芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:音楽

    7
    1: 名無しさん 2017/10/10(火) 15:10:59.78 _USER9
    ゲス極×『週刊文春』まさかのコラボ 川谷絵音「これくらいのジョークがなきゃ」
    2017-10-10 12:00

    ゲスの極み乙女。の新曲「あなたには負けない」(10日配信開始)のミュージックビデオ(MV)撮影が『週刊文春』の協力で行われたことが明らかになった。発行元である文藝春秋本社ビルで撮影が行われ、エキストラとして編集部の記者も参加した。

    ボーカルの川谷絵音は昨年1月、『週刊文春』にタレント・ベッキーとの不倫を報じられ、同年5月に離婚。同9月には未成年の新恋人と飲酒デートを同誌に報じられ、12月から今年3月までバンド活動を休止するなどしてきた。

    まさかのコラボの発端は、9月20日にYouTubeで公開された新曲「あなたには負けない」のMVショートバージョン。この映像の中には『週刊文春』を模した『週間人春』なるCGの雑誌が登場する。

    これを見つけた文春編集部は所属レコード会社ワーナーミュージックに取材を申し込み、その取材現場で「MV撮影に協力できることがあれば」とまさかの提案。大胆にも文藝春秋本社ビルで撮影することが決定した。

    撮影当日は終始和やかな雰囲気の中で行われ、実際に編集部で働く記者たちもエキストラで参加。

    川村ケンスケ監督は「『あなたには負けない』『だってスプリングなんだもん』この2つのフレーズを聞いて、今回のMVのエンディングを思いつかないでいられる人はいるだろうか?」と投げかけ、「敵地(失礼!)に襲撃ではなく、お邪魔するのが筋。…と、思わない音楽ビデオ監督はいないであろう」とも。「ある意味、撮らされたんです(笑)」と告白した。

    川谷は『週刊文春』コラボスペシャルMV「あなたには負けない(full spring ver.)」の公開にあたり「窮屈な世の中で表現まで窮屈になりたくないなと思いこの作品を作りました。表現にはこれくらいのジョークがなきゃ。文春さん、協力ありがとうございます笑」とコメントしている。


    あなたには負けない(full spring ver.)
    https://www.youtube.com/watch?v=thAtSosYjFU


    ORICON NEWS
    http://www.oricon.co.jp/news/2098679/full/ 
    【【音楽】ゲス極×『週刊文春』新曲MVの撮影でまさかのコラボ!川谷絵音「これくらいのジョークがなきゃ」】の続きを読む

    7t
    1: 名無しさん 2017/10/09(月) 19:42:07.20 _USER9
    いまや本家AKB48を凌駕する勢いの乃木坂46と欅坂46の坂道シリーズだが、思わぬ死角を露呈してしまった。それは、絶望的すぎる歌唱力のなさである。

    9月5日放送のテレビ番組『うたコン』(NHK総合)で、AKBの渡辺麻友と乃木坂の生駒里奈が、AKBグループ総合プロデューサーの秋元康氏が作詞した小泉今日子のヒット曲『なんてったってアイドル』を披露したのだが、安定した歌声を聞かせた渡辺に対し、生駒のそれは終始不安定だった。

    「48グループと坂道シリーズのライブは基本的に口パクなのですが、この日はナマ歌。人気面では乃木坂に押され気味のAKBですが、渡辺は本家の面目を保った格好です。

    放送後、生駒は自身のブログで、これまで歌唱力がないためソロパートを任されたことがなかったと吐露しています。

    乃木坂にも、生田絵梨花のようなミュージカルの出演経験が豊富で歌唱力のあるメンバーもいるのですが、生駒が起用されたのはAKBとの兼任経験があるという関係性からでしょう。

    生駒に限らず、乃木坂には松村沙友理や秋元真夏のような明らかに音痴のメンバーもいますからね。その歌唱力たるや推して知るべしですよ」(アイドル誌編集者)

    だが、そんな乃木坂を歌唱力のなさで、さらに上回るのが欅坂である。8月27日深夜に放送された冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)のなかでカラオケ大会が行われたのだが、彼女たちの歌声はボロボロ。

    「採点機で60点台を叩き出すメンバーもいましたからね。歌の下手な素人並みの歌唱力でした。乃木坂の冠番組でもカラオケ企画がありましたが、乃木坂メンバーはもっと歌えてましたよ。

