ye

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/04/18(月) 06:12:51.764 ID:ceLOjJUt0.net

熊本地震での自粛ムードについて、“ホリエモン”こと実業家の堀江貴文氏(43)は16日、自身のツイッターで「熊本の地震への支援は粛々とすべきだが、バラエティー番組の放送延期は全く関係無い馬鹿げた行為。人のスケジュールを押さえといて勝手に何も言わずキャンセルするとはね。アホな放送局だ」と発言。

また、ACミランの日本代表FW本田圭佑(29)も同日、自身の公式サイトで「様々な分野で自粛のニュースを目にしますが僕は自粛するのは間違ってると思います」と自粛ムードを疑問視する声をあげている。

尾木ママ、民放の自粛ムードに持論「あまりにも当然!」

“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(69)が17日、自身のブログを更新。熊本地震の発生以後、民放が自粛ムードにあることについて「あまりにも当然!」と持論を展開した。

尾木ママは地震発生以後、民放各社がバラエティー番組の放送延期、中止など自粛ムードがあることについて「水も食料もなく 避難所にも入れないで グランドで寒さのなか 身を寄せあっておられるたくさんの被災者の皆さん」がいる状況では、

「普段通りの楽しい番組構成にブレーキかかるのあまりにも当然!人間らしい共感能力あれば自粛して工夫しょうとするのはあまりにも当然!」とつづり、“番組自粛”という対応は「人として豊かな心遣いではないでしょうか」と私見を述べた。
【尾木ママが民放の自粛ムードに持論「人間らしい共感能力あれば自粛して当然!」】の続きを読む