芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:過去

    78
    1: 名無しさん 2017/05/27(土) 21:10:04.42 ID:CAP_USER9
    タレント・重盛さと美(28)が27日、フジテレビ系で放送された「めちゃ×イケてるッ!」に出演。2011年に芸能界を引退したお笑いタレントで大物司会者、島田紳助さん(61)に「芸能界やめろ」と言われ、番組を干されたことを衝撃告白した。 
     
    この日の放送は、一般企業の新入社員を前に、めちゃイケメンバーがスピーチをする企画。2007年に福岡から上京し、芸能界デビューした重盛は、「最初はうまく行かないことばっかりで…」と当時を振り返った。 
     
    最初は「あるすごい大物司会者さん」と名前を伏せた状態で、番組の収録中に「お前なんで芸能界入ったんや」「お前なんか絶対売れへんから、芸能界やめろ」と説教され、「その方の番組には一切出れなくなってしまいました」と紳助の番組から干されたことを告白した。 
     
    しかし、2011年のフジ系「27時間テレビ」でめちゃイケメンバーが総合司会を務め、紳助と共演。紳助に干されていることから、「みんなに迷惑をかける」と気にしていた重盛だが、インティナインの岡村隆史が、番組で「おもろいやん!おもろいやんけ!」と行ってくれ、「ただただ、頑張ろうと思いました」と岡村のおかげで頑張ることができたと話した。 
     
    重盛はスピーチの最後で、そこまで伏せていた名前を「紳助さんに嫌われて…」と実名でポロリ。別室で見守っていた岡村や極楽とんぼの加藤浩次らを仰天させていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00000135-dal-ent
    【【芸能】重盛さと美 島田紳助さんに「芸能界やめろ」と言われ、干された過去告白】の続きを読む

    54
    1: 名無しさん 2017/05/25(木) 07:10:24.62 ID:CAP_USER9
    その朝も菊川怜(39才)は“彼”について口にすることはなかった。「沈黙は金」「言わぬが花」とはいうものの、毎日生放送のワイドショー番組『とくダネ!』(フジテレビ系)のメーン司会を務める立場での沈黙に、さまざまな憶測が飛ぶ。

    「菊川さん、お相手にお子さんがいるとは知っていたけど、4人もいるとは知らなかったんじゃないの!?」
    「彼に聞いていた説明と報道が違うとか」
    「このまま離婚なんてことも」

    “彼”とは菊川の夫・穐田誉輝氏(48才)。価格比較サイトを運営する「カカクコム」やレシピサイト「クックパッド」の社長を歴任し、現在は結婚情報サイトや住宅情報サイトの運営会社で取締役会長を務める資産200億円、やり手のイケメン経営者だ。 
     
    東大卒の才色兼備でありながら今までほとんど浮いた噂がなかった菊川が40才目前に突然『とくダネ!』で結婚発表したのは4月28日のこと。思いもよらぬセレブ婚に、世間は祝福ムード一色となったが、それもつかの間。5月10日に週刊誌で穐田氏の過去が報じられると、お祝いムードは一変した。

    「彼には離婚歴があり、2人の女性との間に3人の婚外子がいると報じられました。2人の女性は同じ年に子供を産んでいるという話もあります。しかも翌週にはさらにもう1人の女性と4人目の婚外子の存在も報じられて…。さすがに菊川さん、正義感の強い人ですから、本来なら番組で一言触れると思いますが、言葉がないほどショックを受けていたようです」(番組関係者) 
     
    入籍して4週間経った今も新生活はスタートしておらず、別居のまま。そんな中、前述のように憶測が飛んだ。

    「菊川さん、離婚歴や婚外子の存在などは、彼から包み隠さず打ち明けられていたそうです。全てを知った上で決めた結婚。でも、次から次へと報じられる記事を目にして彼がどんなふうに女性を口説いたとか、婚外子に対する仔細なお金のことなど知りたくなかったことまで知ってしまって脱力感が大きいんだと思います。自分と結婚しなければこんな形で過去が明るみに出なくて済んだかもしれないのに…と、彼に悪いという気持ちもあるみたいですね」(前出・番組関係者) 
     
    毎日笑顔を見せ、気丈に振る舞う菊川に「語らない」と決めた意志の強さは感じるが、その緊張感がかえって気になってしまう。

    NEWS ポストセブン 5/25(木) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170525-00000006-pseven-ent
    【【芸能】菊川怜 明かされる夫の過去に「知りたくなかった」と脱力感】の続きを読む

    7o
    1 : YG防衛軍 ★@無断転載は禁止2017/03/04(土) 17:40:11.71 ID:CAP_USER9
    歌手の青山テルマ(29)が3月1日放送の「モシモノふたり」(フジテレビ系)に出演し、意外すぎる大学時代を告白した。
     
