芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:視聴率

    67

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/07/07(木) 06:16:29.96 ID:CAP_USER9.net

    3月末で「報道ステーション」(テレビ朝日系)キャスターを卒業、休養を経て、バラエティー番組などで芸能界に返り咲いた古舘伊知郎(61)の快進撃に司会業を得意とする芸人らが戦々恐々としている。

    「古舘に自分のポジションを奪われやしないかとみんなおろおろしているんです。特に最近、てんぐになって、スタッフ受けが最悪の有吉弘行や坂上忍は本当に恐れている。

    話芸や知識などでは古舘の足元にも及びませんからね。共演すれば、比較され、あらが目立つことが視聴者に分かってしまいますからね」(関係者)

    そのためか、有吉と坂上はすでに先手を打っているという。

    「知る人ぞ知る話ですが、有吉と坂上は基本、古舘とのツーショット共演はNGなんです。もちろん大勢でワイワイやる番組は別ですが、ともにMCとして立つ座組みは完全NGになっているんです」(事情通)

    古舘の人気が急騰し始めた理由は、報ステ卒業以降に出演した番組が軒並み高視聴率を連発しているからだ。

    「ぴったんこカン・カンSP」(TBS系)が16・6%、「おしゃれイズム」(日本テレビ系)は13・8%と、いずれも高視聴率をマークした。

    「しかも、9日に放送される『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)の収録が先日行われましたが、あまりの話芸の完成度とパフォーマンスに共演の芸人はビビりまくっていました。

    松本人志や宮迫博之、小籔千豊らが舌を巻いて『古舘さん、ヤベエぞ』なんて言いながらひっくり返っていたほど。もしかしたら、松本さえも危ない。上層部が番組を『伊知郎古舘のすべらない話』にしようとでもたくらんでいるのでは、と冗談が飛んだほどでした」(関係者)

    快進撃を続ける古舘をめぐっては、今後も「行列のできる法律相談所」「24時間テレビ」(いずれも日テレ系)、「SMAP×SMAP」(フジ系)、テレビ朝日系のリオ五輪番組などへの出演が続くとの情報も。司会業タレントにとっては死活問題だ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00000003-tospoweb-ent
    【古舘伊知郎の圧倒的話芸に戦々恐々のMCたち!「有吉弘行と坂上忍は芸がないから消える」「キャスター枠の宮根誠司と羽鳥慎一も危ない」】の続きを読む

    c1

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/07/04(月) 09:56:20.49 ID:CAP_USER9.net
     
    女優・米倉涼子が主演するテレビ朝日系人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル』が3日(後9:00~11:10)に放送され、番組平均視聴率22.0%を獲得したことが4日、わかった。

    連続ドラマ第3シリーズ終了から1年7ヶ月ぶり、初のスペシャルドラマでも失敗しなかった大門先生。最高視聴率は午後11時4分にマークした25.8%まで上がる。

    伊野尾慧演じるフィギュアスケーター・氷室光二郎が大会でクアッドアクセルを決めてガッツポーズし、未知子が大喜びしたシーンだった。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。

    今作で、未知子の敵役を演じたのはビートたけし。

    自身初の医師役、それもオープニングでは岸本加世子と、エンディングでは橋本マナミとキスシーンを演じるおいしい思いもしながら、神経系の疾患でメスを握れなくなってしまった外科医が、地元の製薬会社と手を組み内科医に転身し、現在は日本初となる創薬の拠点「クロス医療センター」の病院長として暗躍する姿を熱演した。

    患者役に伊野尾、マタギ役で青木崇高、レギュラーの岸部一徳、遠藤憲一、勝村政信、鈴木浩介、西田敏行らも出演した。

    なお『ドクターX』の連続ドラマ第4弾が10月から木曜9時に放送されることも発表されている。“失敗しない”伝説はまだまだ続きそうだ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000306-oric-ent
    【米倉涼子「ドクターX」初SPでも失敗しなかった!平均視聴率22.0%、最高25.8%マーク「ビートたけし滑舌悪い」「私生活は失敗」】の続きを読む

    9w

    1 :プーアル ★@\(^o^)/:2016/07/02(土) 18:29:14.35 ID:CAP_USER9.net

    6月28日、フジテレビなどを傘下に収めるフジ・メディア・ホールディングスの第75回株主総会が開かれた。近年、フジテレビは視聴率低迷が叫ばれ、6月13日に最終回を迎えた連続テレビドラマ『ラヴソング』は全話平均視聴率が8.43%と、“月9”史上最低を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。

    株主総会で、フジテレビの亀山千広社長は「まずはドラマで話題を呼び、バラエティで視聴習慣を根付かせ、最後は報道番組で信頼を得る」と、現状脱却のための方針を口にしたが、その道は険しい。

