芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:警察

    7979
    1 : シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/12/14(水) 15:08:39.94 ID:CAP_USER9
    俳優の坂上忍が、ネットなどでコンビニのおでんを指でつつく動画をアップしている「おでんツンツン男」について「許せない。最低の男」と激怒した。 

    坂上は、「直撃LIVE グッディ」とのリレータイムで、コンビニのおでんを指でつつく男の動画について「許せない。最低の男ですね」と嫌悪感たっぷりに切り捨てた。芸能界でも指折りの“潔癖”として知られる坂上だけに、この汚らしい映像は耐えられなかったようだ。 

    安藤優子も「映像からは不快感しか感じない。どこが面白いのかまったくわからない」とバッサリ。坂上は「いたずらのレベルではない」と断じた後、男が自身の顔にモザイクをかけて動画サイトにアップしていることに「本当に違和感を感じる」と顔をしかめた。 

    今回はまだ警察は動いていないものの、安藤は「警告の意味でも早く動いて犯罪事案にして頂きたい」と訴えると、坂上も「たまたま大きく扱われたから良かったけど、そうでなかったら調子にのってずっとやっていたかも」と、各メディアなどで取り上げられたことにホッとしていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000049-dal-ent
    【坂上忍がおでんツンツン男に激怒「許せない。最低の男」安藤優子「警察は早く動いて」】の続きを読む

    fault
    1 : たんぽぽ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/12/11(日) 12:52:18.93 ID:CAP_USER9
    歌手の和田アキ子(66)が11日、TBS系「アッコにおまかせ!」(日・前11時45分)で元俳優の成宮寛貴さん(34)が9日に芸能界引退を発表したことに「なんで辞めなきゃいけないんだろう」と疑問を投げかけた。 

    和田は「文面を見ると、自分はやってませんって書いてないし、警察も関与してないのに、なんで辞めなきゃいけないんだろう。きついけど、やってないなら辞める必要はないよね?」と率直な疑問を口にした。 

    そして「前は、本人も事務所も怒って法的手段って言っていたのに、すぐ変わった。やってないことを(フライデーは)2週続けて書くかな?プロが」と1週間で成宮さん側の対応が急転したことを指摘。

    「記事読んだだけで分からないけど、何のために辞める? 絶対やってない、で戦わなきゃ。やっちゃいけないことを報じられたら、そうじゃありませんって言う。選択がちょっと違うんじゃないかなって思う」と話し、最後までふに落ちない様子だった。 

    また、9日に報道各社に送付した直筆FAXに「消えてなくなりたい」という文面があったことには、「誰かそばにいて欲しい」と成宮さんの精神面を気づかっていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161211-00000100-sph-ent
    【和田アキ子が成宮寛貴の引退に疑問「やってないなら辞める必要はない。本人も事務所も怒って法的手段って言っていたのに」】の続きを読む

    5336
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/11/28(月) 22:09:49.63 ID:CAP_USER9
    警視庁組織犯罪対策5課は28日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)を逮捕した。

    ASKA容疑者はこの日午後、報道各社が覚醒剤使用の疑いを一斉に報じると、テレビをチェックしながら行っているかのように、自身のブログを頻繁に更新。一貫して容疑を否定し続けた。

    まず「はいはい。みなさん。落ち着いて」というタイトルで更新。

    「間違いですよ。詳しくは、書けませんが、先日、僕の方から被害届けを出したのです。被害の内容は、想像して下さい。そしたら、逆に疑われてしまいまして、尿検査をうけました。何の、問題もありません。ずべて(原文ママ)、フライングのニュースです。これから、弁護士と話をいたします」と事態の沈静化を図った。

    2度目の更新では「陽性は、ありません。100%ありません」と念を押した。さらに、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)には、「ミヤネ屋さんへ。」と名指しで批判。

    「『人が、信じられなくなってる。』なんて、電話はしてませんよ。Appleのアカウントを、週に2回も乗っ取られ、インターネット、メールも一切出来なくなってしまいました。相手も特定出来ていたので、直ぐに警察に電話もしました。『サイバーを紹介して下さい』と。それだけです。幻聴、幻覚など、まったくありません」と生放送中にメッセージを放った。

    夕方のニュースでも大きく取り上げられると、反響の大きさに「とにかく驚いています」と心境をつづり、「もし、科研が調べたのであれば、無実は証明されているはずです。尿から、覚せい剤反応が出るわけなんてことは、あるわけがなのですから。これは、マスコミのフライングです。今は、これしかお伝えすることはありません」と持論を展開した。

