芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:総選挙

    y
    1: 名無しさん 2017/09/28(木) 13:21:49.93 _USER9
    “ゆきりん”こと柏木由紀(AKB48/NGT48)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「柏木由紀のYUKIRIN TIME」。

    9月23日(土)の放送では、東京・早稲田大学ビジネススクール(WBS)で先日行われたオープンゼミに、特別講師として参加したゆきりんが、生徒たちを前に講演した模様をお届けしました。その内容を2回にわたって紹介します。

    前編の今回は、ゆきりんがアイドルになるまでの経緯や、内側から見たAKB48について。
    講演のタイトルは“私がアイドルになるまで…そして現在、未来”。
    「こういう場で喋るのは初めて」と言うゆきりんは、緊張の面持ちで講義をはじめました。

    ◆柏木由紀がアイドルになるまで
    ゆきりんがアイドルに興味を抱くようになったのは、小学2年生のときに地元・鹿児島にやってきたモーニング娘。のコンサートを母と一緒に観に行ったことがきっかけ。当時から歌ったり、踊ることが好きだったものの、“アイドルになりたい!”という気持ちはなく、その頃は純粋に曲を聴いたりコンサートを観ることに生きがいを感じていたと言います。

    ところが小学校高学年の頃、同級生が持ってきたオーディション雑誌を読み、芸能界に入るためにオーディションという方法があることを知り、「自分もいつかステージに立ってみたいと思うようになった」というゆきりん。

    憧れの存在であったモーニング娘。のオーディションを3回受けるも落選。
    中学2年生のとき、たまたま手に取ったティーン誌で、AKB48オープニングメンバー募集の広告を見て応募したゆきりんは、最終審査まで残るも両親を説得できず断念。しかし、アイドルになるという夢を諦めきれず3期生のオーディションに再び挑戦して見事合格。その日から目まぐるしく生活が激変したそうです。

    「オーディションに受かって2週間で母と上京して……右も左も分からない状態で、ふたりで物件探しをしました」と当時を振り返っていました。

    ◆AKB48というアイドルグループ
    3期生メンバーとしてAKB48に所属することになったゆきりん。
    次に語られたのは、自身のデビューから10年の活動を通して、内側から見たAKB48のこと。

    ゆきりんが、AKB48が国民的アイドルグループと言われるまでに成長した理由として挙げたのは、「専用劇場があり、毎日公演を行っていること」「握手会」「選抜総選挙」の3つ。

    「“会いに行けるアイドル”というコンセプトが、他のアイドルとかぶらなかったのが運がよかった」と話すゆきりんが、特に大事にしているのが「握手会」。
    現在、週末は大きな会場でほぼ毎週やっているそうで、今までテレビでしか観られなかったアイドルとファンが、直接触れ合える機会が増えたことが大きいと言います。

    ゆきりん曰く、握手会は自身の性格やファンへの対応など、テレビだけでは伝えきれない魅力を、実際にファンが感じて好きなメンバーを決められる重要な場なのだとか。

    「まずは目の前の人をファンにすることからはじめようと、できることからコツコツと積み重ねていきました」というゆきりんは、会場に来てくれたファンの名前や特徴、その日話したことを覚えておくため、握手会のたびにノートに細かく書いていたそうです。

    そんな努力もあって、ゆきりんは「AKB48選抜総選挙」の第1回から第8回まで、安定して上位をキープ。(2017年は初の不出馬)
    今年で第9回、いまや毎年恒例のイベントとして知られる「AKB48選抜総選挙」について、ゆきりんは「アイドルが、作品のセールス以外に順位がつけられることが今までなかった。女の子に順位をつけるというちょっと残酷なところも、総選挙が世間の皆さんに注目してもらえるきっかけになったのでは」と分析していました。

    また、ゆきりんがこのグループでよかったと感じているのは、「発言の自由があること」だと言います。

    Twitterやブログ、InstagramなどのSNSの投稿において、所属事務所やマネージャーによるチェックはなく、自分の思いのままに発信しているのだそう。
    コンサートのMCでも特に台本はなく、予定調和ではない自由な発言ができることがよかったと言い、「大人数メンバーがいる中で、それぞれが個性を出せたのもAKB48のよさだと思う」と話していました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00010001-tokyofm-ent&p=1 
    【【AKB48】柏木由紀「AKBが国民的グループになった3つの理由」 】の続きを読む

    g
    1: 名無しさん 2017/06/01(木) 19:02:15.76
    速報1位に「だれ?」 AKB総選挙で大波乱 
     
    「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」の速報結果が5月31日、秋葉原のAKB48劇場で発表され、NGT48の荻野由佳が指原莉乃、渡辺麻友ら人気メンバーを抑えて1位(55,061票)を獲得する大波乱が巻き起こった。 
     
