芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:歌手

    jpg


    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/11(月) 15:40:13.96 ID:CAP_USER*.net

    松田聖子といえば、デビュー35周年を迎えた昨年は大みそかの「NHK紅白歌合戦」で大トリを務めて、「日本レコード大賞」では「最優秀歌唱賞」を受賞するなど存在感を放った。

    ベテラン歌手にとって人気のバロメーターとされるディナーショーも、ホテルによっては5万円という高額の値段設定になることもありながら、現役屈指の売れ行きを誇り、ほとんど完売状態。近年では業界内でも歌手としてその才能を再評価されているという。

    「音楽業界が一番元気だった80年代、90年代には多くの歌手やアイドルが派手な活躍を見せましたが、いまだにコンスタントに活躍し、知名度だけでなく、実際に大きなお金を動かしているのは聖子くらいじゃないですかね。やはり聖子は化け物ですよ」とはレコード会社幹部。

    デビュー35周年を最高のカタチで飾り、いまだ存在感を放つ聖子。だが、そんな稀代のカリスマ歌手にも悩みはあるようだ。なんとあろうことか、最近は実の娘である神田沙也加にライバル心をむき出しにしているという。

    沙也加といえば、SAYAKAとしてデビューするもブレークには至らず、芸能活動を休業。その後、舞台や声優として地道に実力を磨き、神田沙也加として芸能活動を再開すると、一昨年にはディズニー映画「アナと雪の女王」の王女・アナ役の日本語吹替えを好演し、近年では女優、歌手として高い評価を受けている。

    通常であれば、母親であれば愛娘のブレークを喜びそうなものだが、そこは“生涯アイドル”、“生涯女”である聖子の聖子たるゆえん。

    「聖子さんは『アナ雪』で人気歌手、人気女優の地位を築いた娘の沙也加さんを執拗なまでに意識していて、『あの衣装は地味だ』とか、『あの男とは付き合ってはダメだ』など難癖をつけているそうです」とは聖子をよく知る関係者。

    そんな聖子の娘に対する態度を見かねて、聖子の母親が孫娘のフォローに回ったというが、「元々、沙也加さんを育てたのは仕事一筋のお母さんというよりも、おばあちゃんですからね。

    聖子さんの母親が孫娘の沙也加さんの肩を持つのは当然でしょう。ついには、聖子さんは自分の母親とも口を利かないほど険悪な状態になっているようです」(同関係者)

    親子どころか、聖子VS母&娘といった3代にわたっての対立構図が形成されてしまっているというから、驚くばかりだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1115059/
    【松田聖子が娘の神田沙也加と嫉妬が原因で対立!?実母も参戦して泥沼の家族バトルに!!】の続きを読む

    lt


    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/04/12(火) 09:45:14.09 ID:CAP_USER*.net
     
    歌手で俳優の福山雅治(47)が3年ぶりにフジテレビの看板枠「月9」の主演を務める「ラヴソング」(月曜後9・00)が11日に30分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は10・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。

    ヒロインは演技未経験の歌手・藤原さくら(20)。夢破れた元プロミュージシャン・神代広平(福山)と対人関係が苦手な孤独な女性・佐野さくら(藤原)が出会い、音楽を通じて心を通わす感動のヒューマン&ラブストーリー。

    福山の月9主演は2013年4月クールの「ガリレオ」第2シーズン以来。西谷弘監督をはじめ「ガリレオ」のスタッフが再び集まった。脚本は2014年に「隣のレジの梅木さん」で第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した倉光泰子氏が担当。

    初回は、独身で定住はせず、持ち前のルックスを生かして女性の家を転々とする生活をしている神代(福山)は、この日も潮時と感じた女性に別れを告げ、少ない荷物とギターケースを担いでいた。

    かつてプロのミュージシャンとして活躍していた神代は、大型車販売店の企業カウンセラーとして働いていた。一方、同じ販売店の整備工場に勤めるさくら(藤原)は同僚とうまくコミュニケーションが取れず、上司の滝川(木下ほうか)にいつも注意されていた…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160412-00000077-spnannex-ent
    【福山雅治が主演の月9「ラヴソング」初回視聴率は10・6%「終わったな」「低すぎる」】の続きを読む

    n


    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/04/11(月) 15:08:19.40 ID:CAP_USER*.net
     
    歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(23)が、ベッキーとの不倫騒動渦中にあるゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)と一緒に撮った写真を公開し、一部ファンからは批判の声があがっている。

    きゃりーやゲスの極み乙女。、RIP SLYMEなどが所属するワーナーミュージック・ジャパン内のレーベルunBORDE(アンボルデ)の5周年を記念したイベントが10日、幕張メッセイベントホールで開催された。

    きゃりーは11日、その出演者たちと舞台裏で写した集合写真をインスタグラムで公開。

    その中央に川谷の姿があったことに複雑な思いのきゃりーファンも少なからずいたようで、「ゲスの写真載せて欲しくないです。。」「ゲスは自粛するべき!!」

    「キャリーも所詮ゲスの味方かー同じ女としてがっかりした」「ゲスと仲良くするのはいいとしても、わざわざインスタにあげちゃうきゃりーちゃんもどうかと」といった声も寄せられた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00000086-nksports-ent
    【きゃりーぱみゅぱみゅがゲスの極み乙女の川谷絵音との写真を公開にファンから批判の声】の続きを読む

    -p1
    1-p2
    3

    1 :野良ハムスター ★@\(^o^)/:2016/04/08(金) 12:20:28.95 ID:CAP_USER*.net

    多忙のために、すれ違いも多かった父で俳優の中川勝彦さん(1994年死去)との間に、こんな思い出がある。

    「プレーしていると、父が『あ、そっちに行けば宝箱に魔法の絨毯があるよ』と言いだして、攻略本なしでクリアしたかった私は大号泣。父と話す機会は少なかったんですが、今思うと絶対に父もDQが好きだったんでしょうね」

    以来、ファン暦は20年以上。

    「シリーズをプレーすると、父と遊んだ記憶や当時の家の雰囲気がよみがえってくるんです。アルバムにも残っていないのに。きっと心の冒険の書に、しっかりとセーブされているんですね」

    落ち込んでいた10代の時期を支えてくれた存在でもある。

    「10代の頃はず~っとネガティブに悩んでいました。そのときに心を守ってくれたのが歌やゲーム、本や漫画でした。

    好きなことをいっぱい見つけて『大好きだから』という思いで没頭してきたことに、今も助けられていると思います。同じように落ち込んでいる10代の子には、いろんな大好きを見つけると、未来はキラキラと輝くんだと伝えたいです」

    オタクの効用をこの人が語ると実に説得力がある。

    「堀井さんが『人生はロールプレーイング』という言葉を、そっと置いてくれた。“DQイズム”でポジティブになれるんです。人生に無駄な瞬間なんてなくって、絶対に経験値になるんです」

    さて、今年は歌手デビュー10周年。本人いわく「レベル30」(30歳)になり、心境の変化は?

    「これまでは、できないことにぶつかると『できない、無理、怖い』とふさぎ込んじゃったんです。でも、30代は挑戦する姿勢が大切なんだと周りからも言われますし、自分でもそう思います。初めての扉を開けてレベルアップにつなげていけるようにしたいですね」

    32歳を一つのターニングポイントにしている。勝彦さんと敬愛するアクションスター、ブルース・リーが亡くなった年齢だからだ。

    「子供の頃から32歳の自分はどんな風になっているんだろう、と考えていたんですけど、もう来年なんだ! 今年のツアーが終わったら、婚活に動いた方がいいのかな…。

    ちゃんと子孫を残さなきゃという思いがあるんですけど、やりたいことも多すぎて。なので、32歳で突然結婚したいと思います。今のところ何の前触れもないですけどね」

    今はツアー本番に向けて猛特訓中。

    「アリーナはレベル1から、私はレベル30からのレベル1で冒険が始まります。トレーニングでレベル上げして『閃光(せんこう)烈火拳(ゲームの必殺技)』で会心の一撃を出します!」