    アイドルにとって歌唱力は必須ではありませんが、仮にも欅坂はアーティスト路線を貫いているグループ。ここまで下手だと、さすがに問題ではないでしょうか。

    ただ一方で、AKB、乃木坂、欅坂における歌唱力の格差というのは、単にキャリアの差なのかな、という気もします。CDデビューしてAKBが11年、乃木坂が5年、欅坂が1年なので、差も出ますよね」(同)

    あと、5年や10年もすれば、乃木坂や欅坂もそれなりの歌声を聞かせるようになれるのか。それまで人気が続くことを期待したい。

    (文=編集部)

    2017.10.09ビジネスジャーナル
    http://biz-journal.jp/i/2017/10/post_20880_entry.html 
    【【音楽】<乃木坂46と欅坂46>「深刻な問題」が露呈!絶望的すぎる歌唱力のなさ...】の続きを読む

    u
    1: 名無しさん 2017/09/20(水) 20:54:54.36 _USER9
    NHK速報テロップで報道
    https://i.imgur.com/81qfkSK.jpg

    公式サイトでのコメントは >>2 以降

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170920/k10011149721000.html?utm_int=news_contents_news-main_001&nnw_opt=news-main_a
    歌手の安室奈美恵さん 来年9月引退へ
    9月20日 18時51分

    「CAN YOU CELEBRATE?」などのヒット曲を連発し、人気が社会現象にもなった歌手の安室奈美恵さんが、1年後の来年9月で芸能界から引退することを明らかにしました。安室さんは引退について「長年心に思い、デビュー25周年という節目の年に決意した」とコメントしています。

    これは、安室さんが40歳の誕生日となる20日、ホームページで発表しました。
    この中で、安室さんは「先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います」と切り出したうえで「わたくし安室奈美恵は2018年9月16日をもって引退することを決意致しました」などと記し、1年後の来年9月に芸能界から引退することを明らかにしました。

    そのうえで「引退までのこの1年、アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思っています」とつづっています。

    安室さんは沖縄県の出身でアイドルグループのメンバーとして平成4年にデビューしたあとソロ活動を始め、音楽プロデューサーの小室哲哉さんの下でヒット曲を連発しました。

    中でも平成9年にリリースした「CAN YOU CELEBRATE?」は、シングルの売り上げが200万枚を超え、この記録は今も国内の女性歌手の中で歴代トップとなっています。

    人気は社会現象にもなり、安室さんのヘアスタイルや、ミニスカートに厚底のブーツといったファッションをまねる女性を言い表した「アムラー」という言葉は平成8年の流行語にも選ばれました。

    去年のリオデジャネイロオリンピックとパラリンピックでは、「Hero」がNHKの放送テーマソングに選ばれたほか、今月、デビュー25周年のライブを沖縄で行うなど、第一線で活躍を続けています。

    安室 90年代に人気を確立
    安室奈美恵さんは、1990年代を代表する歌手として人気を確立し、NHK紅白歌合戦には、合わせて9回出場しています。

    安室さんは、沖縄県出身のアイドルグループ「SUPER MONKEY’S」のメンバーとして、平成4年にデビューしました。ソロ活動を始めた平成7年には「Chase the Chance」がミリオンセラーを記録し、この年の紅白歌合戦に初出場しました。その後も「Don’t wanna cry」や「You’re my sunshine」などがミリオンセラーを記録し、平成9年にリリースした「CAN YOU CELEBRATE?」は、シングルの売り上げが200万枚を超えました。

    また20歳のときに、ダンスボーカルグループ「TRF」のメンバーのSAMさんと結婚して出産のため休業すると発表し、ファンを驚かせました。

    安室さんは、1年間休業して男の子を産んだあと平成10年の紅白歌合戦で復帰し、その後もヒット曲を出し続けています。

    コンサートは、キレのあるダンスを取り入れたダイナミックなステージが特徴で、アジアを中心とする海外へも活動の場を広げています。

    評論家「アイドルをアーティストに高めた」
    歌手の安室奈美恵さんが引退を表明したことについて、音楽評論家の富澤一誠さんは「沖縄でのライブが高いパフォーマンスで話題になったばかりで、『なぜ』という思いだ。90年代から第一線で活躍を続け、さらにこれから全盛期を迎える可能性のあるトップアーティストだと思っていたので、引退は驚きだ」と話しました。

