芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:笑い

    y1
    y2

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/13(月) 22:12:22.31 ID:CAP_USER9.net

    10日放送のTBS「鶴瓶&松本の怪人図鑑」でダウンタウンの松本人志が、明石家さんま、島田紳助、笑福亭鶴瓶の“お笑いの違い”を語った。

    松本と鶴瓶が初めて番組でMCを組むという事で、放送前から注目を浴びていた同番組だったが、熊本地震の影響で第一回目(4月25日)の放送は休止。放送日が延期され、6月10日の未明に放送された。

    番組の中で、松本はさんま、紳助、そして鶴瓶の“お笑いの質”について分析。それぞれの“違い”を語った。

    松本は「さんまさんは、なんかアウトボクシングというかね、あの人特有のフットワークがあるんですよ。掴ましてくれへんし、距離感は独特の距離感なんです」と語り、

    「それで紳助さんと今度やるでしょ。紳助さんはクビ相撲に入ってくるんですよ。お互いもうええやんけみたいな感じになるんです」とさんまと紳助について語った。

    そして、鶴瓶に関しては、「でもこの人、『ド突いててこい』って言うんですよ。いわば。好きにやれと。『お前の好きにやってくれたらええ』って。『ホンマですか?』って。ホンマにド突かせてくれるんですよ。

    でも家帰ったらね、なんか勝った気がせぇへんなぁって。ほんと、不思議な人」と評し、松本が感じている3人の個性について語った。

    http://dailynewsonline.jp/article/1145100/

    【松本人志「鶴瓶には勝てない。不思議な人」明石家さんま、島田紳助の“お笑いの違い”語る】の続きを読む

    2w
    5c
    w

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/04(土) 00:28:42.79 ID:CAP_USER9.net

    6月3日に放送された情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)における、キャスター・安藤優子と高橋克実のコメントがひどいと、炎上状態になっている。

    この日番組では、北海道七飯町の林道で行方不明になっていた田野岡大和くん(7歳)が無事に発見・保護されたことを受け、これまでメディア対応などをしていた父親と生電話。安藤と高橋が父親とやり取りを交わした。

    電話でもわかるほど声を震わせ、時折鼻をすするなど、恐らくは涙を流しているような状態で「まず元気な息子に会えて、とても嬉しいです」と率直な想いを語る父親。大和くんには辛い思いをさせ「申し訳ない気持ちでいっぱい」と胸の内を吐露した。

    また、保護された大和くんと交わした会話の内容などを明かし、何度も何度も「辛い思いをさせてしまった」と語る父親。その後は大和くんの性格などにも話が及び、生電話当初よりは多少ほぐれた会話が交わされた。

    そして、生電話の最後のほう、高橋より「叱るときに『山につれていくぞ!』って言って、本当につれていったことがほとんど無かったと聞いたんですけど、これ、山を克服しちゃいましたね、大和くん(笑)。

    このあと、どういう風にね、怖がらせるっていうのは」と笑いながら父親に語りかけると、安藤もこのコメントがツボだったのか「アッハッハッハ」と大笑い。

    しかし、電話口の父親は「山につれて行ったことはなかったんですけれども、そうですね…あの…山を克服…笑い話にはちょっとできないんですけども…」と、軽いノリの質問に困惑。

    「妻のほうもかなり心労がある状況」と家族の様子も明かし、「みんな少し、ゆっくり過ごしていきたいなと」思っていると語った。

    こうしたスタジオと父親、温度差の大きいやり取りに違和感を覚えた視聴者は多かったようで、Twitterなどネットでは安藤、高橋の2人に厳しい意見が噴出。

    「なんで笑いながら質問できるんだ??」「克実さんは報道という意味では素人だから仕方ない面もあるかもだけど、なぜ安藤さんはあんなに高笑いしてるの?」

    「心の無い人たちがインタビューしてた」「ヘラヘラできるのが謎」「早くインタビューやめてやれよ…」「アッハッハは酷いわ。信じられない」

    「子供が行方不明になった親の心境なんて安藤にはわからないんだろうな」などの声が上がっている。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160603/Narinari_20160603_37968.html


    【安藤優子と高橋克実に猛批判!保護少年の父親と生電話で大笑い「酷い」「心の無い人たち」】の続きを読む

    このページのトップヘ