芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:電話

    r
    1: 名無しさん 2017/05/28(日) 21:00:49.25 ID:CAP_USER9
    28日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、司会の関口宏が、野球評論家・張本勲氏の発言に本音を漏らした。

    日本時間の27日、アメリカ・メジャーリーグ「ニューヨーク・ヤンキース」対「オークランド・アスレチックス」の試合で、田中将大投手はメジャー自己最多となる13奪三振を獲得したが、8回途中で交代。試合はヤンキースが1対4で敗れ、田中投手も今シーズンで4つ目の黒星を受けることになった。

    野球解説者の仁志敏久氏が、田中投手をはじめ日本人選手たちの成績と現状を紐解く。その現状に関口は「なんかいい(成績が)人があんまいないなぁ」と漏らしてしまう。その発言を仁志氏がフォローしていると、唐突に張本氏が「日本のプロ野球は忙しいのにね。遠い国の野球なんて勝っても負けても関係ないもんね」「あんまり関心がないわ」と本音を言い切ったのだ。

    その不意を突かれたような発言に、スタジオでは笑いが起こる。関口も苦笑しつつ「またそういうこと言うと(局の)電話が鳴りますから」「余計なこと言わないで…」と張本氏を諌めていた。

    2017年5月28日 10時40分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13123391/
    【【テレビ】<関口宏>張本勲氏の発言に本音!「電話が鳴るから」「余計なこと言わないで」】の続きを読む

    5336
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/11/28(月) 22:09:49.63 ID:CAP_USER9
    警視庁組織犯罪対策5課は28日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)を逮捕した。

    ASKA容疑者はこの日午後、報道各社が覚醒剤使用の疑いを一斉に報じると、テレビをチェックしながら行っているかのように、自身のブログを頻繁に更新。一貫して容疑を否定し続けた。

    まず「はいはい。みなさん。落ち着いて」というタイトルで更新。

    「間違いですよ。詳しくは、書けませんが、先日、僕の方から被害届けを出したのです。被害の内容は、想像して下さい。そしたら、逆に疑われてしまいまして、尿検査をうけました。何の、問題もありません。ずべて(原文ママ)、フライングのニュースです。これから、弁護士と話をいたします」と事態の沈静化を図った。

    2度目の更新では「陽性は、ありません。100%ありません」と念を押した。さらに、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)には、「ミヤネ屋さんへ。」と名指しで批判。

    「『人が、信じられなくなってる。』なんて、電話はしてませんよ。Appleのアカウントを、週に2回も乗っ取られ、インターネット、メールも一切出来なくなってしまいました。相手も特定出来ていたので、直ぐに警察に電話もしました。『サイバーを紹介して下さい』と。それだけです。幻聴、幻覚など、まったくありません」と生放送中にメッセージを放った。

    夕方のニュースでも大きく取り上げられると、反響の大きさに「とにかく驚いています」と心境をつづり、「もし、科研が調べたのであれば、無実は証明されているはずです。尿から、覚せい剤反応が出るわけなんてことは、あるわけがなのですから。これは、マスコミのフライングです。今は、これしかお伝えすることはありません」と持論を展開した。

    一方、民放テレビ各社は「覚醒剤使用の疑いで逮捕へ」に続いて、ASKA容疑者が東京・目黒区の自宅に戻った午後6時半ごろの様子や、午後7時前にASKA容疑者を乗せた車が自宅を出ようとするとテレビカメラが殺到し、車のエンブレムが壊れるほどの混乱となって一度は外出を断念していた模様を生中継した。

    午後7時には通常の番組に戻ったが、フジテレビが運営するニュース専門チャンネル「ホウドウキョク」などネットのニュースサイトが生中継し続け、午後8時半前にASKA容疑者を任意同行する様子を伝えた。

    AbemaTVはオートバイで、ASKA容疑者が乗った捜査車両を追跡し、東京・桜田門の警視庁に入るまで“完全中継”する異例の展開となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000588-sanspo-ent
    【ASKA容疑者を逮捕“異例”の展開「テレビ見ながらブログで反論し続け、ネットTVは完全中継」】の続きを読む

    37

    1 : 野良ハムスター 2016/07/17(日) 10:46:33.91 ID:CAP_USER9

    グラビアアイドルの杉原杏璃が17日、TBS系バラエティ番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜9:54~11:30)に生出演。ストーカー被害の苦悩を語った。

    番組では、18歳の女性タレントにストーカー行為を繰り返していた34歳男性が逮捕された事件を紹介。

    これに関して、過去に何度もストーカー被害を受けたことがあるという杉原は、「SNSが普及して直接ファンとやりとりをすることで距離が縮まっている」とファンとの距離感について言及し、「握手会とかで握手したままここに(手に)チュッてやられたり…どんどんエスカレートしてきている」と明かした。

    また、「何が一番嫌かっていうと、引っ越し貧乏になることが困る」と打ち明け、「バレちゃってピンポンピンポンがひどいので。引っ越すたびに100万円くらいかかる」と続けた。

    さらに、「ストーカー被害にあって、そのとき助けてくださったサラリーマンの方がさらにストーカーになるということがあった」と衝撃エピソードも披露。そのときは、事務所の人から「もう電話かけてくるのやめてくれませんか」と連絡してもらったという。


    http://news.mynavi.jp/news/2016/07/17/026/
    【杉原杏璃がストーカー被害の苦悩告白「引っ越し貧乏になることが困る。ストーカーから助けてくださったサラリーマンの方がさらにストーカーに」】の続きを読む

    77

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/11(月) 13:52:52.24 ID:CAP_USER9

