芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:復帰

    ref
    1 : 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止2016/11/27(日) 13:52:24.29 ID:CAP_USER9
    今年3月に『週刊新潮』で不倫を報じられた作家の乙武洋匡氏(40)が、27日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)に出演し、9カ月ぶりにテレビ復帰を果たした。

    過去に5人の女性との関係があったことを認めた乙武氏は、公式サイトで妻と共に謝罪文を掲載。今年9月には離婚が成立していた。同番組にはコメンテーターとしてたびたび出演していたが、この日はダウンタウン・松本人志(53)、司会の東野幸治(49)らが自宅を訪問。騒動後の生活や心境を語った。

    最近は大学生との勉強会に備えて日本史の勉強をしたり、大学院の論文を書いたりと自宅にこもる毎日。「ある意味、謹慎生活。ずっとこもって」と自嘲しながら、「いろいろなことを考えさせられます。そんな中でいろいろな人のありがたさみたいなものをあらためて実感しています」と自らの過ちを重く受けとめている。

    また、「私がしでかしたこと自体は、妻はずっと前から知っていたこと」「それ自体が2人の間で揉め事になることはなかった。世間様はいろいろ思うところはあるかもしれませんが」と不倫が黙認されていたことを告白。想像を超える騒動に発展したことから妻への大きな負担となり、子どもを守るためにも離婚を決意した。

    3人の子どもとは約7カ月会っていない状態で、「一生会わさないと言われてるわけではないんですけど、まだちょっと……」。

    その理由の1つが、マスコミの張り込みがいまだに続いていること。最近も美容院に行った際に車で尾行された。長男には、「世間の人から怒られちゃった。お母さん以外の女の人と仲良くしていた」などと正直に事情を説明したという。

    「自分が障害者であることで、下駄をはかせていただいていた部分があると思う」と振り返る乙武氏。

    「叩かれてプラマイゼロどころかマイナスからもう一回スタートしてどこまでやれるのかというのが私自身の真価が問われているところ」と現状を受けとめ、「本格的に復帰させていただく際は、"ゲスの極み乙武"としてがんばっていきたい」と最後は笑いを交えつつ意気込みを語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12338612/
    【不倫離婚の乙武洋匡がテレビ復帰で真相語る「自宅に引きこもる毎日。子供を守るためにも離婚を決意した」】の続きを読む

    r1
    02

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/18(月) 00:41:50.43 ID:CAP_USER9

    今年5月に第2子を出産したフリーアナウンサー・高島彩(37)が、8日に行われた『ニッポンのぞき見太郎』(フジテレビ系)の収録にて仕事復帰した。

    収録後には会見を行い、「1人目の時は(復帰まで)8カ月くらいだったけど、今回は、産んだ3日後くらいに『仕事できそう、したいな』という気持ちがあった。あと2人目だったので(出産が)早かったのと、体も楽だったので、そういう意味では気持ちよくこの場に復帰している」と笑顔で心境を語った。

    そんな高島に、同番組にて共演した徳井義実と生瀬勝久は「何事もなかったかのように帰ってきたので、高島彩は強いなと感じました」、「余計に綺麗になりましたよね。働く女性はこうあるべきだというみんなの憧れに、またなるんじゃないでしょうかね」と感心していた。

    しかし、産後1カ月という“スピード復帰”を果たしたことで、案の定ネットでは「さすがに早すぎない?」とお叱りの声が。

    多く飛び出したのは、「お金に困ってるのかな?」「何でそんなにテレビ出たがるの?」「何だかんだ自己顕示欲強そうだ。お金あるからゆっくりできるはずなのに、出てくるのは テレビ出てちやほやされたいか忘れられたくないんだろう」

    「芸能人ってすぐ復帰するけどいつも疑問。お金に困ってるわけではなさそうだし、小さいうちは側にいたいとか思わないのかな。一般家庭は、側にいたくてもお金がなくて渋々働くというのに……」という恒例の「産後すぐなのに、なぜ働くのか」論。

    もちろん産後はゆっくり体を休める必要があるが、体力や回復度は個人差がある。だがそこにあるのは、高島の体への心配ではなく、子供が小さい頃は「側にいたい」と思うことが当たり前で、仕事復帰するのは「お金がない家庭のみ」という概念のようだ。

    同時に、「赤ちゃん、誰がみてるのかな?」「ベビーシッターや誰かに育児を丸投げしてるんでしょ?」「ちゃんと毎日育児に向き合って二人育ててる人は、出産後なんか特に精一杯だと思うけど」

    「子供が小さいうちは子育てより仕事のほうが楽だもんね。仕事したい気持ちはわかる。でも普通の人は子育てする。子供が大事だから」といった、高島の行動を育児放棄だと断罪する意見も目立った。

