芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:目

    c3

    1 : Egg 2016/07/15(金) 01:35:24.57 ID:CAP_USER9

    ガッキーの愛称で親しまれている、国民的女優・新垣結衣。

    CM総合研究所が毎年調査を行なっている「タレント好感度ランキング」でも常連の彼女だが、出演中の広告に「写ってはイケナイ影」が写り込んでしまっていることが発覚し、ファンのあいだで騒然となっている。

    駅貼りの雪肌精の特大ポスター。ガッキーきれいだな?と思って近づいてみたら、ガッキーの瞳に映り込むカメラマンと扇風機持ったスタッフ!! 

    ■現場へ直行
    しらべぇ編集部ではポスターが設置している渋谷駅構内のホームへ実際に行ってみることに。

    写真

    c1

    特大サイズの美しいガッキーが、アンニュイな表情でこちらに微笑みかけてくる。行き交う通行人も、チラチラと広告に目をやっているのが確認できた。肝心の瞳だが...

    写真

    c2

    うぉぉ...。もろにスタッフが2名、確認できるではないかッ! 左側にカメラマンと見られる人影、そして右側の人影が手にしているのは、おそらく白い扇風機だ。

    撮影の裏側をのぞいて若干おトクな気分になるような...現実に引き戻されるような複雑な気分の記者であった。

    ■プロカメラマンの意見は
    編集部では、広告ポスターの撮影にも携わる30代女性カメラマンにも見てもらったところ...

    「ここまで媒体が大きくなる予定がなかったのかもしれません。 あとは目の中の写り込みまでは修正しないカメラマンもいます。

    リングライト(※人物撮影などで使うライト)を使えば映り込みは防げますが、光のニュアンスが硬くなりやすいので全体のバランスに合わなかったのかもしれません」

    また、30代の男性デザイナーからは辛口のこんな意見も...

    「レタッチのスケジュールをほぼとらず超タイトスケジュールで進行していたのかもしれません...。事務所サイドも、長期契約している仕事だとチェックを油断することがあるのかも」


    http://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_144015/
    【衝撃!新垣結衣のポスターに映り込む「写ってはイケナイ影」が写り込んでしまっていることが発覚しファン騒然「カラコン使ってない」「瞳が綺麗」】の続きを読む

    o2
    o3
    o1

    1 :かばほ~るφ ★@\(^o^)/:2016/06/30(木) 12:13:47.72 ID:CAP_USER9.net

    ラジオ番組の生放送中に女性タレントを殴るなどしたとして、愛知県警千種署は30日、名古屋市瑞穂区初日町1のタレント、宮地佑紀生(本名・由紀男)容疑者(67)を傷害の疑いで逮捕した。容疑を認めている。

    逮捕容疑は今月27日午後2時55分ごろ、同市東区東桜1の東海放送会館のスタジオ内で、共演の女性タレント、神野三枝さん(50)の左膝を数回蹴ったり、唇にマイクを当てたりし、全治約10日間の傷害を負わせたとしている。

    宮地容疑者は東海地方のラジオなどで活躍する人気パーソナリティー。名古屋・栄地区の繁華街での「客引き・ぼったくり壊滅プロジェクト」に協力したとして、神野さんとともに愛知県警から昨年、感謝状を受けた。【加藤沙波】


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00000033-mai-soci
    【キレる老人!超大物司会者が生放送中に女性タレントを殴るなどして傷害で逮捕!「この顔と目はヤバイ」「宮地佑紀生って誰だよ」】の続きを読む

    q6
    q3
    q7
    q9
    q8
    q1
    q2

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/25(土) 10:44:27.45 ID:CAP_USER9.net

    ブサイク、モテないキャラで人気のお笑いタレント・大久保佳代子。40代女性の本音を言えるタレントとしても支持されているが、出演したイベントでは自身が気にしている顔の欠点を美人MCに執拗に指摘され、激怒していたという。

    大久保は16日、都内でフェイスデザイン専門店・ケサランパサランの新サービス「カスタムメイク」のPRイベントにゲスト出演。

    同サービスは肌、目、唇など、自分の顔のなかで自信のないパーツをメイクアップで解消する無料サービスで、この日、「カスタムメイク」を施術して登場した大久保はパーツ悩みを持つ女性の代表として、”ミス・パーツ悩み”に任命。

    人生初となる“ミス”に輝いたものの、不快感をあわらにしていた。

    「メイク前の顔がブサイクなことを前提に“ミス”に選出されたことに、大久保は『う~ん……』と複雑な表情を浮かべ、『光栄です』と続けたものの、『ミス・パーツ悩みに選ばれるほど私の顔ってヒドイかな』と初っ端から不満タラタラでした」(芸能ライター)

    最初こそネタとして受け入れている様子の大久保だったが、その後のトークショーで事件は起きたという。

    「メイク前の等身大パネルを隣に並べられ、顔のなかで自信のないパーツを問われた大久保が、目や唇、ほうれい線などを挙げると、美人系のMCが『メイク前は大久保さん、悪人相でしたものね。離れた目や、ゴリラのような口元もスッキリした印象になりました』などと、大久保のコンプレックスを執拗に連呼。

    悪意に満ちたかのような褒め言葉に、たまらず大久保は『あなた、いま楽しいでしょ? うわ~嫌いかも。あなた、性格悪くない?』と、ネタを超えてマジ切れしていました」(同)

    トークショーではさんざんだった大久保だが、その分、イベント終了後の囲み取材では過剰なマシンガントークを展開していたという。これもブサイクを売りにする女芸人の宿命なのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1151378/
    【ブスで稼いでる大久保佳代子が悩む顔のパーツが凄い!「目が離れがち、鼻筋が通ってない、小鼻がでかい、口元がゴリラ」】の続きを読む

    このページのトップヘ