芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:日本

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    w1

    1 :シャチ ★@\(^o^)/:2016/07/22(金) 12:38:19.14 ID:CAP_USER9.net

    任天堂のスマートフォン用アプリ「ポケモンGO(ゴー)」が22日に日本で配信スタートされたことについて、芸能界からも続々と喜びの声が報告されている。

    モデルの藤田ニコル(18)はツイッターで「ポケモンGOはじめました」と報告。さらに「全然登録できない」などとニックネームをつけるのに苦労していることをつぶやくと、ファンから救いのリツイートが入るなど盛り上がった。

    また、歌手でタレントの中川翔子(31)は「ポケモンgo きたあああああああああああ」と絶叫。道端でポッポをゲットする様子を写真付きで伝えた。

    そんな中、絶望の声を挙げたのがお笑いトリオ「安田大サーカス」のHIRO(39)。ブログに「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」と表示されている写真をアップ。「マジか 私の出来ない」と涙の絵文字でゲームをスタートできない絶望感を表した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160722-00000093-spnannex-ent
    【芸能人も「ポケモンGO」に歓喜!藤田ニコル「初めのポケモンピカチュウにした」中川翔子「ポッポゲットだぜ」HIROは絶望「マジか 私の出来ない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ca

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/07/21(木) 12:40:00.89 ID:CAP_USER9.net

    小倉智昭キャスター(69)が21日、フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜前8・00)で、日本でも近日の配信が予定されているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」について言及。「だから何なの?」との冷めた反応が、ネット上で話題になった。

    番組ではこの日、日本での配信日が錯綜している「ポケモンGO」について特集。ゲームをしていた米国の少年3人による原子力発電所への侵入や、自動車との接触など、海外で多発しているトラブルを紹介した。

    またスタジオでは、男性プレゼンターがスマホを使ってゼニガメ捕獲を実演。共演する菊川怜(38)らが興味津々のリアクションをとる中、小倉キャスターだけはゼニガメを蹴るしぐさをして「だから何なの」と興味のない様子。

    「スタジオにポケモンがいるんです」と説明を受けても「日本ではまだダウンロードできないわけね」と淡々と話し、首を傾げるだけだった。

    「ポケモンGO」と近日中にも提携することが発表されたマクドナルドから特典がもらえることも紹介されたが「はい、もらいたい人はもらってください」。小倉氏のクールな反応に、ネット上では「冷ややか過ぎて笑えた」「その感想は理解できる」などの声があふれた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00000111-spnannex-ent
    【小倉智昭がポケモンGOに「だから何なの?日本ではまだダウンロードできないわけね。マクドナルドから特典もらいたい人はもらってください」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    555

    1 : ブリティッシュショート 2016/07/19(火) 18:48:00.07 ID:CAP_USER9

    他者の議論を「妄想」呼ばわり、矛盾したことをいう鳥越俊太郎氏

    鳥越俊太郎氏の言うことは絶対に矛盾している。私がそう確信せざるを得ない、私にとっては忘れがたい「事件」があった。

    二〇一四年の八月一五日のことだ。NHKの終戦特番で「集団的自衛権」について議論となった。

    出席者は、集団的自衛権行使容認について、批判派として、鳥越俊太郎氏(ジャーナリスト)、加藤陽子氏(歴史学者)、瀬谷ルミ子氏(日本紛争予防センター理事長)。賛成派は、岡本行夫氏(外交評論家)、吉崎達彦氏(エコノミスト)、そして、私だ。

    私はあまりテレビを観ないので、鳥越氏がいかなる思想信条の持ち主なのか、ほとんど知らないままに出席したのだが、その主張の極端さというか、論理的な整合性のなさは凄まじいものだった。

    冒頭部分で鳥越氏は、多くの人々が日本が攻め込まれるという雰囲気になっているが、そんなことはあり得ない、「虚構」だと断じ、逆に「どこが攻めてくるんですか」と質問してきた。

    私は、攻められる可能性がまったくないと決めつけてしまうことはできないとして、たとえば、尖閣諸島の問題に関していえば、中国が攻めてくる可能性があると言った。

    どうも、鳥越氏の脳内では、本当に攻めてくる国などあり得ないという前提で議論が始まっている様子だった。

    話が中盤に差しかかってくると、鳥越氏が、「私は自衛隊の存在は認めている」と言うから、私は質問した。「攻めてくる国がないならば、個別的自衛権の行使も必要ではない、ということになりませんか」

    テレビでは、うまく映っていなかったが、このとき鳥越氏は「そうですね」と軽く答えた。その後、岡本氏が台湾有事の際に、日本が協力する方法などを述べ、戦後日本の平和は、日米安保を中心とした国際的ネットワークによって守られてきたと指摘すると、鳥越氏が質問してきた。

    「どこが日本の国を攻めてくるんですか?」岡本氏は冷静な方で、落ち着いて次のように返答した。中国の国防費の異常な膨張ぶり、南シナ海において実効支配を強めつつあるという現実。そして、仮に日米安保条約がなかったら、中国軍が尖閣諸島に向かう可能性があること。

    こうした岡本氏の説明を聞き、鳥越氏はさらに質問を続ける。尖閣は日本の領土だというが、尖閣には人が住んでいない。無人島を守るために、自衛隊を出動させる必要があるのか、と。

    岡本氏は、海上自衛隊が守るし、米軍も航空管制機を飛ばすなど支援するだろうと述べ、そして、万が一、中国軍が沖縄本島に近づくことがあったら、日米安保条約に従って、直接行動すると公言するだろうと答えた。

