芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:視聴率

    b

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/11(土) 07:29:53.15 ID:CAP_USER9.net

    春期ドラマもいよいよ終盤に差し掛かっているが、今期ドラマにおいて好調な視聴率をキープしているのが、『99.9─刑事専門弁護士─』(TBS系)と『世界一難しい恋』(日本テレビ系)、そして『グッドパートナー 無敵の弁護士』(テレビ朝日系)の3本だ。

    とくに『99.9』と『世界一難しい恋』は、初回から視聴率2桁をキープし続けている。

    この2作でそれぞれ主演をつとめているのが、嵐の松本潤(32)と大野智(35)だ。『99.9』では松本が、優秀で型破りな弁護士役を好演。初の弁護士役の挑戦ということで、ファンからも注目を集めていたようだ。

    一方の大野は、『世界一難しい恋』で他人に厳しく自分に超甘い、“大人子ども”の主人公をコミカルに演じ好評だ。

    松本は、過去に主演をつとめた『失恋ショコラティエ』や『ラッキーセブン』(ともにフジテレビ系)でもわかるように、“正統派主人公”が似合うタイプ。今回もテンポのいいストーリー展開が相まって、キレ者ぶりがサマになっている。

    大野は、『歌のおにいさん』や『死神くん』(ともにテレビ朝日系)といったコメディタッチの作品で、コミカルな役どころをひょうひょうと演じることができる、“三枚目主人公”タイプだ。

    「ジャニーズ強し」とも言い切れる昨今の人気ドラマ事情であるが、完全に世代交代が進んだと見る評論家は多い。

    ■もはやSMAPは過去の人

    「これまではこういった”視聴率を取りそうなドラマ”は、SMAPのメンバーが主演をつとめる傾向にありました。

    嵐と同様、5人がそれぞれ役者としてキャラクターがあったので、その特性を生かしたキャスティングで数字を獲得していたのです。まさに今の嵐が“全盛期のSMAP”の位置にいると言えますね」(テレビドラマ評論家)

    かつては高視聴率を叩き出していたSMAPのメンバーも、ここ最近では主演を飾るも、苦しい結果を出すことも多い。

    実際に前クールにおいては、香取慎吾(39)が『家族ノカタチ』(TBS系)、草彅剛(41)が『スペシャリスト』(テレビ朝日系)で主演をつとめたが、草彅の方は2ケタの視聴率をキープできたものの話題性を欠き、香取は“大爆死”となっている。

    今期のドラマ視聴率の結果は、ジャニーズ事務所の人気を牽引するスターの世代交代が完了したことを如実に表しているのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/1142744/
    【嵐の主演ドラマが軒並み好調でSMAPはもう過去の人!「完全に世代交代」「SMAPは視聴率が大爆死」】の続きを読む

    a2
    a1
    a3

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/09(木) 10:38:39.95 ID:CAP_USER9.net

    朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)のコーナー企画「MOCO’Sキッチン」で料理の腕前を披露し、主婦層の心をがっちり掴んだ速水もこみちが、今度はキッチンブランドを立ち上げた。

    6月2日、東京・秋葉原で自身がトータルプロデュースした「MOCOMICHI HAYAMI」の発表イベントを開催。

    イベントには大勢のギャラリーが集まり、そこでもこみちは、包丁やフライパンなど、みずから手掛けたキッチンツールを紹介。国内外の人気メーカーとコラボして、15日から順次発売する予定だという。

    「『MOCO’Sキッチン』は、『ZIP!』の中でわずか3分間程度のコーナーですが、『ZIP!』全体の平均視聴率が5%~6%の中、この時間だけ8%以上叩き出すこともあります。

    この勢いでオリジナルブランドのオリーブオイルを販売したり、料理本を出版するなど“俳優業よりも儲かっているんじゃないか”と言われていますよ」(テレビ関係者)

