芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:演技

    37
    1: 名無しさん 2017/08/23(水) 10:54:36.05 _USER9
    下手な役者に薄っぺらい脚本、ベタな演出、そして、プロダクションへの忖度――。日本のドラマ業界が抱える数多の問題点を、各局の情報番組でコメンテーターを務めるデーブ・スペクター氏が敢えて喝破する。

    僕は日本のテレビ番組すべてがダメと言ってるワケではありません。ニュース、バラエティ番組は世界的に見てもレベルが高いと感じています。ただ、ドラマだけは本当にひどすぎる。20~30年前と比べて進歩するどころか、どんどんクオリティが下がっている。特に問題なのは役者の演技力。

    僕もテレビ業界で仕事をしてるから、あんまり厳しいことは言えませんが……。まぁ、演技のレベルはあらゆる先進国のなかでもぶっちぎりで最悪だと思いますね。

    デーブ・スペクター氏
    もちろん、なかには面白いと感じるドラマもあるんです。「家政婦のミタ」みたいに伝えたいテーマのハッキリした、ハイコンセプトな作品は欠かさず観ていました。役所広司や樹木希林、桃井かおりをはじめ、芝居のうまい役者もいる。名作として印象に残っているのは97年にTBS系で放映された「青い鳥」ですね。

    主演した豊川悦司と夏川結衣の不倫逃避行を描いているんですけど、オーバーな演技は一切なく、どのシーンも抑制が利いていて画面から緊張感が伝わってきた。でも、どうして20年も前のドラマを取り上げるのかと言えば、それ以降、大人の鑑賞に堪える欧米型のドラマが作られていないからです。

    連ドラに出演する役者の8割は、とにかく芝居が大げさで「わたし、いま演技してまぁす!」と顔に書いてある。それに、喋り方が不自然だからセリフに集中できない。以前から不思議に思ってるんですが、日本の役者はセリフの途中に奇妙な間を一拍置くんです。「なんで、そういうことを、言うんだ、君は?」といった感じで。

    あと、セリフの語尾で息を吐きますよね。「この前さ(はぁー)、どうして(へぇー)」、と。溜めを作って聞きやすくしているつもりかもしれないけど、セリフが隙間だらけで素人っぽい印象しか残らない。

    だって、僕らが会話をする時に、そんな勿体ぶった喋り方しないでしょ。その上、すぐに感情を剥き出しにして怒鳴る。大声でセリフを叫ぶことが、気持ちのこもった演技だと勘違いしてるんだろうね。

    とはいえ、役者だけを責めるのはかわいそう。何しろ、日本のドラマに出演してるのは、芝居経験に乏しい、モデルやアイドル上がりの素人同然の芸能人が多すぎるから。制作スタッフも大変ですよ。撮り直す時は、「こっちの技術的なことで、もう一回お願いします!」と言うんですけど、本当は芝居の技術が足りないだけ。

    しかも、厳しく指導して女優に泣かれたら面倒だし、どっちみち良くならないから、適当なところで切り上げる。これで傑作ができると思いますか。

    僕は単に日本のドラマの悪口を言いたいワケではありません。むしろ、素晴らしい作品を生み出すために建設的な議論がしたい。それだけに、いつまで経っても下手な役者を使い、海外ドラマに学ぼうとしないテレビ局のドラマ作りの姿勢には失望してるんです。

    実は、欧米ではここ10年ほどテレビドラマの「黄金時代」が続いています。火付け役となったのは99年にスタートした、現代版「ゴッドファーザー」と言うべき骨太な群像劇「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」。

    それ以降、ケビン・スペイシーが製作総指揮を務めた政治ドラマ「ハウス・オブ・カード」や、圧倒的なオリジナリティが魅力の「ブレイキング・バッド」といった話題作が続々と登場しています。

    第一次大戦前後を舞台に貴族と使用人の人間模様を描く、イギリス発の「ダウントン・アビー」は、世界で最もヒットしたドラマになりました。そして、「ゲーム・オブ・スローンズ」は言うまでもない。

    正直、こうした海外ドラマは制作費も映画並みなんですが、作品の完成度はもはやハリウッドを凌駕している。映画業界全体が儲からなくなったせいで、ハリウッドが手掛けるのは海外でもウケやすい大味なアクションや、コミック原作ばかり。

    僕もかなりの映画好きだったけど、いまや映画館に足を運ぶのは年に2、3回程度。一方で週5~6本の海外ドラマを欠かさず観ている。それくらい、いまの海外ドラマは面白い。たとえば、「ブレイキング・バッド」のストーリーはこうです。末期がんを宣告された田舎町のサエない化学教師が、障害を抱える息子に財産を残すため覚醒剤の密造に手を染め、闇社会とのトラブルに巻き込まれる――。

