芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:料理

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    09

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/04(月) 03:31:37.36 ID:CAP_USER9.net

    先月25日に公開された「嫌な女」で映画監督デビューを果たした女優・黒木瞳が、ホテル業界から「嫌な女」として総スカン状態という。

    新作映画の中で、メディア露出が圧倒的に目立ったのが黒木の初監督作品「嫌な女」だ。 

    「監督の黒木自らテレビや雑誌、新聞をはじめ多くのメディアに露出し、宣伝しまくったものの、6公開初日と翌日の映画興行収入ランキングではトップ10入りもならず、公開が50スクリーン程度だったことを考慮しても、PRの力の入れようを考えれば、苦戦と言わざるを得ないですね」と映画関係者は語る。

    そんな黒木は自身の作品タイトルごとく、ホテル業界からは以前から“嫌な女”として知られているという。

    「評判は最悪ですね。例えば、黒木さんは都内の高級ホテルに泊まった時の話ですが、コース料理しかないにもかかわらず『私はアラカルトが食べたいの!』、『これとこれだけを持ってきて!』とわがまま放題で、そのホテルでは“要注意人物”としてリストアップされています。

    その時も店員から『すいません、コース料理しかないので…』と何度説明されても一向に折れず、しまいには『料理長を呼んで!』と強引にアラカルトで頼んでいました」(ホテル業界関係者)

    黒木といえば、プライベートな問題でも業界内から信用を落としてしまったことがあるという。

    「黒木さんは宝塚歌劇団を退団後、前所属事務所の女社長と二人三脚で女優としての道を歩んできたのですが11年にその女社長が亡くなると、跡を継いで事務所を立て直すのかと思いきや、あっさりと個人事務所を設立して出て行ってしまったんです。

    この世界はタレントの独立には厳しい見方をされますが、黒木さんに関しても、『義理も人情もないのか』と悪評が立ちました」(芸能プロダクションマネジャー)

    人気女優たるもの、多少の気位の高さやシビアさは必要なのかもしれないが、プライベートでもまさに“嫌な女”の本領発揮といったところか!?


    http://dailynewsonline.jp/article/1156398/
    【黒木瞳はプライベートでも「嫌な女」ホテル業界から総スカン状態「わがまま放題で評判は最悪の要注意人物です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3q

    1 :忍次郎 ★@\(^o^)/:2016/07/03(日) 12:54:12.71 ID:CAP_USER9.net
     
    6月21日発売の『女性自身』で、女優の堀北真希(27)が産婦人科に極秘通院しているところをキャッチされ、“ついにオメデタか”と報じられた。
     
    「記事によると、好きなペットを飼うことをやめ、今年の3月から子作りに向けて妊活していたようです。6月上旬に都内の総合病院に向かう彼女が写真に撮られています」(芸能記者)

    堀北は昨年8月に俳優・山本耕史(39)と電撃結婚。“交際0日”だったことで話題となった。山本は自身の公式ブログでフアンに向け、妻の堀北が第1子を妊娠したことを報告した。
     
    「当初は、“2人はうまくいくはずがない”との声が圧倒的に多かった。同居直後は、ケンカばかりしていたといいます。山本は幕末の『新撰組』の大ファンで、自宅に大量の関連グッズを所有していることで有名だったんですが、潔癖症の堀北が、ガマンできず、“なんとかして!”とブチ切れたのです」(ワイドショー芸能デスク)

    しかし、その後は夫婦仲は良好だという。「自宅近くのスーパーで、手をつないで買い物をしているところをよく目撃されました」(写真誌関係者)

    >>2 以降に続きます )

    2 :
    忍次郎 ★@\(^o^)/:2016/07/03(日) 12:54:41.09 ID:CAP_USER9.net

    また、堀北は、声の大きい男はダメだという。

    「内容のいかんにかかわらず、攻撃されているように感じてしまってショボンとしてしまうんです。その点、山本はめったに大きな声を上げることはないし、料理も上手な優しい男。堀北が少しずつ心を開いていったのは言うまでもありません」(芸能関係者)
     
    となれば、当然“子作り”というのもうなずける。

    今年3月まで放送していた連ドラ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(日本テレビ系)以降、主演の仕事は一切、入れていなかったのも、計画通りだったということか。

    「もちろん“妊活”を考えてのことです。昨年末にはファンクラブも解散していますから、子供ができたら彼女が憧がれている(山口)百恵さんのように引退するかもしれませんね」(テレビ局関係者)

    以前のインタビューで「子供は4人欲しい」と語る堀北だが、今回の妊娠報道の陰で、実は、こんなシーンも目撃されたという。
     
    「このところ、料理に目覚めた堀北。スーパーで肉や野菜を一つ一つ吟味したあと、栄養ドリンクを大量購入したというのです。妊娠を望んでいたのは間違いないですね」(芸能レポーター)


    http://wjn.jp/article/detail/0007442/
    【妊娠の堀北真希がスーパーで栄養ドリンクを大量購入!「旦那は糖尿病決定」「ペットかわいそう」「山本耕史は真田丸でいい演技してる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    z5
    z3
    z6

