芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:視聴率

    1

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/27(月) 10:37:05.71 ID:CAP_USER9.net

    やはり、世間も剛力彩芽の迷走ぶりには気づいているようだ。「gooランキング」が発表した「黒歴史!? 歌唱力がアレすぎた女性芸能人ランキング」の1位に、みごと(!?)剛力彩芽が輝いた。

    剛力は、13年6月にシングル「友達より大事な人」で歌手デビュー。同楽曲のサビ部分のプロペラダンスが話題になり、ユーチューブで日本国内動画の年間再生回数も5位にランクインするなど大ヒットを記録した。

    逆にメインキャストとして出演したドラマ作品はことごとく低視聴率を連発。

    そのため、剛力は俳優業からエスケイプするように15年9月の4thシングル「相合傘」のリリースのタイミングで、当分の間、アーティスト活動に専念することを宣言するが、気がつけばそれもなかったことに‥‥。

    とにかく迷走という言葉がピッタリで、今年はなぜか女優業が多く、世間も剛力の“本職”が何かわからなくなっている。

    「CDリリースも歌手活動専念を発表した時にリリースした4thシングルでストップ。結局、プロペラダンスの一発屋のような存在です。しかもアーティスト活動に専念と言いながら、あっさり女優業に復帰したことで、世間からも『何がしたいのか?』と見放されてしまっていますね」(エンタメ誌ライター)

    ネット上でも「さすがゴリ押しなだけに、地道さゼロ。逃げ足が速すぎる!」「次はミュージカルとか言いそう」「行く末は通販タレント」など、もはや崖っぷちタレントの扱い。

    6月23日に最終回を迎えたドラマ「ドクターカー」(日本テレビ系)も、7月スタートのドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(テレビ朝日系)でも主演を務める剛力だが、いずれも深夜ドラマ。再び“陽の当たる”時間帯に出てくる日は来るのだろうか?


    http://dailynewsonline.jp/article/1152380/
    【剛力彩芽の女優業と歌手活動が崖っぷち!「黒歴史認定」「才能も実力も歌唱力も美貌もない」「ゴリ押しブスでかわいくない」】の続きを読む

    a

    1 :
    YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/26(日) 16:53:47.66 ID:CAP_USER9.net

    今につづくプロ野球、職業野球のリーグ戦は、一九三六年にはじまった。その仕組みをととのえたのは、東京巨人軍をひきいた読売新聞である。

    プロ野球そのものも、読売新聞がてがける興行だと、当時はみなされた。読売以外の新聞は、だから試合の結果などをほとんどつたえていない。

    戦後にプロ野球人気が高まってからは、やや様子がかわりだす。読売以外の新聞も、紙面をさくようになっていく。

    とはいえ、他紙の報道も、人気の高いジャイアンツを中心にすえつづけた。テレビの時代になっても、読売グループの日本テレビが、このチームをもりたてている。他の地上波各局も、それに追随した。おかげで、ジャイアンツの人気は、ますます高まっている。

    関西圏では、一九六九年に開局したサンテレビが、事態をかえだした。同局がはじめた阪神戦の中継は、地元で阪神ファンをふやす、その起爆剤になっている。今では、関西でくらす野球好きの大半が、阪神を応援するまでになったと、前回のべた。

    しかし、こうした現象は、関西圏以外でもおこっている。中部地方や中国地方でも、中日ドラゴンズや広島カープが、ファンをふやしていった。

    二十世紀の後半には、地方局が地元のチームを、いっせいにあとおしする。放映権料の高い読売ではなく、コストがかからない地元球団の放映に、ふみきった。これにあおられ、地元にチームのある野球好きは、そちらへ心をよせるようになる。読売への気持ちは、払拭して。

    野球に関するかぎり、各地の地方局が、地元の自立をうながしたのだとみなしうる。関西圏の阪神ファンも、この全国共通といってよい趨勢(すうせい)によって、おおきくふくらんだ。そこに、関西や大阪の固有性は、量的な面をべつにすれば、見られない。

    この傾向は、全国的に読売のひいき筋をへらしている。かつては、読売対どこそこの中継を見たい読売ファンが、圧倒的な多数をしめていた。読売戦が全国ネットで高い視聴率を獲得したのは、そのためである。読売への一極集中こそが、野球放送を地上波の優良ソフトたらしめていた。

    しかし、今は野球好きの思いが、各地の地方球団へ分散されている。もう、どの球団も、全国ネットで視聴者をひろくひきつけることは、できなくなった。東京のキー局が、野球中継を見はなしたゆえんである。(国際日本文化研究センター教授)


    http://www.sankei.com/west/news/160626/wst1606260003-n2.html
    【テレビ局「野球中継は今後しない。必要ない」「視聴率が低い」「放映権料でも完全にサッカーに追い越された」「阪神ファンが怖い」】の続きを読む