    しょこたんの冒険の旅は続く。 (ペン・磯西賢 カメラ・早坂洋祐)

    http://www.zakzak.co.jp/people/news/20160407/peo1604070830001-n2.htm
    【中川翔子が32歳での結婚を宣言!「子孫を残さなきゃという思いがあるんです」】の続きを読む

    be

    1 :神のみそ汁 ★@\(^o^)/:2016/04/08(金) 17:02:42.14 ID:CAP_USER*.net

    歌手の早見優(49)が自身のブログで、同じく歌手の森口博子(47)、松本伊代(50)とともに、ミニスカートの衣装を着ている写真を公開している。

    早見によると、ある企業のパーティで、森口、松本んとジョイントミニライブをおこなったといい、ブログでは黒にメタリック素材を合わせたドレスを着た早見、ピンクのAラインワンピースを着た松本、スパンコール素材が全面についたワンピースを着た森口の3人が写る写真を公開。

    全員スカートの丈はひざ上のミニスカート姿。

    ファンからは「優ちゃんはカッコいい担当、伊代ちゃんはかわゅい担当、森口さんはプチセクシーって感じかな。」「素敵なショットですね」といった声が寄せられている。

    早見、森口、松本は80年代アイドルとしてユニットを結成しており、これまでにも本田美奈子.追悼ライブやディナーショーなどといった活動を行っている。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160408-16620488-amebanews
    【早見優(49)森口博子(47)松本伊代(50)がミニスカート姿を公開「正直これはキツイ」】の続きを読む

    429
    432

    1 :BaaaaaaaaQφ ★@\(^o^)/:2016/04/04(月) 18:25:22.67 ID:CAP_USER*.net

    歌手の藤井フミヤさんとボクシング元世界王者の亀田興毅さんが4日、NHKBSプレミアムの旅番組「チョイ住み in 台北」の会見に出席。

    番組で、初対面ながら、台北のアパートで1週間共同生活した2人は、旅が終わるころには意気投合したといい、藤井さんは、亀田さんの印象について「根はまじめなやつだなと思った。確かに、まじめに練習しないとチャンピオンにはなれないよね」と話し、

    亀田さんは藤井さんについて「めちゃくちゃいい人。家事などを全部やってくれるから甘えすぎた」と振り返り、「最後は甘えたままではダメだと、生まれて初めて洗い物をした。一緒に暮らしてみて初めて、人の内面が見えるけれど、人間的にもなかなかいない人だと思う」と語っていた。

    「チョイ住み」は、異国に旅行するのではなく、“ちょっとだけ住んでみる”という感覚の旅番組。普通の家に住み、日用品を買い、食事を作るなど、現地の人と同じ行動をすることで、ガイドブックには載っていない国の魅力を紹介する。

    「仲が良い人同士を避け、“どうなるか予想がつかないペア”でキャスティングしている」といい、過去には、俳優の千葉雄大さんと、編集者の武井義明さんがパリに、スポーツキャスターの浅田舞さんと料理研究家の中本ルリ子さんが米ニューヨークに“チョイ住み”している。

    藤井さんと亀田さんは、ともに台北は初めて。ガイドブックを見てはいけないというルールがあったが、道に迷った時でも、日本語で現地の人に道を尋ねる亀田さんに対し、藤井さんはインターネットを駆使するなど、それぞれの個性が際立ったという。

    また、奇麗なレストランに入ってはいけないというルールのため、亀田さんは徐々に食事をとらなくなっていったというが、藤井さんが手作りの火鍋を振る舞ったといい、亀田さんは「めちゃくちゃおいしかった。台湾で食べた料理の中で一番おいしかった」と、絶賛していた。

    旅が終わる時に藤井さんは「(住んでいた)部屋を出て、空港を出たらさみしいと感じた」といい、亀田さんを空港から家まで車で送り届けたという。一方の亀田さんも「最初はどうなるか、大丈夫かな?と思ったけど、あっという間でさみしい気持ちになった。勉強になった」とコメント。

    また、これまでビールを飲んだことがなかったという亀田さんは、藤井さんから「ビールを教えてもらった」といい、この旅を通じて「お酒に強くなった」と話していた。30日午後7時半から放送。

    http://mantan-web.jp/2016/04/04/20160404dog00m200016000c.html
    【藤井フミヤと亀田興毅が台湾で1週間の共同生活「めちゃくちゃいい人」】の続きを読む

    このページのトップヘ