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/28(火) 22:22:42.54 ID:CAP_USER9.net

    28日、日本テレビ「踊る! さんま御殿!!」に出演したピン芸人の狩野英孝が、人間不信に陥っていることを明かした。番組では「ガサツVS神経質 大激突SP」が放送され、狩野は「ガサツ芸能人」側として出演した。

    狩野といえば、今年の2月上旬にシンガーソングライターの川本真琴とモデル・加藤紗里との二股三角関係騒動が報じられ、騒動に発展。

    狩野自身はテレビ朝日「ロンドンハーツ」に出演し、二股疑惑を否定。交際していることは認めたが(当時)、現在は破局。

    一方の加藤は三角関係騒動を機に各メディアに出演。しかし、ネット上からは「売名行為」などと猛烈に批判が集中。現在、騒動は沈静化し、加藤もテレビに出演する機会はほぼゼロとなった。

    トークでは飲食店での話題となり、司会を務める明石家さんまから飲食店へのこだわりについて振られると、狩野は「料理女性好きじゃないですか、味を第一に選びますよ。あとはお店の人が信用できるところなのかとか…」とぶっちゃけた。

    さんまからは「お前ダダ漏れやからな…」と指摘されると、狩野も「さんまさん、僕本当に人を信じられないんです」と本音を吐露。さんまは「芸能人は、ほとんど人間不信とかになってるやろ」とフォローした。

    http://dailynewsonline.jp/article/1153402/
    【狩野英孝「僕は人間不信。本当に人を信じられない」女性「お前が言うな!」「浮気男」「自業自得」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/27(月) 10:37:05.71 ID:CAP_USER9.net

    やはり、世間も剛力彩芽の迷走ぶりには気づいているようだ。「gooランキング」が発表した「黒歴史!? 歌唱力がアレすぎた女性芸能人ランキング」の1位に、みごと(!?)剛力彩芽が輝いた。

    剛力は、13年6月にシングル「友達より大事な人」で歌手デビュー。同楽曲のサビ部分のプロペラダンスが話題になり、ユーチューブで日本国内動画の年間再生回数も5位にランクインするなど大ヒットを記録した。

    逆にメインキャストとして出演したドラマ作品はことごとく低視聴率を連発。

    そのため、剛力は俳優業からエスケイプするように15年9月の4thシングル「相合傘」のリリースのタイミングで、当分の間、アーティスト活動に専念することを宣言するが、気がつけばそれもなかったことに‥‥。

    とにかく迷走という言葉がピッタリで、今年はなぜか女優業が多く、世間も剛力の“本職”が何かわからなくなっている。

    「CDリリースも歌手活動専念を発表した時にリリースした4thシングルでストップ。結局、プロペラダンスの一発屋のような存在です。しかもアーティスト活動に専念と言いながら、あっさり女優業に復帰したことで、世間からも『何がしたいのか?』と見放されてしまっていますね」(エンタメ誌ライター)

    ネット上でも「さすがゴリ押しなだけに、地道さゼロ。逃げ足が速すぎる!」「次はミュージカルとか言いそう」「行く末は通販タレント」など、もはや崖っぷちタレントの扱い。

    6月23日に最終回を迎えたドラマ「ドクターカー」(日本テレビ系)も、7月スタートのドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(テレビ朝日系)でも主演を務める剛力だが、いずれも深夜ドラマ。再び“陽の当たる”時間帯に出てくる日は来るのだろうか?


    http://dailynewsonline.jp/article/1152380/
    【剛力彩芽の女優業と歌手活動が崖っぷち!「黒歴史認定」「才能も実力も歌唱力も美貌もない」「ゴリ押しブスでかわいくない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    33
    3

    1 :パニックスイッチφ ★@\(^o^)/:2016/06/26(日) 13:26:42.23 ID:CAP_USER9.net

    タレントの浜口順子(31)が26日、所属事務所を通じてマスコミ各社にFAXを送付し、一般男性(33)と結婚したことを発表した。

    9年半の交際を実らせてのゴールインで、31歳の誕生日だった24日、2人で都内の区役所に婚姻届を提出した。既に同居し、式・披露宴は未定。浜口は妊娠はしておらず、今後も仕事を続けていく。

    所属事務所によると、06年に知り合い、浜口の仕事やプライベートの相談に男性がのってくれたことをきっかけに07年に交際がスタート。男性は知的で寡黙、趣味は読書と、「浜口とは正反対のタイプ」だという。

