芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:暴力

    75
    1: 名無しさん 2017/08/24(木) 10:15:28.03 _USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00000085-sph-ent
    スポーツ報知

    フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で芸能リポーターを務める平野早苗さんが24日、前日に行われた女優・高畑淳子(62)の会見で“口封じ”された瞬間のことを語った。

    昨年8月23日は、長男で俳優の高畑裕太(23)が強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された日。後に示談が成立し不起訴になった騒動から、ちょうど1年の節目だった。行われた会見は主演舞台「土佐堀川 近代ニッポン―女性を花咲かせた女 広岡浅子の生涯」(東京・日比谷シアタークリエで10月4日~28日、演出・田村孝裕)の製作発表。

    ヒロインの娘(三倉茉奈)が反抗期になる設定でもあり「お子さんにも反抗期は…」との問い掛けに対して、高畑が質問した平野さんの口を自らの手でふさぐ猛ディフェンス。いずれも笑顔の和やかムードではあったが、直後に高畑は「あ、ごめんなさいね! お化粧が…。暴力的ですよね。ごめんなさい」とお詫びしつつ「ごめんなさい。皆さんもお仕事だと分かりますけど、お察しください」とお願いしていた。

    会見では舞台のこと以外の質問はNG。そこで平野さんらは「舞台に関わることから遠回しに聞く」ことで質問をぶつけることが続いていた。その最中での高畑の行動で「会場の雰囲気がちょっと変わった。それまで質問は高畑さんだけにぶつけられるという状況だった。そうすると周りの(出演者の)人たちも少し引く感じなる。それ一気にワッと笑いになってやわらいだ雰囲気になった」という。

    さらに高畑の気遣いを感じたのは会見終了後。去り際に直接「本当にごめんなさいね」と謝られたという。

    大女優と芸能リポーターの一連のやりとりに、MCの小倉智昭氏は(70)は「面白いよね。さすが機転も効いて」と絶賛。女優の新妻聖子(36)も「座長としての気遣いで、他の俳優さんも映るように『田山さん?』とか言って助けを求めて。その結果、みなさんも映るので、それも高畑さんの気遣いなのかな」と話していた。

    なおこれまで、芸能人と丁々発止のやりとりを長年してきた平野さんも「口を封じられたのは初めて」と話していた。
    【【テレビ】高畑淳子に“暴力的口封じ”された芸能リポーターが感じた大女優としての気遣い】の続きを読む

    41

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/05/27(金) 12:19:11.64 ID:CAP_USER9.net

    先日、号泣しながらダウンタウン愛を本人たちにぶつけて話題を呼んだ若手実力派俳優の菅田将暉だが、ここにきて、同じく“旬”の女優である小松菜奈に嫌われていることが明らかになった。

    菅田と小松は映画「ディストラクション・ベイビーズ」で共演しているのだが、21日に行われた同映画の初日舞台挨拶イベントで、撮影中は言えなかったことについて聞かれた小松は、「菅田さんのことが嫌いでした」といきなりの爆弾発言。

    この発言には菅田はもちろん、共演者たちも驚いたようだが、作品内で菅田に暴力を振るわれるという関係性だったため、「(菅田演じる)裕也ももちろん嫌いなんですけど、菅田さんまで嫌いになっちゃった」と、説明していた。

    「確かに作品内での菅田の暴力シーンのインパクトは強く、鑑賞した人の感想を見ても『菅田を嫌いになりそうだった』という意見がいくつもあった。また、小松は菅田の暴力について『本当に痛かった』と本音も漏らしていましたからね。

    しかし、菅田はそんなことを面と向かって言われても笑顔でのほほんとした対応をしていましたし、本人的には逆に気分が良かったのかもしれません。共演者もビビるくらいヤバイ演技ができていたわけですから」(映画ライター)

    また、出演中の月9ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)でも、主演の福山雅治にヘッドバットをかますなどのケンカ腰で絡むシーンでは、福山も「想像以上の力で僕に暴力を振るってきた」と話し、その迫力に固まってしまったとも振り返っていたほど。

    海外では、悪役をやると撮影の待ち時間でも共演者を寄せ付けないほど役作りができる俳優も多いと聞く。せっかくなら、菅田にもそのレベルを目指してほしいものだ。


    http://news.infoseek.co.jp/article/asajo_11283/


    【福山雅治「菅田将暉が想像以上の力で僕に暴力を振るってきた」小松菜奈「菅田将暉さんのことが嫌いでした」】の続きを読む

    このページのトップヘ