芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:涙

    37
    1: 名無しさん 2017/10/20(金) 19:18:27.80 _USER9
    モデルで女優の水原希子(27)が、「自分らしく、正直に生きるってこんなに大変なんだ」と辛い胸中を吐露した。

    水原は20日、ツイッターを更新。
    「朝から涙が出る。今日は何だか弱いな私」と書き出し、「自分らしく、正直に生きるってこんなに大変なんだ。でも嘘は嫌だよ」と意味深長につづった。

    何があったのか詳細は明かしていないが、ネット上で批判を浴びることも少なくない水原。先日は人種差別的な誹謗(ひぼう)中傷に対し、ツイッターで「1日も早く、この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい。そして、世界中の人がどこにいても自分らしく生きていける世の中になるように、まずは私が私らしくこれからも強い心を持って、生きていこうと想います」とつづっていた。

    今回もそうした中傷を受けたのか、「HateよりLoveの方が気持ちが良い。そんなに嫌いにならないで」と呼びかけ、「私も皆と一緒。この世界に生きる1人の人間」と訴えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00032541-nksports-ent 
    【【モデル】水原希子「そんなに嫌いにならないで」涙で胸中訴え】の続きを読む

    2y

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/07/03(日) 14:44:55.35 ID:CAP_USER9.net

    経歴詐称問題でテレビなどへの出演を自粛しているショーンKは後悔の涙に暮れていた―。

    元フジテレビの長谷川豊アナ(41)が3日放送の読売テレビのバラエティー「クギヅケ!」に出演し、「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏(48)からのメール内容を披露した。

    飲み仲間だったという長谷川に届いたメールの文言は「(今もつらくて)涙が止まりません」。

    長谷川は「心は折れていますね」と推察しながら「悪い人じゃない。事務所が(学歴を詐称するなど)頑張りすぎてしまった」とかばった。ショーンKの現在の行方は知らないという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00000131-sph-ent
    【ショーンK「涙が止まりません」飲み仲間の長谷川豊アナがメール公開「心は折れている。悪い人じゃない。事務所が学歴を詐称した」】の続きを読む

    3q

    1 :ひろし ★@\(^o^)/:2016/07/01(金) 23:43:54.46 ID:CAP_USER9.net
     
    俳優の木下ほうか(52)が1日、フジテレビ系の「ダウンタウンなう」に出演し、人気の「はしご酒」コーナーで、恩人と慕う島田紳助さんから涙声で電話があり、木下が売れたことを喜んでくれたことを明かした。

    木下が芸能界に入ったきっかけが16歳の時に紳助さんと松本竜介さんが主演した映画「ガキ帝国」(1981年)のオーディションを受けて合格し、出演したことだった。

    以後、「紳助兄さんにずっと世話になっていて。彼が恩人でもあり見本でしたから。あんな感じになりたいと思ってました」と語った。

    木下が「イヤミ課長」として遅まきながら売れ、ゴールデンタイムの連続ドラマに出演するようになったことで、紳助さんから昨年12月に電話があったという。

    木下は「紳助兄さんはちょっと泣き声でね。『俺は今、ぜんぜんテレビ見いひんけど、お前えらい売れてるらしいな。俺が引退してからそのニュース聞いて一番うれしかった』」と紳助さんが引退後に接したニュースのなかで、一番うれしいことだったと喜んでくれたことをしみじみと語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00000097-dal-ent
    【「島田紳助さんから涙声で電話があった」木下ほうか「引退して一番うれしいニュース」ダウンタウンの番組に出演】の続きを読む

    aw

    1 :ひろし ★@\(^o^)/:2016/06/16(木) 23:08:49.16 ID:CAP_USER9.net
     
    12日に第1子となる男児を出産した女優・釈由美子(38)が16日夜、ブログを更新し、「理由もなく涙が止まりませんでした。これが、噂の産後ホルモンってやつかな」と不安な気持ちを吐露した。

    出産した産院では、産後4日で退院するのが基本ルールというが、釈は、「お願いして」週末まで延泊させてもらうことに。

    身体の痛みは出産の翌日が一番辛かったといい、出産から3日間は「おそらく脳内モルヒネ効果でナチュラルハイで過ごせていました」というが、4日目にどっと疲れが出たそうで、「産褥期なめてました」と明かした。

    産褥(さんじょく)期とは、妊娠・出産によって起こった母胎の変化が妊娠前の状態に戻るまでの期間(産後から6~8週間といわれる)を言う。

    15日夜は「疲れすぎて眠いのに眠れない」状態だったそうで、母となった「責任の重さにひとり震えました」と告白。

    そして「理由もなくただただ涙が止まりませんでした。。」と明かし、「これが、噂の産後ホルモンってやつかな」と出産でホルモンバランスが崩れた可能性にも言及。

    寝かしつけた夜の時間が唯一のリラックスタイムという釈。

    「だったらブログなんていいからさっさと寝ればいいのに、ってわかってるんですが」と再び自らにツッコミを入れ、「飾らない気持ちを吐き出して自分を客観的に見たかったのかもしれません」と心境を吐露していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160616-00000129-dal-ent
    【釈由美子が産後うつ病「疲れすぎて眠いのに眠れない。理由もなく涙が止まらない。母となった責任の重さに震えた」】の続きを読む

    このページのトップヘ