芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:落選

    oiu
    1 : 朝一から閉店までφ ★@無断転載は禁止 がんばれ!くまモン!©2ch.net2016/11/26(土) 11:33:24.29 ID:CAP_USER9
    大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)に“落選”した歌手の和田アキ子(66)が26日、自身がMCを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜・前11時)で、紅白について“生コメント”した。 

    発表された24日は雪が降ったことを垣花正アナ(44)から振られると、「この日は忘れられないですね」とぽつり。「(大みそかに)アッコさんの歌が見られないのは残念ですね」と言われると「結果ですからね。うん、うん」と話した。 

    和田の落選を惜しむ芸能人の声の数々を紹介されると「出川(哲朗)と松村邦洋からメールが来たけど『歌手・和田アキ子様』で来た」と明かした。「正直な気持ちを言えば、言いたいことがいっぱいある。かつもう落ち着いているんです。こんなに人が優しいと感じる私に戻してくれたことに感謝したい」と話した。

    さらに「葛藤はあるけど、会社から『大人になれ!』と言われた。『大人ですよ』と言ったけど、そのときに出したコメントが本当の気持ちです」と話して、24日に事務所を通じて出したコメントをもう一度音読した。 

    さらに「毎日泣いたけど、早くほっといて欲しい。本心を言う気はないです、もう通過点ですから…。でも今回は(紅白を)見たくない。とっとと海外に行きたい。NHKはスクランブルをかけて欲しい」と冒頭の約16分にわたって、自身の紅白落選ネタに触れ、最後は「和田アキ子は不滅ですっ、フッ、フッ」と照れながら締めた。 

    和田は1970年に初出場し、昨年まで通算39回紅白に出場。紅組トリを7回、大トリを1回務めていた。

    紅白出場者が発表された24日には所属事務所を通じ「今回、この様な形になり、とても残念に思っております。40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります。ただ、今までトリも務めさせて頂き、司会も務めさせて頂き、紅白歌合戦には色々と勉強させてもらいました。感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントしていた。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161126-OHT1T50022.html?from=rss&
    【和田アキ子「紅白落選に毎日泣いたけど、早くほっといて欲しい。本心を言う気はない。海外に行きたい」】の続きを読む

    2109f14
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/11/24(木) 14:24:45.34 ID:CAP_USER9
    俳優の坂上忍(49)が24日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演し、この日発表された大みそかのNHK「第67回紅白歌合戦」(後7・15~11・45)の出場歌手についてコメントした。

    番組では発表前から紅白の話題を取り上げて議論。

    この日、スポニチ本紙などが大御所・和田アキ子(66)の出場見送りを報じたことを受け、坂上は「僕もちょっとびっくりしました」と率直な感想。

    「紅白ぐらい高視聴率で歴史があるお化け番組だと何やっても言われちゃうのかもしれない」と前置きしたうえで、「アッコさんぐらいの方が“落選”ていう報じられ方をするのは寂しい。一方でアッコさんといえども出られない時があるんですよ、っていうのはフェアといえばフェアなのかな」と話した。

    また、紅白の出場歌手について「選考基準が分からない」とし、「スッキリしないよね」と坂上。

    ゲストの元「シブがき隊」メンバーの薬丸裕英(50)が「アッコさんみたいな方が出場しないのは寂しい。世代交代も必要かもしれないがバランスも必要。若い人(歌手)ばっかりだったら、若い人しか見ない紅白なのっていうことになってしまう」と持論を述べる。

    坂上も「アッコさんは司会も何回かやられているから、司会をやった方はシード権とかないのかね」と紅白への貢献を強調し、スタジオの出演者も賛同していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000127-spnannex-ent
    【坂上忍が和田アキ子のNHK紅白落選に「アッコさんは司会も何回かやられている。シード権とかないのかね」】の続きを読む

    riginal
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/11/19(土) 08:47:09.23 ID:CAP_USER9
    SMAPばかりに注目が集まる今年のNHK紅白歌合戦だが、ある衝撃情報がかけめぐっている。今年で40回目の出場となる歌手の和田アキ子(66)が落選したというのだ。40回の“メモリアル”ということで、出場が確実視されていただけに、関係者のショックは大きいという。 

    “アッコ落選”に拍車をかけたのが、今年の司会だ。紅組は朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロイン・高畑充希(24)で決まりとみられていたが、フタを開けてみると、来年の朝ドラ「ひよっこ」のヒロイン・有村架純(23)だった。

    和田と高畑は同じ所属事務所「ホリプロ」で、高畑が司会であれば、和田が“セット”のような形で出場することができた。しかし、有村司会により、そうした“バーター出場”もできなくなったという。

    「実は和田さんについては、ここ最近、毎年のように“落選”の話が出ていたんです。目立ったヒット曲もないにもかかわらず、“重鎮扱い”でルーティンのように出場していた。昨年も落選危機にありましたが、同じホリプロの綾瀬はるかが紅組司会になったため、出場できたともっぱら。

    しかし、本番では以前のような声量はなく、精彩に欠けた。紅白に影響力を持つ“芸能界のドン”も、ついに見切りをつけたようなんです」(レコード会社関係者)

    発売中の「週刊文春」でも、すでにNHKサイドから和田サイドに対し「今年は出場いただけない」と落選通知がされたと報じている。ただし、ホリプロとしても、これまで事務所を支えてきた最大の功労者だけに、黙っては引き下がれない。ゴッド姉ちゃんに何とか40回出場という“金字塔”を実現させてあげたいところだろう。 

    出場歌手発表は来週中とみられている。逆転出場へ起死回生の一手はあるのか。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/194154
    【和田アキ子が紅白落選報道「目立ったヒット曲もないにもかかわらず毎年出場」】の続きを読む

    このページのトップヘ