅周辺を取材していることについて「ただただ残念、ただただ残念、ただただ残念、ただただ残念、…」と、同じ文言を4回繰り返した。

    海老蔵はこれまでにも、ブログで自宅や実家周辺の取材自粛を求める書き込みをしている。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00000005-tospoweb-ent
    【市川海老蔵が妻・小林麻央の誕生日に会えず「会いたかったけど、多分会えない誕生日、はじめて…」小林麻耶の自宅周辺を取材に「ただただ残念」】の続きを読む

    a1

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/19(火) 00:09:38.64 ID:CAP_USER9

    「ネエネエのとこに行くから遊べないの!」

    蒸し暑い7月12日の昼下がり、東京都内の有名幼稚園の園庭から、ひときわ元気な女の子の声が聞こえてきた。小林麻央(33)と市川海老蔵(38)の長女・麗禾ちゃん(4)だ。彼女が「ネエネエ」と呼ぶのは、麻央の姉で伯母の小林麻耶(37)のこと。この日は摩耶の37歳の誕生日だった。

    麻耶と言えば、5月19日、『バイキング』(フジテレビ系)の生放送中に過呼吸を訴え途中退席。過労による体調不良を理由に、現在も5本のレギュラー番組を休業中だ。

    6月9日には麻央の乳がんが発覚。献身的な看病疲れも重なってのダウンだった。この日、麻央の母親が麗禾ちゃんと弟の勸玄くん(3)を迎えに来た。

    姉弟が向かったのは、麻央の実家だった。倒れた後、姿がまったく見られない麻耶も、その実家にいるようだ。2人は近くのコンビニに寄ると「ネエネエにあげるの」といって、それぞれお気に入りのお菓子を購入。

    よほど麻耶と会うのが楽しみなのだろう。実家に近づくと、麗禾ちゃんはたまらずひとり、先に駆け出して行った。

    2人は約2時間、麻耶の誕生日を祝うと祖母に連れられ、自宅に帰って行った。12日の海老蔵のブログでは、勸玄くんが星型のせんべいを麻耶にプレゼントしたのに、自分が食べたそうにしている様子が紹介されている。テレビ局関係者が話す。

    「麻耶さんは昨年の誕生日は、自身が通うヨガトレッチのサロンでパーティーがあった後、アマン東京のレストランで友人たちとディナーをしています。多くの友人たちと食事するのが恒例でした」
     
    ところが、今年は実家で姪と甥に囲まれた、ささやかな“パーティー”のみだった。

    「麻耶さんの姿が最後に目撃されたのは、麻央さんが再入院した次の日、6月14日朝。入院した麻央さんに付き添って帰ってきたところかもしれません」(スポーツ紙記者)

    実家近くの住人も、最近麻耶の姿を見たという人はいなかった。番組降板後54日もの間、実家に“引きこもり状態”。前出テレビ局関係者は、麻耶の状態についてこう語る。

    「あの姉妹は本当に仲が良くて、何でも相談し合うほどでした。麻央さんは姉の麻耶さんを頼っていましたが、結婚以降、立場が逆転。30代になって会社を辞めて独立した後は、仕事や結婚の悩みをこれまで以上に、麻央さんに相談していたんです」

    ところが麻央のがん発覚以降、麻耶は体を気遣い妹に弱音を吐けなくなった。エッセー『まや道 向かい風でも笑顔の理由』(小学館)で、麻耶は妹について《「病的に妹のことが好き」です。

    どれくらい病的かというと、「麻央ちゃんのためなら命も差し出せる」くらい》と綴っている。その妹が、今、がんと必死で闘っている。

    「命に代えても守りたい妹なのに、それができない。その悔しさもあって彼女は自己否定に陥り、外出がままならないほど自分を精神的に追い込んでいるようです」(前出・テレビ局関係者)

    麻耶の病状について、『ヒガノクリニック』の日向野春総医院長はこう話す。

    「パニック障害だと思われますが、それは家族や仕事の人間関係がもとで、発症するケースも多いのです。そうなると人と関わることで悪化しますから、現時点では外出が難しいでしょう。彼女の場合、妹さんのことで相当な精神的ダメージがあるのでは」

