芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:迷惑

    no title

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/27(月) 09:33:12.27 ID:CAP_USER9.net

    黒木瞳(55)が声を上げて泣いた。初監督映画「嫌な女」が先週末、封切られた。昨年夏の撮影2日目。自宅に戻ると、無力感や自分のふがいなさに涙があふれた。日本映画界では、ほとんど例がない女優の監督挑戦。作品完成の喜びと苦闘の日々を聞いた。

    撮影2日目となる地方ロケを終え、黒木が都内の自宅に戻ったのは午前2時すぎだった。寝ているはずの夫と娘がリビングで待っていた。

    心配する2人に「大丈夫だったよ。何とかやったよ」と答えたが、張り詰めていたものが切れた。涙があふれた。号泣した。「何も言わないで、30分ぐらい泣かせてくれました」。

    慣れない監督業。「大変だと分かっていたのですが力不足を痛感しました。メンタルが落ちました」。現場でスタッフに自分の思いを伝え切れない。

    ロケでは当然ながら天候や状況を自分でコントロールなどできない。無力感と焦り。現場で表情に出さなかったが、家族の顔を見ると、気持ちを抑えられなかった。「もう迷惑は掛けられない。覚悟も決まりました」。

    自分が女優だけに「役者に対する甘えがあったかな」。本番でOKを出した後、すぐに撮影や録音のスタッフに意見を聞いた。

    「役者は自分の演技がどうだったのかすぐに知りたいと自分で分かっているのに、遠慮したのか自信がなかったのか、意識がまずスタッフに向いてしまいました」。徐々に軌道修正していった。

    主演は吉田羊と木村佳乃。吉田は感情を抑える演技が求められ、表現が難しかった。「首を少しかしげて」「もう少し前に出て」など「演技という領域ではないようなことをなるべく言葉にしました」。

    木村が演じた女性は感情むき出しのキャラクター。「常に天真らんまんにテンションを上げてほしかった。見事にやってくれました。すごい根性です(笑い)」。

    編集も手掛けた。「自分が見たいと思うつなげ方をするので、どんどん自分好みになっていく。細かい作業が好きなので楽しかったですね」。

    女優としてあらためて思ったことがある。「初心に帰りました。撮影現場では求められたら何度でもやり直して演じますという気持ちになりました。監督からすれば、材料がたくさんあった方が助かりますからね」。涙も不安も喜びも、全てが今後の女優人生につながっていく。

    ◆「嫌な女」 桂望実氏の同名小説の映画化。初対面の相手でもたちまち懐に入り込む夏子(木村佳乃)は生来の詐欺師。

    遠戚関係にある徹子(吉田羊)は仕事一筋の堅物の弁護士で、夏子がトラブルを起こすたびに解決に引っぱり出されていく。人生なんてつまらないものと思っていた徹子だが、夏子に翻弄(ほんろう)されながら徐々に変化していく。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000025-nksports-ent
    【嫌な女!黒木瞳が号泣「甘えがあったかな。娘が心配。もう迷惑は掛けられない」「映画監督より子供の監督」「娘がいじめ」】の続きを読む

    y4
    y3
    y2
    y1

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/10(金) 13:16:32.58 ID:CAP_USER9.net

    ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫騒動以来、報道陣との質疑に応じていなかったタレント・ベッキー(32)が10日、都内でのBSスカパー!の音楽番組「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」(火曜・後9時)の収録前に会見した。

    狭いスタジオに詰めかけた約80人の取材陣の熱気の中、白いブラウスに紺のウスカート姿で登場したベッキー。

    「一連の報道で多くの方にご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。本日からお仕事させていただけることがありがたいです。頑張りたいです」と深々と頭を下げた。

    固い表情で「お仕事できることが本当にありがたいです」と繰り返した。

    5月13日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜・後8時57分)出演後、報道対応がなかったベッキー。公の場に姿を見せるのも、不倫報道後の1月6日夜、都内で緊急会見を開いて以来、5か月ぶりだった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00000033-sph-ent

