芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:監督

    no title

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/27(月) 09:33:12.27 ID:CAP_USER9.net

    黒木瞳(55)が声を上げて泣いた。初監督映画「嫌な女」が先週末、封切られた。昨年夏の撮影2日目。自宅に戻ると、無力感や自分のふがいなさに涙があふれた。日本映画界では、ほとんど例がない女優の監督挑戦。作品完成の喜びと苦闘の日々を聞いた。

    撮影2日目となる地方ロケを終え、黒木が都内の自宅に戻ったのは午前2時すぎだった。寝ているはずの夫と娘がリビングで待っていた。

    心配する2人に「大丈夫だったよ。何とかやったよ」と答えたが、張り詰めていたものが切れた。涙があふれた。号泣した。「何も言わないで、30分ぐらい泣かせてくれました」。

    慣れない監督業。「大変だと分かっていたのですが力不足を痛感しました。メンタルが落ちました」。現場でスタッフに自分の思いを伝え切れない。

    ロケでは当然ながら天候や状況を自分でコントロールなどできない。無力感と焦り。現場で表情に出さなかったが、家族の顔を見ると、気持ちを抑えられなかった。「もう迷惑は掛けられない。覚悟も決まりました」。

    自分が女優だけに「役者に対する甘えがあったかな」。本番でOKを出した後、すぐに撮影や録音のスタッフに意見を聞いた。

    「役者は自分の演技がどうだったのかすぐに知りたいと自分で分かっているのに、遠慮したのか自信がなかったのか、意識がまずスタッフに向いてしまいました」。徐々に軌道修正していった。

    主演は吉田羊と木村佳乃。吉田は感情を抑える演技が求められ、表現が難しかった。「首を少しかしげて」「もう少し前に出て」など「演技という領域ではないようなことをなるべく言葉にしました」。

    木村が演じた女性は感情むき出しのキャラクター。「常に天真らんまんにテンションを上げてほしかった。見事にやってくれました。すごい根性です(笑い)」。

    編集も手掛けた。「自分が見たいと思うつなげ方をするので、どんどん自分好みになっていく。細かい作業が好きなので楽しかったですね」。

    女優としてあらためて思ったことがある。「初心に帰りました。撮影現場では求められたら何度でもやり直して演じますという気持ちになりました。監督からすれば、材料がたくさんあった方が助かりますからね」。涙も不安も喜びも、全てが今後の女優人生につながっていく。

    ◆「嫌な女」 桂望実氏の同名小説の映画化。初対面の相手でもたちまち懐に入り込む夏子(木村佳乃)は生来の詐欺師。

    遠戚関係にある徹子(吉田羊)は仕事一筋の堅物の弁護士で、夏子がトラブルを起こすたびに解決に引っぱり出されていく。人生なんてつまらないものと思っていた徹子だが、夏子に翻弄(ほんろう)されながら徐々に変化していく。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000025-nksports-ent
    【嫌な女!黒木瞳が号泣「甘えがあったかな。娘が心配。もう迷惑は掛けられない」「映画監督より子供の監督」「娘がいじめ」】の続きを読む

    71
    i1
    i2
    i3
    i4
    i5
    i6

    1 :ジョーカー ★@\(^o^)/:2016/06/20(月) 23:27:07.59 ID:CAP_USER9.net

    6月26日(日)に放送の「情熱大陸」(毎週日曜夜11:00-11:30TBS系)では、AKB48総監督・横山由依に密着。

    それに伴い、20日より検索エンジンYAHOO!JAPANで“横山由依”や“情熱大陸”、その他連日特定メンバーの名前を検索すると、検索トップページの最上部に「情熱大陸」スペシャルインタビュー動画へのリンクが掲載されるサービスを開始した。

    番組では今年で結成11年目を迎えるAKB48グループの総監督に就任した横山に密着。劇場公演や恒例の握手会、テレビ出演の裏側や地元の同級生らと遊ぶ姿などを追い掛け、その素顔を探る。

    これまで、学級委員長はおろか部活のキャプテンさえなったこともない横山は自身を「至って普通の人間」と評し、強烈なリーダーシップでメンバーを引っ張ってきた前総監督・高橋みなみと自身を無意識に比較して「全てを捨てて、海外に逃亡したい」と思ったこともあるという。

