芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:活動

    67
    1: 名無しさん 2017/08/19(土) 20:59:48.45 _USER9
    俳優の船越英一郎(57)と泥沼の離婚劇を展開している女優の松居一代(60)が18日、自身のブログを更新した。

    松居は九州北部豪雨で甚大な被害を受けた福岡県朝倉市でのボランティアを終え、「涙の…なみだの…」と題したブログで「松居… 最高の愛を頂きました最強チームが作ってくれた世界にひとつしかないアルバム」とアルバムを抱きしめる写真をアップした。

    その上で「18日間…お世話になった、朝倉市を出発しましたボランティア最強チームが見送ってくれたんです泣いて…泣いて…あたし…本物の優しさを頂きました還暦になって本当の愛を知りました夫にもらったことの無い大きな大きな愛をたくさんいただきました」と感動の言葉をつづった。

    ボランティア活動を通じた出会いに「元気薬をもらいましたよ本当に本当にありがとうありがとうございまーすあたし…生き抜きますよ必ず、幸せになりますよ家族のみんなあたし…泣き虫だけど嘘は絶対につかないで前を見て歩いていきますね見守ってねずっと…ずっとよ本当にありがとうありがとうありがとう」と感謝を表していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000031-sph-ent 
    【【芸能】松居一代がボランティア活動を終え福岡県朝倉市を出発「夫にもらったことの無い愛をいただきました」】の続きを読む

    i
    1: 名無しさん 2017/08/17(木) 04:58:08.36 _USER9
    6月のAKB48グループ総選挙で結婚を宣言し、今月30日にNMB48を卒業する須藤凜々花(20)が9月以降も芸能活動を継続することが16日、分かった。

    須藤が続行の意志を固めたようで、関係者によると周囲に、OGらと同じ事務所一員として「テレビもラジオも続けます」と話している。

    読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」(金曜午後7時)にレギュラー出演しているが、9月1日放送分とその後の放送分(放送日未定)も収録済み。同局は「降板の話は現状出ていない」とコメントした。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-01873223-nksports-ent 
    【【結婚宣言】須藤凜々花、NMB卒業後も芸能活動継続へ】の続きを読む

    32
    1: 名無しさん 2017/05/07(日) 21:13:24.64 ID:CAP_USER9
    “浪速の闘拳”が、今はその手でボクサーのパンチを受け止めている。ボクシングの元世界チャンピオンで日本人初の3階級制覇を成し遂げた亀田興毅(30)は、新米トレーナーとして歩み始めた一方、業界のさらなる人気アップにさまざまな活動に精を出している。

    「ボクシングのおかげで今があるわけで。恩返しのひとつになれば」と、落ち着いた口調で語った。「亀田三兄弟」の長男としてリングで、また時にはリング外で注目を浴び続けた男の今を聞いた。

    華々しい現役生活から、今は裏方としての仕事に注力している。「今の主な活動はトレーナーですね。これからいろんな選手を見ていけたら」と、指導者として進み始めている。

    三兄弟の三男、和毅のチーフトレーナーのほか、先月21日には女子プロボクサーの高野人母美のトレーナーに就任したことを発表した。「今でも毎日7キロ走っていますが、まあまあしんどいですね」と苦笑いした。

    ミットを持って選手の練習に付き合うかたわら、ボクシング業界発展のために動き回っている。「今までより出歩くことは多くなりましたね。練習がない分、いっぱいスケジュールが入れられる。スケジュールが入ってないと不安なタイプなんで」。興行やテレビ企画などの打ち合わせ、会議で次々に予定は埋まっていく。

    「ひとつのものを作り出そうとしたら、ポッとは作られへんから。チームで会議を何回も重ねて作り出していく。ボクシングで言えば、ロードワークみたいなもの」と、地道な活動を続けている。

    不慣れな仕事が続けられるのも、使命感に支えられているからだ。「今のボクシングを、またもう一発(人気の)底上げをするには、何か起爆剤が必要なんですよ。ボクシング界のためにも、自分が体を張った広告塔みたいなもの。

    自分もボクシングのおかげで今があるわけで、恩返しのひとつになればいいな」と、メディア露出の機会も求め続けた。現在、日本ジム所属の世界チャンピオンは11人もいるが、ブームと呼べる状況にはなっていない。かつて自分が浴びた脚光を、今はボクシング界全体に浴びせたい思いが日に日に強まっている。

    3人の息子たちへの思いは、少し迷いもある。自身と同じ三兄弟で、長男は4歳になった。「もともとボクシングはやらせたくなかったです。自分がいいことも悪いことも経験してきたんで。自分の場合はたまたま、普通のボクサーより注目されてよかったけど、なかなかボクシングだけで飯が食える業界でもない」という。

