芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:視聴率

    z4

    1 : 三毛猫 2016/07/16(土) 08:19:15.15 ID:CAP_USER9
     
    昨年1月に芸能活動を再開したお笑いコンビ、極楽とんぼの山本圭壱(48)が、30日放送のフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」の特番で10年ぶりに地上波復帰することが15日、分かった。

    関係者によると、収録での出演となるもよう。司会のナインティナインや相方の加藤浩次(47)と絡むとみられる。

    “めちゃイケ”といえば、山本は極楽とんぼとして1996年の番組開始から2006年に淫行事件で所属事務所を解雇されるまでレギュラー出演。

    ネタの途中に加藤と本気のケンカを始めてしまう「ケンカコント」で人気を得た。ブレークのきっかけとなっただけに、同番組で地上波復帰したい思いが強かったよう。当日は、“ケンカコント”も復活しそうだ。

    山本は不祥事後、謹慎。芸能活動を休止し、引退状態となり、寺で修行したり、飲食店などに勤務していた。昨年1月に単独ライブで活動を再開し、同7月には加藤のライブに飛び入りで登壇。

    加藤は「いつか一緒にコントができると思っている」、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(42)も「かわいがってもらった後輩として背中を押したい」と語るなど芸人仲間からは復帰を望む声が上がっていた。

    だが、世間の目は厳しく、表立った活動はできていなかったが、4月16日放送の“めちゃイケ20周年記念SP”で過去の映像として山本が出演。番組内容も過去の出演者に“めちゃイケ”パーティーの招待状を渡すという内容で話題になった。

    5月24日にはツイッターを開始。ネット上では本格復帰が近いのではと注目されていた。今回の出演は極楽とんぼ再始動への足がかりにもなりそうだ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160716-00000502-sanspo-ent
    【極楽とんぼの山本圭壱が「めちゃイケ」復帰!「視聴率20%超え」「フジテレビも打ち切り前に必死だな」「出演しても直ぐに番組終了」】の続きを読む

    26
    a1

    1 : 湛然 2016/07/15(金) 20:08:56.63 ID:CAP_USER9

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK総合午前8時)の14日の平均視聴率が23・3%(関東地区)だったことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。前日13日は22・6%だった。

    これまでの最高は4月27日と、6月8日の常子(高畑充希)が帝大生の星野武蔵(坂口健太郎)にプロポーズされた回の24・6%。7月7日の19・4%が最低となった。

    13日の回は、花山伊佐次(唐沢寿明)が、大工と間違われ家の修繕をした。その最中に母の君子(木村多江)や末娘の美子(杉咲花)らと触れながら小橋家の様子を知る。常子の「とと姉ちゃん」となる決意も見た。

    小銭入れのガマ口を落として探して帰ってきた常子は、ガマ口がなぜか家にあるのを見つけて、花山が届けにきて大工と間違って家を修繕させてしまったことに気付く。

    翌日、珈琲店を訪ね、おわびをして帰ろうとすると、花山が「編集を手伝う。次の号だけ」と言った。あの天才編集者と言われる花山が、常子らの出版を手伝ってくれることになった、という回だった。

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1678829.html
    【「とと姉ちゃん」唐沢寿明が演じる天才編集者・花山伊佐次が参加23・3%「名俳優だわ。面白い」「高畑充希は容姿がねえ。主役張れるレベルじゃない」】の続きを読む

    u1
    uu
    u0

    1 : 三毛猫 2016/07/14(木) 09:41:42.65 ID:CAP_USER9

    女優の北川景子(29)が主演を務める日本テレビ「家売るオンナ」(水曜後10・00)が13日に10分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は12・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。

    北川演じる不動産会社のスーパー営業ウーマン・三軒家万智(さんげんや・まち)が「私に売れない家はない」と豪語し、どんな客とも売買契約を成功させるお仕事ドラマ。

    客のプライベートな問題にも干渉し、あらゆる手を使って解決させてしまう能力も併せ持つ。個性的な客とのやりとりを通じて人生とは、家族とは、仕事とは何かを問いかける作品。