    2 : 砂漠のマスカレード 2016/07/18(月) 00:41:57.29 ID:CAP_USER9

    高島はフリーランスであり、業界トップのアナウンス力を誇る実力者であるため、いわゆるマミートラックに乗せられる心配はないだろう。

    「カトパンがフリーになったばかりだから焦ったんかね」「フリーアナがどんどん出てきて自分の枠がなくなるのが怖いんじゃない?」「女子アナは椅子取り競争だからね」と予想する声も多いのだが、そうやすやすと後輩に椅子を明け渡すほど、彼女の築いた地盤は脆弱なではあるまい。

    だからこそ復帰を焦る必要などないのになぜ、と不思議になる気持ちもわからなくはない。しかし産後すぐに「仕事がしたい」と思うことは、そんなに悪い、または卑しいことなのだろうか。

    子供と一緒にいることが何よりの幸せという価値観を持つ人もいるだろうし、子供と一緒にいる時間と同じように仕事をする時間も必要だという人もいるだろう。そこもやはり、それぞれ違うのだ。

    その上高島は、会社員からフリーに転向したことで、仕事量を自分である程度は調節することができる立場だ。毎日フルタイムで働くわけではなく、当然「子供の側にいる時間」が十分に持てるよう調整しているだろう。

    仕事をしながら育児をする環境を、事前に自身の力で整えた上で出産している高島は、働く女性にとってかなり羨ましい状況だ。それは彼女自身の努力の結果でもあるし、環境に恵まれているからでもある。

    前述したように、生瀬や徳井に「何事もなかったかのように帰ってきた」かのように見せ、強さを称賛される高島は確かにすごいのだが、しかしこれが産後女性のスタンダードでは全くない。

    多くは十分な休息やサポートが得られなかったり不安な気持ちを抱えたりするものである。だからこそ、「持てる者」たる高島が「ずるい」ように見えてしまうのかもしれない。

    しかし、一昔前までは、今よりももっと産後女性の職場復帰への風当たりは強かった。「子供がかわいそう」という声は今なお残るが、現在の比ではなかっただろう。それほど女性の育児専念が常識化していた。

    だが少しずつ風向きは変わってきたのだ。高島をはじめとする知名度の高い女性たちが、出産で仕事をセーブせずに「何事もなかったように」活躍することも、それを後押しする一つの材料だろう。的外れな非難で水を差すことこそが非常識だ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1164803/
    【高島彩の産後1カ月で仕事復帰に女性たちが批判「早すぎ。普通の人は子育てする」「ベビーシッターに丸投げでしょ」「女の敵は女。男女平等とか言いながら」】の続きを読む

    z4

    1 : 三毛猫 2016/07/16(土) 08:19:15.15 ID:CAP_USER9
     
    昨年1月に芸能活動を再開したお笑いコンビ、極楽とんぼの山本圭壱(48)が、30日放送のフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」の特番で10年ぶりに地上波復帰することが15日、分かった。

    関係者によると、収録での出演となるもよう。司会のナインティナインや相方の加藤浩次(47)と絡むとみられる。

    “めちゃイケ”といえば、山本は極楽とんぼとして1996年の番組開始から2006年に淫行事件で所属事務所を解雇されるまでレギュラー出演。

    ネタの途中に加藤と本気のケンカを始めてしまう「ケンカコント」で人気を得た。ブレークのきっかけとなっただけに、同番組で地上波復帰したい思いが強かったよう。当日は、“ケンカコント”も復活しそうだ。

    山本は不祥事後、謹慎。芸能活動を休止し、引退状態となり、寺で修行したり、飲食店などに勤務していた。昨年1月に単独ライブで活動を再開し、同7月には加藤のライブに飛び入りで登壇。

    加藤は「いつか一緒にコントができると思っている」、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(42)も「かわいがってもらった後輩として背中を押したい」と語るなど芸人仲間からは復帰を望む声が上がっていた。

    だが、世間の目は厳しく、表立った活動はできていなかったが、4月16日放送の“めちゃイケ20周年記念SP”で過去の映像として山本が出演。番組内容も過去の出演者に“めちゃイケ”パーティーの招待状を渡すという内容で話題になった。

    5月24日にはツイッターを開始。ネット上では本格復帰が近いのではと注目されていた。今回の出演は極楽とんぼ再始動への足がかりにもなりそうだ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160716-00000502-sanspo-ent
    【極楽とんぼの山本圭壱が「めちゃイケ」復帰!「視聴率20%超え」「フジテレビも打ち切り前に必死だな」「出演しても直ぐに番組終了」】の続きを読む

    21

    1 : Egg 2016/07/12(火) 23:57:41.40 ID:CAP_USER9
     
    タレントのベッキーが、「2016年上半期タレント番組出演本数」で総合・女性部門の両部門でランキング外となり、初のランク外となった。12日、メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社がランキングを発表した。

    2010年から発表された同ランキング。「女性タレント部門」だけを確認すると、2011年は362本に出演し2位、2012年は375本で4位、2013年は335本で6位、2014年は291本で7位、2015年は282本で9位だった。

    さらに上半期だけに絞ってみると、2011年の上半期は191本で5位、2012年の上半期は191本で5位、2013年上半期は189本で6位、2014年上半期は166本で8位、2015年上半期は158本で8位。

