芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:明石家さんま

    lo

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/28(土) 06:05:39.99 ID:CAP_USER9.net

    5月24日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に杉本彩(47)が出演。

    お好み焼きの食べ方について明石家さんま(60)、チュートリアルの福田充徳(40)、“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹(69)、歌手でタレントの濱田マリ(47)ら、関西出身の芸能人らと議論をする場面が見られた。

    この日のトークテーマは「私が大阪人になじまない理由」。京都府出身の杉本は、まず大阪の人がお好み焼きとごはんを一緒に食べることを「文化としてあまりに違いすぎて、絶対ありえない」と発言。

    それに対し、さんまが京都では食べないのかと質問すると、同じく京都出身の福田も、京都では一緒に食べない、と同意した。

    さらに杉本は「お好み焼きをおかずに、白いご飯食べるなんて、ちょっと考えられないですよね」と重ねてコメントし、大阪独特の食べ方に嫌悪感を示した。

    この事実に驚いたさんまが、他の関西出身芸能人にお好み焼きの食べ方を尋ねると、兵庫県出身の濱田は「炭水化物ですよ、どっちも」と否定。

    滋賀県出身の尾木も「お好み焼きはお好み焼きだけよ。そんな下品なことしないわよ~」と、否定していた。

    この事実をさんまは初めて知ったらしく、「あ~、これは……奈良はこっち(ごはんアリ)寄りや。俺大阪で過ごしたからかな」と、驚きとともにコメントしていた。

    「杉本はお好み焼きの食べ方にずいぶんこだわっていましたが、いかにも京都人らしいですね。京都の人はプライドの高い人が多く、関西というくくりで他県と一緒にされるのを嫌います。そんなところから杉本も言葉の調子がつい強くなったのでしょう」(関西在住グルメライター)

    食べ方の問題というよりは、一緒にしてほしくないという気持ちが強かった?


    http://dailynewsonline.jp/article/1136214/
    【京都出身の杉本彩が大阪独特の食べ方に嫌悪感!「文化としてあまりに違いすぎて、絶対ありえない」】の続きを読む

    43

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/05/24(火) 19:42:44.35 ID:CAP_USER9.net
     
    タレントの若槻千夏(31)が23日深夜に放送されたMBS「痛快!明石家電視台」(月曜後11・58)に出演し、MCの明石家さんまに「最近は若い出演者に甘すぎる。私には厳しかった」などと痛烈に批判した。

    若槻は2004年、20歳の時に同番組に初出演。唯一の女性として、さんまや雨上がり決死隊、間寛平らにまじってボケることを強いられた。収録がある隔週ごとに胃が痛い思いをしたという。

    今回は8年ぶりに出演となり、若槻は「電視台は修行の場だった。クイズでボケなあかんというプレッシャーがすごかった」と顔をしかめて振り返った。

    若槻は番組企画の「グチ」コーナーで「テレビに普通過ぎる人が増えた」と述べた。若槻は一時芸能界から遠ざかり、昨年末に本格復帰。テレビに復帰して感じたこととして、「昔はバラエティー番組に若い子が出るといえばグラビアとかモデルだった。今は普通の人がすごく増えた」と指摘した。

    さんまは「あー」と納得するように発した。若槻は「若い子というのはSNSで人気があるとか。事務所に所属しているかどうかも分からない子」とし、「共演した時にどう対応していいのか分からない。私はまだストイック精神を持って出ている」とした。

    続けて「そういう若い子と共演すると『えー分かんない』とか言う。分かんないなんて明石家電視台で言ったら毒殺される」と言ってさんまらを爆笑させた。

    若槻は「分かんないなんて言ったら怒られるような現場で育ってきて。私はどうやったらいいのか」とさんまらにバラエティータレントとして厳しく育てられたがゆえの戸惑いがあることを述べた。

    さんまは「その走りがお前やからな」と言うと、若槻はいったん謙そんした後で、「だとしたら、みんな私みたいにストイックにせいやって大御所の人たちが厳しくしないといけない」とさんまらを批判し始めた。

    「グチりたいのはSNSの子たちにグチりたいわけじゃない。若いし、どんどん出てきてもらってかまわない。ただ、それを上の層がどんどん甘やかしてる!」と、しっかりとさんまを見据えて発言した。「MCが若い出演者に優しすぎる」という手厳しい言葉にさんまは笑った。

    若槻は「雨上がりさんもさんまさんも。もっと怒ってほしい。もっと厳しくしてほしい!」と訴えた。

    さんまは「あいつら芸人と違うから」と弁明。若槻は「芸人さんではないですがテレビに出る演者として。(視聴者は)皆さん電気代を払ってくれるわけです。スポンサーさんだって制作費を払ってくれているわけです。ちゃんとしゃべんなきゃいけないんです!」と理詰めで批判。

