芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:顔

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    l1

    1 :あちゃこ ★@\(^o^)/:2016/07/09(土) 18:07:12.35 ID:CAP_USER9.net

    サッカー日本代表MFの長谷部誠選手(32、フランクフルト)が9日、自身の公式サイトを更新。モデルの佐藤ありさ(27)と同日に婚姻届を提出したことを報告した。

    長谷部は「僕のアプローチが実ってから彼女とは5年ほどの時を共に歩んできました」と切り出すと、「多くの時間は遠く離れて過ごすものでしたが、彼女の持ち前の明るさと笑顔に何度も助けられてきました」と遠距離恋愛を乗り越えた佐藤との絆についてつづった。

    さらに「これから先も楽しい事ばかりではなく、そうではない困難な事も多々訪れる事でしょう」と語ると、ここでMr.Childrenの楽曲「Simple」の一節

    『ざあざあ降りの雨を全身で受けながら  凛々と茂るあの草木の様に 強く 強く』を引用し、「訪れるであろう困難に対しても2人で共に手を取り、笑みを絶やさず、謙虚に歩んでいきたいと思っています」と決意を新たにした。

    同日、佐藤もブログを更新し結婚を報告。「どんな時もどんな事にも真摯に向き合う彼を心から尊敬しています。そんな彼の背中をずっと見続け、これから先も様々な時を共に歩んでいきたいと思います」と長谷部への思いを語った。

    長谷部と佐藤は過去にたびたび真剣交際が報じられてきたが、双方とも交際の事実については明言を避けてきた。先月28日に入籍間近と報道された際にも、長谷部は「来月入籍する運びとなりました」と公式サイトで発表したが、お相手については言及しなかった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00000304-oric-ent
    【サッカー日本代表の長谷部誠「婚姻届を提出した」佐藤ありさとの結婚報告にミスチルの歌詞を引用「笑みを絶やさず、謙虚に歩んでいきたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    63

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/07/09(土) 07:44:29.56 ID:CAP_USER9.net
     
    俳優の渡部篤郎(48)が6月末に、交際していた30代の一般女性と再婚していたことが8日、分かった。相手の女性は女優の松下奈緒(31)似の目鼻立ちがはっきりとした美人。6~7年前からグループで食事などを楽しむ友人関係だったが、昨年秋ごろから交際していた。

    渡部は今月12日にスタートするフジテレビ系「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」に出演。同作の放送が始まる前の、仕事がひと段落したタイミングを選んで結婚したようだ。挙式・披露宴は未定という。

    女性との交際は今年2月23日付のスポニチ本紙報道で明らかになった。周囲の知人は相手の女性について
    「モデル風のルックスが目を引くスレンダーな美女。大らかでサッパリとした性格の人です」と説明。

    当初から「2人はとても気が合うみたいで、渡部さんはかつては“俺は結婚に向いてない”と話していたのですが、彼女とはゴールインを意識してお付き合いしているようですよ」と話しており、夏ごろには婚姻届を提出するとみていた。

    渡部は94年3月にタレントのRIKACO(50)と結婚。2人の息子に恵まれたが、05年12月に離婚している。

    RIKACOは本紙の交際報道が出た当日にテレビ出演。渡部の再婚について「この年になって、この先(渡部が)独りで、介護とか誰がやるんだろう。

    誰もいなかったら私がやらなきゃいけないのかな、ちょっと嫌だなと思っていた」と冗談めかしつつも歓迎。「祝福したいし、誰と再婚してもおめでたいことだと思う」と喜んでいた。

    ◆渡部 篤郎(わたべ・あつろう)本名渡部篤(あつし)。1968年(昭43)5月5日、東京都生まれの48歳。91年、テレビ東京「青春の門」のオーディションで合格し主演デビュー。

    92年「橋のない川」で映画初出演。95年「静かな生活」で日本アカデミー賞新人賞受賞。08年、映画「コトバのない冬」で監督デビュー。血液型A。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00000014-spnannex-ent
    【渡部篤郎の再婚相手の顔と性格!「このブスが松下奈緒似か?」「中谷美紀捨てて清原和博の元カノの水商売の女とか」「ワンギャルの山本恵美」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1q

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/09(土) 08:25:42.43 ID:CAP_USER9.net

