芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:音楽

    13
    00

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/17(金) 18:32:28.63 ID:CAP_USER9.net

    現在はアジアツアーの真っ最中で、8月6日には東京でのツアーファイナルを控える板野友美。上海や北京の公演は盛況だったようだが、残念ながら肝心の日本ではファン層の拡大を果たせていないようだ。音楽ライターが厳しい現実を指摘する。

    「東京公演のチケットが、オークションサイトで値崩れしているんです。大手の取引サイトには20点ほどの出品があるものの、最低価格はなんと1枚1000円。定価での出品は整理券番号がよほどいいものしか売れていないようですね」

    今回の東京公演はオールスタンディングで、チケットの価値を左右するのが整理券番号だ。この番号が若いほど早く会場に入ることができ、最前列をゲットすることも可能。一方で大きな番号だと後方になってしまい、背の小さなファンだとステージが見えないことすらある。

    「とは言え人気のアーティストならチケットはプレミア化し、整理券番号など関係なく高値で売れるもの。購入者が整理券番号にこだわっているようでは、ファンの人数が少ないことがバレバレです。

    今回はキャパ1300人の会場ですが、2階席はおそらく関係者限定になるはず。そこを招待客で埋めれば見た目の格好は付くんじゃないでしょうか」(前出・音楽ライター)

    5月7日のツアー初日では無料チケットをバラまき、タレントらを動員することでなんとか会場を埋めていたという噂も。だが今回は夏休み時期の土曜日ゆえ、招待客を集めることにも苦労しそうだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1147183/


    【板野友美のライブチケットが破格の安値で投げ売り!「最低価格は1枚1000円」「ファンがいない。完全にオワコン」】の続きを読む

    7u

    1 :ひろし ★@\(^o^)/:2016/06/07(火) 23:05:30.55 ID:CAP_USER9.net
     
    ベッキー(32)の不倫相手だった川谷絵音(えのん、27)が7日、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」 (月~金曜後10・00)にバント「indigo la End」として生出演。「“もう”元気です」と語り、騒動から立ち直ったことを示唆した。

    川谷がボーカルを務めるもう1つのバント「ゲスの極み乙女。」が同番組のコーナー「ゲスの極みLOCKS!」(水曜後11・05)のパーソナリティーを担当していた。

    不倫騒動のため、今年1月27日の放送で「休講(休止)とさせていただきます。また戻ってくるというのが前提の休講」とレギュラー出演の一時休止を発表した。

    約5カ月ぶりの番組復帰に「はい、お久しぶりです」とあいさつ。パーソナリティーのグランジ・遠山大輔(37)らの「元気でした?」の問い掛けに「全然、あの~“もう”元気です」

    先月にはツイッターで喉の不調を訴えていたが「もう全然、大丈夫ですよ」と話した。

    5月2日に離婚した元夫人が同18日に「(ベッキーの謝罪を受け入れ)これですべてを水に流し、今回の騒動を終わりにしましょう。これから私も頑張るので、ベッキーさんも頑張ってくださいね」などと騒動の終結を発表。

    川谷は同21日、東京・若洲公園で行われた野外音楽祭「METROCK 2016」に出演したが、騒動については一切語らなかった。

    「indigo la End」は8日、ニューアルバム「藍色ミュージック」をリリース。川谷は「僕、いろいろバンドやっていますが、自分の音楽人生の中でも最高傑作と言い切れるぐらい、いい作品」と自信を示した。


    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/07/kiji/K20160607012739870.html

    【川谷絵音が5カ月ぶりラジオ復帰「自分の音楽人生の中でも最高傑作と言い切れる!」】の続きを読む

    al

    1 :BaaaaaaaaQφ ★@\(^o^)/:2016/04/22(金) 18:09:41.82 ID:CAP_USER*.net

    4月15日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にPUFFYが出演した。今年はデビュー20周年にあたり「アジアの純真」や「愛のしるし」といったヒット曲メドレーを披露した。

    驚きなのはその容姿だろう。黄色いワークシャツスタイルに茶髪という、40代とは思えない奇抜なルックスだ。されど、ただのヤンキーおばさんや、イタいサブカル系不思議ちゃんに成り下がっていない。

    このところアイドルや女優の劣化が叫ばれて久しいが、PUFFYはほぼ劣化なしといえる。これはなぜだろうか。

    「まずPUFFYはコンスタントに活動を続けているミュージシャンです。新作も毎年のようにリリースしていますし、国内外のロックフェスにも多く出演しています。

    劣化を指摘されるきっかけは、久しぶりにテレビに出た場合ですよね。彼女たちは常に露出を続けているので、それが当てはまらないと言えます」(音楽ライター)

    もともと、PUFFYは“ユルさ”を売りにした音楽デュオだった。特定の世代に愛されるアイドル的な人気というよりは、老若男女に愛されるキャラクターであった。

    「若いころから親しみやすい近所のお姉さんキャラでしたし、人気の乱高下もない。マイペースに売れ続けているため『劣化した』『消えた』とネガティブな言葉を向けられることもありません。

    同様のコンセプトで売りだしたHALCALIは先に消えてしまいましたし、PUFFYの“ユルさ”は真似できそうでできない存在と言えるでしょう」(同)

    PUFFYは日本国内だけでなく海外での知名度も高い。嶺川貴子、カヒミ・カリィからきゃりーぱみゅぱみゅまで連なる“カワイイ”カルチャーを象徴する存在でもある。「アジアの純真」をはじめ日本人なら誰もが知るヒット曲を持つ彼女たちは、世界のPUFFYにもなりつつあるのだ。

    http://otapol.jp/2016/04/post-6458_entry.html


    【デビュー20周年で40歳オーバーのおばさんPUFFYはなぜ“劣化”しないのか?】の続きを読む

    jpg


    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/11(月) 15:40:13.96 ID:CAP_USER*.net