    「そもそも『ラヴソング』だって人気俳優・福山雅治と無名の新人・藤原さくらの起用で話題を呼ぼうとしたが、失敗。また、総会直前の25日に放送されたバラエティ『めちゃ×2イケてるッ!』でも視聴者の反感を買い、視聴習慣を根付かせるどころか『もう見たくない』とまで言われています」(週刊誌記者)

    この日の『めちゃイケ』は、「オ・サール高校創立6カ月記念 初めての修学旅行」という企画を放送。

    ナインティナイン・岡村隆史を筆頭に、Kis-My-Ft2・千賀健永など“サル顔の芸能人”が集められていたが、その一員として呼ばれた元プロボクサー・ガッツ石松がロケ途中で帰ってしまうトラブルが発生したのだ。

    「ガッツはニセの企画で呼び出されていて、困惑しつつも最初の企画には参加。しかし、次のロケ場所に移動する段階で、ナインティナイン・矢部浩之が『ガッツさん、帰った』と明かしました。

    岡村は『カメラ止まってる時に、(ガッツが)電話でトラブル処理をしていた』と暴露し、どうやら企画内容を聞かされていなかったガッツがマネージャーと揉め、帰ったものと見られています」(同)

    同番組は以前にも俳優・哀川翔にドッキリを仕掛けて激怒させていた。

    「フジには学習能力がないのか。温厚なガッツが仕事の途中で帰るなんてよほどのことだし、そもそもガッツも哀川も芸人ではないのだから、失礼過ぎるでしょう。呆れ声が広まっていますよ」(同)

    また、サル顔タレントたちが手づかみでビュッフェを食べるなど、“食べ物で遊ぶ”企画も行われ、インターネット上では「こんなの誰が喜ぶの?」「見なければ良かった。汚いし不快でしかない」など、批判が殺到した。

    ●株主からも厳しい声

    そんななか迎えた、フジの株主総会当日。株主側からも「(局内で)若い人に権限を委譲できていないのが視聴率低迷の要因」などと厳しい声が上がったが、亀山社長は冒頭のように述べ、まずはドラマの改善策として「7月にスタートするドラマは30代のプロデューサーを中心に制作している」と、説明した。

    同局の7~9月期ドラマは、桐谷美玲主演の月9『好きな人がいること』に山崎賢人や三浦翔平、野村周平などイケメン俳優を投入し、前クールで打ち切りに終わった『OUR HOUSE』の日曜夜9時枠に、Hey!Say!JUMP・中島裕翔主演の『HOPE~期待ゼロの新入社員~』を持ってくるなど、気合いが見て取れる。

    これらのドラマをブレイクさせ、フジ復活の道を開くことはできるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1155603/
    【「めちゃイケ」意味不明で不愉快と批判殺到!出演者も激怒で途中降板「岡村隆史の発言で視聴率低下」「AKB48やEXILEに頼らないと」】の続きを読む

    r1
    t1
    16

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/02(土) 13:33:39.61 ID:CAP_USER9.net

    先日、ダウンタウンの松本人志(52)が依頼者として登場し、約2年半ぶりに20%超えの視聴率を記録した関西の人気バラエティー番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)。

    視聴者の間で“神回”として話題になったが、過去にさかのぼってみると、これ以外にも神回と呼ばれるものはいくつか存在している。どんな内容だったのか、それぞれ紹介してみよう。

    まず初めは、2013年4月5日に放送された『10年以上口をきいていない父と母』。奈良県の男性(当時18)からの依頼で、ものごころついた頃から両親の会話を聞いたことがなく、母親が話しかけても父親が無視してしまう理由を解明してほしいという内容だった。

    探偵のカンニング竹山(45)が依頼者の姉や母親から話を聞くと、会話をしていない期間は23年にのぼることが判明。さらに調査を進めると、驚くべき事実が父親の口から明かされた。

    なんと「子どもが生まれてから、妻が子ども中心の生活をするようになり、自分の相手をしてくれなくなった」ことにスネて口をきかなくなったところ、引っ込みがつかなくなったというのだ。

    父親がずっと無視し続けてきたことを母親に謝罪した後、お互いが日頃の感謝を述べ合う展開となり、二人の様子を遠目で見ていた依頼者を含む3姉弟、そして竹山が涙する感動的なラストを迎えた。

    神回といえば、2003年11月21日に放送された『おじいちゃんはルー大柴』も忘れてはならない。祖父が他界してから、元気がない中学生の娘にタレントのルー大柴(62)を会わせてほしいという愛知県の女性(当時34)からの依頼だった。

    祖父と顔がそっくりのルー大柴に会わせることで、「おじいちゃんに会いたい」という娘の願いを叶えてあげたいのだという。依頼者宅にやって来たルー大柴は、普段の騒がしいキャラを封印。娘と一緒に会話や料理を楽しむなど、祖父として接した。

