芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:月9

    w1
    w7

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/14(火) 10:18:59.80 ID:CAP_USER9.net

    フジテレビ“月9”ドラマ「ラヴソング」(月曜後9・00)の最終回(第10話)が13日に放送され、平均視聴率は9・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。

    初回10・6%、第2話9・1%、第3話9・4%、第4話8・5%、第5話8・4%、第6話6・8%、第7話6・8%、第8話7・4%、第9話8・0%、第10話9・3%と推移し、全10話の期間平均視聴率は8・5%。

    今年1月クールの「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(全10話)が記録した期間平均9・7%を下回り、月9史上最低となった。

    歌手で俳優の福山雅治(47)が3年ぶりに月9主演。ヒロインは約100人に上るオーディションから選ばれた演技未経験のシンガー・ソングライター、藤原さくら(20)。

    夢破れた元プロミュージシャンで臨床心理士の神代広平(福山)と孤独を背負った女性・佐野さくら(藤原)が音楽を通じて心を通わす姿を描いた。

    最終回は、さくら(藤原さくら)に披露宴でスピーチをしてもらうため、真美(夏帆)は野村(駿河太郎)との結婚式を前倒しし、手術の前に行うことにした。万が一、手術でさくらが声を失ったら、その願いはかなわなくなるからだ。

    そのスピーチ前に、さくらは神代(福山雅治)に今まで言えなかったことを伝えようとする。そこへ、空一(菅田将暉)がスピーチの時間だと迎えに来る。やがて、手術の前日を迎える。しかし、さくらが手術の同意書へのサインを拒絶しているという…という展開だった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160614-00000086-spnannex-ent

    【月9史上最低記録!福山雅治主演「ラヴソング」最終回視聴率9・3%「フジテレビが悪い」「酷いドラマだった」】の続きを読む

    55

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/05/26(木) 05:11:54.76 ID:CAP_USER9.net
     
    女優の菜々緒(27)が月9デビューする。桐谷美玲(26)主演で7月にスタートする恋愛ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ、月曜後9・00)に、主人公の恋のライバル役で出演する。

    女優デビュー作となった2012年の同局「主に泣いてます」に主演してから4年。看板ドラマ枠初出演に「やっと月9に出させていただけるようになったんだなと思いました。月9は自分がテレビに出る前からいろいろ見ていたので、凄くうれしい」と女優としての成長を実感している。

    ドラマは海辺のレストランを舞台に、パティシエの主人公とイケメン3兄弟との恋愛模様を描くロマンチックコメディー。主人公の初恋相手である3兄弟の長男を三浦翔平(27)、主人公をパシリ扱いする次男を山崎賢人(21)、お調子者の三男を野村周平(22)が演じる。

    菜々緒が演じるのはボストン帰りのピアニスト。三浦演じる長男の大学時代の同級生で、主人公の恋路を邪魔する役どころ。ただ、悪女ではなく、猪突猛進タイプの主人公とは対照的な、心優しい大人の女性という設定だ。

    これまで同局ドラマ「ファースト・クラス」(14年)や映画「白ゆき姫殺人事件」(同)などであくの強い役柄を熱演。悪女のイメージが定着しているが、今回は逆のキャラクター。恋する女性を演じるのも初めてとあって「新たな挑戦」と位置づけている。

    6月上旬にクランクイン。「私が出る時点で“悪女だろうな”と思われる方が多いと思うのですが、今回は違っていろんな一面が出てくる人間味のある役で、自分も本当に楽しみです。いいスパイスになれるよう頑張ります」と張り切っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160525-00000147-spnannex-ent
    【菜々緒が月9デビュー!「“悪女だろうな”と思われる方が多いと思うのですが、今回は違う」】の続きを読む

    y


    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/05/17(火) 10:11:00.24 ID:CAP_USER9.net
     
    歌手で俳優の福山雅治(47)が3年ぶりにフジテレビの看板枠「月9」の主演を務めるドラマ「ラヴソング」(月曜後9・00)の第6話が16日に放送され、平均視聴率は6・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが17日、分かった。

    これまで放送された“月9”ドラマで、最も低い視聴率を記録した尾野真千子(34)主演「極悪がんぼ」第10話(14年6月16日)の7・8%を下回り、月9史上最低を更新。

    また、今年1月に放送された女優・有村架純(23)と俳優・高良健吾(28)主演「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」全10話の平均視聴率が月9史上最低の9・7%を記録したが、「ラヴソング」の第6話終了時での平均視聴率は6・8%で「いつ恋」を下回っている。

    初回は10・6%の2桁スタートとなったが、第2話で9・1%と1桁に下落。第3話で9・4%と持ち直したが、第4話8・5%、第5話8・4%と数字を下げ、今回の放送で自己ワーストを更新した。

    ヒロインは約100人に上るオーディションから選ばれた演技未経験のシンガー・ソングライター、藤原さくら(20)。夢破れた元プロミュージシャンで現在は臨床心理士の神代広平(福山)と孤独を背負った女性・佐野さくら(藤原)が音楽を通じて心を通わす感動のヒューマン&ラブストーリー。

    福山の月9主演は2013年4月クールの「ガリレオ」第2シーズン以来。西谷弘監督をはじめ「ガリレオ」のスタッフが再び集まった。脚本は2014年に「隣のレジの梅木さん」で第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した倉光泰子氏が担当。

    第6話は、レコード会社の弦巻(大谷亮平)にラブソングを作るよう言われた神代(福山雅治)は、夏希(水野美紀)にキーボードを借りて準備を始める。一方、真美(夏帆)は、さくら(藤原さくら)と空一(菅田将暉)を仲直りさせようと、野村(駿河太郎)も呼び、アパートで食事会をする。

    だが、既に2人の関係は修復済みで、さくらは別のレコード会社から声を掛けられていることを、真美は空一から知らされる。そんな中、神代は、さくらをカフェに呼び出す。神代の女性関係に興味津々のさくらに、神代は「過去に1人だけ真面目にほれた女性がいる」と明かす…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160517-00000077-spnannex-ent


    【福山雅治主演「ラヴソング」視聴率6・8%「月9史上最低記録」「フジテレビ完全終了」】の続きを読む

    このページのトップヘ