    その勢いに乗って、今回はキッチンブランドを立ち上げたわけだが、そんな最中、3日放送の「MOCO’Sキッチン」での発言が視聴者の間で物議を醸しだしている。

    その日は視聴者から“作り置きできて、見た目も華やかなおもてなし料理を教えて下さい”というリクエストを受けて、「もこみち流 メキシコ風カプレーゼ」というトマトを使った料理を紹介。

    そこで材料を切るなど、ある程度作業が進んだところで「ちょっとめんどくさいから、これ全部丸ごといっちゃう」と、まさかの“めんどくさい”発言。

    さらにはチーズをカットして、ボウルにドバっと入れるシーンでは「これは手抜きではないですよ、色んな食感を楽しんでいただくためです」と、まるでいい訳のようなコメント。

    「もこみちのこのコメントを受けて、ネット上では『途中でトマトを切るのがめんどくさくなったもこみち』『手抜きではないと必死に弁解』など批判されています。

    しかも、前日に出演した『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)でも、もこみちはカプレーゼを披露していたので、ファンにとってはよけいに手抜きに見えたのでしょう」(前出・テレビ関係者)

    うっかり発言でちょっとした騒ぎになった「MOCO’Sキッチン」だが、このゆるさ加減も人気のひとつなのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1142794/

    【速水もこみち「めんどくさい」料理番組で手抜き!「急激に親父化したよね」「リクエスト無視は毎回」】の続きを読む

    70

    1 :餡子先生 ★@\(^o^)/:2016/06/06(月) 11:05:34.46 ID:CAP_USER9.net
     
    NHK「ブラタモリ」(土曜午後7時30分)で4日の回の平均視聴率が18・6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、番組歴代最高を記録したことが6日わかった。これまでは5月7日の回が16・0%で番組最高だった。

    4日は伊勢神宮でなぜ20年ごとに式年遷宮が行われるのか、といった秘密に迫ったり、お伊勢参りの人気の裏にあった「御師(おんし)」と呼ばれる昔の「旅行代理店」のような存在を紹介した興味深い内容だった。

    名物「きざみめかぶ」にお湯をそそいでかきまぜ食べるところがおいしそうだった。次回にも続く。

    タモリとコンビを組んでいた桑子真帆アナウンサーも人気者になったが、現在コンビを組む近江友里恵アナウンサー(27)になってからも番組は絶好調だ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000070-nksports-ent

    【NHK「ブラタモリ」視聴率18・6% 番組歴代最高を記録!「大河ドラマに圧勝」「タモリを切ったフジテレビの罪」】の続きを読む

    a1

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/05(日) 10:52:18.90 ID:CAP_USER9.net

    6月1日、7月スタートのドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(テレビ朝日系)で、剛力彩芽が主演を務めることがわかった。

    現在放送中の「ドクターカー」(日本テレビ系)でも主演している剛力だが、第7話では視聴率2.7%という爆死ぶりを見せており、なかなか結果を出せずにいる。

    にもかかわらず、またもや主演に抜擢されることに、ネット上には“所属事務所のゴリ押し”の言葉が多数書き込まれている。

    「剛力主演というだけで“誰トク?”感が漂います。脇を固める俳優陣はドラマ『民王』(テレビ朝日系)で人気に火が点いた高橋一生、

    『半沢直樹』(TBS系)でブレイクした滝藤賢一、『あさが来た』(NHK)で亀助を演じて知名度を上げた三宅弘城、

    『真田丸』(NHK)で面白味のある豊臣秀吉役で人気を再確認させてくれた小日向文世など。彼らが深みと厚みのある演技を見せてくれるのは確実なんですが‥‥」(テレビ誌ライター)

    さらにモヤッとした気分にさせるのが、天才的料理人の主人公が「官邸料理人」となり、料理で政治家たちを虜にしていくというストーリーだ。

    「これは昨年春に佐藤健が主演した人気ドラマ『天皇の料理番』(TBS系)をイメージしてしまいます。好演した佐藤健の女版を剛力が演じるとあっては、いくら脇を固めても高視聴率は望めない。