    ※続きます

    http://news.livedoor.com/article/detail/13498826/ 
    【【テレビ】デーブ・スペクター「日本の役者の演技力は先進国のなかでもぶっちぎりで最悪」「日本のテレビ局は2年間ドラマ制作をやめよ」】の続きを読む

    o5
    o1
    o2
    o3

    1 : 湛然 ★@2016/07/13(水) 04:57:39.88 ID:CAP_USER9

    12日、女優の波瑠が民放連続ドラマ初主演を務める新ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(関西テレビ・フジテレビ系/毎週火曜よる10時 ※初回のみ9時から2時間SP)が放送スタート。

    内藤了氏の「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズ(角川ホラー文庫刊)を原作に、不可解な猟奇殺人事件の真実を暴くため、個性豊かな捜査班たちが凶悪犯と対峙していく物語の今作。

    波瑠の同僚役を演じた、モデルで女優の篠田麻里子の衝撃の結末に、視聴者からは多くの反響が集まっている。

    ◆初の女性警官役に挑戦

    今回、初の警察官役に挑んだ篠田が演じたのは、波瑠演じる主人公・藤堂比奈子の同僚・鈴木仁美。異性との出会いを求めて合コン三昧の日々を送っており、合コンが苦手な比奈子を度々誘う、明るく社交的な性格。

    署内の事情にも詳しく、東海林泰久(横山裕)が違法捜査に手を出しているという噂も知っており、東海林に気をつけるよう比奈子に注意を促しているという役どころだ。

    しかし中盤で、事件の犯人が被害者を襲撃する凄惨な映像を鑑識の三木健(斉藤慎二)がネットに投稿されているのを見つける。

    その時、同じ合コンに居合わせていた仁美はすぐさま比奈子に連絡するが、翌日突然遺体となって発見された。その後、仁美が犯人に殺害される瞬間の映像もネットに投稿されるという衝撃の展開を迎えた。

    ◆まさかの“死”に視聴者から反響殺到

    第1話の放送開始から50分ほどで篠田の出番が終了してしまったこと、さらには殺害されるという予想外の結末に「麻里ちゃん~!!」「えっ麻里子様殺された…?」「嘘だろまりちゃん!!」「麻里ちゃん生き返ってーーー」「まさか初回で死ぬとは…」と視聴者からは驚きの声が殺到。

    Twitterでは「麻里ちゃん」「麻里子様」がトレンド入りする反響ぶりを見せた。

    │  ドラマON楽しかったー(≧∇≦)
    │   篠田麻里子 (@mariko_dayo) July 12, 2016

    放送終了後、篠田は自身のTwitterにて「ドラマON楽しかったー」と感想をツイート。

    そんな篠田に、ファンからは「もっと麻里ちゃん見たかったよおおお」「まりちゃんもう出ないの?」「あっという間だったけど、警察官役可愛かったよ~!お疲れ様でした」などメッセージが寄せられている。(modelpress編集部)


    http://mdpr.jp/news/detail/1597895
    【衝撃の結末に視聴者絶叫と唖然!「篠田麻里子がまさか初回で消える」「麻里ちゃん生き返って」「棒演技の下手がドラマに出られただけマシ」】の続きを読む

    56

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/26(日) 19:05:58.39 ID:CAP_USER9.net

    これも人気者となった証か。NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」や映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」で好演している高畑充希に“アンチ”の声が聞こえ始めている。

    ネット上では以前から「あまりかわいくない」「歌うと音程がズレる」など批判の声もあったが、最近はもっと深刻なバッシングが増えているという。

    「特に高畑さんと同世代の20代女性から『自分の演技が上手いと思っているのがにじみ出ていて鼻につく』『謙虚さがない』『プライドが高い』『ガツガツしすぎ』といった人格にまつわる厳しい指摘が多いんです。

    高畑さんはドラマや映画だけでなく、バラエティ番組にも出演することが増えたために、必然的に素の部分が見えてしまったことが原因なのでは。中には『ホリプロの剛力彩芽』とゴリ押し批判の声まであります」(女性誌編集者)

    この現象、心療内科医によると少々厄介なことらしい。

    「特に理由はないけれど何だかいけ好かない、なぜか嫌いと思われてしまうところが問題です。理由があるなら改善すれば済むことですが、もやもやした負の感情は、言われたほうもどこを改善すればいいのかわかりませんからね」