    青山といえば、08年発売のシングル「そばにいるね」で一世を風靡。しかし、デビュー当初は極貧生活を送っていたという。
     
    「荻窪駅のドア閉めたらビル全体が揺れるくらいのボロいアパートに住んでた。お母さんと1LDKの築何年やろうってぐらいの」
     
    そして、07年にメジャーデビューしてからわずか3カ月。「そばにいるね」の大ヒットでいきなり有名人になった当時19歳の彼女は、突然の変化に困惑したことを明かした。
     
    「現実と起こってることが全然イコールじゃなかった。起きたら世界が変わった」
     
    天真爛漫で自由奔放なイメージの彼女だが、大学時代の“壮絶過去”をこう振り返った。
     
    「大学の時もみんな学食でごはん食べるやん。けど、隠し撮りがすごかったから。トイレで1人でおにぎり食べてた。トイレが1番落ち着いた。友達も2人しかできへんかった」
     
    しかし木下優樹菜(29)や清水翔太(28)など芸能人の友人と付き合ううちに「もっと自分をさらけだしてもいいんだ!」と思えるようになったという。
     
    同番組では、私生活でも仲が良いという宮川大輔(44)と共演。彼を終始困惑させるほど“テルマワールド”を炸裂させていた。
     
    デビューから10年経った現在、彼女はようやく自分らしさを取り戻せたようだ――。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170304-00010006-jisin-ent
    【青山テルマがトイレで “ぼっち飯” 辛かった大学時代を明かす「1人でおにぎり食べてた。友達も2人しか」】の続きを読む

    tc
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2017/02/23(木) 12:20:34.45 ID:CAP_USER9
    「去年7月、彼女はLINEのアカウントを突然消したんです。それまでの人間関係をリセットしたかったのか…。ちょうどその頃、“人肉を食べる役”をやっていたみたいなので、今思うといろいろと考える部分もあったのかな」 

    清水富美加(22才)の知人はそう呟く。宗教団体『幸福の科学』への出家を発表してから10日あまり、騒動は収束を見ない。2月17日には、清水が告白本『全部、言っちゃうね。』を出版した。

    《役作りのために飛んでる虫だって食べたし、苦手な貝類を毎日必ず食べるって決めて食べました。(中略)居酒屋で、飛んできたハエを、おしぼりでつかまえて食べました》

    《16歳の誕生日の日、死のうとして、ガムテープを口と鼻に貼ったんです》《ある時、「自分はなんにもできない。もう死のう」ってなってしまって、暴れてカッターで部屋をぐちゃぐちゃにして、腕を切りつけて。(中略)その時の傷は今も右手首に残っています》 

    著書には赤裸々な言葉が続く。一方、清水の所属事務所は《このタイミングで清水富美加の書籍が出版されたことについては、誠に不可解であると言わざるを得ません。この書籍には事実と異なる部分も多々含まれております》と意見は真っ向から対立している。 

    2月21日には、一部スポーツ紙が、清水が著書で綴った《悩みの種だった好きな人》が、人気ロックバンド『KANA-BOON』のベーシスト・飯田祐馬(26才)で、既婚者の飯田と清水は2015年6月から昨年1月まで不倫関係にあったと報じた。だが、女性セブンの取材では、別の男性の影も浮上した。前出の知人が明かす。

    「清水さんと同年代の若手俳優・Aです。2014年頃に交際していて、周囲にもその彼にも“つきあってるのは絶対に内緒にして!”って徹底していました。ただ、交際1年ほどで破局してしまったんです」 

    その頃、清水は酒に酔うと「もうイケメンはこりごり!」と口走ることもあったという。

    「春先に、同じ事務所の若手女優仲間たちと暮らしていた事務所の寮を出たことで、恋愛や仕事の悩み相談をする機会がなくなっていたみたいです」(前出・知人) 

    そのせいか、もともと多かったお酒の量がさらに増えていったという。

    「午前11時から仕事かレッスンが入っていたのに、正午過ぎまでお酒を飲んでいて、予定をすっぽかしてしまったこともありました」(芸能関係者)

    http://news.livedoor.com/article/detail/12710330/
    【清水富美加が若手俳優・Aと交際の過去!酒に酔うと「居酒屋で、飛んできたハエを、おしぼりでつかまえて食べました。もうイケメンはこりごり!」】の続きを読む

    67
    q1
    q2

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/17(日) 23:25:50.25 ID:CAP_USER9

    お笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右の長女でタレントの岡田結実が、17日放送の日本テレビ系「チカラウタ」(毎週日曜17:00)にゲスト出演。

    ジュニアモデルを経て2010年、NHK教育「天才てれびくん」のてれび戦士として本格的に芸能活動をスタートさせた岡田だが、その頃から周りに「『天てれに入ったのはお父さんの力でしょ?』、オーディションに受かっても『お父さんの力じゃないの?』って」と言われていたことを、涙ながらに語った。