    女優・千堂あきほ(47)が、8日放送のフジテレビ系「全力!脱力タイムズ」(金曜、午後11・00)に出演。人気絶頂期の1999年から2000年にかけて被害にあった盗聴事件の経緯と真相を明かした。

    現在は北海道在住の千堂は、東京を離れるきっかけになった99年の事件の始まりは、自身の自宅や事務所、友人宅などに怪文書が届くようになったことだったことを明かした。

    千堂は「私が当時、お付き合いをしていた彼が、女にだらしがない、実はいろんな女がいるとか、被害者の会があるとかいう怪文書が出回り始めたんです」と振り返り、内容は「何人も中絶させた」「他にも女がいる」との誹謗中傷だったという。

    ただ当時、千堂と彼氏の交際はマスコミにも発覚しておらず、当初は熱狂的なファンのストーカー行為がエスカレートしたのかと思ったという。

    しかし、怪文書の内容は次第にエスカレート。千堂と交際相手と友人の3人で「自宅で話している内容が、次の日の(怪文書の)ファクスに織り込まれてくるようになった」と言う。

    盗聴器発見機で自宅を調べたところ天井裏から盗聴器が2つ発見された。このため警察とともに隠しカメラなどを仕掛けて捜査したところ、犯人は「私の所属していた事務所のマネジャーだったんです」と、00年6月に自身のマネジャーが逮捕された事件の真相を明かした。

    千堂は「ショックと、自分の愚かさ。毎日、この人を信じて過ごしていたのかと思うと、気持ちの整理がつかなかったです」と当時の心境を回顧。番組ではマネジャーが犯行に及んだ動機が「結婚して事務所を辞められては困る」だったと説明された。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000128-dal-ent
    【「彼氏の誹謗中傷」人気女優が盗聴マネ逮捕事件の真相告白!「動機は結婚して事務所を辞められては困る。始まりは自宅に届いた怪文書」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    780

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/08(金) 09:05:59.50 ID:CAP_USER9.net

    「あまちゃん」や「ごちそうさん」、「花子とアン」などで高視聴率を叩き出し、現在放送中の「とと姉ちゃん」も爆発的ヒット。

    NHKの連続テレビ小説枠はすっかりドラマの雄としての座を復権した。注目度が安定するにつれて、朝ドラの主役はその後、民放ドラマや映画などのオファーが殺到するようにもなった。

    近年の朝ドラヒロインの中でもその恩恵を存分に受けたのは、土屋太鳳と言えるだろう。2015年度上半期に放映された「まれ」に主演すると、知名度と露出が一気に上昇した。

    「『まれ』のストーリー自体は、目まぐるしい展開が多く評判は芳しくなかった。平均視聴率も2013年の『あまちゃん』以降では唯一20%台を割ってしまっています。

    それでも、土屋さんのみずみずしい表情や演技、幼なじみ役を務めた山崎賢人さんのイケメンぶりなどが注目を集めて、2人とも仕事量が急増しました。

    土屋さんは天真爛漫なのに媚びるようなオーラを出さないので、男性だけでなく女性受けもいい。CMのキャスティング段階で名前が挙がる回数も急増しました」(広告代理店関係者)

    実際、一緒にドラマの仕事をしたことのあるテレビ局関係者も「例えば、間抜けにつまずくようなシーンの撮影も直前までゲラゲラ笑いながら打ち合わせして、本番で本気の格好悪いところを見せてくれる。気取ったところがないので、現場もやりやすいです」と評価の高さを明かす。

    各方面の評判が上々の土屋だが、唯一、「弱点」があるという。

    「動画だと問題ないのですが、静止画、いわゆるスチール撮影だとちょっと印象が変わってしまうのです。一般人に比べればはるかに小顔ですが、他の人気女優に比べるとやっぱり大きさだったり、輪郭だったりで違和感が出てしまう。

    よりきれいに見える角度を探しながら写真を撮るので、通常の女優やタレントに比べても、撮影時間は2~3倍かかってしまいますね。あれはカメラマンの腕が試されますよ」(前出の広告代理店関係者)

    これからもドラマや映画、CMなどで大いに活躍してもらいたいところだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1159373/
    【美人女優だけど「顔がデカい」関係者が語る!「顔が大きいといくら可愛くても消える」「土屋太鳳と有村架純はスタイルも悪いし綺麗じゃない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    0aq