    メディア出演が急激に増えている高畑だが、よきタイミングで小休止を入れたほうが、芸能界では長生きできそうだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1151925/
    【20代女性がNHK「とと姉ちゃん」高畑充希を批判!「顔がかわいくない」「痛くなくても普通にブス」「綺麗な女優が見たい」】の続きを読む

    r1
    10
    07
    23

    1 :Hero syndrome ★@\(^o^)/:2016/06/25(土) 11:36:02.50 ID:CAP_USER9.net

    ジブリ映画作品をはじめ、芸能人や著名人が「声優」としてアニメや洋画で演技をすることが増えましたよね。中には本職顔負けの演技力と評判の芸能人も!

    そこで今回は 「声優が上手すぎるんじゃない?」と思う芸能人を調査してきました。どんな芸能人がランク・インしているでしょうか。早速結果を確認しちゃいましょう。

    声優じゃないのに声優が上手すぎると思う芸能人ランキング
    1位 夏木マリ
    2位 松たか子
    3位 神田沙也加
    3位 ラサール石井

    女優であり、近年はシャンソン歌手としても活躍中の 「夏木マリ」が堂々1位に!2001年公開の『千と千尋の神隠し』で 湯婆婆を演じたことが話題になりましたよね。

    その圧倒的存在感と、キャラクターに合った嫌味ったらしい演技がピッタリで、他の声優が湯婆婆を演じることが想像できないくらいの ハマリ役でした。

    他にも『メタルギアソリッド4』では80歳の女性であるビッグ・ママ(EVA)を演じました。 こちらも迫力があると好評で、声優としての夏木マリの評価を揺るぎなくした作品です。

    2位は演技派女優であり、歌手としても評価の高い 「松たか子」が選ばれました。『ブレイブ・ストーリー』では小学5年生の主人公「三谷亘」役を演じましたが、良い意味で、松たか子らしくない少年の役を完全に演じきっていて、映画を見た人の評価はかなり高かったようです。

    そしてなんと言っても 『アナと雪の女王』でヒロインのエルサを演じ、その演技だけでなく、劇中歌『Let It Go』の歌声も 「素晴らしい!」と評価されたことは記憶に新しいのではないでしょうか。声優としての演技が必ず評価される女優は、恐らく松たか子だけではないかと思います。

    現在ミュージカルを中心に活動している 「神田沙也加」と、こち亀の両津勘吉を演じた「ラサール石井」が同率で3位にランク・イン。

    神田沙也加と言えば、松田聖子の娘というイメージからどうしても 「親の七光り」という言葉が浮かんできますが、2位の松たか子同様、『アナと雪の女王』でエルサの妹アナを演じ、その歌声と共に声優として高く評価されましたよね。

    『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の両津勘吉役を演じたラサール石井はネットでも名采配と話題になりました。今年8年ぶりにアニメ化が決定し、9月には舞台も決まっており、今後も目が離せなさそうです。

    声優としても活躍している芸能人って意外と多いんですね。他にも大御所俳優や、なんとジャニーズタレントまで! 4位~39位のランキングも是非見てくださいね!

    (ライター:いしきりひなほ)

    調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)調査期間:2016年6月1日~2016年6月3日


    http://ranking.goo.ne.jp/column/article/3265/
    ⇒ 5位以降のランキング結果はこちら!
    http://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/022id/9VSvHnaQVCFr/
    【声優じゃないのに声優が上手すぎる芸能人ランキング 1位夏木マリ 2位松たか子 3位神田沙也加 ラサール石井】の続きを読む

    95

    1 : キドクラッチ(空)@\(^o^)/:2016/06/22(水) 09:27:52.24 ID:k8uoAFLi0●.net PLT(13000) ポイント特典

    黒木華、初写真集の売り上げは「389部」! 「連ドラ主演女優なのに……」とマスコミも絶句!?

