芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    y1
    o9

    1 :digitec ★@\(^o^)/:2016/06/07(火) 15:30:18.36 ID:CAP_USER9.net
     
    ファンキー加藤は7日に都内で不倫騒動を釈明した後、大阪に移動。映画「サブイボマスク」をPRするため、オリックス―中日戦(京セラドーム大阪)で始球式を行う。

    11日には、都内の劇場で同映画の初日舞台あいさつを予定。同映画のヒロイン役は、サッカー日本代表・長友佑都(29)との真剣交際を宣言した女優・平愛梨(31)。

    不倫騒動の加藤と“アモーレ愛梨”が並び立つ注目のイベントになる。

    同作はウザイ、サムイ、空気ヨメナイ、三拍子そろった熱血青年が、町おこしならぬ、人おこしで住民の心に火を灯(とも)そうとするコメディー。

    ◆ファンキー加藤(かとう)本名・加藤俊介。1978年12月18日、東京都八王子市生まれ。37歳。2004年ファンキーモンキーベイビーズ結成。

    06年1月「そのまんま東へ」でメジャーデビュー。09年にNHK紅白歌合戦に初出場し、4年連続出場。13年6月東京ドーム公演でグループ解散。

    14年2月「My VOICE」でソロデビューし、同9月に日本武道館公演を成功させた。血液型A。


    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160607-OHT1T50038.html

    【ファンキー加藤主演でアモーレ平愛梨ヒロインの映画「サブイボマスク」が6月11日に公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7d
    d

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/06/06(月) 05:23:39.33 ID:CAP_USER9.net

    「デスノート」シリーズ10年ぶりの続編「デスノート Light up the NEW world」に、船越英一郎が出演していることが明らかになった。6冊のデスノートの所有者のひとりで、裁判官の御厨賢一を演じる。

    大場つぐみ氏(原作)&小畑健氏(作画)による大ヒットコミックを実写映画化した2部作「デスノート」「デスノート the Last name」の続編となる今作は、原作にあった「人間界で同時に存在していいノートは6冊まで」という「6冊ルール」を軸に、現代を舞台とした新たな物語が展開。

    全てを手にした者が地上を制すると言われる6冊のデスノートを巡る争奪戦が描かれる。

    デスノート所有者については、川栄李奈が演じる女子高生・青井さくらの存在が明らかにされており、船越扮する御厨が2人目の所有者となる。

    御厨は、日本の裁判所の中でも最高位の最高裁判所で、限られた者しか任命されない最高裁判事という役職に就いている人物。

    識見が高く法律の素養もあり、本来は法で悪を裁くはずの判事が、なぜデスノートを手にし、どのような行為に及ぶのか。

    静かな恐怖をまとった御厨という役を、さまざまな作品や役柄で確かな存在感を放つ名優・船越が体現する。

    「デスノート Light up the NEW world」は10月29日から全国公開。


    http://eiga.com/news/20160606/1/

    【映画「デスノート」最新作に船越英一郎が出演!2人目のノート所有者の最高裁判事の御厨賢一】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    06

    1 :shake it off ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 08:37:28.19 ID:CAP_USER9.net
     
    ダウンタウンの松本人志(52)は映画監督としても、全く色合いの違う作品を生み出している。

    1作目の「大日本人」(07年)は変身ヒーローの偽ドキュメンタリー。2作目「しんぼる」(09年)は白い密室に閉じ込められた男を描き、ほとんどセリフのない無声劇に仕上げた。

    3作目の時代劇「さや侍」(11年)では、演技未経験で「働くおっさん劇場」のレギュラーだった一般人の野見隆明さんを主役に起用した。4作目の「R100」(13年)。

    オリジナルに強いこだわりを持ち、過去のインタビューでは「映画館に行って晩ご飯の頃には忘れているというような作品は絶対に撮りたくない」と語っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000006-spnannex-ent

    【ダウンタウン松本人志「映画館に行って晩ご飯の頃には忘れているというような作品は絶対に撮りたくない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    lt


    1 : アキレス腱固め(東日本)@\(^o^)/:2016/05/19(木) 08:58:42.62 ID:mieGhcxs0.net PLT(16930) ポイント特典
     
    たけしの逆鱗に触れた菅野美穂の行動

    2002年に公開された北野武映画『Dolls』で主演を務めた菅野。この映画の撮影中、こんなことがあったらしい。菅野のシーンにOKを出した監督のたけし。にもかかわらず、菅野は自分の演技に納得がいかなかったため、再撮影を何度も希望した……。