    愛する妹・麻央を「命がけ」で守るためには自身の回復が必要だ。麻耶もいま、妹のために闘っている――。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160719-00010000-jisin-ent
    【小林麻耶が誕生日も実家に引きこもり!市川海老蔵の子供に祝ってもらう「病的に妹のことが好き。小林麻央のためなら命も差し出せる」】の続きを読む

    31

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/14(木) 06:08:03.62 ID:CAP_USER9

    「海老蔵さん(38)が、この8月から9月にかけて松竹から長期休暇をとることが了承されたそうです。彼の歌舞伎公演の合間には稽古やドラマの収録などがあり、通常だと1年のうち休みが取れるのは数日しかありません。異例中の異例のことです」(歌舞伎関係者)

    7月初旬、午後3時過ぎに『七月大歌舞伎』が行われている歌舞伎座の周りをジョギングする市川海老蔵(38)の姿があった。妻・麻央(33)に進行性の乳がんが見つかったのは、14年10月。闘病中の麻央を海老蔵が献身的に支えてきた。

    「昨年11月ごろから、海老蔵さんは『長めのお休みをいただき、家族旅行するのが私の望み』とごく一部の松竹幹部に麻央さんの病状を打ち明け、スケジュール調整を頼んでいました。それがやっと叶い、38日間の休みが取れることになったのです」(別の歌舞伎関係者)

    多忙な合間を縫って、家族4人ですごせる時間を作った海老蔵。それは闘病を続ける麻央にとって、夫からの最大のプレゼントになる――。

    海老蔵は3日に勧玄くんと『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演していたが、ここでも麻央に対する深い愛情がうかがい知れるようなやり取りを披露していた。

    「番組が収録されたのは、海老蔵さんが麻央さんのがん闘病を告白した会見の翌日6月10日でした。この日、麻央さんは病院から一時帰宅していましたが、スタジオには同行できませんでした。

    6月13日に再入院して治療することが決まっていたのです。そこで海老蔵さんは、麻央さんが『行きたい!』という自宅近くの焼き肉店や、フカヒレで有名な中華料理店に連れて行ってあげて、2人だけの時間を大切にしたようです」(歌舞伎関係者)

    再入院したという麻央は旅行に行けるほど回復したのか。海老蔵の後援者がこう話す。

    「麻央さんは、フランス南部にある温泉地に行きたがっていたようです。ただ、長時間のフライトや医療施設の問題で、国内の旅行に変更されました」

    これまでも海老蔵夫婦は、がんを克服するために懸命の治療を続けてきた。麻央の抗がん剤治療について、東京・複十字病院の乳腺センター長の武田泰隆医師がこう語った。

    「麻央さんは手術をまだ受けていないそうですが、一般的に、その場合は術前抗がん剤治療を半年間行って、1カ月ぐらいかけて効果をチェックします。

    そうして次のステップとして、手術するか再度の抗がん剤治療にするかが決められるのです。つらい治療を再び始める前の体もひと息ついている時期に『旅行に行きたい!』という方も多いです」

    今回、麻央との家族旅行は、8月半ばから9月半ばの間で考えられているという。

    「最終的には家族が大好きな伊豆の温泉旅館に決めたそうです。亡父の團十郎さんや先代の祖父も利用した“隠れ家”のような旅館。なんといっても2人の新婚旅行が温泉でしたからね。

    歌舞伎の『勧進帳』の舞台・安宅の関に近い石川県の温泉旅館で、夫婦にとって忘れがたい思い出となったはずです。海老蔵さんが今回、麻央さんのための旅を温泉にしたのも新婚当時の気持ちを蘇らせてあげたかったからかもしれせんね」(前出・後援者)


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160714-00010004-jisin-ent
    【市川海老蔵が異例の長期休暇を取得!妻・小林麻央「旅行に行きたい!」家族4人で思い出の温泉旅行へ「余命宣告受けてるだろ」「麻耶も同行」】の続きを読む

    このページのトップヘ