    一方、民放テレビ各社は「覚醒剤使用の疑いで逮捕へ」に続いて、ASKA容疑者が東京・目黒区の自宅に戻った午後6時半ごろの様子や、午後7時前にASKA容疑者を乗せた車が自宅を出ようとするとテレビカメラが殺到し、車のエンブレムが壊れるほどの混乱となって一度は外出を断念していた模様を生中継した。

    午後7時には通常の番組に戻ったが、フジテレビが運営するニュース専門チャンネル「ホウドウキョク」などネットのニュースサイトが生中継し続け、午後8時半前にASKA容疑者を任意同行する様子を伝えた。

    AbemaTVはオートバイで、ASKA容疑者が乗った捜査車両を追跡し、東京・桜田門の警視庁に入るまで“完全中継”する異例の展開となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000588-sanspo-ent
    【ASKA容疑者を逮捕“異例”の展開「テレビ見ながらブログで反論し続け、ネットTVは完全中継」】の続きを読む

    o5
    o1
    o2
    o3

    1 : 湛然 ★@2016/07/13(水) 04:57:39.88 ID:CAP_USER9

    12日、女優の波瑠が民放連続ドラマ初主演を務める新ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(関西テレビ・フジテレビ系/毎週火曜よる10時 ※初回のみ9時から2時間SP)が放送スタート。

    内藤了氏の「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズ(角川ホラー文庫刊)を原作に、不可解な猟奇殺人事件の真実を暴くため、個性豊かな捜査班たちが凶悪犯と対峙していく物語の今作。

    波瑠の同僚役を演じた、モデルで女優の篠田麻里子の衝撃の結末に、視聴者からは多くの反響が集まっている。

    ◆初の女性警官役に挑戦

    今回、初の警察官役に挑んだ篠田が演じたのは、波瑠演じる主人公・藤堂比奈子の同僚・鈴木仁美。異性との出会いを求めて合コン三昧の日々を送っており、合コンが苦手な比奈子を度々誘う、明るく社交的な性格。

    署内の事情にも詳しく、東海林泰久(横山裕)が違法捜査に手を出しているという噂も知っており、東海林に気をつけるよう比奈子に注意を促しているという役どころだ。

    しかし中盤で、事件の犯人が被害者を襲撃する凄惨な映像を鑑識の三木健(斉藤慎二)がネットに投稿されているのを見つける。

    その時、同じ合コンに居合わせていた仁美はすぐさま比奈子に連絡するが、翌日突然遺体となって発見された。その後、仁美が犯人に殺害される瞬間の映像もネットに投稿されるという衝撃の展開を迎えた。

    ◆まさかの“死”に視聴者から反響殺到

    第1話の放送開始から50分ほどで篠田の出番が終了してしまったこと、さらには殺害されるという予想外の結末に「麻里ちゃん~!!」「えっ麻里子様殺された…?」「嘘だろまりちゃん!!」「麻里ちゃん生き返ってーーー」「まさか初回で死ぬとは…」と視聴者からは驚きの声が殺到。

    Twitterでは「麻里ちゃん」「麻里子様」がトレンド入りする反響ぶりを見せた。

    │  ドラマON楽しかったー(≧∇≦)
    │   篠田麻里子 (@mariko_dayo) July 12, 2016

    放送終了後、篠田は自身のTwitterにて「ドラマON楽しかったー」と感想をツイート。

    そんな篠田に、ファンからは「もっと麻里ちゃん見たかったよおおお」「まりちゃんもう出ないの?」「あっという間だったけど、警察官役可愛かったよ~!お疲れ様でした」などメッセージが寄せられている。(modelpress編集部)


    http://mdpr.jp/news/detail/1597895
    【衝撃の結末に視聴者絶叫と唖然!「篠田麻里子がまさか初回で消える」「麻里ちゃん生き返って」「棒演技の下手がドラマに出られただけマシ」】の続きを読む

    73

    1 : 三毛猫 2016/07/12(火) 00:09:20.78 ID:CAP_USER9

    2年前、自宅マンションの近くに稽古場としても使える2億5千万円の豪邸を建てて話題となった小栗旬(33)。だがこの豪邸をめぐって、ご近所トラブルが起きている。それは「騒音問題」――。

    14年9月に新築した当初から、小栗家には周辺住民から苦情が出ていたという。ご近所の1人が、経緯をこう話す。

    「小栗さんの家は、地下1階地上3階の鉄筋コンクリート造り。ところが、広くて造りもいいぶん空調にもパワーが必要らしくて、1階に置かれているエアコンの室外機が見たことないような強力なもので……。

