芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:明石家さんま

    21

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/21(火) 19:52:24.57 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之が20日深夜に放送されたMBS「痛快!明石家電視台」(月曜後11・58)に出演し、離婚を巡る恐妻家エピソードを披露。共演したタレントの島崎和歌子は「すっごい」と驚いた。

    番組ではMCの明石家さんまと島崎らが、このまま将来も独身となれば同居することもあるのではと冗談ぽく話し合った。

    さんまは宮迫に「家族いるけど、このまま一緒に暮らせる保証はないからな」と将来の不安定さを指摘した。

    ここで宮迫は恐妻家エピを話し始めた。先日、テレビ番組に出演した時のこととして、VTRで夫が妻に「だれのおかげで暮らせているのか」

    と問いかけるものを見た際、宮迫はVTRを見ながらスタジオで「こんなことを嫁に言ったら2分で離婚される」とコメントしたという。

    そのオンエアを自宅リビングで妻と並んで見ていたところ、「2分で…」のくだりで妻が宮迫を凝視し、「2秒や!」ともっと短いことを宣告された。

    宮迫は「2秒っすか…」と言うのが精いっぱい。島崎は宮迫妻の豪腕ぶりに「すごーい」と驚いた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000070-dal-ent


    【宮迫博之が恐妻家ネタを披露「だれのおかげで暮らせているのか!こんなことを嫁に言ったら2分で離婚される」】の続きを読む

    66

    1 :7代目副将軍 ★@\(^o^)/:2016/06/14(火) 20:43:02.30 ID:CAP_USER9.net

    京大法学部卒のインテリ芸人、ロザンの宇治原史規が13日深夜放送のMBS「痛快!明石家電視台」(月曜、後11・58)に出演し、秀才エピソードを次々と披露。その一方で東大へのライバル心ものぞかせた。

    京大進学のきっかけとなったのも、相方の菅が「2人で芸人になろか、と。そうしたら売りになるから、京大に行けと勧めた」と安易な理由だったことを明かした。

    さらに、その高校時代は菅と同じ予備校に通っていたが、優秀だったため全て無料。一般塾生とは別扱いの「ゴールド塾生カード」を所持する桁違いの秀才だったという。

    だが司会の明石家さんまから「京大は東大すごいと思うんやろ?」と振られると、「まあまあ同レベルですけどね。引き分けですけどね」と宇治原。

    松尾伴内が「東大に行けない人が京大じゃないの?」と素朴な疑問をぶつけると「いえいえ一緒なんです」と“同列”を強調。

    菅が「それあんまり言うと、どつかれると思いますよ」と、普段から東大に対する強烈なライバル心を持っていることを暴露した。

    また世界の全人口の上位2%のIQを持つ人が入会できる知的交流機関MENSAの日本支部会員でもある宇治原。

    「IQ148以上だと入れるんです。入会テストを受けたら、158以上あるけど、それ以上は計れませんと言われた」という仰天エピソードも。

    「会員の人たちは、会で集まって話すのは楽だって。普段は会話を飛ばしながらしゃべってるんで」と頭が良すぎるゆえの苦労も吐露した。

    宇治原自身は「僕?僕は違いますよ」と、一般人との会話を楽しんでいる“飛ばし”を否定。だがさんまは宇治原と菅の関係性を「いや俺がジミー見る目やろ?ジミーと会話するとき、会話飛ばすもん」と断言していた。


    http://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20160614042.html

    【ロザン宇治原史規「東大と京大は一緒なんです!同レベルで引き分け!」「IQ158以上ある」】の続きを読む

    y1
    y2

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/13(月) 22:12:22.31 ID:CAP_USER9.net

    10日放送のTBS「鶴瓶&松本の怪人図鑑」でダウンタウンの松本人志が、明石家さんま、島田紳助、笑福亭鶴瓶の“お笑いの違い”を語った。

    松本と鶴瓶が初めて番組でMCを組むという事で、放送前から注目を浴びていた同番組だったが、熊本地震の影響で第一回目(4月25日)の放送は休止。放送日が延期され、6月10日の未明に放送された。

    番組の中で、松本はさんま、紳助、そして鶴瓶の“お笑いの質”について分析。それぞれの“違い”を語った。

    松本は「さんまさんは、なんかアウトボクシングというかね、あの人特有のフットワークがあるんですよ。掴ましてくれへんし、距離感は独特の距離感なんです」と語り、

    「それで紳助さんと今度やるでしょ。紳助さんはクビ相撲に入ってくるんですよ。お互いもうええやんけみたいな感じになるんです」とさんまと紳助について語った。

    そして、鶴瓶に関しては、「でもこの人、『ド突いててこい』って言うんですよ。いわば。好きにやれと。『お前の好きにやってくれたらええ』って。『ホンマですか?』って。ホンマにド突かせてくれるんですよ。

    でも家帰ったらね、なんか勝った気がせぇへんなぁって。ほんと、不思議な人」と評し、松本が感じている3人の個性について語った。

    http://dailynewsonline.jp/article/1145100/

    【松本人志「鶴瓶には勝てない。不思議な人」明石家さんま、島田紳助の“お笑いの違い”語る】の続きを読む

    w

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/13(月) 21:08:10.65 ID:CAP_USER9.net