    2010年は上半期の区別はなく、年間416本で2位だった。このようなデータからも分かるように、上半期・年間問わず必ずランクインしており、ベッキーの凄さがハッキリと理解できる。

    ベッキーといえば、今年1月に「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫スキャンダルが「週刊文春」(文藝春秋)で報じられ、一大騒動に発展。不倫の影響で、レギュラー番組への出演を自粛。芸能活動も休止した。

    様々な情報が飛び交う中、ベッキーは5月13日放送ののTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で約3か月ぶりにテレビ復帰。一連の騒動に対して語り、涙ながらに謝罪した。

    そして、7月5日放送のBSスカパー「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」にも出演したが、今現在テレビへの本格復帰は未定となっている。

    テレビを主戦場として活躍していたベッキーなだけに、不倫の代償は大きかったようだ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00000013-reallive-ent
    【不倫の代償!ベッキー初のランク外「タレント番組出演本数」ネット「不倫より嘘会見」「主婦を敵に回した以上テレビで居場所はない」】の続きを読む

    a60
    10
    7c
    7d

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/07/10(日) 00:03:31.77 ID:CAP_USER9.net

    フリーアナウンサーの古舘伊知郎氏(61)が9日放送のフジテレビ「人志松本のすべらない話」(9日後9・00)に初参戦。MVS(Most Valuable すべらない話)を獲得した。

    3月31日に12年間務めたテレビ朝日「報道ステーション」のキャスターを卒業した稀代の“しゃべり手”が歴戦のお笑い芸人たちとの“異種格闘技戦”でも結果を出した。

    第30回を迎えた話芸の祭典。芸人以外のゲストは第27回(昨年1月)のSMAP・稲垣吾郎(42)と香取慎吾(39)、第29回(今年1月)のSMAP・中居正広(43)以来4人目で、キャスター経験者は初。古舘氏のフジテレビ出演は2000年12月の「第4学区スポーツ」以来、約16年ぶりとなった。

    古舘氏は6月1日、東京都内でトークライブを開催して復帰。同10日のTBS「ぴったんこカン・カンスペシャル」は16・6%、同12日の日本テレビ「おしゃれイズム」は13・8%と高視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。

    プロレスやF1実況、1988年から2003年までマイク1本で行ったトークライブ「トーキングブルース」(14年、一夜限りで11年ぶりに復活)で鳴らした話術は、衰え知らずで絶賛された。

    この夜は6回もサイコロが当たり「初めてのマラソン実況」「松岡修造」「プロレスの打ち上げ」「デート」「学校のトイレにて…」「中継先 女性記者」(MVS)の話を次々に披露。圧巻の名調子&マシンガントークで、笑いをかっさらった。

    トロフィーを渡したダウンタウンの松本人志(52)も「素晴らしかったですね」と絶賛。「古舘さん、まだ(話が)何個かあったらしいですよ」と明かすと、出演者からは「凄い」とため息が漏れた。

    インターネット上には「凄いの一言に尽きます。話術が圧倒的」「描写の鮮やかさと数字や固有名詞の正確さ。ええもん見せてもらいました」「古舘さんのお話は笑えると同時に、感心できるから素晴らしいです」などと絶賛の声が相次いだ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00000173-spnannex-ent
    【「すべらない話」古舘伊知郎が独壇場!サイコロ出まくりで圧巻の話術「放送人でトップ。超一流レベルが違う」「吉本芸人の能力の無さ」】の続きを読む

    53

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/07/09(土) 13:42:49.48 ID:CAP_USER9.net
     
    歌手の和田アキ子(66)が9日、ニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)に生出演し、不倫騒動による休業から復帰したタレントのベッキー(32)に理解を示した。

    今月5日にBSスカパー!の音楽番組「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」(火曜後9・00)が放送され、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(えのん、27)との不倫騒動後初のレギュラー復帰を果たしたベッキー。

    インターネット上では未だ復帰について賛否両論の声があるが、和田は「リスタートするのに、まだダメだっていう理由は今度は何なんだろう」と反対の声に疑問を示した。

    番組アシスタントのニッポン放送・垣花正アナウンサー(44)が「生理的なものですよね」と答えると、和田は「ベッキーを擁護するわけではない」と前置きしつつ、「ネットでは(反対しているのは)ごく少数の人なんでしょ?」と復帰反対はあくまで“少数派”と分析。

    「最初の謝罪の時は人の気持ちを逆なでするとか、“なめてんのか、コラ”というところもあった」と不倫報道直後のベッキーの対応に問題があったとしながらも、「もういいんじゃないの?見たくない人は見なきゃいいんだから」と“社会的制裁は十分に受けている”と言いたげだった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00000114-spnannex-ent
    【和田アキ子「ベッキーの復帰をネットで反対しているのは、ごく少数の人。不倫の社会的制裁は十分に受けている」】の続きを読む

    このページのトップヘ