    浜口はこの日、自身のブログを更新してゴールインを報告。今年3月のハワイ旅行で撮影した、ウエディングドレス姿で手をつなぐ画像を掲載。

    「わたくしごとで大変恐縮ですが…と言いたいところですが、わたくしごとの中でもかなり大きな出来事ですので いつも応援してくださる皆さま、いつもお世話になっている皆さま。結婚というわたくしごとをどうか温かく見守っていただけると幸いです!」と関係者やファンに呼び掛けている。

    「料理も家事もまだまだできないポンコツ嫁はんですがこれからコツコツ勉強して、経験を重ねてええ嫁はんになれるように頑張ります!」と新生活への決意を明かした浜口。

    大阪出身で大の虎党らしく、「私にとって結婚は今までの自分の中で、そしてこれから先の人生にとっても“超変革”です。結婚したことで生まれる自覚、人として、女性として成長できるきっかけになるはずだと信じております。

    学ぶこともたくさんあると思います。そんな超変革をお仕事にも反映していきたいと思います」と今年の阪神のチームスローガンを引き合いに、幸せいっぱいにつづっている。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/26/kiji/K20160626012852750.html
    【浜口順子33歳が一般男性と結婚!「9年半の交際。料理も家事もできない嫁です。人生と仕事と生活が超変革」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    16

    1 :
    かばほ~るφ ★@\(^o^)/:2016/06/25(土) 15:40:05.21 ID:CAP_USER9.net
     
    芸能人がサイドビジネスで失敗するのは、大抵がドンブリ勘定だからである。ところが、「たむけん」ことお笑い芸人のたむらけんじ(43)は、焼肉屋のほか、カレー屋にカフェまで手掛けるやり手実業家だ。だが、あまりに手を広げ過ぎたのか、プロデュース料を巡ってトラブルになっている。

    昨年の10月、奈良市内にカフェ「nagood」がオープンした。「炭火焼肉たむら」を経営するたむけんが、新しく手掛けた店である。

    「店は、兵庫県・西宮市のイタリアンレストランがプロデュースしており、オープン当初からお客で賑わっています」(店の関係者)

    ところが、当の西宮市のレストランが、たむけんに対して怒り心頭だという。何があったのか。レストランのオーナーが言う。

    「そもそもの発端は昨年のことでした。田村さん(たむけん)の焼肉屋で働いている女性が娘と同級生で、うちの料理をとても気に入ってくれていたのです」

    店の評判がたむけんにも伝わったのだろう。8月に入るとプロデュースの話が持ち込まれる。たむけん本人もやって来て交渉になった。プロデュースの中身とは、料理のレシピを教え、シェフ自らも出向いて作り方を指導するというもの。

    「向こうが飲食店経営に明るいだろうとは思っていました。田村さんは“こちらのシェフの給料が分からないので金額の話はいま出来ませんが”と話していたので、シェフの給料から料金を算出することは分かっていると思っていました。それもあって契約書は作りませんでしたが、正式な仕事として引き受けることにしたのです」(同)

    ■ドタキャン
    このオーナーの店のシェフはイタリアで修業し三ツ星店でも働いたベテランである。そのシェフが休みごとに兵庫県から奈良に通い、スタッフに料理の作り方を教えた。店に行けない日はネットで連絡を取り合い、レシピやノウハウを伝えたという。

    「お店の味をきちんと伝えたかったので、徹底的に教え込みました。結局、10月のオープン後も手伝うために、しばらくシェフが奈良に通うことになったのです」(同)

    ところが、開店してまもなくトラブルが持ち上がる。

    「いざプロデュース料の話になったら、田村さんは“飲み過ぎた”といって打ち合わせをドタキャンしてきたのです。それでもシェフの給料をもとに約130万円を請求しました。ところが、田村さん側が示したのは30万~40万円でした。

    労力や提供したノウハウを考えるとあり得ない金額です。それで抗議すると、今度は分割払いで100万円と言ってきた。断ったら次は内容証明を送り付けてきた」(同)

    向こうが弁護士を出してくるのなら法廷で決着をつけるしかないとオーナーは怒るのだが、これに対して、たむけんはどう答えるのか。

    「今回勉強になったと思うのは、間に入った友達に甘えてしまってて、最初に“この金額でお願いします”って言えなかった。親しければ親しいほどこういうことはやったらあかんなと。

    でも、支払いに関しては、これは無理やと思ってキツメの内容証明を送ったんです。どれが正しいのかは裁判所が決めたらいいと思っています。それが130万以上であってもちゃんと従います。今も俺、間違ってないと思っていますよ」

    さて、法廷に持ち込まれたら、どっちに軍配が上がるのだろうか。

    http://www.dailyshincho.jp/article/2016/06250552/?all=1
    【たむらけんじ「裁判所が決めたらいい」焼肉芸人がプロデュース料トラブル「打ち合わせをドタキャンして内容証明を送り付けてきた」】の続きを読む

    このページのトップヘ