    これに対して、鳥越氏は「それは妄想だよ」と非難し、「そんなことあり得ない」と断言した。これに対して岡本氏が、では、岩田氏が言ったように、日本には自衛隊も防衛予算もいらないということかと聞いた。

    すると、鳥越氏は、「自衛隊は必要だ」と答える。岡本氏が「どこが攻めてくるんですか?」と問うと、「災害時に必要…」と答え、「災害のためだけか?」と更に聞かれると次のように答えた。

    「もし、万一、ないと思うけど、万一、中国なり、北朝鮮は来ないと思いますよ。北朝鮮は日本を攻める意味がまったくないので、中国はあるかもしれない…」

    番組の冒頭から、「どこの国が攻めてくるんだ」と大声をあげ、日本を攻めてくる国があるという想定そのものが「虚構だ」「妄想だ」と繰り返していた当人が、中国が攻めてくる可能性を否定できないから、自衛隊は必要だというのだ。

    舌の根も乾かぬうちに、ここまで態度を急変させる人物を初めて目撃した。国民を騙してやろうという悪意は感じなかったが、ここまで論理的に破綻した議論を堂々と展開する神経には正直、恐れ入った。

    要するに、鳥越氏は論理的な整合性を考えずに楽観論に立ち、リアリズムの立場から発言する人に対して「妄想だ」「虚構だ」と根拠のない罵声を浴びせ、相手の議論を封じようとするのだ。残念ながら、彼の脳内の世界観の方が「妄想」や「虚構」であることを自ら曝露したのである。

    これだけ出鱈目で矛盾したことを言ってのける人物に都知事を務めることは絶対に不可能だと断言しておく。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160719-00010009-agora-pol
    【鳥越俊太郎「尖閣は日本の領土だというが、尖閣には人が住んでいない。無人島を守るために、自衛隊を出動させる必要があるのか。中国は攻めてくるかも…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    a5
    1d
    2d
    3d

    1 :ひろし ★@\(^o^)/:2016/07/04(月) 23:30:22.27 ID:CAP_USER9.net
     
    元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(35)が、突如ツイッターで「日本帰りたい…」とつぶやき、ファンからは「いつでも待ってますよ!」と歓迎する声が多数寄せられている。

    朝青龍は日本時間3日夜にツイッターで「何か悲しい今日…」「明日が良い日ありますよに…」とツイートし、ファンからは「ドルジ… 何があったのかな?」「横綱が悲しいなんて、何かあったのですか???」と心配する声があがった。

    その後、朝青龍は“第2の故郷”に「帰りたい」と思いをはせた。

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1673376.html
    【元横綱朝青龍「日本帰りたい…」ファンからは心配する声「ビジネスで失敗して借金」「絶対に帰ってくるな!」「遊びたいだけ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    32

    1 : ★@\(^o^)/:2016/07/03(日) 17:55:01.83 ID:CAP_USER9.net
     
    8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪に参加する日本代表選手団の壮行会で、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が来賓あいさつを行った。

    あいさつの中で、壮行会のはじめの君が代斉唱で歌わずにいた選手がいたことに苦言を呈する場面があった。

    女子サッカーのなでしこジャパンやラグビー日本代表がW杯で涙を流しながら君が代を歌うシーンに感動したことを話すと、

    「なぜ国歌を歌わないのか。選手は口もぐもぐするのではなく、口を大きくあけて国歌を歌ってください。国歌も歌えないような選手は日本の代表ではない。そう思う」と注文をつけた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00000140-nksports-spo
    【森喜朗「国歌も歌えないような選手は日本の代表ではない」リオ五輪壮行会で君が代歌わぬ代表に苦言「正論」「学校で教育」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    z1
    u5

    1 :きゅう ★@\(^o^)/:2016/07/02(土) 09:35:46.52 ID:CAP_USER9.net
     
    6月24日放送の『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル』(テレビ東京系)に、フリーの福澤朗アナ(52)が出演。タレントのタモリ(70)が、日本の卓球界に与えた影響について語った。

    日本の卓球は1950年代から60年代にかけて世界の頂点に君臨していたが、70年代以降は日本に代わって中国が頂点になってしまった。このことについて福澤アナは「ドン底時代に拍車をかけるような出来事が、芸能界にあった」と主張した。

    その主役となったのがタモリ。当時、タモリがテレビ番組でトークしているとき、趣味は卓球と答えたゲストに向かって「卓球って根暗だよね」と言ったことが影響し、中学校などの卓球部員が激減。そこから日本の卓球が弱くなったというのだ。

    その後、日本卓球協会は卓球人気を盛り返そうと卓球台の色を変更。白いピンポン球をオレンジ色に変えるなどして、卓球のイメージをアップさせた。そして福原愛選手(27)の登場もあり、再び、世界の強豪国になることができたのだという。

    「いまやすっかり“卓球の人”というイメージのついた福澤アナ。フリーになってからは、あちこちのテレビ番組で活躍していましたが、現在のレギュラーは『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ)と『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)の2本で、決して売れっ子といえる状況ではありません。

    ここのところ卓球アピールが多いのは、世界卓球の実況を務めているだけではなく、仕事がなくなっても卓球界のスポークスマンとして食べていければ、という計算があるからなのでしょう」(芸能誌記者)??卓球人気を、さらにもり立てることができるか!?


    http://taishu.jp/23166.php
    【福澤朗アナ「タモリが日本の卓球をダメにした」テレビ番組で趣味は?「卓球って根暗なスポーツだよね」学校の部員が激減】の続きを読む

    このページのトップヘ