    そんな姿に、在りし日の祖父の面影を感じ取ったのか、娘がルー大柴に「おじいちゃん」と無意識に呼び掛けたり、「夢を見ているみたい」とつぶやいたりする場面も。この様子をモニターで見ていた依頼者とその母親、さらに探偵の桂小枝(61)が感動のあまり、涙を流すドラマティックな展開となった。


    2 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/02(土) 13:34:13.95 ID:CAP_USER9.net

    2007年4月27日に放送された『亡き父にそっくりな飯田選手とキャッチボール』も神回といわれている。依頼者は長崎県の男性(当時18)。

    7年前に亡くなった父親は、元プロ野球選手の飯田哲也(48)にそっくりで、中学の野球部の監督だったという。父親とのキャッチボールが一番の思い出だが、6歳下の弟にはそれがない。そこで、飯田に弟とキャッチボールをしてもらえないかという依頼だった。

    探偵の松村邦洋(48)が、飯田が2軍コーチを務める東京ヤクルトスワローズの球団広報に直談判して、願いは叶うことに。飯田と対面し、涙をこらえながら、キャッチボールをする弟の姿に視聴者は胸を打たれた。

    最後に紹介するのが、2012年9月21日に放送された『おっさんと少年の友情』。大阪府の女性(当時48)からの依頼で、夫(当時49)がある男の子に送ったDVDの感想を聞いてほしいというものだった。

    勤めていた会社が倒産し、その傷を癒すかのように北海道へツーリングに行った夫は、帰りのフェリーでその男の子と出会い、会社が倒産したことや旅に出た男のロマンなどを語ったという。

    そして、帰宅後に男の子に送ったのが、旅の思い出が詰まったDVDだった。着ぐるみで変装した夫は、探偵のたむらけんじ(43)とともに青森県にいる男の子の自宅を訪問。

    そこで、男の子から「DVDはすごかった」という感想や、「頭の中にいつでも思い浮かぶから、おっちゃんにもう一回会ってみたい」という話を聞くことに。着ぐるみを脱いだ“おっちゃん”は、男の子と感動の再会を果たすのだった。

    数々の神回を放送してきた『探偵!ナイトスクープ』。これからも視聴者を感動の渦に包み込んでくれるのは、間違いなさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1155705/
    【カンニング竹山も号泣「探偵ナイトスクープ」の神回エピソード!視聴率20%超えを記録し続ける関西の人気バラエティー番組】の続きを読む

    no title

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/30(木) 11:01:51.67 ID:CAP_USER9.net

    7月10日にフジテレビ系で放送される参院選特番「みんなの選挙」にモデル兼タレントの藤田ニコルがゲスト出演することが決定。この大胆過ぎるキャスティングに注目が集まっている。

    今回の参院選から選挙権が18歳以上に引き下げられたことに伴って、18歳の代表として藤田に白羽の矢が立ったようだが、世間からは「藤田に何を言わせたいんだ?」と心配の声が殺到している。

    「藤田は『選挙の番組っていっつもつまんない! だから、にこるんが出ることで、少しでも同世代の子が選挙に興味をもって見てくれたらうれしいです』と出演への意気込みをさっそくキャラまる出しで語っていますが、そもそも選挙番組が面白い必要性があるのか否かで批判が増大。

    藤田が現在、もっとも旬な18歳のタレントの1人であることはわかりますが、フジならではの選挙のバラエティ化に疑問の声が多いですね」(エンタメ誌記者)

    一般コメントを見ても「この女が18歳のアベレージじゃないから出す意味がわからない」「いつもつまんないって、観たことあんのか?」「ごく当たり前にテレ東の池上彰さんのほうを見ます」など、言われたい放題だ。

    ここで真面目なところを見せて好感度を上げるつもりではという一部の推測もあるが、どのみち国政選挙はタレント一人のものではない。きちんと一人の18歳として、誰もが聞き耳を立てる意見を語ってもらいたいものだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1154297/
    【フジテレビ「彼女が18歳の代表。藤田ニコルを選挙特番に起用」に批判「意味がわからない」「視聴率取るなら舛添要一とベッキー」】の続きを読む

    78

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 05:29:51.42 ID:CAP_USER9.net

    議長や答弁する取締役に対して、最後まで怒号とやじが飛び続ける。株主の質問にも罵声が飛ぶ。何とも殺伐とした3時間35分だった。

    6月22日、フジ・メディア・ホールディングスはホテル グランパシフィックLE DAIBA(東京・お台場)で第75回株主総会を開催した。

    最終的に、会社側が提案した議案である「剰余金の処分の件」「取締役17名選任の件」は承認され、株主側の提案はすべて否決された。3時間以上に渡って議論が続き、お世辞にも和やかとは言えない総会となった。

    ■ 「ドラマにときめきがない」? 

