芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:差別

    37
    1: 名無しさん 2017/10/20(金) 19:18:27.80 _USER9
    モデルで女優の水原希子(27)が、「自分らしく、正直に生きるってこんなに大変なんだ」と辛い胸中を吐露した。

    水原は20日、ツイッターを更新。
    「朝から涙が出る。今日は何だか弱いな私」と書き出し、「自分らしく、正直に生きるってこんなに大変なんだ。でも嘘は嫌だよ」と意味深長につづった。

    何があったのか詳細は明かしていないが、ネット上で批判を浴びることも少なくない水原。先日は人種差別的な誹謗(ひぼう)中傷に対し、ツイッターで「1日も早く、この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい。そして、世界中の人がどこにいても自分らしく生きていける世の中になるように、まずは私が私らしくこれからも強い心を持って、生きていこうと想います」とつづっていた。

    今回もそうした中傷を受けたのか、「HateよりLoveの方が気持ちが良い。そんなに嫌いにならないで」と呼びかけ、「私も皆と一緒。この世界に生きる1人の人間」と訴えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00032541-nksports-ent 
    【【モデル】水原希子「そんなに嫌いにならないで」涙で胸中訴え】の続きを読む

    yu
    1: 名無しさん 2017/09/16(土) 12:10:13.89 _USER9
    ネット上で差別的な誹謗中傷を受けているモデルで女優の水原希子(26)が、「この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい」との願いをつづった。

    水原はアメリカ人の父と韓国人の母を両親にもつアメリカ生まれのハーフ。
    これまでもネット上では人種差別的な表現を含む書き込みが物議をことがたびたびあったが、水原がCM出演しているサントリービール「ザ・プレミアム・モルツ」の公式アカウントが7日に投稿したキャンペーン告知ツイートに対し、水原を起用していることへの批判などが多数書き込まれる事態となっていた。

    水原は15日、ツイッターを更新。
    「今この世の中では色んな争いが起きてますが、どこの国で生まれても、どこの国で育っても、どこの国に住んでいても、みんな地球人である事には変わりありません。でも、この世の中で私の事を理解してくれている人がこんなにもたくさんいるという事に気づく事ができました。

    一日も早く、この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい。そして、世界中の人がどこにいても自分らしく生きていける世の中になるように、まずは私が私らしくこれからも強い心を持って、生きていこうと想います。全ての争いがなくなる事を心から祈っています。LOVE & PEACE」とつづった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00004193-nksports-ent 
    【【韓国人ハーフ】嫌われ女優の水原希子、差別に屈せず「みんな地球人」「私が私らしくこれからも」】の続きを読む

    1z
    5w

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/04(土) 11:20:53.46 ID:CAP_USER9.net

    6月1日放送の『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックス(43)、有吉弘行(42)が、青山愛アナウンサー(27)に敵意をむき出しにするシーンが見られた。

    この日、紹介された視聴者からのお怒りメールは『自分のイヤホンを勝手に使う上司が嫌だ』というもの。

    これにマツコは同意しながらも、そもそも「自分の耳汁みたいなものがついてる物を、人に使わせるのも嫌じゃない? 私、携帯を渡すのもめちゃめちゃ拭いてから渡すもん」と発言。

    有吉も「ご飯とかでも、自分のを渡すのもなんか申し訳ないなと。『俺みたいなもんの残りを食べるなんて信じられないでしょ?』って思っちゃうから」と、同じように相手のことを考えるとシェアができないと発言した。

    これに反論したのが青山アナだ。「私は貸し借りは全然平気なので」という青山アナに、有吉は「俺らのイヤホンは嫌でしょ?」と念を押したところ、

    なんと青山アナは「有吉さんはよくて、マツコさんはちょっと戸惑いますけど」と、素直な気持ちを明かしてしまった。さらにその理由について「ついてる耳汁が少し多そう」と説明。

    そして「ただ、ウエットティッシュさえあれば全然拭いて使えます」とフォローにならないフォローをしたところ、さすがにマツコもブチ切れ、「大丈夫。お前みたいなのが一緒の職場だったら、ぜってーいじめるから!」と反撃していた。

    「天然お嬢様な青山アナの発言にマツコと有吉がツッコミを入れる、というスタイルが定着してきましたね。最初はぎこちなくて思い切りが悪かった青山アナも、だんだんこなれてきたようです。

    前任の夏目三久アナとのコンビもよかったんですが、青山アナの天然ぶりは予想以上。これは化けるかもしれませんね」(女子アナウォッチャー)今後の発言に期待!


    http://dailynewsonline.jp/article/1140258/

    【マツコ・デラックスが青山愛アナの差別発言にブチ切れ!「一緒の職場だったら、ぜってーいじめる!」】の続きを読む

    e3


    1 :影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2016/04/13(水) 20:25:30.61 ID:CAP_USER*.net

    福岡を拠点に活動するアイドルグループ・HKT48の新曲「アインシュタインよりディアナ・アグロン」の歌詞に対し、一部のネットユーザーから「女性差別的ではないか」との批判が相次いでいる。

    女性は勉強しても意味がない、重要なのは「可愛さ」だけ――。こんな内容の歌詞に「不快感」を覚えた女性は多かったようで、ネット上には「女性に対する侮辱の塊」「何回見ても気持ち悪い歌詞」との声が上がっている。

    歌詞の内容がネットで物議を広げている「アインシュタインより...」は、2016年4月13日に発売されたHKT48の7thシングル「74億分の1の君へ(TYPE-C)」に収録されたカップリング曲。作詞を担当しているのは、AKBグループの総合プロデューサーでもある秋元康氏だ。

    14~17歳のメンバー4人がマイクを握る同曲では、女子学生の「赤裸々な心情」が歌われている。曲中には「どんなに勉強できても愛されなきゃ意味がない」「何も知らなくてもメイク上手ならいい」といったフレーズが登場。女性にとって重要なのは「内面よりも可愛さ」だと訴えるような歌詞になっている。

    こうした内容の歌詞に「不快感」を覚えた女性は多かったようだ。シングル発売前の16年4月4日に同曲のミュージックビデオがYoutubeで公開されると、ネット上には「歌詞の内容が女性差別的ではないか」との指摘が殺到。

    ツイッターやネット掲示板などには、「この歌詞はもう女性蔑視甚だしい」「何回見ても気持ち悪い歌詞」「今必死こいて頑張って勉強してる子にとって侮辱的な発言」といった声が数多く寄せられ、「炎上状態」となっている。

    http://www.j-cast.com/2016/04/13264026.html


    【HKT48新曲歌詞が「女性蔑視」と大炎上「女性は勉強しても意味がない、重要なのは可愛さだけ」】の続きを読む

    このページのトップヘ