    俳優の工藤阿須加(24)やタレントのイモトアヤコ(30)らが共演。イモトは売り上げゼロで万智にしごかれるダメダメ社員役。

    「世界の果てまでイッテQ」などバラエティーで人気者だが、女優として同局の連ドラ出演は初となる。脚本は大石静氏(64)、演出は猪股隆一氏、佐久間紀佳氏、山田信義氏。

    初回は、東京五輪を4年後に控え、激烈な住宅売買競争が繰り広げられている2016年の東京。中堅不動産会社の営業課課長・屋代(仲村トオル)は、伸び悩む売り上げに頭を抱えていた。

    そこへ、前の店舗の売り上げを倍にした、やり手の女性が異動してくるという噂が流れ、若手社員の庭野(工藤阿須加)と足立(千葉雄大)は期待に胸を膨らませる。

    翌日、営業課に現れた万智は着任早々、「私に売れない家はありません」と宣言し、入社以来、売り上げゼロの美加(イモトアヤコ)を即席の宣伝員にして街頭へ出す…という展開だった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000078-spnannex-ent
    【北川景子主演「家売るオンナ」初回視聴率12・4%「DAIGOと結婚して可愛くなった」「イモトアヤコが邪魔だった」「脇が地味な割に取ったな」】の続きを読む

    g1
    g2
    g4

    1 : Egg 2016/07/12(火) 09:21:58.74 ID:CAP_USER9
     
    桐谷美玲主演の月9ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ系)が、7月11日からスタートする。

    「同ドラマは昨年、若者から人気を博したドラマ『恋仲』(フジテレビ系)のスタッフが再集結。旬のイケメンである三浦翔平、山崎賢人、野村周平を揃えるなど、ターゲットを完全に若者に絞っています。

    また今回は、放送終了後に台本や、俳優の音声付きノベルを配信するといった、初の試みも次々と行っていくとのことです」(テレビ誌記者)

    そんな中、今回の月9は放送形態に関しても、特殊な構成を行うようだ。翌週の7月18日は、フジが毎年行っている『FNSうたの夏まつり』が放送されるのだが、そのタイムテーブルが視聴者の間で物議を醸している。

    まず11時45分~16時50分までが第1部。そしてニュースを挟んだ後、17時20分から2部、3部となるのだが、なんと今年はFNS歌謡祭の途中で月9ドラマを放送するのだという。

    「21時からドラマを放送し、22時から再び歌謡祭に戻るという構成のようです。月9ドラマといえばフジの看板枠ですが、4月期の福山雅治主演『ラヴソング』は、歴代最低視聴率を記録してしまい、今の月9は壊滅状態。

    そこでフジは、毎年安定した高視聴率が出せる『FNSうたの夏まつり』に、無理やり月9をねじ込むことで、視聴率アップを狙っているのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

    このフジのやり方に対し、視聴者からは「途中でドラマを放送するなんてありえない!」「この構成はひどい」「純粋に歌番組を見たいのに」と早くも批判が殺到している。

    はたして今回の月9は、フジの思惑通りに高視聴率を獲得することができるだろうか。


    http://www.asagei.com/62020
    【「ありえない!」「この構成はひどい」フジテレビの月9「好きな人がいること」視聴率獲得の秘策に批判殺到!「純粋に歌番組を見たいのに」】の続きを読む

    77

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/11(月) 13:52:52.24 ID:CAP_USER9

    政治資金使途の公私混同疑惑で、東京都知事を辞職に追い込まれた舛添要一氏。都知事辞職後は、公の場に姿を現しておらず、さすがに反省しているのかと思いきや…。

    舛添氏は反省するどころか、「自分はハメられた」と思い込んでいるようで、水面下では必死にテレビ局に対して、番組出演のための“営業”をかけているという。民放テレビ局のスタッフはこう明かす。