    2位はSKE48の松井珠理奈(34,641票)、3位はHKT48の指原莉乃(32,340票)、4位はAKB48の渡辺麻友(27,614票)、5位はNGT48の本間日陽(25,032票)、6位はSKE48の須田亜香里(24,947票)、7位はNGT48の高倉萌香(21,667票)、8位はHKT48の宮脇咲良(21,151票)、9位はAKB48の高橋朱里(17,047票)、10位はAKB48の岡田奈々(16,867票)。 
     
    速報1位の荻野は、公式メンバーをアルバイトで募集した「バイトAKB」を経て、「第2回AKB48グループ ドラフト会議」で新潟を拠点とするNGT48入りし、“苦労人”とも呼ばれるメンバー。今回の速報では荻野以外にも2回目の総選挙参加となるNGT48が大躍進。トップ10だけでも計3人がランクインした。 
     
    しかし、一般的にはまだまだ知名度が低く、ネット上では「AKB総選挙の1位の子誰? にしてもダークホース過ぎない?笑笑」「NGTがどこか全く分からなかった俺はもう完全にオジサンやな」「AKB総選挙 知らない子が1位って凄いね」といった反応も多い。 
     
    また、一部では不正な重複投票を懸念する声もあったが、運営側は1日、公式サイトで「改めて細部に渡り調査をいたしました結果、そのような事実は一切ございませんでした。すべてが厳正な監視の下、公正に投票が行われていることをご報告いたします」と否定している。 
     
    「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」開票イベントは今月17日に沖縄県の豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチにて開催される。(編集部・中山雄一朗)
    https://news.infoseek.co.jp/article/cinematoday_N0091935/
     
    1位 55,061票 荻野由佳(NGT48 Team NIII)
    2位 34,641票 松井珠理奈(SKE48 Team S)
    3位 32,340票 指原莉乃(HKT48 Team H)
    4位 27,614票 渡辺麻友(AKB48 Team B)
    5位 25,032票 本間日陽(NGT48 Team NIII)
    6位 24,947票 須田亜香里(SKE48 Team E)
    7位 21,667票 高倉萌香(NGT48 Team NIII)
    8位 21,151票 宮脇咲良(HKT48 Team KIV)
    9位 17,047票 高橋朱里(AKB48 Team 4)
    10位 16,867票 岡田奈々(KB48 Team 4)
    11位 12,396票 加藤夕夏(NMB48 Team M)
    12位 12,031票 横山由依(AKB48 Team A)
    13位 11,961票 倉野尾成美(AKB48 Team 8)
    14位 11,864票 川本紗矢(AKB48 Team 4)
    15位 11,373票 沖田彩華(NMB48 Team BII)
    16位 11,363票 久保怜音(AKB48 研究生)
    17位 11,207票 須藤凜々花(NMB48 Team N)
    18位 11,127票 竹内彩姫(SKE48 Team KII)
    19位 11,084票 白間美瑠(NMB48 Team M)
    20位 10,767票 渕上舞(HKT48 Team KIV)
    【【AKB48】AKB総選挙に大波乱 速報1位に「だれ?」が殺到 無名メンバー荻野由佳1位に不正と批判の声も】の続きを読む

    3703
    w1
    w2
    w3
    w4
    w5
    w6
    1 : ジョーカーマン ★@無断転載は禁止2016/11/17(木) 09:11:50.35 ID:CAP_USER9
    元AKB48で女優の大島優子が、16日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』(毎週水曜23:00~23:30)にゲスト出演。最近のAKB48は自身が在籍していた頃と比較して「かわいい」と話し、今入ったら「完全に埋もれている」と発言した。

    大島は「私が入っていた時と、今テレビで見るAKB48は違う感じがする」と切り出し、今のAKB48は「かわいい」とコメント。「私たちがいた時はかわいくなかった。みんなブスだった。それを集めたから」と振り返った。

    そして、「デビュー当時の写真を見ても本当にみんなブスで…」と笑い、「笑えるブスなんですけど」と補足。「水準が上がっている。今の時代に私がAKB48に入ったら完全に埋もれている」と言い、TOKIOの松岡昌宏に「あの時でよかったって思う?」と聞かれると、「ちょっと思いました」と打ち明けた。