    さんまが笑いながら「お笑い芸人やったら怒るけど違うところやからな」と言うと、若槻は「私は怒られた」と指摘した。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160524-00000089-dal-ent


    【若槻千夏が明石家さんまを痛烈に批判!「最近は若い出演者に甘すぎる。私には厳しかった」】の続きを読む

    rd

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/15(金) 09:55:39.09 ID:CAP_USER*.net

    もう何度目になるのか。再び、お台場に血の雨が降ろうとしている――。
    「あの温和でお気楽な男として知られる明石家さんま(60)さんが、フジテレビに大激怒しているんです。本人は、“もう『ホンマでっか』辞めるで!”とまで言っているみたいで……」(制作会社関係者)

    かつての「視聴率三冠王」の栄光はどこへやら。ここ数年の視聴率絶不調に加え、たび重なるトラブルに見舞われているフジテレビ。

    最近も、過去の華々しい経歴がほぼウソだったというショーンK(48)を新番組の顔にしようとしていた問題も噴出し、「不祥事のデパート」の名をほしいままにしている感さえある。もはや瀕死状態にあるかつての王者に、今、トドメの一撃が襲いかかろうとしているというのだ。

    「さんまさんが怒っている理由は、長年、彼の番組の制作に携わり、『ホンマでっか!? TV』の担当を務めていた敏腕女性プロデューサーのK氏が制作の現場から外されたことです。

    さんまさんは、“なんでKを辞めさせたんや?”と怒り心頭ですよ。ちなみにK氏の異動先はデスク業務。露骨なまでの左遷です」(前同) 

    フジ関係者によると、K氏は特段大きなミスを犯したり、出演者との軋轢を生じさせたわけではない。3月1日に突然発令された異動のワケ、それは“社内政治”だというのだ。

    「K氏の上司にあたるN氏が飛ばしたといわれています。確かに、K氏とN氏の仲の悪さは有名でした。でも、視聴率はドン底で、会社の経営も赤字に転落したこんな最悪の状況で、“いまさら社内の争いですか”って話ですよ」(フジテレビ関係者)

    出演者、そして何よりも番組を楽しみにしている視聴者をないがしろにして、この期に及んでお家騒動とは……。こんな時こそ、社長の強いリーダーシップの出番のはずだ。

    しかし、「社長の亀山千広さんの影響力は、もうないに等しいという話ですね。社長自ら後押ししたショーンKの問題では、怒ったスポンサーが広告出稿を引き揚げて数億円を失ったそうです。その責任を取って6月の株主総会の前には退任すると、局内ではもっぱらですよ」(放送作家)

    フジといえば、昨年9月、好調だった『ヨルタモリ』を終了させたのだが、「あれも“当初から1年間の予定だった”とか言っていましたが、番組が終わった本当の理由は、ゲスト出演者の人選を巡ってタモリさんと揉めたため。

    タモリさんに続き、今回もBIG3の一角であるさんまさんをこのまま失うとなると、いよいよ局存亡の危機と言えるでしょうね」(前同)

    かつて「楽しくなければテレビじゃない」と謳っていた同局。その先行きは、どう見ても楽しくなさそうで……。

    http://dailynewsonline.jp/article/1116673/


    アミダばばあの唄 明石屋さんま


    明石家さんま - しあわせって何だっけ
    【明石家さんまがフジテレビに大激怒!?『ホンマでっか』降板を巡る大騒動「社長は退任」】の続きを読む

    cached


    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/04/04(月) 22:15:39.69 ID:CAP_USER*.net

    明石家さんまが、ビートたけしと所ジョージに自身と一緒に引退するよう提案した。4日、日本テレビ「世界まる見え!テレビ特捜部」の1000回突破SPが放送され、3人は出演。

    番組後半では「5年後のテレビどはうなっている?」というテーマでトークが展開。さんまは、「もう今年の暮れに一斉に引退した方が…、テレビのため、若手芸人のために、ホンマにそうしたほうが…」と2人に提案。

    所は「テレビの仕事、俺らしなくなったら、俺ら暇だよ」と返答。しかし、さんまは「でも我々長すぎるじゃない、ホンマに」と納得していない様子だった。

    さらにたけしが「我々は鰻屋のタレなんだよ。タレはね何十年もかけなきゃ、いいタレできないんだよ。そうすると我々はいいタレなんだよ」と説明したが、さんまは「いいタレもわかんねんけども…」と食い下がった。
     
    また、「最近のお笑い界はサイクルが早い」というポイントについては、さんまは「ネタの作り方も違うし、技術は我々の時代よりも今の若い奴のほうがあんねんで」と説明し、若手芸人を褒めていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160404-00000023-reallive-ent
    【明石家さんまがビートたけしと所ジョージに一斉引退を提案!「テレビのため、若手芸人のため」】の続きを読む

    このページのトップヘ