    10日発売の黒木華初の写真集『黒木華写真集 映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」より』(リトル・モア)が、初週売り上げ389部ということがわかった。

    主演を務めた映画の撮影に密着した1冊だったが、初主演した連ドラ以上の“大爆死”を記録してしまったようだ。

    写真集は、写真家・菊池修氏撮影で、実際に映画内で披露したウエディングドレス姿やオフショットなど、黒木のさまざまな一面が楽しめる内容だという。

    「もともとビジュアル面というより、演技面で評価されている黒木だけに、ネット上では写真集のリリースに対して『ターゲット層が想像できない』『果たして需要はあるのか?』など、ちょっとした論争を巻き起こしていました。

    しかし、この春は初の連ドラ主演も果たし、女優としての人気も上がっているはずなのに、この大爆死とは……にわかに信じられません」(スポーツ紙記者)

    黒木の主演ドラマ『重版出来!』(TBS系)は、4月期の連ドラ作で、初回が自身の最高値となる9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。

    その後数字は6%台まで落ち込み、最終回は裏番組の『僕のヤバイ妻』(フジテレビ系)の10.2%に敗北し、8.9%で幕を閉じている。

    「『重版出来!』の主演は能年玲奈で内定していたものの、現在も未解決の独立騒動の影響から、突然キャスティングが宙に浮いてしまった。

    その後も有村架純など、人気若手女優の名前が浮上していましたが、最終的に彼女たちに比べればやや知名度の劣る黒木が、主演の座を獲得しました。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160621/Cyzowoman_201606_post_20570.html
    【ブス女優の黒木華が写真集出した結果!「売上389冊」「酷すぎる」「この顔じゃ・・・」】の続きを読む

    7w

    1 :casillas ★@\(^o^)/:2016/06/19(日) 13:59:50.86 ID:CAP_USER9.net

    業績も純利益でテレビ東京に抜かれ、期待の“月9”も超低空飛行のフジテレビ。

    やることなすこと面白くて、ちょっとやんちゃなところも魅力だったクラスの人気者が、急に真面目な優等生になっちゃった……みたいな寂しさも感じる。私たちを夢中にさせてくれたあのころみたいに、どうすれば元気になってくれるのか?

    そんな、元気のないフジテレビが心配な本誌へのデーブ・スペクター(62)緊急寄稿。フジテレビには足を向けて寝られないほどの愛着があるという、彼の考える再生計画とは――?

    ちまたや業界内で「フジテレビ、どうしちゃったの?」という声を毎日のように聞く。自分もいつも頭のどこかに入ってるし、知人ともよく話す。

    もうシャレとか言ってる場合じゃないけど、月9が“月苦”になったり、上層部が『しくじり先生』に出たり、奥の手として『僕のヤバイ妻』にジョニー・デップが特別出演(!)したり、『きょうのわんこ』を24時間放送してみたりすればいいのかな?

    でも真面目な話、ここまでのダウンワード・スパイラルは悲しい。自分は何しろ『笑っていいとも!』でデビューして、それがきっかけで人生が変わり、日本に永住することになったのだから。

    フジテレビのイケイケ時代を代表する『夕やけニャンニャン』や「オレたちひょうきん族」にも出演させてもらったので、今はお台場に足を向けて寝られない(幸いベッドの位置は別なほうに向いている)。

    特別に愛着を持っていることを認めたうえで、勝手ながら検証したい。

    今も変わらないフジテレビの特徴として経験から言えるのはまず“研究熱心”。他局と比べてアナウンサーも外交的で、お芝居やイベントや映画など、仕事とは関係なく出かけていく。外国のテレビにもいつも敏感で、よく勉強している。

    でも、いつの間にか方向性が見えなくなった。どんどん第一線のやり手が現場を離れて管理職になり、リーマン・ショック以来、余裕がなくなって、新しい媒体やネットやスマホなどとの競争の渦巻きに入り、フジテレビらしいぶっ飛んだ発想がなかなか発揮しにくくなった。そのうえ、老舗の番組をどんどん打ち切るから「大丈夫?」との心配の声がますます挙がる。

    もっとも不毛なエリアがドラマ。『101回目のプロポーズ』は自分でも恥ずかしいくらい泣きながら見ていた。今のドラマはフジに限らず全く進化しておらず、むしろ退化している。

    これだけ海外ドラマが簡単に見られる時代なのに、何の学習もせず相変わらず脚本も演技も全てがマニュアルどおりで古臭い。人間がしゃべらないようなセリフばかり。セットもいかにもセット。何よりも人気、事務所優先のキャスティングばかり。

    厳しい提案をするならば、今から2年間ドラマを100%やめてみたらどうだろう?休むと言ったほうがいいかな。その間にプロダクションとのしがらみとか、ややこしい関係を全部切る。

    そして2年後にリセットして、オーディションもやって、きちんと演技力でキャスティングする。ま、そこまでは割り切れないでしょうが、理想的ではある。

    底力を信じて前のように復活して「いいとも!」。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160619-00010003-jisin-ent


    【デーブ・スペクター「フジテレビはドラマをやめろ!脚本も演技も全てが古臭い。事務所優先のキャスティング」】の続きを読む

    このページのトップヘ