    また、AKB48選抜総選挙で2度の1位に輝いた時の気持ちを聞かれると、「ファン投票で1位にさせていただいたので、感謝しかないですね。感激ですね」と感謝の思いを語った。

    http://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1545797/
    【大島優子「私たちがいたAKB48はみんなブスだった」「今はかわいい。今入ったら完全に埋もれている」】の続きを読む

    c7
    g1
    g2

    1 :ジョーカー ★@\(^o^)/:2016/07/04(月) 15:28:49.15 ID:CAP_USER9.net

    史上初となるAKB48選抜総選挙の2連覇を達成。しかも、過去にない2位と圧倒的な差をつけたブッチギリでの1位、まさに、AKB48グループの中でも類を見ない人気を誇る指原。

    総選挙楽曲となる『LOVE TRIP』も「THE MUSIC DAY 夏のはじまり。」(日本テレビ系)にて初披露され、大きな話題とSNSを中心に集めている。

    女性アイドルとして頂点を極めたと言っても過言ではない指原、何がスゴイのか?

    今回の総選挙で印象的だったのが、指原の連覇がわかった瞬間のHKT48メンバーたちの喜びようだ。2位となった渡辺麻友の順位が呼ばれた時からHKT48陣営の席周辺は盛り上がり指原の名前が呼ばれた瞬間にHKT48メンバー全員が立ち上がりガッツポーズで自分のことのように祝福をした。

    この中には、自分の順位に納得いっていなかったメンバーも多数いただろう。というのも、指原の順位が発表された際に指原の周るにいたメンバーは、最後までランクインせずに名前を呼ばれなかったメンバーたちだ。

    指原の名前が呼ばれた瞬間に自分が「圏外メンバー」となったことが決定した瞬間なわけだ。それなのに、全員が指原のことを喜べる、それは指原がHKT48メンバーに尊敬され、慕われ、愛されているからだろう。

    これだけ愛されるのは、ここまでHKT48の人気をあげ、しっかりとメンバーのことを考え運営へ意見をし、コンサートでもどうしたらすべてのメンバーがファンに見てもらえるか、忙しい合間を縫ってしっかりと考えている姿をメンバーは知っているからだ。

    リーダーシップという部分では、なかなかメディアでは見えづらい部分が多いが、高橋みなみ以上とも言われているほど。HKT48メンバーが指原莉乃へ寄せる想いは、どこのグループにもない特別なものになっている。指原の凄さは、このプロデュース能力、そしてリーダーシップにある。

    また、指原の「アイドル力」の高さも見逃しがちだが非常に高い。テレビメディアなどでは度々「ブサイクキャラ」でイジられることは多いが、スタイルはAKB48グループでも一二を争う程良く、実際に美脚では指原が「AKB48グループで一番」という声も聞こえる。

    顔で言えば、美容整形の専門家も欠点が殆どないというほどに、ゴシップメディアや心ないファンが「ブス」と罵るようなメンバーではないと言える。

    そしてAKB48加入前に黄金期のハロー!プロジェクトオタクとしても有名だった彼女は、アイドルとは何か?ということを、AKB48ではなくハロプロからしっかりと学んでいる。

    ファンの立場から感じていたことを、AKB48で、そしてHKT48で本格的に実践。

    彼女の中にはハロプロが培ってきたアイドルとしての歴史もしっかりとインプットされている。その上でAKB48の先輩から学んでいるわけで、アイドルとしての知識は桁外れに高い。総合的に考えると、指原はアイドルとしての能力がAKB48グループでも驚くほどに高い存在なのだ。

    また、指原の凄さは、HKT48メンバーのプロデュースだけでなく、セルフプロデュース力も高いことだ。

    民放、ネットメディアにこれだけ毎日のように登場しても、未だに自分がどう映っているか?どう必要とされているかを常に微調整している。進化を止めない飽くなき勉強精神は、そこで学んだことをHKT48メンバーに反映でき、良い循環がずっと続くようになっている。

    指原は何がスゴイのか?

