芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:岡田圭右

    67
    q1
    q2

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/17(日) 23:25:50.25 ID:CAP_USER9

    お笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右の長女でタレントの岡田結実が、17日放送の日本テレビ系「チカラウタ」(毎週日曜17:00)にゲスト出演。

    ジュニアモデルを経て2010年、NHK教育「天才てれびくん」のてれび戦士として本格的に芸能活動をスタートさせた岡田だが、その頃から周りに「『天てれに入ったのはお父さんの力でしょ?』、オーディションに受かっても『お父さんの力じゃないの?』って」と言われていたことを、涙ながらに語った。

    ◆父・岡田圭右が「見たことないくらい号泣」

    何を言われても気にしないようにしていたものの、「学校の友達に物を隠されたり…」といじめに遭っていたことも告白。

    「お父さんのことは嫌いじゃなかったんですけど、嫌いになっちゃって」「言わないようにしていたけど、『お父さんのことでまたバカにされた』『お父さんを変えて欲しい』って言ったりした」と父を嫌いになるばかりか、母とも喧嘩になってしまったという。

    そんな時に岡田の力になった楽曲は、植村花菜のヒット曲「トイレの神様」。

    歌詞を自身の母に重ね合わせて聴いていた岡田は「もともとお母さんの体が弱くて、倒れちゃったんですよ。お父さんも今まで見たことないくらい号泣してて、本当に終わっちゃうのかなって思ったら…。

    お母さんがいないと生きていけない」「お母さんのこと大切にしなきゃなって思えた。自分が成長できた歌」と明かした。

    ◆「生まれ変わってもお父さんとお母さんの娘でいたい」

    また、大人になるにつれて考えも変わり「今はすごく尊敬してますね。大嫌いだったけど大好きだし、生まれ変わってもお父さんとお母さんの娘でいたい」と語った岡田。

    自身もタレントの関根麻里を娘に持つ関根勤は、感激した様子で「岡田くん喜んでるだろうなぁ。結実ちゃんが苦しんでるのを岡田くんは知ってても、テレビの前で明るく振る舞ってたわけですよ、プロとして。それは尊敬に値するね」とコメント。

    MCの小山慶一郎も「次から『わお!』が見られない…。『閉店ガラガラ』の後はめっちゃ疲れてるのかな」と想像を膨らませ、スタジオに笑いを誘った。


    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/mdpr-1598995/
    【ますだおかだ岡田圭右の娘・岡田結実が過去のいじめ告白で号泣「お父さんを変えて欲しいって言って母とも喧嘩に。学校の友達に物を隠されたり…」】の続きを読む

    33

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/10(金) 21:59:32.92 ID:CAP_USER9.net

    6月7日放送の『ニッポンのぞき見太郎』(フジテレビ系)に和田アキ子(66)が出演。過去に30年以上通ったという行きつけの飲食店で見舞われたトラブルに対して、怒りをあらわにしたエピソードを明かした。

    和田は、ある日、ますだおかだの岡田圭右(47)と平成ノブシコブシの吉村崇(35)を連れて食事に行くことになった。

    それなら30年間通っている馴染みのおでん屋にしようと、あらかじめ電話をしてからその店へと向かったのだが、いつもならおでんが50種類ほど準備されているはずが、その日はたった5種類しかお店に置かれていなかったという。

    ブチ切れてしまった和田は、その出来事以降は一切店には行かず、店のそばも通らないという。

    その当時を振り返って、たまたま品数が少ないという事情があるなら、あらかじめ電話をした時にその旨を説明してほしかった、と語っていた。

    このエピソードを明かした直後、和田は「この番組、最後の方にはウチめっちゃ嫌われているんじゃないの?」と不安がったが、それに対して、岡田が「すいません、イメージ通りですから」とツッコんでいた。

    「礼儀に口うるさい、和田アキ子らしいエピソードですね。事務所のパーティ会場で某アイドルが挨拶をせずに携帯をいじっていたため、2つにへし折ったなど、芸能人相手でも容赦しない『御意見番』として知られています」(芸能誌記者)

    66歳になっても、その勢いは今なお健在!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1143625/
    【和田アキ子が不安…「ウチめっちゃ嫌われているんじゃないの?」ますだおかだ岡田圭右「イメージ通りです!」】の続きを読む

    このページのトップヘ