    排気音がものすごく大きくて、ご近所のある方が交番に『あまりにうるさい!』と駆け込んでしまったんです。実際にお巡りさんが見に来られて、小栗さんに苦情を伝えてくれました。小栗さんたちもきちんと対応して、その後は小型の室外機を設置したんですが……」

    小栗からすれば“これにて一件落着”――そう思ってしまったのかもしれない。だが現実は甘くなかった。ご近所住人たちの“わだかまり”はいまもくすぶり続けていた。こう嘆くのは別の近所住人。

    「あの家は、しょっちゅういっぱい人が集まってね、芝居の稽古だかなんだか知らないけれど、飲み会でもするらしくて、人の声が響いてうるさいったらありゃしない。そんなときは“うるさい!”って怒鳴ってやるんだが、全然聞いちゃくれないんだ。もう“この町内から出ていけ!”と思ってるよ」

    じつは室外機の騒音も、完全に解決したわけではない。

    「まあ、いちおう気は遣ってくれたと思うし、お互いさまと思うから、ご近所もそれ以上は苦情を言ってないんですけどね……。まだ『うるさい』と言ってる人はいるんです」(前出・近所の住人)

    ご近所トラブルに詳しい岡本光樹弁護士がこう話す。

    「音のトラブルは、毎日継続するので感情的になりやすい。とにかくご近所トラブルは、溝が深まらないうちに、感情のもつれを解消していくのが何よりも大切です」

    たしかに小栗家の近所を取材すると、こんな声があった。

    「家が建ったときには、山田優さんがお子さんを抱いて、ご近所に挨拶に来たそうです。でも騒音が警察沙汰になった後、室外機は小さくなりましたが、『うるさい』と怒ったお宅に何の挨拶もなかったと聞いています。

    また、それ以後、小栗さんが道ですれ違っても挨拶一つ返さないし、ご近所付き合いもまったくないと……。怒りが冷めない背景には、そんな感情の行き違いもあるのかもしれませんね」(町内の男性)

    他人事じゃない“ご近所トラブル”。小栗一家は、この難局を乗り切れるか――。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160712-00010002-jisin-ent
    【小栗旬と山田優夫婦が室外機で騒音トラブル!近隣住民激怒で警察沙汰に「町内から出ていけ!」「人の声が響いてうるさい」「挨拶一つ返さない」】の続きを読む

    7q

    1 :かばほ~るφ ★@\(^o^)/:2016/07/06(水) 11:39:34.76 ID:CAP_USER9.net

     俳優の水谷豊が、TBSの音楽バラエティ番組『Good Time Music』に出演。別局の人気テレビドラマ『相棒』にて、同番組MCの及川光博と共演していた水谷は、及川とともに撮影当時のエピソードを振り返った。

    かつて水谷が主演していたドラマ『熱中時代』の大ファンだったという及川。その熱烈な思いだけに、オファーが来た時に及川は「絶対に犯人役だと思っていました。『相棒』役って、わけがわからなかった」と驚いたという。

    そんな思いを汲んでか、水谷は劇中の設定に対して「いつでもまた会えるようにしてほしい」という思いがあったと明かす。そのため、同作で及川演じる神戸尊がいつでも再び登場できるような人物設定にしてもらったことを告白した。

    また、ドラマ収録時には水谷と及川に「不仲説」が流れ、打ち上げ時には一言もしゃべらなかったと噂されていたことに水谷は「歴代みんな仲悪くされちゃうんですけど、仲を悪くしたい人がいるんでしょうね」と一蹴。

    さらに打ち上げについて「あの時はずっと一緒にくっついて話しっぱなしだった」とのこと。水谷と及川の仲睦まじい様子を見て、MCのAmiは「見てて思ったんですけど、(距離が)近いなって」とツッコミ、笑いを誘う。

    また、及川がのちに妻となった女優・檀れいとの初共演を果たした『相棒』において、水谷は当時及川がまだ独身だったことを聞き「この撮影の間で、だれかお似合いの人が見つかると思うよ、と言っていました」と、及川の運命の出会いを予感していたらしい。

    及川と檀の関係を気付いていたのかは明言しなかったものの「お似合いだと思っていました」と当時を振り返っていた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00044095-crankinn-ent
    【水谷豊と及川光博が「相棒」再タッグ!不仲説を一蹴「歴代みんな仲悪くされちゃうんですけど、仲を悪くしたい人がいるんでしょうね」】の続きを読む

    このページのトップヘ