    アイドルとしては異例なほど「アイドルに関する知識」を持ち、惜しげも無く後輩たちに知識を伝授できるほど懐が深い。そして、アイドルとしてダンス、歌唱をしっかりとパフォーマンスでき、なおかつバラエティなど自分の出演するメディアによって柔軟にキャラクターを変えることができる地頭の良さがある。

    指原莉乃は時代と共に変化していける柔軟さを持っていることで日々進化を続けている。アイドル史の中でも特殊な存在といえる指原、これからも彼女の動きに皆が注目していくだろう。


    http://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_95766/?p=1
    【「女性アイドルとして頂点を極めた」指原莉乃は何がスゴイのか?「スタイルもAKB48グループで1位」「顔に欠点がない。整形必要なし」】の続きを読む

    w8
    w9
    3a

    1 :影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2016/07/01(金) 12:22:27.13 ID:CAP_USER9.net

    AKB48の島崎遥香(22)のあまりの悪態ぶりが問題になっている。

    「島崎の口癖は『握手会は嫌い』、『AKBはいつ辞めてもいい』です。一時はエース候補とまでいわれましたが、口が災いになった。

    なんたって、彼女がファンに対して冷たく接したことで生まれた“塩対応”という言葉が一般にも広まったほどです。AKBのイメージダウンにもつながっているのも事実です」(AKBライター)

    AKB48は、6月18日に新潟『HARD OFF ECOスタジアム新潟』で行われた『第8回AKB48選抜総選挙』の開票イベントを行い、HKT48の指原莉乃(23)が史上初となる2連覇を達成している。同選挙で島崎は8位に終わっていた。

    「6月1日の速報時には17位という低さ。これより下の順位は『アンダーガール』と呼ばれ、選抜メンバーの控え待遇になるのです。結果的に8位まで順位を上げましたが、もし中間発表のときのままの順位だったら、卒業を発表するだろうと見られていました」(前出・AKBライター)

    島崎は昨年が9位、一昨年は7位。周囲の期待に応えられる順位になれずにいる。そんな中での今回の選抜総選挙だったのだが、やはり、島崎の態度は相変わらず最低だった。

    「順位発表時の自分のコメントが終わり、後ろの席に着くと、もう私の出番は終わったとばかりに、だらけた態度になっていました。その後も、5位、4位と順位発表が進むにつれ、顔をつまらなさそうにさせていきました」(同)

    決定的だったのは、犬猿の仲といわれている指原が2連覇を果たした瞬間だ。

    「指原の1位がアナウンスされてスタンドから出てくるときに、周りのメンバーたちは一斉に拍手で迎えました。そんな中で島崎だけは、右手を目元にやり、指原の姿を見ないようにしていたのです」(AKBファン)

    この模様は、テレビ中継にもしっかりと映っていた。その態度を見て怒ったファンが、ネットに画像を晒すという事態にまでに発展した。

    「昨年の総選挙で指原が1位を獲得したときから、両者は一触即発の状態です。今回の島崎の行動は、指原の1位を絶対に認めないという怒りの現れなのです」(芸能記者)
     

    島崎の態度の悪さはさらに続いた。指原が涙ぐみながら話し始めたときだ。「島崎はあさっての方向を見て、だらしなく座っていました。どう見てもイベント終了時の優勝者を祝福する様子には見えませんでした」(前出・AKBファン) 

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160701/Myjitsu_007392.html
    【AKB48総選挙「1位の指原莉乃を認めない」島崎遥香が不快さを態度で示す「ブスVSブス」「顔面レベルが関係ないアイドルグループ」】の続きを読む

    67
    12
    36

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/26(日) 23:16:51.74 ID:CAP_USER9.net

    8月7日(日)に夏の風物詩「第98回全国高校野球選手権大会」が開幕するのに先立ち、大会を彩る“2016ABC夏の高校野球応援ソング”に、AKB48の45thシングル収録曲「光と影の日々」が決定した。

    同曲は「高校野球とAKB48は似ている」と語る秋元康が歌詞を書き下ろし、この楽曲のために16人の「高校野球選抜メンバー」が結成された。もともと高校野球が大好きという山本彩(NMB48)と横山由依(AKB48)がWセンターを務める。

    先日のお披露目会見には山本、横山の他、渡辺麻友(AKB48)、松井珠理奈(SKE48)、指原莉乃(HKT48)、北原里英(NGT48)が登場。思い思いに高校野球の魅力について語っていた。

    「『熱闘甲子園』も大ファンで毎年楽しみに見せていただいている番組なので、すごくうれしいですし、申し訳ないくらいなんですが、本当に誇らしいです」(山本)

    「私も高校野球が本当に大好きで、さや姉(山本)とよく一緒に『ことしこそ甲子園行こうね』って言っていて、まだかなっていないので、ことしこそは行きたいなと思います」(横山)と、Wセンターの2人は喜びをあらわにした。