    この菅野の行動がたけしの逆鱗に触れ、それ以来共演NGになったのだとか。

    「絶対に許さない」ビートたけしの信念

    一見すると、菅野の主張も一理あるかに思えるが、たけしの映画監督としての持論はそれを許さない。ある記者会見でたけしは次のように語ったこともある。

    「たまに『監督、ここはこう撮るべきじゃないですか』って言ってくる奴がいるんだけれど、そいつ大嫌いで2度と使わない。(以下略)監督に気に入られるように演技をするのが役者であって、監督の演出方法に言うのは絶対に許さない」

    結果的にお互いのプロとしての信念が仇となり、共演NGとなったたけしと菅野。裏を返せば、それだけ二人が作品作りに妥協を許さないということだろう。


    http://www.excite.co.jp/News/90s/20160310/E1457109891303.html

    【ビートたけし「そいつ大嫌いで2度と使わない。絶対に許さない」共演NGになった菅野美穂の行動】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    8r


    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/30(土) 19:32:29.93 ID:CAP_USER9.net

    4月25日、綾野剛主演映画「日本で一番悪い奴ら」の完成披露試写会が行われた。

    同作で悪事に手を染める悪徳警官役を演じた綾野について、共演したお笑いコンビ「デニス」の植野行雄は、「スイッチ入ってる剛くんを見て、マジでキレてるのかと怖かった」と語るなど、タイトルどおりなかなかの極悪ぶりを発揮したようだ。

    そんな綾野は今回のイベントで熊本地震について、「九州のほうでは大変なことになっています。私たちにできることはなんだろうと、必死に考えました」と自身も何か役に立てることはないか考えていたことを明かした。

    その答えとして、「現在進行形で私たちが今、何をしているかをきちんと発信していくことも、ひとつの務めだと思っています」と語り、さらには「皆さまの携帯で、たくさんの方々に写真を撮っていただき、我々がここに立っている姿を届けてもらえたら」と言って約10秒間に渡って観客のスマホ撮影を許可した。

    このサプライズに会場の綾野ファンからは「剛く~ん!」という歓声ともに無数のシャッター音が鳴り響き、来場者たちは大満足だったようだ。しかし、世間の反応はまったく対照的だった。

    「綾野をはじめとした出演者、制作スタッフが被災地のためにと考え抜いたサプライズでしたが『そんなことが被災者の何の役に立つの?』

    『ただの映画宣伝の拡散じゃん』『考えなくていいからボランティアだの寄付だのそういう本当に役に立つ行動をしてほしい』

    『熊本はまだ映画なんか観てる暇ないです』と批判が飛び交いました。あくまで現地の綾野ファンだけが舞い上がっただけの演出ですから、そうした声があがるのは当然でしょう」(エンタメ誌ライター)

    “日本で一番悪い奴ら”が考え抜いた“被災地のための行動”は、まったく伝わらなかったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1123523/


    【綾野剛の熊本支援に批判の嵐「そんなことが被災者の何の役に立つの?」「ただの映画宣伝の拡散じゃん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    523a

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/22(金) 10:53:53.63 ID:CAP_USER*.net

    4月20日スタートのドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)で“超恋愛体質女”を演じる前田敦子。毎回男性とのキスシーンがあることで話題になっているが、そんな前田の“ビッグでビックリ”な発言が聞こえてきた。

    「前田は現在上映中の映画『モヒカン故郷に帰る』で主役の松田龍平の恋人役で出演しています。AKB48を卒業してからの4年間で9本の映画に出演しており、その数は確かに多いのですが、まさかこの映画の告知取材で『映画に出続けて歴史に名を残したい』『“前田敦子映画祭”のように名前が残る女優になりたい』などと言い出すとは思いませんでした。

    自分を“女優”だと思っているようですが、女優の仕事をする“トウが立ったアイドル”ですよ。夢を見るのは自由ですが、あまりのビッグ発言に現場スタッフからは『お前が言うな!』『映画を舐めている』『呆れ果てた』などとソッポを向かれた状態です」(映画製作会社関係者)

    覆水盆に返らず。前田がスタッフの気持ちを取り戻すためには、誰もが認める女優に成長するしかないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1119741/
    【前田敦子「映画で歴史に名を残したい」のビッグ発言に現場スタッフは呆れ顔!】の続きを読む

    このページのトップヘ