    株主提案の議案は「総会で社員やOBの株主が質問する際に、その旨を明かすこと」「独立性のある取締役が存在しないため、山口三尊氏(3万株を保有する個人投資家)を取締役候補に加えること」「ROE(株主資本利益率)が5%未満の場合、25年以上在任する役員について、選任の理由を説明すること」の3つだった。

    質疑応答では、視聴率の苦戦が続くフジテレビジョン(フジテレビ)について、多くの意見や質問が寄せられた。
    「テロップが多すぎる、若い人にはいいのかもしれないが、笑い声がうるさい」「ドラマに往年のようなときめきがない」

    「嫌いなテレビ局1位に選ばれた。抗議デモに対しても『嫌なら見るな』と放置した」

    「バブルを経験した世代ばかりで、若い人に権限を委譲できていないのが視聴率低迷の要因だ」などと辛辣なものばかりだった。

    これに対し、フジテレビの亀山千広社長は、現状を「忸怩たる思い」とした上で、「まずはドラマで話題を呼び、バラエティで視聴習慣を根付かせ、最後は報道番組で信頼を得る。

    そのためには何としてでもヒットドラマを生まなくてはならない。7月にスタートしたドラマでは30代のプロデューサーを中心に制作している」などと説明していた。

    ちなみに、「嫌なら見るな」とされる方針に関して、稲木甲二取締役は「フジテレビからそのように打ち出したことは一度もない」と明確に否定している。

    また、フジテレビのトップに就任して28年になる日枝久会長に対する質問も多く寄せられた。「名誉会長としてグループを見守ったほうがいい」「業績や株価が低迷しているのに、なぜいつまでもトップを務めているのか」「日枝会長が怖くて、ほかの役員は何も言えないのではないか」といったものだ。

    ■ 「会長は口出ししていない」

    こうした問いに対し、豊田皓(とよだ・こう)副会長は日枝会長のこれまでの実績を強調した。

    「ライブドアショックやリーマンショックがあったが、日枝会長の判断で乗り越えてきた。ビーエスフジやサンケイビルを子会社化し、昨年にはグランビスタホテル&リゾートを買収するなどで、バランスのとれたポートフォリオを構築できた。

    業績もリーマンショック時から大幅に回復している。日枝会長のリーダシップのもとでやってきた」と絶賛。また、フジテレビに関して「亀山社長が陣頭指揮を執っている。現場に任せているので、会長は口出しはしていない」と語った。

    日枝会長は例年、議長として議事進行に務めており、関係する質問の答弁もすべて嘉納修治社長以下の担当取締役がこなしたが、「われわれ株主はどうしても日枝会長の生の声を聞きたいんです。お願いします」といった株主の声にうなずく場面もみられた。

    そのほか、株主優待についても、再三、改善を求める意見が上がっていた。現在、100株以上(同社の売買単位も100株)を保有する株主にオリジナル手帳を送付しているが、「手帳は好みがある」「毎年捨てている」などと評判はいまいち。代わりにディノスの通販の割引や新番組の説明会や試写会、番組観覧などを提案する声もあった。

    2 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 05:30:11.53 ID:CAP_USER9.net

    議事進行中、株主から修正動議は計4回ほど提案された。「配当を1株20円ではなく30円にする」「取締役17名を全員名簿から削除する」

    「取締役候補に元フジテレビアナウンサーの平井理央、ベッキー、ゲスの極み乙女のボーカルである川谷絵音を加え、炎上商法をとるべき」「議長の不信任動議」といったものだが、いずれも否決されている。

    長時間に渡った総会だが、一部の株主の過激な発言を差し引いて考慮しても、不満を持つ株主は多いように感じられた。

    ■ フジテレビの改善しか、道はない

    フジメディアHD全体で見ると、2015年度の業績は売上高が前期比0.4%減の6405億円、営業利益は同4.8%減の243億円とわずかな減益にとどまっている。

    ただ、株主は中核のフジテレビが営業益でほぼ半減の55億円に沈んだ事実、そして、視聴率に底入れの兆しが見えないことに苛立ちを募らせているようだ。

    実際、フジメディアHDの株価は2013年に2度、2300円台の高値をつけたが、それ以降は長期下落トレンドとなり、足元は1100円前後の推移となっている。中核であるフジテレビの視聴率が改善しないため、今後の広告収入も減少する、とみられていることが大きいだろう。

    今年こそはと、毎年テコ入れに向けた決意を語ってきたフジテレビ。それでも、まだ結果は出ていない。ドラマのヒット作を生み出し、浮上のきっかけを見いだせなければ、来年の株主総会も荒れ模様が続きそうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160629-00124918-toyo-bus_all
    【「取締役に平井理央アナ、ベッキー」「岡村隆史の発言」視聴率低迷のフジテレビに株主の不満が炸裂】の続きを読む

    このページのトップヘ