    他のメンバーは「私はこの中だったら一番高校生に近い年齢だと思うので、全力で応援させていただけたらうれしいなと思っています」(松井)

    「高校野球は、毎年テレビ中継にくぎ付けになって見てしまうのですが、高校球児の皆さんが一生懸命ひたむきに試合に取り組んでいる姿に毎年たくさんのパワーをいただいています。ことしは私たちがこの応援ソングを通して、高校球児の皆さんにエールをたくさんお届けできたらいいなと思っています」(渡辺)

    「出場される皆さんにとって、この曲を聴くと一生胸が熱くなるような、そんな曲を歌えたらいいなと思っています」(指原)

    「実際に甲子園球場に行って(VTRの)撮影をさせていただきました。毎年あの場所で熱い戦いが繰り広げられていると思うと、やっぱり中途半端な気持ちでグラウンドに立ってはいけないなと思い、その日は本当に(体も心も)きれいな状態で撮影に臨ませていただきました」(北原)と、それぞれ熱い思いを込めて語った。

    先日行われたばかりの「第8回 AKB48選抜総選挙」において圧倒的票数で1位となった指原は「今回総選挙に出てあらためて、(高校野球は)総選挙と似ている部分があるなと自分自身感じました」と感慨深い様子。

    「今回は特に、上位4人がそれぞれ地方グループからだったので、何とか自分の地元に1位を持って帰りたい、優勝を持って帰りたいという気持ちはどこか(高校球児と)似ているものがあるんじゃないかなと思います」と、AKB48グループと高校野球を重ね合わせていた。

    そして総選挙1位になったこともあり、記者から指原に「これから頂点を目指す高校球児にメッセージを」というオーダーが。

    これには指原も恐縮しきりで「私は何にも努力してないので、ほんとに皆さんにアドバイスなんておこがましいんですけども、地元に優勝を持って帰るという気持ちは特別だと思うので、自分が故郷に錦を飾る姿を想像して頑張ってもらえたらなと思います!」とエールを送った。

    【秋元康コメント】

    高校野球が好きだ。甲子園のテレビ中継を見ているだけで、なぜか、涙が出てくる。 白球は夢だ。全員が、その夢を必死に追う姿に感動する。

    AKB48のコンセプトを説明する時に、何度も高校野球を例に使わせていただいた。「夢は1日にして成らず」。「熱闘甲子園」のテーマソングをAKB48に歌ってほしいという依頼をいただいた時、まず、“美しい汗”を描こうと思った。

    夢をつかみたいと思ったら、汗をかくしかないんだ。多くの人が高校野球に魅せられるのは、どこかで忘れてしまった自分の汗だろう。夢を見ているか? 汗をかいているか?『熱闘甲子園』を通して、“諦めないことの大切さ”を伝えたい。
     
    2 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/26(日) 23:17:30.26 ID:CAP_USER9.net

    【AKB48高校野球選抜メンバー】

    山本彩(NMB48)、横山由依(AKB48)、渡辺麻友(AKB48)、松井珠理奈(SKE48)、指原莉乃(HKT48)、北原里英(NGT48)、入山杏奈(AKB48)、柏木由紀(AKB48/NGT48)、北川綾巴(SKE48/AKB48)、

    高柳明音(SKE48)、白間美瑠(NMB48/AKB48)、矢倉楓子(NMB48)、兒玉遥(HKT48/AKB48)、宮脇咲良(HKT48/AKB48)、加藤美南(NGT48)、高倉萌香(NGT48)

    【これまでの「ABC夏の高校野球応援ソング」楽曲一覧】

    2003年:藤井フミヤ「SUMMER BOY」

    2004年:ZONE「glory colors~風のトビラ~」

    2005年:スガシカオ「奇跡」

    2006年:スキマスイッチ「スフィアの羽根」

    2007年:ウルフルズ「両方 For You」

    2008年:福耳「夏はこれからだ!」

    2009年:秦基博「Halation」

    2010年:FUNKY MONKEY BABYS「あとひとつ」

    2011年:川上ジュリア「ずっとここから」

    2012年:GReeeeN「pride」

    2013年:コブクロ「ダイヤモンド」

    2014年:関ジャニ∞「オモイダマ」

    2015年:Superfly「On Your Side」


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160626-00000025-the_tv-ent
    【指原莉乃「高校野球とAKB総選挙は似ている部分がある。私は何にも努力してないのに優勝した」】の続きを読む

    このページのトップヘ