    1 :ひろし ★@\(^o^)/:2016/07/08(金) 23:31:49.06 ID:CAP_USER9.net
     
    元カレとのプライベート写真流出がきっかけで芸能界から姿を消した元アイドル・大森玲子(32)が8日に放送されたTBS系「爆報!THEフライデー」に出演。

    写真流出は、元カレが別れを切り出された腹いせに「100万円」で週刊誌に売り込んだとしか思えないことなど、流出騒動の裏側を告白した。

    大森は96年、「第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でピュアガール賞を受賞し芸能界デビュー。同大会のグランプリは深田恭子で、大森は清純派アイドルとして活躍した。

    しかし、03年、事務所に内緒で交際していた男性との写真が週刊誌や夕刊紙に流出。騒動となった。報道の数日後には、大森から「もう別れよう」と破局を切り出したが、元カレは反発。「後悔させてやるからな」と捨てゼリフを吐かれた。

    週刊誌に掲載された流出写真は、元カレが売り込んだとしか思えないとし、持ち込んだ写真の報酬について、大森は「定かじゃないんですけど、100万円」と推察した。

    その後も、清純派で売り出していた大森が、茶髪&ジャージー姿でバイクにまたがる写真などが流出。アイドル活動の裏で地元ではヤンキーで、事務所に隠れてタバコを吸い、酒を飲んでいた事実が発覚し、事務所から契約を解除された。

    その後、芸能界で返り咲きを狙い、バンドを結成したが、ブレークすることはなく、解散。12年前に芸能界から姿を消した。現在は水商売をしている。

    大森はバンド活動の際、腕にタトゥーを入れており、現在は2年かけて、レーザーで少しずつタトゥーを消去する“手術”を行っている。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000113-dal-ent
    【元人気清純派アイドルが衝撃告白!「引退原因の写真流出の真実は元カレの破局腹いせだった」素行不良で事務所から契約を解除】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    y2
    2w

    1 :シャチ ★@\(^o^)/:2016/07/08(金) 08:26:04.39 ID:CAP_USER9.net

    元AKB48の女優・前田敦子(24)が8月2日に東京・渋谷のパルコ劇場で行われる朗読劇「ラヴ・レターズ」で、プライベートでも親交の深い俳優の柄本時生(26)と共演することが7日、分かった。恋心を抱きながら、すれ違う男女の物語。

    「週1、2回は会っている」という大親友との共演に前田は「時生とは(週刊誌に)写真を撮られる心配がないから楽ちん」と性別を超えた信頼関係を強調し、柄本は「振り回される役柄が、実際の関係に近いかも」と苦笑した。

    4月期のTBS系ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」で大人の魅力も見せた前田。気心の知れた柄本との初の朗読劇に「思いっきり感情をぶつけたい」と胸を躍らせている。

    柄本とは2010年の日本テレビ系ドラマ「Q10」で共演した高畑充希(24)、池松壮亮(25)と共に意気投合。それ以来、「ブス会」と称する飲み会を頻繁に開き、仕事や恋愛の悩みを打ち明けてきた。

    柄本への信頼は厚く「時生なら(マスコミに)写真を撮られる心配もないし、楽ちんなんです」。深夜に呼び出しておきながら、ひたすら英語の勉強をする前田の様子を柄本が黙って見守ることもあるという。

    1990年から26年間、460組の俳優、女優が出演し、男女の愛憎を表現してきた人気朗読劇。自由奔放なメリッサを演じる前田は「お互いを異性として意識しているのにすれ違ったり、『恋愛って難しいな』って胸を締め付けられる」とイメージを膨らませている。

    口下手なアンディー役の柄本は親友との共演に「とにかく恥ずかしい」とはにかみ、「振り回される役柄が実際の関係に近いかも」と話す。

    劇中では愛の告白もあるが、前田は「時生とは絶対にない。仕事仲間として一生、一緒にやっていきたいので」と強調。

    一般女性との交際を公言している柄本も「彼女とは変わらず付き合っています。舞台では単純に本を読むことが、いかに難しいかを確認したい」と仕事に集中している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000001-sph-ent
    【前田敦子「週1、2回は会っているが恋愛関係は絶対にない。仕事仲間として一生、一緒にやっていきたい」大親友の柄本時生と朗読劇】の続きを読む

    このページのトップヘ