    77
    21
    67
    9

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/25(土) 07:13:25.51 ID:CAP_USER9.net

    6月12日の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に武井咲(22)、剛力彩芽(23)、忽那汐里(23)の「オスカー3人娘」が登場した。同じオスカープロモーション所属の人気女優3人の競演ということで注目されたが、特に武井のある発言がクローズアップされている。

    オスカーといえば、「25歳まで恋愛禁止」という不文律があり、2013年3月3日付当サイト記事『「上戸彩の“つくり方”」芸能プロ大手オスカー幹部に聞く…恋愛禁止ルールは必要』でも、専務取締役(当時、現在は副社長)の鈴木誠司氏が「10代でデビューした場合は、25歳までは恋愛禁止」と明言している。

    これについて、武井が「事務所で25歳まで恋愛禁止とかいわれているけど、どうなんですか?」と口火を切ると、忽那が「あんまり聞いた覚えがないんだよね」と返答、武井は「そう、わかる! 聞いてない」と強く同調した。

    さらに、武井は「アイドルのように頭ごなしに恋愛禁止というわけじゃなくて、そういうルールの中でやりましょうねって」と自分の解釈を述べた。

    「武井はEXILEのTAKAHIROとの熱愛が報じられており、今年3月にはTAKAHIROの自宅マンションに通う様子を週刊誌に撮られています。

    2人は、14年のドラマ『戦力外捜査官』(日本テレビ系)で共演したことから仲を深め、昨年4月には自宅デートを報じられたものの、お互いが交際を否定。

    しかし、実際は交際が続いていたところに今回の発言ということで、『売れっ子だと、いろいろ大変なんだな』『確かに、女優は恋愛で魅力的になる例もあるから』などという声が視聴者から上がりました」(テレビ局関係者)

    また、話題が「世間の評価」に移った際には、「気にしたほうがいいの? って思っちゃう」と発言した武井。

    「視聴率とか気になる?」という剛力の問いに、「それよりも、観た人の感想を聞きたい」「なんで、世間のみなさまに視聴率をお知らせしなきゃいけないんだろう、っていつも思っちゃう」と心情を吐露した。

    「今はドラマの放送翌日には視聴率がインターネットのニュースなどで一斉に報じられますが、もはやリアルタイムでの視聴だけでドラマの魅力を測ることはできません。


    2 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/25(土) 07:13:48.07 ID:CAP_USER9.net

    録画や『TVer』(民放5局による公式無料動画配信サービス)などで観る人も多く、視聴率以上に視聴者の感想のほうが重要といえます。

    例えば、6月14日に最終話を迎えた黒木華の主演ドラマ『重版出来!』(TBS系)は平均視聴率8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と数字的には苦戦しました。

    が、ネット上には『良質な仕事ドラマ』『毎回、セリフが身にしみる』『仕事やクリエイターのあり方について、考えさせられる』という視聴者の声があふれ、続編も期待されるほどです。

    作品の視聴率に一喜一憂する演者も多いですが、それで演技やメンタルに影響があっては、元も子もありません。武井の事実上の『視聴率は気にしない』発言は、常に出演作が放送されるトップ女優としては賢明な判断といえます」(同)

    ●武井咲、多忙すぎて「全部がネガティブ」

    また、武井は売れっ子ゆえの苦悩も語った。ブレイク直後は3クール連続でドラマの主演を務めたこともあった。

    「一時、セリフをまったく覚えられなくなった」「(演技について)自分のプランを考える時間すらない時があった」と振り返り、「全部がネガティブになった」「人との会話もなんにも面白くない」という時期があったことを明かしたのだ。

    「ドラマだけでなく映画やCMの撮影、さらに雑誌などの取材も殺到するなど、異常な過密スケジュールには業界内でも同情が集まるほどでしたが、『なんにも面白くない』というのは、そういった時期だったのかもしれません。

    ただ、今回の放送では、一番年下ながら中心となって話を展開し、『意外と話がうまい』『こんなにしゃべるイメージがなかった』という声も多く、意外な一面を見せることができたのかもしれません。

    また、『やっぱりかわいいな』『ルックスの良さは疑いようがない』と、あらためて美貌への評価が高まっています」(芸能事務所関係者)


    http://dailynewsonline.jp/article/1151319/
    【人気女優の武井咲「世間のみなさまに視聴率をお知らせする必要はない。なんにも面白くない」「自己中女優」「演技が大根」】の続きを読む

    g

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/23(木) 17:29:19.18 ID:CAP_USER9.net

