芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:秋元康

    y1
    y2
    y3
    y4
    y5
    y6

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/17(金) 23:39:50.72 ID:CAP_USER9.net
     
    14日に心不全のため79歳で亡くなった女優・白川由美さんの通夜が17日、東京・広尾の祥雲寺でしめやかに営まれ、同じ芸能事務所に所属した松嶋菜々子、井上真央をはじめ、芸能関係者500人以上が参列した。

    井上は4月21日に清酒のCM会見に登場して以来となる久々の公の場。一部報道によると、同CM会見終了後には都内のホテルで、白川さんと事務所関係者らと一緒にランチを楽しんでいたという。

    2カ月ぶりに姿を見せた井上だが、その時より10センチほど髪が短くなっており、泣きはらしたような憔悴しきった表情で姿。下を向いたままで、帰り際に報道陣に向かい、頭を下げたが、無言だった。

    白川さんは4年前に夫の俳優・二谷英明さんを亡くしており、近年は娘の元女優・二谷友里恵さん夫婦と同居していた。14日午後、家族との団らん中、急に倒れ、そのまま意識が戻らず帰らぬ人となった。

    白川さんとは頌栄女子学院高校の後輩だった女優・音無美紀子は、5月の同窓会で顔を合わせており、いつもと変わらぬ元気な様子だったことを明かした。

    亡くなる2時間前には白川さんが同級生と電話で「軽井沢に行こう」と約束していたことを聞かされ、いまだに信じられない様子で「ウソだと思ってました。すごくショックです」と動揺を隠せなかった。

    斎場は、祭壇までの道が白川さんが大好きだった白いユリや紫のバラなど多くの花で飾られた。通夜にはほかに、津川雅彦、村井国夫、菅野美穂、元女優の志穂美悦子こと長渕悦子さん、秋元康氏らも参列した。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000096-dal-ent
    【井上真央、松嶋菜々子、菅野美穂、秋元康ら芸能関係者500人以上が参列!白川由美さんの通夜】の続きを読む

    e3


    1 :影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2016/04/13(水) 20:25:30.61 ID:CAP_USER*.net

    福岡を拠点に活動するアイドルグループ・HKT48の新曲「アインシュタインよりディアナ・アグロン」の歌詞に対し、一部のネットユーザーから「女性差別的ではないか」との批判が相次いでいる。

    女性は勉強しても意味がない、重要なのは「可愛さ」だけ――。こんな内容の歌詞に「不快感」を覚えた女性は多かったようで、ネット上には「女性に対する侮辱の塊」「何回見ても気持ち悪い歌詞」との声が上がっている。

    歌詞の内容がネットで物議を広げている「アインシュタインより...」は、2016年4月13日に発売されたHKT48の7thシングル「74億分の1の君へ(TYPE-C)」に収録されたカップリング曲。作詞を担当しているのは、AKBグループの総合プロデューサーでもある秋元康氏だ。

    14~17歳のメンバー4人がマイクを握る同曲では、女子学生の「赤裸々な心情」が歌われている。曲中には「どんなに勉強できても愛されなきゃ意味がない」「何も知らなくてもメイク上手ならいい」といったフレーズが登場。女性にとって重要なのは「内面よりも可愛さ」だと訴えるような歌詞になっている。

    こうした内容の歌詞に「不快感」を覚えた女性は多かったようだ。シングル発売前の16年4月4日に同曲のミュージックビデオがYoutubeで公開されると、ネット上には「歌詞の内容が女性差別的ではないか」との指摘が殺到。

    ツイッターやネット掲示板などには、「この歌詞はもう女性蔑視甚だしい」「何回見ても気持ち悪い歌詞」「今必死こいて頑張って勉強してる子にとって侮辱的な発言」といった声が数多く寄せられ、「炎上状態」となっている。

    http://www.j-cast.com/2016/04/13264026.html


    【HKT48新曲歌詞が「女性蔑視」と大炎上「女性は勉強しても意味がない、重要なのは可愛さだけ」】の続きを読む

    ew


    1 : 閃光妖術(catv?)@\(^o^)/:2016/04/10(日) 10:18:39.09 ID:Ha+jKvaL0.net PLT(13121) ポイント特典

    乃木坂46に続く“坂道シリーズ”第2弾として結成されたアイドルグループ「欅坂46」(けやきざかフォーティーシックス)が、グループ名にちなんだ4月6日、1stシングル「サイレントマジョリティー」でデビューを飾った。

    初日だけで19.1万枚を売り上げる好スタートを切るなか、最年少14歳でセンターを務める平手友梨奈のずば抜けた存在感にアイドルファンのみならず、音楽関係者や芸能人からも熱い視線が注がれている。

    作詞家・秋元康氏が総合プロデュースを務める欅坂46は、昨年8月21日、乃木坂46結成から4年後の同じ日、同じ場所(東京・赤坂 SME乃木坂ビル)で結成され、応募総数2万2509人の中から選ばれた1期生20人で構成される。

    もともと「鳥居坂46 1期生オーディション」を受けたメンバーたちは、合格発表の場で「欅坂46」に“改名”したことを運営から告げられ話題となったが、「AKB48の公式ライバル」として鳴り物入りでデビューした乃木坂46とは異なり、「坂道シリーズ第2弾」とトーンを下げ、静かに滑り出した。

    そのなかでも一躍脚光を浴びているのが、最年少でセンターを任された平手だ。21世紀(2001年6月25日)生まれの平手の低い声での歌い出し、強いまなざし、たたずまいに「センターにふさわしいオーラ」「うちのセンターすごい」と他のメンバーのファンをも納得させてしまったほど。

    音楽関係者の間でも「14歳にして風格すら感じさせる圧倒的な存在感」に伝説のアイドル・山口百恵の面影を重ねる人もいれば、当時13歳だった後藤真希がモーニング娘。に加入したときの衝撃に例える人もいる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160410-00000306-oric-ent
    http://www.oricon.co.jp/news/2069936/full/

    【乃木坂46に続く「欅坂46」のセンター「平手友梨奈(14)」が山口百恵の再来…らしい】の続きを読む

    このページのトップヘ