    ウッチャンナンチャンの内村光良(51)が、今年のフジテレビ系「FNS27時間テレビフェスティバル2016」 (7月23日午後6時30分~24日午後9時24分)でMCを務めることが13日、明らかになった。

    この日、内村が出演した、同局系「痛快TVスカッとジャパン」の中で、「27時間フェス実行委員会」の陣内智則が内村をMCに誘う形で発表された。

    87年にスタートし、今年で30回目を迎える「FNS27時間テレビ」。今年は「一年に一度、皆さんに笑顔をお届けする大感謝祭」と銘打ち、豪華MC陣がリレー形式でつなぐ。

    すでに明石家さんま、中居正広、加藤綾子、ネプチューン、松岡茉優。そして坂上忍と雨上がり決死隊、おぎやはぎ、ブラックマヨネーズ、フットボールアワー、柳原可奈子、高橋真麻などの「バイキング」MC陣が発表されていた。

    また「27時間フェス実行委員会」の陣内、山崎弘也、オードリー、ピースらが、MCリレーを27時間サポート。フジテレビ佐野瑞樹アナウンサー、永島優美アナウンサー、そして宮司愛海アナウンサーの3人が進行を務める。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000117-nksports-ent
    【内村光良が27時間テレビMC決定!「南原清隆は?」「不倫芸能人の先駆け」「ベッキーも出るんだろ」】の続きを読む

    ty

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/12(日) 00:41:58.22 ID:CAP_USER9.net

    お笑いタレントの明石家さんま(60)が11日、MBSラジオ「ヤングタウン」に出演し、アンタッチャブル柴田英嗣(40)の元妻との不倫が発覚した元ファンキーモンキーベイビーズのボーカルで歌手のファンキー加藤(37)に同情した。

    番組では週刊誌による芸能人の不倫スクープが話題に。

    40代女性との不倫が「フライデー」に掲載された三遊亭円楽(66)についてさんまは「円楽師匠まで見つかってかわいそうに」と同情すると、続けて「ファンキーがこんなことになるなんて。真面目な男やからな」と述べた。

    柴田の元妻が、ファンキーに対して自身が柴田の妻であると告げなかったとされることについてさんまは「柴田の嫁やって言わなかったら分からん」とファンキーの心境に思いをはせる。

    「言うべき。深い関係になる前に。私、実は柴田の嫁ですって。なんぼなんでも加藤、知り合いの奥さんとは深い関係にならへんやろー」と述べた。その上で、「それでもいくのは俺くらい」と笑わせた。

    ファンキーは、柴田の妻とは知らずに不倫関係を持ったとされる。柴田を交えた会談で柴田を面前にして初めてその妻と知って驚き、「加藤ちゃんは2分くらい動かなかった」と柴田は話していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-00000093-dal-ent


    【明石家さんまがファンキー加藤の不倫に同情「言うべき!私、柴田英嗣の嫁ですって」】の続きを読む

    q1

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/08(水) 17:55:31.13 ID:CAP_USER9.net

    6月7日に放送された『踊る!さんま御殿!!2時間SP』(日本テレビ)に、お笑いコンビ・オードリーの春日が登場。番組中で明かした「タクシー運転手に言われたひと言」が視聴者の間で注目が集まっている。

    この日、相方・若林と共にゲストとして登場した春日は、【カチンと来た他人の言動】というテーマの際に水を向けられる。

    最近乗車したタクシーで遭遇した"一見親切そうなドライバー"について「その運転手の方がすごく丁寧な方だったんですよ、珍しいぐらいに」と語り始めると、「行き先を言うじゃないですか。『教えていただいてありがとうございます』みたいな。すごく丁寧な人だったんです」

    「あと、『車内の空調は大丈夫でしょうか』とか。左に曲がるときに『左折致しますのでお気をつけください』とか」「乗ってる最中も『何かあの失礼なことがございましたらあの何なりとおっしゃってください』みたいな」と、その乗車中はとても親切な接客をしてくれていたと紹介。

    当初は、春日も「すごいいい人だなと思って乗ってた」そうだが、問題はその降車時のこと。

    春日によると「...家着いて、もう降りる時、その運転手さんがこっちにバッと向いて、『あれ?あれもしかして...』って。私に気付いてくれたのかなと思って。

    (そしたらそのドライバーが)『もし間違ってたらすごく失礼なんですけども、もしかしてトゥースの"ヤツ"ですよね』って言われて」と、それまでの接客ぶりが一転、突然「ヤツ」呼ばわりされたことを告白し、スタジオの出演者たちを爆笑させた。

    この話を聞いたMCの明石家さんまからは「興奮しはったんやて」というフォローもあったが、こうしたある意味、春日らしいエピソードに、ネット上の視聴者からは「トゥースのヤツwwwww」「まさかのヤツ呼ばわりwww」

    「たしかに間違いではないw」「それだけギャグが浸透してるということだしいいことやんwww」「降りる時まで気付かなかったことの方が問題w」「春日らしいなwww」といった声が寄せられた。

    とはいえ、こうしたありえない展開に見舞われることもまた、ある意味、有名人ならではのこと。名前よりも、インパクトのある個性的なキャラクターで知られる春日ならではの体験と言えるのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/1142316/


    【オードリー春日俊彰「親切で丁寧な話し方のタクシーの運転手に降りる時“ヤツ”呼ばわりされた!」】の続きを読む

    このページのトップヘ