    TBS関係者が頭を抱えている。来年1月、晴れてSMAPの木村拓哉(43)が名門枠、日曜劇場で主演を務めることが決定したのだが、ここにきて、予期せぬ障害に見舞われているのだ。

    「ヒロインがいまだに決まらないんです」と声を潜めるのは制作プロデューサー。つい数年前までは主演・木村と出すだけで、多くの芸能プロダクションからさばききれないほどの売り込みがあったという。ところが、最近はその事情が変わりつつあるというのだ。

    「人気女優らが皆、木村と聞いただけで逃げ出す。ドラマで関わり合うと面倒だという評判が定着しているんです。撮影スケジュールはすべて木村中心で動いているため、間近になるまで決まらない。

    脚本は当然として、美術セットから小道具に至るまで細かい注文が随時、入るんです。それらを修正するために、いつもギリギリになってしまうそうなんです」(芸能事情通)

    さらに木村主演ドラマにつきものの、あるお約束も敬遠される理由だという。

    「キスシーンです。皆、嫌がるんです。また、木村は身長が170センチ未満。女優らが背を低くし高さを合わせなければならない。

    結果、おしゃれなハイヒールなど履けないんですよ。以前は困った時の北川景子がいたんですが、残念ことに結婚してしまった。ゼロから探している状態なんです」(芸能関係者)

    さらにギャラに関してもブーイングが上がるという。

    「木村が1本最低300?500万円も取るため、他の共演者が抑えられてしまう。昔なら関係なかったのですが、最近はTBSも制作費を圧縮し始めた。そのシワ寄せが共演者に来るんです」(前出・芸能事情通)

    今回、木村が演じるのはどんな難解なオペも絶対にやり遂げるスーパードクター。どこかで聞いたようなよくある設定だが、大丈夫?


    http://dailynewsonline.jp/article/1150287/
    【人気女優「木村拓哉のヒロインになりたくない!ギャラも安い。低視聴率なら私のせい」】の続きを読む

    w1
    w2
    w3
    w4
    w5
    w6
    w7
    w8

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/20(月) 09:16:52.92 ID:CAP_USER9.net
     
    18日に生中継されたフジテレビ「AKB48総選挙SP」が平均(第3部=後8・51~9・24)17・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をマークしたことが20日、分かった。

    速報値2位のHKT48指原莉乃(23)が史上最高の24万3011票を獲得し、史上初の連覇を達成した。総得票数は325万5400票と過去最多だった昨年の328万7736票より減少したが、過去の選挙と変わらぬ高い注目を集めた。

    昨年の放送は「メンバーコメントをぶった切ってCMに入るタイミングが最悪」とインターネット上に批判の声が相次いだが、今年はCMを番組前半に多めに投入し、後半は余裕のある進行。

    6位から1位の発表はノーCMで会場の臨場感を伝えた。「余計な演出がなくて良かった」「会場の進行と中継のCMがコントロールされていた」など評価する声が見られた。

    フジテレビがAKB選抜総選挙の生中継特番を組むのは5年連続。平均視聴率は2012年(1位・大島優子)が18・7%、13年(1位・指原莉乃)が20・3%、14年(1位・渡辺麻友)が16・2%、15年(1位・指原莉乃)が18・8%だった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00000069-spnannex-ent
    【フジテレビ「AKB総選挙は視聴率17・6%」ネット「卑怯すぎる詐欺行為」「酷い分割」「過去最低」】の続きを読む

    30

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/16(木) 11:33:46.81 ID:CAP_USER9.net
     
    嵐の大野智(35)が主演で、NHKの連続ドラマ「あさが来た」に主演した波瑠(24)する日本テレビ系連続ドラマ「世界一難しい恋」(水曜・後10時)の15日放送の最終話の平均視聴率が16・0%と最高を記録したことが16日、わかった。

    瞬間最高視聴率は18・0%で番組の終盤の午後11時7分に記録した。ドラマ全10話の平均視聴率は12・8%だった。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

    初回放送から12・8%、第2回話12・9%、第3話で13・1%と安定した数字をキープしてきた同ドラマ。

    その後も第4話から12・2%、11・5%、11・7%、13・0%、12・1%と推移し、9日の第9話で最高に迫る13・0%を記録していた。

    最終回は嵐の櫻井翔(34)が実名のキャスター役でゲスト出演し、有終の美をアシストした形だ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160616-00000076-sph-ent


    【嵐の大野智が主演「世界一難しい恋」最終話は16・0%!櫻井翔が出演で最高視聴率】の続きを読む

    このページのトップヘ