    多様な意見を持つメンバーと運営側との間に立ち、奮闘する23歳のリーダー・横山の葛藤に迫る。

    そして、今回開始したYAHOO!×「情熱大陸」スペシャルインタビュー動画サービスでは、AKB48・岡田奈々、川本紗矢、木崎ゆりあ、加藤玲奈、小嶋真子、向井地美音、高橋朱里、NMB48・山本彩にインタビューを行い、それぞれが持つ「総監督・横山由依にまつわるエピソード」や、横山への思いなどを語っている。

    初日は2人、翌日以降は1日1人ずつの限定配信を予定している。

    また、今回の放送に関連し、'15年6月14日に放送された「渡辺麻友・アイドル(AKB48)」編を、6月20日(月)深夜1時から6月26日(日)夜10時45分まで、MBSオンデマンドにて特別配信される。

    総監督の看板を受け継いだ横山の思い、そしてそんな横山を見つめるメンバーの思いをその目で確かめてみては?

    【スペシャルインタビュー配信スケジュール(予定)】
    テーマ「あなたにとって横山由依とは?」
    6月20日(月)AKB48 Team4 岡田奈々/AKB48 Team4 川本紗矢
    6月21日(火)AKB48 TeamB 木崎ゆりあ
    6月22日(水)AKB48 TeamB 加藤玲奈
    6月23日(木)AKB48 Team4 小嶋真子
    6月24日(金)AKB48 TeamK 向井地美音
    6月25日(土)AKB48 Team4 高橋朱里
    6月26日(日)NMB48 TeamN 山本彩


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160620-00000059-the_tv-ent


    【AKB48総監督・横山由依「全てを捨てて、海外に逃亡したい!至って普通の人間」TBS「情熱大陸」出演】の続きを読む

    06

    1 :shake it off ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 08:37:28.19 ID:CAP_USER9.net
     
    ダウンタウンの松本人志(52)は映画監督としても、全く色合いの違う作品を生み出している。

    1作目の「大日本人」(07年)は変身ヒーローの偽ドキュメンタリー。2作目「しんぼる」(09年)は白い密室に閉じ込められた男を描き、ほとんどセリフのない無声劇に仕上げた。

    3作目の時代劇「さや侍」(11年)では、演技未経験で「働くおっさん劇場」のレギュラーだった一般人の野見隆明さんを主役に起用した。4作目の「R100」(13年)。

    オリジナルに強いこだわりを持ち、過去のインタビューでは「映画館に行って晩ご飯の頃には忘れているというような作品は絶対に撮りたくない」と語っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000006-spnannex-ent

    【ダウンタウン松本人志「映画館に行って晩ご飯の頃には忘れているというような作品は絶対に撮りたくない」】の続きを読む

    lt


    1 : アキレス腱固め(東日本)@\(^o^)/:2016/05/19(木) 08:58:42.62 ID:mieGhcxs0.net PLT(16930) ポイント特典
     
    たけしの逆鱗に触れた菅野美穂の行動

    2002年に公開された北野武映画『Dolls』で主演を務めた菅野。この映画の撮影中、こんなことがあったらしい。菅野のシーンにOKを出した監督のたけし。にもかかわらず、菅野は自分の演技に納得がいかなかったため、再撮影を何度も希望した……。

    この菅野の行動がたけしの逆鱗に触れ、それ以来共演NGになったのだとか。

    「絶対に許さない」ビートたけしの信念

    一見すると、菅野の主張も一理あるかに思えるが、たけしの映画監督としての持論はそれを許さない。ある記者会見でたけしは次のように語ったこともある。

    「たまに『監督、ここはこう撮るべきじゃないですか』って言ってくる奴がいるんだけれど、そいつ大嫌いで2度と使わない。(以下略)監督に気に入られるように演技をするのが役者であって、監督の演出方法に言うのは絶対に許さない」

    結果的にお互いのプロとしての信念が仇となり、共演NGとなったたけしと菅野。裏を返せば、それだけ二人が作品作りに妥協を許さないということだろう。


    http://www.excite.co.jp/News/90s/20160310/E1457109891303.html

    【ビートたけし「そいつ大嫌いで2度と使わない。絶対に許さない」共演NGになった菅野美穂の行動】の続きを読む

    このページのトップヘ