    それどころか、『ドクターカー』を超える爆死なる可能性は高そう。そうなればあの脇役陣たちも“低視聴率ドラマ出演者”のレッテルを貼られて役者人生の危機に陥るかもしれません」(テレビ番組制作会社社員)

    剛力をゴリ押しすることが、本当に彼女のためになるのだろうか?


    http://dailynewsonline.jp/article/1140448/


    【視聴率2%でも剛力彩芽が主演で爆死確実「低視聴率で脇役陣も役者人生危機」「ゴリ押しのドラマ潰し」】の続きを読む

    7
    o9

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/04(土) 19:46:12.41 ID:CAP_USER9.net

    フジテレビが3年ぶりに日曜午後9時枠でドラマ放送を復活させて注目された、人気子役・芦田愛菜(11)と米女優シャーロット・ケイト・フォックス(30)がW主演するドラマ「OUR HOUSE」(日曜、午後9・00)が、6月12日の第9話で終了することが分かった。

    現在発売中のテレビ雑誌の番組欄で「終」「9/全9話」の表記で告知されている。

    「OUR-」は4月17日の初回を4・8%でスタート。第4話では3%台(3・8%)に降下した。裏番組のテレビ東京番組の数字も下回ることが続いた。

    5月22日の第6話では子役からイケメン少年に成長した、加藤清史郎、濱田龍臣の共演がネット上で話題になったこともあってか、視聴率が6・1%まで回復。

    初めてテレビ東京の裏番組を上回ったが、続く第7話は4・2%に急落。再び全局最低に戻った。

    5月29日放送の第7話では、ことごとく対立してきたシャーロット演じるアリスと義娘・桜子がようやく心を通わせるストーリーで、ほっとした視聴者も多かった。

    6月5日放送の第8話では、亡くなった母親そっくりの女性が伴家に突然現れる-という波乱の展開が告知されている。

    【これまでの視聴率】

    ▼4月17日  4・8% 
    ▼4月24日  5・0% 
    ▼5月1日  4・0% 
    ▼5月8日  3・8% 
    ▼5月15日  5・4% 
    ▼5月22日  6・1% 
    ▼5月29日  4・2%


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160604-00000099-dal-ent

    【フジテレビドラマ「OUR HOUSE」が9話で打ち切り終了!「視聴率が全局最低」「俳優の墓場」】の続きを読む

    57
    7z

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 10:14:47.57 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(52)が依頼者として出演した朝日放送の人気番組「探偵!ナイトスクープ」(関西ローカル)が27日深夜に放送され、平均視聴率は20・2%(ビデオリサーチ調べ、関西地区)だったことが30日、分かった。

    前4週の平均視聴率15・7%と比べ4・5ポイントと大きく伸ばし大台を突破。松本の出演で注目が集まったと見られる。

    兵庫県尼崎市出身の松本は昔から同番組のファン。出演のきっかけは、3月14日に自身のツイッターに投稿した写真。小さいカップが、陶器のミルクポットの中にスッポリとはまり「絶対取れへん!ナイトスクープに頼むか!」とツイート。朝日放送側がこれに反応した。

    「東京都に住む52歳男性の方からのご依頼です。傷つけないでカップを外してもらえませんか」と紹介された松本。解決に向かったお笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑(30)は松本が依頼人だと聞かされておらず、対面すると驚きのあまり「ちょっと待ってください」と8回連呼した。

    内側の小さいカップを冷やして収縮させ、外側のミルクポットを温めて膨張させる“温度差作戦”で取り組んだものの、液体窒素と熱湯で296度差をつけてもカップはびくともせず。

    思った以上の難題で、松本は朝日放送「松本家の休日」の収録が始まり退出。澤部1人になり、洗剤で滑りをよくさせたところカップの“救出”に成功した。

    松本の元へ外れたカップを持っていくと、「なんでなんでなんでなんで?」とにわかに信じられない様子だったが、「いやあ、ありがとうございました。素晴らしい」と感激していた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000085-spnannex-ent


    【松本人志が依頼者で出演「探偵!ナイトスクープ」が高視聴率20・2%】の続きを読む

    このページのトップヘ