    政治資金使途の公私混同疑惑で、東京都知事を辞職に追い込まれた舛添要一氏。都知事辞職後は、公の場に姿を現しておらず、さすがに反省しているのかと思いきや…。

    舛添氏は反省するどころか、「自分はハメられた」と思い込んでいるようで、水面下では必死にテレビ局に対して、番組出演のための“営業”をかけているという。民放テレビ局のスタッフはこう明かす。

    「元々、舛添さんは政治評論家として数多くのテレビ番組に出演していたし、テレビ業界の知り合いも多い。そうした旧知のテレビマンを通じて出演の売り込みをしているようです。

    まあ、都知事を辞職して金回りも悪くなったでしょうし、他の仕事をしなくてはいけないのは分かりますが、厚顔無恥というか、何と言うか…」

    さらに、このスタッフがあきれ顔で語るのは、舛添氏の言い分だ。

    「舛添さんいわく、『猪瀬直樹さんもコメンテーターとしてテレビ番組に出ているんだから、私もお願いできないか?』と。

    猪瀬さんは、東京都知事在任中、『徳洲会』グループからの不透明な借入金問題を追及されて辞任に追い込まれました。ようは、自分と同じ金銭問題で都知事を辞職した猪瀬さんがテレビに出ているんだから、自分が出ても問題ないだろう、と」

    “違法ではないが不適切”とも思える舛添氏の早期のテレビ復帰だが、「視聴者から厳しい意見が来る可能性もありますが、その反面、今、舛添さんに番組出演してもらえば、それなりの視聴率が期待できますからね。視聴率欲しさに、舛添さんの番組出演にゴーサインを出す局もあると思います」(同テレビ局スタッフ)


    http://dailynewsonline.jp/article/1161166/
    【舛添要一「テレビに出たい。自分はハメられた」番組出演のためテレビ局に猛営業!「クレーム電話でパニック」「視聴率欲しさにフジが喜んで使う」】の続きを読む

    3q

    1 :ひろし ★@\(^o^)/:2016/07/01(金) 23:43:54.46 ID:CAP_USER9.net
     
    俳優の木下ほうか(52)が1日、フジテレビ系の「ダウンタウンなう」に出演し、人気の「はしご酒」コーナーで、恩人と慕う島田紳助さんから涙声で電話があり、木下が売れたことを喜んでくれたことを明かした。

    木下が芸能界に入ったきっかけが16歳の時に紳助さんと松本竜介さんが主演した映画「ガキ帝国」(1981年)のオーディションを受けて合格し、出演したことだった。

    以後、「紳助兄さんにずっと世話になっていて。彼が恩人でもあり見本でしたから。あんな感じになりたいと思ってました」と語った。

    木下が「イヤミ課長」として遅まきながら売れ、ゴールデンタイムの連続ドラマに出演するようになったことで、紳助さんから昨年12月に電話があったという。

    木下は「紳助兄さんはちょっと泣き声でね。『俺は今、ぜんぜんテレビ見いひんけど、お前えらい売れてるらしいな。俺が引退してからそのニュース聞いて一番うれしかった』」と紳助さんが引退後に接したニュースのなかで、一番うれしいことだったと喜んでくれたことをしみじみと語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00000097-dal-ent
    【「島田紳助さんから涙声で電話があった」木下ほうか「引退して一番うれしいニュース」ダウンタウンの番組に出演】の続きを読む

    z1
    u
    3
    1b

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 20:27:12.97 ID:CAP_USER9.net

    3月放送回で哀川翔にドッキリを仕掛け、哀川を本気でブチ切れさせたことが記憶に新しいバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)だが、早くも番組企画にマジギレする次なるタレントが現れてしまった。

    6月25日の同番組で、ナイナイ岡村隆史やジミー大西、FUJIWARA原西孝幸らの“サルっぽい”タレントを集めた「オ・サール高等学校 抜き打ち修学旅行」という企画を放送。出演者たちはサルの格好をさせられ、なりきり行動。そのサルっぽさをテストするといった内容の企画だった。

    ところが、その企画の途中でなぜか姿が見えなくなってしまったのが、同企画参加者のなかで最年長だったガッツ石松だ。放送の中盤に差しかかったあたりでガッツの姿は消え、ナイナイ矢部浩之が「ガッツが帰った」とさらっと説明。

    さらに、岡村からは「カメラ止まってる時に電話でトラブル処理みたいなことしてたな。何かわからんけど、ちょっとしたトラブルに巻き込まれてる可能性がちょっとあった」と、舞台裏でひと悶着あり、予期せぬ事態だったことを明かしている。

    「詳細は明かされていませんが、企画内容に不満があって帰ってしまったという線が濃厚でしょう。ガッツは事前に同企画の趣旨を聞かされておらず、対談があると知らされ同企画に参加。ところが、ビュッフェレストランで食事する際には、共演者たちは手づかみで料理を食べるなど完全なサル演出。

    どう見てもプライドを捨てて体当たりで挑まなければいけない企画だっただけに、ガッツにはあまり笑顔が見られず序盤からやや浮き気味でした。元世界チャンピオンとして、さすがにこの企画には耐えられなかったようですね」(エンタメ誌記者)

    この急展開に視聴者からは「哀川翔の次はガッツか」「これはガッツが帰るのも当たり前」「ちょっとリスペクトしなさすぎ」「マネージャーがKOされてるんじゃないか?」など、視聴者もあきれ果てたようだ。

    トラブル続出中の「めちゃイケ」。はたして次に“めちゃギレ”するのは誰だ!?


    http://dailynewsonline.jp/article/1153924/
    【哀川翔に続きガッツ石松もめちゃギレ「めちゃイケ」猿まね企画に撮影ボイコット!岡村隆史「電話でトラブル処理」】の続きを読む

    このページのトップヘ