    【ベッキーが復帰後初の会見!「仕事できることが本当にありがたい。不倫という自分の行動は軽率だった」】の続きを読む

    lt
    14

    1 : パイルドライバー(庭)@\(^o^)/:2016/06/02(木) 11:46:58.59 ID:jpNVPnJM0●.net PLT(16001) ポイント特典
     
    元俳優の押尾学が月に300万円を稼ぐ事が出来るという謎のサイトが公開されている。サイトの名前は『押尾学完全特集』で、「各種週刊誌を差し置いてすっぱ抜き!」「噂は本当なのか!?」「プライベートまで暴露!」などと書かれている。

    サイトの構成は異様に縦長でよく見る情報商材サイトの作りに似ている。本人の公開インタビューをプレゼントすると、メールの登録欄もあるがそこに登録すると今度は有料のお誘いが来るのは当然だろう。

    押尾学はパソコンをクリックするだけで荒稼ぎをしているというもの。例の如く入金されている様子のキャプチャーまで公開されている。今時こんなの信用する人居ないだろうが。

    結局そのサイトでは押尾学が月300万円を稼ぐ秘密は語られず、メール登録しないと真相は分からないと言う仕組み。しかしメール登録したからといって真相が分かるはずもなく、結局その商材を購入させられるだけである。

    記事からはリンクを貼らないが、どうしても気になる人は検索してみて欲しい。


    http://gogotsu.com/archives/18622
    【押尾学が詐欺ビジネス!「お前はまだ人に迷惑をかけるのか」「情けない男の生き様だ」】の続きを読む

    7t
    bi

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/24(火) 17:54:57.21 ID:CAP_USER9.net

    今月19日、芸能事務所のオスカープロモーションが主催する「第1回ミス美しい20代コンテスト」の発表会が行われた。

    イベントには同事務所に所属する女優たちが出席したのだが、そこで河北麻友子(24)がベッキー(32)復帰について、肯定的な立場を“強制”されたとネットユーザーのあいだで話題になっている。

    この日イベントに出席したのは武井咲(22)、剛力彩芽(23)と河北の3人。会場は「全日本国民的美少女コンテスト」に応募した経緯の話などで盛り上がっていたが、報道陣からはなぜか河北に「ベッキーが芸能界に復帰したことをどう思うか」という質問がされた。

    「おめでとうございます……、答えづらいですね」と河北は返したが、報道陣はさらに「嬉しいことではありますよね?」と追及。河北が苦笑交じりに「はい」と答えるという場面があった。

    この様子はネットメディアの動画ニュースにもあがり、やりとりの一部始終を伝えられたが、コメントで目立ったのは報道陣の質問が“強制的”だったという指摘だ。

    「いや、明らかに無理やり言わされてるでしょ(笑)」「めっちゃ答えづらそう」「そりゃ嬉しいっていうしかないじゃん!」と、河北がかわいそうという人からの同情する声が続出することとなった。

    「2人は『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の共演者という関係。番組外でもそこそこ仲が良かったようで、2014年に河北がインスタグラムを始めた際には、ベッキーが『フォローしてあげてください』と呼びかけ、河北のフォロワーが急増したという恩もあります。

    とはいえ、こんなデリケートなタイミングでベッキーの話題を振られても後輩タレントとしては困惑でしょうね」(芸能ライター)

    ベッキーの復帰について、全く関係のない宮迫博之(46)と中田敦彦(33)が言い争ったり、擁護した芸能人が叩かれるなど大きな騒動ともなった。河北が「嬉しい」以外の返事が出来ないのも無理はない話だ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1134438/

    【河北麻友子「ベッキーへコメント答えづらい」ネット「ベッキーのせいで皆迷惑」「ベッキーを擁護すると嫌われる」】の続きを読む

    このページのトップヘ