    「元々、舛添さんは政治評論家として数多くのテレビ番組に出演していたし、テレビ業界の知り合いも多い。そうした旧知のテレビマンを通じて出演の売り込みをしているようです。

    まあ、都知事を辞職して金回りも悪くなったでしょうし、他の仕事をしなくてはいけないのは分かりますが、厚顔無恥というか、何と言うか…」

    さらに、このスタッフがあきれ顔で語るのは、舛添氏の言い分だ。

    「舛添さんいわく、『猪瀬直樹さんもコメンテーターとしてテレビ番組に出ているんだから、私もお願いできないか?』と。

    猪瀬さんは、東京都知事在任中、『徳洲会』グループからの不透明な借入金問題を追及されて辞任に追い込まれました。ようは、自分と同じ金銭問題で都知事を辞職した猪瀬さんがテレビに出ているんだから、自分が出ても問題ないだろう、と」

    “違法ではないが不適切”とも思える舛添氏の早期のテレビ復帰だが、「視聴者から厳しい意見が来る可能性もありますが、その反面、今、舛添さんに番組出演してもらえば、それなりの視聴率が期待できますからね。視聴率欲しさに、舛添さんの番組出演にゴーサインを出す局もあると思います」(同テレビ局スタッフ)


    http://dailynewsonline.jp/article/1161166/
    【舛添要一「テレビに出たい。自分はハメられた」番組出演のためテレビ局に猛営業!「クレーム電話でパニック」「視聴率欲しさにフジが喜んで使う」】の続きを読む

    w1

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/11(月) 03:57:52.22 ID:CAP_USER9.net

    10日、第24回参院選の投票が行われ、自民・公明の与党のみで改選121議席のうち過半数におよぶ計61議席以上を確保し、参院全体では憲法改正の国会発議に必要な3分の2(162議席)以上を確保する勢いだと、メディアは一斉に報じている。

    テレビのキー局各局は投票が締め切られた20時頃から一斉に選挙特番を放送したが、全民放局がほぼ同時に小泉進次郎衆院議員(自民党)への密着取材の模様を放送するという異常事態が発生した。

    例えば、フジテレビ系の『FNNみんなの選挙2016』では司会の宮根誠司氏が小泉氏に密着し、遊説の合間にフェリーで宮根氏が結婚について小泉氏に説くシーンなどが流された。

    また、テレビ東京系の『TXN選挙SP 池上彰の参院選ライブ』ではジャーナリスト・池上彰氏が、同じく遊説中の小泉氏と親しげに談笑するシーンが流されるなど、どの局も一様に小泉氏を好意的に扱った。

    テレビ局関係者が語る。

    「ある時間帯には、どのチャンネルを見ても小泉氏の顔が画面に映され、非常に違和感を感じました。各局がこぞって小泉氏を扱う理由は、ひとえに“数字が取れる”から。

    自民党としても好感度抜群でどこへ演説に行っても人だかりのできる小泉氏が前面に出てくれれば、党のイメージアップにもつながるので、密着取材の依頼を積極的に引き受けるのです。

    しかし、全局が同時にそれを流し、しかもどの局も小泉氏が応援演説中に18~19歳の未成年を選挙カーの壇上に登らせるというパフォーマンスを扱っていたので、結果として視聴率的な効果がどれだけあったのかは疑問です。いずれにせよ、自民党のみならず、どのテレビ局も“進次郎頼み”とは情けない限りです」

    進次郎フィーバーは当面やみそうにない。


    http://dailynewsonline.jp/article/1160931/
    【選挙特番で全テレビ局が異常事態!小泉進次郎の密着取材を同時間放送の理由「自民党を叩いても国民に支持されない」「金かからずに視聴率取れる」】の続きを読む

    このページのトップヘ