    そのうえで、「彼女のようなタイプはこれまでならアイドルのような存在だった。曲やダンスとともに質の高いパフォーマンスでアイドルをアーティストに高めたことは、彼女の功績だろう。アイドルはヒット曲が出てもライフスタイルにまで影響することは少ないが、『アムラー』のような流行を巻き起こし、絶頂期に出産するなどの生き方を貫いても、なお支持された。ダンスミュージックを大衆のものにした第一人者でもあり、存在自体がある種のメッセージになってきた唯一無二のアーティストともいえるだろう。まだまだ活躍が期待できるだけに、引退はあまりに残念だ」と話していました。
    【【速報】歌手の安室奈美恵さん 来年9月に引退 デビュー25周年の節目に決意 公式サイトで発表(全文あり)】の続きを読む

    ty
    1: 名無しさん 2017/09/01(金) 22:06:37.45 _USER9
    元KAT-TUNの田中聖(31)のバンド「INKT」が1日、この日付で解散することをバンドの公式サイトで発表した。田中はコメントで「悔しさと後悔しかありません」と、やりきれない思いを吐露した。

    株式会社ナチュラルエース名義の文面では「簡単な決断ではなく、メンバーとスタッフで何度も何度も何度も話し合い、最後は総意としてこの決断に至りました」と説明。

    田中は「夢半ばでこんな形になってしまい悔しさと後悔しかありません」と無念の思いを明かしつつ「素晴らしい日々を送れていました。夢のような日々でした」と、バンド活動を振り返っている。

    田中のコメント全文は次の通り。

    今まで応援して下さったファンの皆さん。 支えてくれた関係者の皆さん。

    ありがとうございました。

    守るべき約束、叶えるべき夢、たくさんの想いがあり、夢半ばでこんな形になってしまい悔しさと後悔しかありませんが、皆様と尊敬するメンバーのお陰で素晴らしい日々を送れていました。

    夢のような日々でした。

    これから先、INKTを応援してきていただいた事が誇りに思えるような人間に成長していきたいと心から感じています。

    変わらずSASSY、mACKAz、Keiの応援、よろしくお願いします。

    9/1(金) 22:03配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170901-00000136-dal-ent 
    【【音楽】元KAT-TUNの田中聖のバンド「INKT」解散発表!田中「悔しさと後悔しかありません」】の続きを読む

    3
    1: 名無しさん 2017/08/23(水) 18:12:01.78 _USER9
    https://www.m-on-music.jp/0000222216/
    2017.08.23

    Perfumeのニューシングル「If you wanna」(8月30日リリース)のティザー映像が公開された。

    今回、公開されたのは激しいダンスシーン。床と天井から吊るされた多数のLEDからは幾何学な模様と赤・緑・白の強い光が不規則に放たれ、スモークに反射。デジタルの世界に迷い込んだような空間の中で激しいダンスを繰り広げるPerfumeに注目だ。

    衣装は、アーティスト写真で着用していたこの秋の最新ファッションを、ミュージックビデオの世界観に合わせてモノクロに変更。シンプルで先鋭されたモノクロで、スタイリッシュなPerfumeを際立せている。

    https://youtu.be/G448nhrkUHc


    65
    【【音楽】Perfumeがデジタル世界で激しく踊る!ニューシングル「If you wanna」ティザー映像公開】の続きを読む

    i
    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 19:41:36.91 _USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/13504424/
    2017年8月22日 12時48分 トピックニュース

    20日放送のラジオ番組「山下達郎のサンデー・ソングブック」(TOKYO FM)で、歌手・山下達郎が、聴覚検査を受けた際にケンカしてしまった過去を明かした。

    番組では、山下がゲスト出演した妻の歌手・竹内まりやとトークを展開し、リスナーメールを紹介した。48歳男性からの便りは、老化とともに自身の聴覚が衰えたとの内容で、山下や竹内を心配する内容だった。

    そこで竹内が、過去に山下が聴覚検査を受けたときのエピソードを披露する。「病院に行ったときに『聞こえたらボタン押してください』っていうのあるじゃない? 達郎さ、あれずっと押してさ『冗談やめてください』と言われた」というのだ。

    すると山下は「ヘッドホンのSNが悪すぎる。こんな性能の悪いヘッドホンで音なんか聞こえるワケがない。ケンカになった」と早口でまくし立てたのだった。

    「SN」とは、信号に含まれるノイズの割合を示す「SN比」のことと思われる。山下がボタンをずっと押していた理由を「面倒くさいんだもん」と告げると、竹内は「達郎っぽいなって」と笑っていた。
    【【音楽】山下達郎が聴覚検査でケンカ「ヘッドホンのSNが悪すぎる」「こんな性能の悪いヘッドホンで聞こえるワケない」】の続きを読む

    このページのトップヘ