芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:福山雅治

    lt


    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/04/12(火) 09:45:14.09 ID:CAP_USER*.net
     
    歌手で俳優の福山雅治(47)が3年ぶりにフジテレビの看板枠「月9」の主演を務める「ラヴソング」(月曜後9・00)が11日に30分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は10・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。

    ヒロインは演技未経験の歌手・藤原さくら(20)。夢破れた元プロミュージシャン・神代広平(福山)と対人関係が苦手な孤独な女性・佐野さくら(藤原)が出会い、音楽を通じて心を通わす感動のヒューマン&ラブストーリー。

    福山の月9主演は2013年4月クールの「ガリレオ」第2シーズン以来。西谷弘監督をはじめ「ガリレオ」のスタッフが再び集まった。脚本は2014年に「隣のレジの梅木さん」で第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した倉光泰子氏が担当。

    初回は、独身で定住はせず、持ち前のルックスを生かして女性の家を転々とする生活をしている神代(福山)は、この日も潮時と感じた女性に別れを告げ、少ない荷物とギターケースを担いでいた。

    かつてプロのミュージシャンとして活躍していた神代は、大型車販売店の企業カウンセラーとして働いていた。一方、同じ販売店の整備工場に勤めるさくら(藤原)は同僚とうまくコミュニケーションが取れず、上司の滝川(木下ほうか)にいつも注意されていた…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160412-00000077-spnannex-ent
    【福山雅治が主演の月9「ラヴソング」初回視聴率は10・6%「終わったな」「低すぎる」】の続きを読む

    39
    9

    1 :ダークホース ★@\(^o^)/:2016/04/09(土) 10:07:47.68 ID:CAP_USER*.net

    4月11日スタートの連続ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)に放送前から暗雲が立ち込めている。

    ヒロインを務める藤原さくらは所属事務所の“ゴリ押し”と批判され、47歳の福山雅治が20歳の藤原と恋仲になるというストーリーは、女子たちから「気持ち悪い」とさえ言われる始末だ。

    そんな状況を打破するためか、4月16日放送の特番「めちゃ×2イケてるッ!~20周年記念大感謝スペシャル(仮)」にて、ナインティナインの岡村隆史がドラマ撮影現場を訪れるシーンが盛り込まれることがわかった。

    福山にとっては初の「めちゃイケ」出演となるが、テレビ誌のライターはこの番宣はむしろ逆効果だと語る。

    「ドラマ『ガリレオ』の大ヒットでフジテレビに貢献した福山にしてみれば、『めちゃイケ』など視聴率急落中の落ち目番組に過ぎません。しかも、バラエティゆえに純粋な番宣ができるはずもなく、岡村のイジりも受けることは確実。

    その状況を受け入れてまで番宣に励む姿は悲哀すら感じさせ、ファンの気持ちに刺さらないのではと危惧されます」

    そしてもう一つ、危惧されるポイントがあるという。それは福山が作詞作曲し、藤原が歌うドラマ主題歌の「soup」だ。音楽ライターはこう語る。

    「福山主演の『ガリレオ』では、自身が作詞作曲を手掛け、柴咲コウが歌った『KISSして』が週間ランキング3位のヒットとなりました。それが今回の『soup』ではベストテン入りも難しいと予測されているのです。

    藤原にとっては記念すべき初のシングル作品ですが、彼女自身にさしたる人気があるわけでもなく、ドラマ主題歌という話題性だけでランキング上位を狙うのは厳しいでしょうね」

    この月9では、前クールの「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」が史上最低視聴率に沈んだばかり。そこからのV字回復を図るはずが、主題歌と共に爆死してしまうようでは、福山の神通力が衰えた作品として記憶されてしまいそうだ。

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_56039/
    【福山雅治が主演ドラマの番宣で『めちゃイケ』初出演は逆効果「落ちぶれた感が…」】の続きを読む

    藤原さくら
    e6


    1 :ダークホース ★@\(^o^)/:2016/04/05(火) 18:10:42.67 ID:CAP_USER*.net

    4月4日に放送されたバラエティ番組「第25回草なぎ剛のがんばった大賞」に、フジテレビの月9ドラマ「ラヴソング」で共演する福山雅治と藤原さくらが出演した。藤原はこの日がテレビ初登場となる。

    「藤原は昨年にメジャーデビューを果たした福岡出身のシンガーソングライターです。その後、約100名が参加したドラマオーディションに、演技未経験ながら合格し、月9ヒロインの座を射止めました」(芸能記者)

    テレビ初出演となった今回の生放送では、福山が過去に出演したテレビドラマのNGシーンを見た後、藤原と2人で曲の演奏を披露するという流れだった。しかし彼女の言動に対し、視聴者からは辛らつな意見が飛び交ったという。

    「曲の演奏前、福山から紹介されると藤原は『(VTRの)ワイプめっちゃ興奮しました! ワイプ載ってた!』 とはしゃぎ出し、その後も特に挨拶をすることもなく、足を組みながらの対応だったため、視聴者からは『なにこの子?』『謙虚さがない!』『新人なのに態度がデカすぎる』と厳しい意見が殺到しました。

    さらに彼女が話している間、スタジオにいる米倉涼子の引きつった顔が映るなど、番組は異様な雰囲気となったため、福山がすかさず『この通り、ほぼ一般の方に近いんですけども‥‥』とフォローを入れる事態となりました」(テレビ誌記者)

    彼女が足を組んでいたのは、持っていたギターを弾きやすくするためだったのかもしれない。しかし最初の印象が原因で、視聴者からは態度が悪いと受け止められてしまったようだ。

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_55750/
    【福山雅治「ラヴソング」ヒロイン・藤原さくらの言動に米倉涼子もドン引き】の続きを読む

    このページのトップヘ