    「同じ時間を過ごすなら、もっといい過ごし方があるんちゃうかなと。それに自分や大毅、和毅も世界チャンピオンになっているから、息子がなっても『だから、どないしたんや』ってことになるじゃないですか。だったら他のスポーツで、自分ができなかったことで頂点極めてくれたらすごいなと思う」と考えながら思いを明かした。

    だが、ボクシング界のことを考え始めたころから、息子がリングに上がることも想像し始めた。「おれが(アマの)試合にデビューしたのが14歳。息子は今4歳だからあと10年後くらいですかね。

    バーンとデビューしたら、ドラマになるのかなと思うこともあります。(引退して)自分がボクシング界を盛り上げる側になってから、やらせてもいいかなと思うようになってきた。小さい子供やU-15の活動も活性化してきて、そういう交流も深めていきたい」と、息子も含めてジュニア世代に新たなスター誕生も期待している。

    すべてはボクシング界のため。5月7日にはAbemaTVの企画「亀田興毅に勝ったら1000万円」で一般人とリングで戦うという“荒業”にも応じた。

    「格闘技で素人とリングで交わるってことはまずないですからね。もし万が一負けたら、自分だけじゃなく他のプロまでなめられる。でも、そんな企画に出るのも盛り上げるという理由があるから。リングで戦うには何か理由がいるんですよ」と、戦う男の目をぎらつかせた。亀田は今、ボクシング界復興に立ちはだかる、大きくて見えない敵と戦い続けている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00010005-abema-fight
    【【ボクシング】亀田興毅「ボクシングのおかげで今がある」業界活動で恩返し 5月7日「亀田興毅に勝ったら1000万円」】の続きを読む

    ika
    1 : 豆次郎 ★@無断転載は禁止2017/02/12(日) 18:18:17.28 ID:CAP_USER9
    電撃引退へ!! 女優、清水富美加(22)が芸能界を引退する意思を固めたことが11日、分かった。関係者によると、先月下旬に宗教団体「幸福の科学」の信者であることを所属事務所に明かし、「仕事を辞めて幸福の科学に出家(就職)します」と説明したという。

    清水は、今月4日に出演したフジテレビ系「にじいろジーン」を最後に仕事をすべて欠席しており、事務所は対応に追われている。 

    映画、ドラマのみならず、バラエティーでも活躍中の新進女優が、芸能界を去る決断をした-。 

    関係者によると、先月19日、幸福の科学グループ総裁の大川隆法氏(60)が清水の守護霊に“インタビュー”した動画が同団体の公式サイトに掲載。その動画に気づいたチーフマネジャーが清水に確認したところ、「実は信者なんです」と一家で信者だったことを告白した。 

    清水はその後も普段通り仕事を続けていたが、同下旬にマネジャーを呼び出し、立ち会った同団体側の弁護士2人の前で「仕事を辞めて幸福の科学に出家します。幸福の科学のために働きたい。専念したいです」と自ら引退を宣言。マネジャーが清水に何を話しかけても通じない状態だった。 

    2008年に事務所のオーディションでグッドキャラクター賞を受賞し、芸能界デビュー。15年にNHK連続テレビ小説「まれ」でブレークし、抜群のトーク力を武器に現在は「にじいろ-」(土曜前8・30)などレギュラー番組2本、ラジオ1本、CM2本を持つ人気者に成長した。 

    今月3日には守護霊のインタビューが書籍「女優・清水富美加の可能性」として発売され、翌4日の「にじいろ-」を最後に清水は仕事を放棄。事務所は当初、休んだ理由を体調不良にしていたが、現在は関係各所に事実を説明するなど対応に追われている。本人とは音信不通という。 

    この日、清水が公式ツイッターで「来週、ある『宣言』をします」と意味深に投稿。しかし、すぐにツイッターが削除されると直後に個人ツイッターを立ち上げ、「色々ありましたし、色々あります」と告白。同日深夜には「私以外に私の本当の事を語れる人なんていないことを、今のうちに言っておきます。自分の真実くらい、自分で語らせて下さい」と綴った。 

    別の関係者によると、事務所は清水との契約が残っており、「せめて契約期間中に決まっている仕事はやり遂げてほしい」と説得しているが、団体側はすぐに事務所を退社させたい意向で、平行線をたどっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000503-sanspo-ent
    【「出家します」清水富美加が電撃引退!『幸福の科学』活動専念へ】の続きを読む

    このページのトップヘ