    松田聖子といえば、デビュー35周年を迎えた昨年は大みそかの「NHK紅白歌合戦」で大トリを務めて、「日本レコード大賞」では「最優秀歌唱賞」を受賞するなど存在感を放った。

    ベテラン歌手にとって人気のバロメーターとされるディナーショーも、ホテルによっては5万円という高額の値段設定になることもありながら、現役屈指の売れ行きを誇り、ほとんど完売状態。近年では業界内でも歌手としてその才能を再評価されているという。

    「音楽業界が一番元気だった80年代、90年代には多くの歌手やアイドルが派手な活躍を見せましたが、いまだにコンスタントに活躍し、知名度だけでなく、実際に大きなお金を動かしているのは聖子くらいじゃないですかね。やはり聖子は化け物ですよ」とはレコード会社幹部。

    デビュー35周年を最高のカタチで飾り、いまだ存在感を放つ聖子。だが、そんな稀代のカリスマ歌手にも悩みはあるようだ。なんとあろうことか、最近は実の娘である神田沙也加にライバル心をむき出しにしているという。

    沙也加といえば、SAYAKAとしてデビューするもブレークには至らず、芸能活動を休業。その後、舞台や声優として地道に実力を磨き、神田沙也加として芸能活動を再開すると、一昨年にはディズニー映画「アナと雪の女王」の王女・アナ役の日本語吹替えを好演し、近年では女優、歌手として高い評価を受けている。

    通常であれば、母親であれば愛娘のブレークを喜びそうなものだが、そこは“生涯アイドル”、“生涯女”である聖子の聖子たるゆえん。

    「聖子さんは『アナ雪』で人気歌手、人気女優の地位を築いた娘の沙也加さんを執拗なまでに意識していて、『あの衣装は地味だ』とか、『あの男とは付き合ってはダメだ』など難癖をつけているそうです」とは聖子をよく知る関係者。

    そんな聖子の娘に対する態度を見かねて、聖子の母親が孫娘のフォローに回ったというが、「元々、沙也加さんを育てたのは仕事一筋のお母さんというよりも、おばあちゃんですからね。

    聖子さんの母親が孫娘の沙也加さんの肩を持つのは当然でしょう。ついには、聖子さんは自分の母親とも口を利かないほど険悪な状態になっているようです」(同関係者)

    親子どころか、聖子VS母&娘といった3代にわたっての対立構図が形成されてしまっているというから、驚くばかりだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1115059/
    【松田聖子が娘の神田沙也加と嫉妬が原因で対立!?実母も参戦して泥沼の家族バトルに!!】の続きを読む

    lt


    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/04/12(火) 09:45:14.09 ID:CAP_USER*.net
     
    歌手で俳優の福山雅治(47)が3年ぶりにフジテレビの看板枠「月9」の主演を務める「ラヴソング」(月曜後9・00)が11日に30分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は10・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。

    ヒロインは演技未経験の歌手・藤原さくら(20)。夢破れた元プロミュージシャン・神代広平(福山)と対人関係が苦手な孤独な女性・佐野さくら(藤原)が出会い、音楽を通じて心を通わす感動のヒューマン&ラブストーリー。

    福山の月9主演は2013年4月クールの「ガリレオ」第2シーズン以来。西谷弘監督をはじめ「ガリレオ」のスタッフが再び集まった。脚本は2014年に「隣のレジの梅木さん」で第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した倉光泰子氏が担当。

    初回は、独身で定住はせず、持ち前のルックスを生かして女性の家を転々とする生活をしている神代(福山)は、この日も潮時と感じた女性に別れを告げ、少ない荷物とギターケースを担いでいた。

    かつてプロのミュージシャンとして活躍していた神代は、大型車販売店の企業カウンセラーとして働いていた。一方、同じ販売店の整備工場に勤めるさくら(藤原)は同僚とうまくコミュニケーションが取れず、上司の滝川(木下ほうか)にいつも注意されていた…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160412-00000077-spnannex-ent
    【福山雅治が主演の月9「ラヴソング」初回視聴率は10・6%「終わったな」「低すぎる」】の続きを読む

    9


    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/04/11(月) 06:10:43.63 ID:CAP_USER*.net

    女優上野樹里(29)が、3人組ロックバンドTRICERATOPS(トライセラトップス)のボーカル兼ギター、和田唱(40)と交際していることが10日、分かった。

    上野は以前から同グループのファンであることを公言。2人は音楽を通じて距離を縮め、真剣交際に発展した。交際期間は約半年とみられ、将来的には結婚も視野に入れている。

    ◆上野樹里(うえの・じゅり)
    1986年(昭61)5月25日、兵庫県生まれ。02年女優デビュー。04年主演映画「スウィングガールズ」で人気に。11年NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で初主演。連ドラはフジ系「のだめカンタービレ」など。趣味は音楽鑑賞。3姉妹の三女で長女はDJ SAORI、次女は歌手上野まな。血液型A。

    ◆和田唱(わだ・しょう)
    1975年(昭50)12月1日、東京都生まれ。文化学院専門課程美術科卒。97年にメジャーデビューし、99年シングル「GOING TO THE MOON」が「ポカリスエットのCMに起用され、注目度がアップ。趣味は映画観賞など。ディズニーランド好き。血液型O。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00000007-nksports-ent
    【上野樹里がTRICERATOPS和田唱と真剣交際「結婚も視野に入れている」】の続きを読む

    このページのトップヘ