    ◆父・岡田圭右が「見たことないくらい号泣」

    何を言われても気にしないようにしていたものの、「学校の友達に物を隠されたり…」といじめに遭っていたことも告白。

    「お父さんのことは嫌いじゃなかったんですけど、嫌いになっちゃって」「言わないようにしていたけど、『お父さんのことでまたバカにされた』『お父さんを変えて欲しい』って言ったりした」と父を嫌いになるばかりか、母とも喧嘩になってしまったという。

    そんな時に岡田の力になった楽曲は、植村花菜のヒット曲「トイレの神様」。

    歌詞を自身の母に重ね合わせて聴いていた岡田は「もともとお母さんの体が弱くて、倒れちゃったんですよ。お父さんも今まで見たことないくらい号泣してて、本当に終わっちゃうのかなって思ったら…。

    お母さんがいないと生きていけない」「お母さんのこと大切にしなきゃなって思えた。自分が成長できた歌」と明かした。

    ◆「生まれ変わってもお父さんとお母さんの娘でいたい」

    また、大人になるにつれて考えも変わり「今はすごく尊敬してますね。大嫌いだったけど大好きだし、生まれ変わってもお父さんとお母さんの娘でいたい」と語った岡田。

    自身もタレントの関根麻里を娘に持つ関根勤は、感激した様子で「岡田くん喜んでるだろうなぁ。結実ちゃんが苦しんでるのを岡田くんは知ってても、テレビの前で明るく振る舞ってたわけですよ、プロとして。それは尊敬に値するね」とコメント。

    MCの小山慶一郎も「次から『わお!』が見られない…。『閉店ガラガラ』の後はめっちゃ疲れてるのかな」と想像を膨らませ、スタジオに笑いを誘った。


    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/mdpr-1598995/
    【ますだおかだ岡田圭右の娘・岡田結実が過去のいじめ告白で号泣「お父さんを変えて欲しいって言って母とも喧嘩に。学校の友達に物を隠されたり…」】の続きを読む

    o1

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/14(木) 22:17:35.85 ID:CAP_USER9

    『ダウンタウン』の松本人志(52)が、インターネット上で批判に晒されている。特に、傲慢な態度が問題視されており、《何様だ》というような書き込みが多い。

    「本人は芸能界のご意見番のつもりです。最近の彼を見ると、自分勝手な理屈で人を批判するだけ。“男性版の和田アキ子”と言ってもいいほどでしょう」(芸能ライター)

    それを如実に証明する問題発言が先頃あった。6月28日に、酒井法子(45)が化粧品メーカー『ORIGAMIスキンケア』のイメージキャラクターに就任するイベントを行った。

    その際に、彼女は報道陣から、覚せい剤取締法違反などで逮捕された高知東生について聞かれたが、発言をせずに会見は打ち切りとなった。松本はこれに対して噛みついたのだ。

    「この会見での一部始終について松本は、7月3日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)内で、『あなた(酒井)が言うべきでしょ。義務がある!』、『義務があるし、説得力もある』と力説。質問に答えなかった酒井を執拗に批判した」(フジテレビ関係者)

    この松本の発言に、ネット上では即座に反応があった。

    「《なんで、松本がとやかくいう権利があるんだ》、《お前こそ黙ってろ》など、松本の勝手な言い分に非難が注がれました」(同)

    酒井は2009年に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されており、同年10月に懲役1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決を受け、検察側弁護側ともに控訴せず刑が確定している。

    「すでに猶予期間も過ぎており、いまは罪を償い終えて復職している。それを、松本が『しゃべれ』、『義務がある』と言うのは言い過ぎです。逆に、松本が暴言で謝罪することになるかもしれません」(同)

    この件に関して、ジャーナリストの江川紹子氏もツイッターで《義務なんかないよ!会見主催した化粧品会社だって、自分たちのロゴの前でそんな話題を語ってもらいたくないだろうし》と酒井を擁護している。松本の発言は的外れととられているのだ。

    「一部では、過去に松本が人気アイドルだった酒井に言い寄ったものの、『口うるさいお笑い』と、全く相手にされなかったことがあると言われています。そのことにに対する私怨で、いまでも酒井に絡むことがあるらしいのです」(テレビ雑誌編集者)

    松本は、ベッキーなどの自身と関係がないタレントの醜聞には手厳しく、個人攻撃だと言われることが多い。

    「松本自身も、いまはかつてのような人気がなく、自身もそれを理解している。そこで、人を上から目線で見ることで、自分を大物に見せたいのでしょう。そういうところが和田アキ子に似てきています」(同)

    松本も和田も周囲に諫言する人間はいないのだろうか。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/myjitsu-7679/
    【ダウンタウン松本人志が酒井法子にフラれた過去!人気アイドルの彼女に言い寄ったものの「口うるさいお笑い」「執念深い男」「私怨で逆恨み」】の続きを読む

    このページのトップヘ